60歳からの青春

60歳という年齢は、成人式以上に大きな節目です。多くの人は勤めていた会社との関係を切り、本当に自立する良いチャンスです。木工という趣味の世界を広げ、また自転車と言う未知の世界にのめり込んでいる65歳の自分がいます。

60歳の定年を6か月早く退職。これから過ごす60歳からの青春を、いかに生きるかを考えています。この年になっても、圧倒的に知らない事の方が多いんだから、楽しみは無限大です。

満員御礼申し上げます!

40日間の中国・ベトナム・ラオス・カンボジア・タイ、3,800㎞を走破した自転車仲間の、遠征報告会をやろうという事になった。

RIMG9127

会場はここ、くふう塾の木工作業場。掲示板に、銀輪亭の看板もぶら下げて、みなさんをお待ちした。前日の夜メールを確認したらさらに参加の連絡が入り、14名になった。

RIMG9130

朝から会場の準備を始めて、念のためメールを確認したら、また2名の参加連絡があって16名・・・。会場に入れるかなぁ・・・と思案していたら、携帯電話が鳴った。『これから2人で参加していいですか・・・?』総勢18名、もうこうなったらなるようになれ!

RIMG9143

はい、会場はこちらです。お入りくださいませ。

RIMG9138

遅刻者を待ちきれず、まずは乾杯です。『ようこそお越しくださいました!それでは、遠征報告会を始めましょう。』

図1

広州からバンコクまで、3,800㎞のランドナーの旅です。

図2

遠征中、FBにアップされた写真です。これを見た瞬間、帰国したら絶対に遠征報告会をやってもらおうと決心した写真です。

RIMG9140

海外に出れば、失敗の連続、『やっちまったその1』から始まり、タイで知り合った自転車仲間との友好等々・・・・。

RIMG9141

日本ではあまり見られない、タイのサイクリストの手合図等々・・・・。もうみんな旅の話にうっとりの時間を過ごしました。日名さん、ありがとうございました。

RIMG9144

今回はポトラックパーティ、得意の手料理や好物を持ち寄って・・・・

RIMG9147

・・・・、鹿のスペアリブまで登場です。

RIMG9148

報告会第二部は、鹿肉を持ってきた仲間の、『極北の地グリーンランド』です。

RIMG9150

素晴らしい写真に、みんな釘付けです。

RIMG9160

行ってみたいな、グリーンランド シオラパルクの村・・・。

RIMG9162

馬場さんありがとうございました。お腹も心も満腹になって、最後はデザートです。初物の西瓜と・・・・

RIMG9164

・・・・、マンゴーですよ。

RIMG9168

3時お開きの予定が、もう5時半になってしまった。遠方の人はお先に失礼して、入れ替わりに、女房と次女の桃子が参加です。楽しかったね!

RIMG9169

またこんな報告会をやりたいね。なんていう名前にしようかな?『小さな報告会』って言うのはどうだろうか。自分が今までにやって来たこと、今やっている事、これからやって見たい事なんかをお話しする。そんな報告会を、今後も続けていきたい。

みなさま、大変お疲れ様でした。自転車がキーワードになって、仲間が繋がって新しい世界が広がっていくのが素敵ですね。またここで会いましょう、気を付けてお帰り下さい。ありがとうございました、皆さんに感謝!

『タンデム自転車』という、乗り物。

ひょんなことから、タンデム自転車に乗ることになった。初めて乗ったのは、つい最近の『柴島高校桜祭り』のほんの一時・・・。

RIMG9036triming

そして初めて眼に障害のある仲間と、万博外周道路へ・・・。

RIMG9041triming

走り方や想いの異なる人と、自転車のフレームとチェーンで繋がって走るのがタンデム自転車。私の考え方が間違っているかもしれないけれど、相手に障害があるからと言って過剰に相手を思いやったりせず、パイロットはストーカーに、はっきりと乗り方に対して要求する事が大事だと思う。

走り出してしばらくして、私がストーカーに要求した事。

  • 肩の力を抜いて、ハンドルを持ってほしい。

  • スタート直後の23回転は、足をペダルに乗せるだけで、漕がないでほしい。

  • 『ロック』と言ったら、急に漕ぐのを止めるのではなく、足の力を抜いてパイロットの脚の動きに合わせてほしい。(ロックはタンデムの用語らしいけど、フリーの方が良いような気がする)

  • 3時付近でペダルを強く踏むのではなく、0時~6時を廻すようにペダリングしてほしい。

RIMG9039

彼はそれらを、良く理解してくれた。おかげで走りやすくなり、安全になった。『一緒に走れて良かった・・・!』って、言ってくれた。彼は、視野の中央が大きく欠落している。線が歪んで見えるぐらいで、文句を言ってはいけないね。

『リビング収納』完成です。

注文家具三点セットを納めてほっとするまもなく始まった、リビング収納。箱物なのでそれほど新しい発見は無かったけれど、初体験の杢目との出会いがあった木工だった。

RIMG9108

スライドヒンジがまだ届いていないので、とりあえずボルトで扉を支えて、棚板も入れて記念撮影です。

RIMG9090

裏板のべニアを切り出します。

RIMG9092

フィニッシュで、べニアを止めます。

RIMG9094
RIMG9094

裾の部分の板を角材で固定して、すべての作業は完了です。

RIMG9104

なかなかスッキリとしたデザインですね。さて次は、どんな注文家具製作の話がやって来るでしょう。楽しみです。

2017年4月24日 追記:スライド丁番と取っ手が届きました。これでほんとの完成です。

RIMG9177

スライド丁番を、取り付けます。いくら微調整ができるからと言っても、正確に取り付けての話です。

RIMG9180

しっかりと、取り付きました。

RIMG9183

取っ手です。やっぱりホームセンターの物とは、ちょっと違いますね。

RIMG9192

立ててみました。スッキリとしたデザインです。

RIMG9187

和風の引き戸と違って、観音開きは開放感があります。

RIMG9190

セルフクロージング、ダンパーつきです。ガラスが入って、お客様の所に届くのが楽しみです。

ギャラリー
  • 満員御礼申し上げます!
  • 満員御礼申し上げます!
  • 満員御礼申し上げます!
  • 満員御礼申し上げます!
  • 満員御礼申し上げます!
  • 満員御礼申し上げます!
  • 満員御礼申し上げます!
  • 満員御礼申し上げます!
  • 満員御礼申し上げます!
最新コメント
  • ライブドアブログ