こんにちは(´∀`)
KUES 2回生のきゅんです!

去る3/20(金)、東京・国立オリンピック記念青少年総合センターにて『Joint Concert 2015 〜Rhythm Start〜』、
通称『東京全国JC』が行われ、我々KUESも参加させていただきました。
足を運んで下さった皆さんやコンサートに関わって下さった皆さん、本当にありがとうございました!!

ここでKUESは「走れメロヌ」なる演目を披露しました(`・ω・´)
本番について書かれる日記の前に、ここでは前座として「走れメロヌ」の裏話をちょこちょこと語りたいと思います(あっ、でも春ライブで見に来て下さる方もいるので、あまりネタバレにならないよう中身の具体的なことは書けないかも・・・)。

そもそも「走れメロヌ」の発端は、前回のNFにおけるKUES単独27thライブの準備を始めた2014年6月まで遡るのです・・・。ライブの最後に行われる演出付きの全体アンサンブル、そのお題を決める際に当時の担当者が
「例えば走れメロスのような小説に音楽をつけて、前で劇をしても面白いのでは!?(ドン!)」と力強く言い放ち少し具体的な案にも言及したものの、流石に難易度が高くさらっと廃案にされました。そのまま眠っていた「走れメロス案」・・・これを東京JCの準備を開始する12月になって今回の担当者(超高スペック)が掘り起し、舞台を現代京都に置き換えて再始動させてくれたのが「走れメロヌ」なのですΣ(・ω・ノ)ノ

しかし、そこからのストーリーや演出作りはやはり難航しました。
どこまで原作に準拠するのか、現代のエレサーや京都という舞台をどう物語に反映するのか、悩みどころは多いものです。そんな中で、東京に送るプログラム原稿に載せた配役写真においてささいな、けれども決定的な取り違えが起き、そのためになんと主役の人選が交代してしまうハプニングも発生しました(´д`;)

その頃、YouTube上で走れメロスを題材にした秀逸なCMが流れていることが分かりました。そのCMでの役者の本気演技や構成、細かいネタなどはとても参考になり、実はちょっとだけ影響も受けました(笑)。
「メロス 地元」で検索検索♪ けっこうおもしろいですよ。
また、小道具づくりなども少し大変でした。よーく注目して見ていると、あの関西JCを騒がせた某可愛い生物のパーツが2か所ほどに流用されていたりも・・・・?

結局、小道具・台詞や細かい立ち回りは東京JCの前日リハにてようやく完成したのですが、案外クオリティは高くなっている、はずです!前日リハの一日で極めて著しい成長を遂げた出演者一同の努力は、目を見張るものでしたね(笑)。

東京では「完成度高い!」「関西弁の台詞なんてずるいわwww」「KUES最高です!」ともアンケートに書かれた「走れメロヌ」(け、決してアンケートの良いとこ取りとかではありませんよ(; ̄Д ̄))、次は京都に凱旋です!!!
次回春ライブでは「走れメロヌ」がさらにパワーアップして帰ってきます!ぜひぜひ皆さん、いらしてください!

●KUES 28th LIVE 〜突っ走れ! music to ∞〜
日程 : 2015年4月26日(日)
場所 : 龍谷大学 アバンティ響都ホール(JR京都駅八条東口より徒歩約1分)
KUESの単独LIVE♪
入場無料・入退場自由です!どなたでもお気軽にお越しください(^^)/
※開場・開演時間は決まりましたら、またお伝えします。