60歳からの青春

60歳という年齢は、成人式以上に大きな節目です。多くの人は勤めていた会社との関係を切り、本当に自立する良いチャンスです。木工という趣味の世界を広げ、また自転車と言う未知の世界にのめり込んでいる65歳の自分がいます。

60歳の定年を6か月早く退職。これから過ごす60歳からの青春を、いかに生きるかを考えています。この年になっても、圧倒的に知らない事の方が多いんだから、楽しみは無限大です。

豊中市協働事業、今年2度目の『こども自転車安全教室』は、大池小学校。

子どもたちが続々と集まってきた大池小学校・・・・


RIMG9338

・・・・、自転車小売業のおじさんたちが、ボランティアで手際よく子供たちの自転車を整備していきます。銀輪亭の出口さん、ご苦労様です。


RIMG9344

今回は、77名の参加だそうです。


RIMG9347

三つの左『左から乗って、左側を走って、左側に降りる!』わかるかな・・・?


RIMG9339

道路の正しい走り方は、豊中警察にお任せして・・・・


RIMG9341

・・・・、銀輪亭倶楽部は自転車の運転スキルアップを担当します。土の上は走りにくいので、GTマウンテンバイクを持ってきた。


RIMG9353

それにしても、随分とヘルメットを持っている子どもたちが増えました。でも、半分ぐらいの子どもたちは、ヘルメットのかぶり方を間違ってる。親が分かっていないからこうなるんだろうね。


RIMG9357

スラロームの練習開始です。


RIMG9354

ブレーキやハンドル操作を間違うと、バランスを崩します。道路で1回転ぶより、練習で10回転んだ方が良いですね。


RIMG9361

模擬道路では、止まれの標識で止まったり・・・・


RIMG9362

・・・・、駐車車両のかわし方などを学びます。


RIMG9366

大阪府警の、交通機動隊のお姉さんです。捕まっても逆らっちゃいけないよ、ピストル持ってるからね!


RIMG9334

歩道は歩行者の道です。歩道も横断歩道も、自転車から降りて押して歩きたいものですね。お疲れさまでした。

幻の花『クマガイソウ』を求めて、奥伊吹へ・・・・!

幻かどうかは分からないけど、絶滅危惧されているクマガイソウを、植物博士と探しに行きましょう。


RIMG9103

右手に伊吹山を眺めて、県道40号線を北上します。


RIMG9112

早速民家の石垣のところに、セイヨウオダマキが顔を出してますね。


RIMG9116

この県道、何処にも抜けていないので、通過車両が来ないからガラガラ・・・。


RIMG9117

寺越トンネルを抜けて、二つ目の堂屋敷トンネルに入るところをパチリとやったその時・・・・


RIMG9118

・・・・、チャリンとパシューという音が!


RIMG9120

犯人はこいつです。こりゃーマキビシだね。


RIMG9125

奥伊吹スキー場入り口に到着です。


RIMG9149triming

クマガイソウは何処に・・・、流石植物博士、さっそく発見しました。


RIMG9131

面白い形をしてるでしょ、葉っぱも扇状です。蘭の仲間だそうですよ。


RIMG9142

ほらね・・・、群生しています。


RIMG9136

倒れたオニグルミの木から新しい枝が伸びて、こんなに低いところで雌花が見られます。


RIMG9134

これ、何だかわかりますか?蕗の薹のなれの果てですって。タンポポの仲間だと聞いて、納得です。


RIMG9133

名前は植物博士に聞いてください!


RIMG9151

何とも言えない、気品が漂っています。


RIMG9172

浦島太郎が釣をしている、ウラシマソウです。水芭蕉の仲間・・・、だと思う良い加減さ!


RIMG9176


どうやってこんな色が、作れるんだろうね。


RIMG9154

花はもう少し先だそうです、見ての通りヤブレガサ。


RIMG9157triming

クマガイソウを求めて、望遠レンズ担いだファンもやって来ます。


RIMG9168

ちょっと早いけど、高山植物に囲まれてお昼にしましょう。


RIMG9180

朴の木に、白い大きな花が咲いてます。


RIMG9182

流石にでっかいね、朴葉です。


RIMG9193

まだまだ、植物観察が続きます。


RIMG9190

色は地味だけど、見事ですね。


RIMG9202

栃の木に花が咲いてます。


RIMG9199

植物観察はこれにておしまい。そろそろ次に進みましょう。確かこの近くに『五色の滝』っていうのがある筈です。


RIMG9215

甲津原特産品販売所で、聞いてみましょう。


RIMG9203

特製の地図を使って、『五色の滝』を案内してくれた。


RIMG9209

このとち餅、凄く美味しかったので、お土産用にした。


RIMG9204

植物画の展示会もやってた。


RIMG9206

写真と違って、植物だけを描いているので、すごく分かりやすいね!


RIMG9211

ここの林業組合が、この家具を作ったそうです。さすが林業組合らしいデザインです。


RIMG9217

JAPAN ECO TRACK』って、何だろうね。シンプルな鉄製バイクラックです。


RIMG9227

地図を見ながら、『たぶんこっちだなぁ・・・!』


RIMG9228

もうちょっとで、見落とすところでした。


RIMG9236

谷にずり落ちそうになりながら、ようやく到着です。想像以上だね、『五色の滝!』


RIMG9234

いつ五色になるのかは分からないけど、こりゃ見事な滝です。いろいろ滝は見たけど、こんな風に流れ落ちるのは、初めてです。


RIMG9240

植物博士が、ウドを採ってきた。


RIMG9241

さあ、そろそろ帰りましょう。


RIMG9243

こんなところを、担いできたんです。


RIMG9245

ようやく県道40号に出てきて振り返ったら、こんな看板が・・・!登ってるときは、全然気が付かなかったよ。でもまあ、逆から入った方が正解かもしれないね。


RIMG9247

頑張って走ったご褒美に川魚料理を食べようとしたんだけど、一軒目は営業時間が合わず、二件目はなんと定休日!


RIMG9248

415に長浜駅に到着して、429姫路行き新快速に飛び乗った。為せば成る、輪行分解10分は、新記録かもしれない。


RIMG9250

本日の走行は、74㎞でした・・・・


RIMG9256

・・・、のはずだったんだけど、まだ明るいのでJR高槻で下車、豊中に自走しましょう。


RIMG9257

JR高槻から1時間10分、すっかり暗くなってしまいました。無事帰還です。植物博士、ありがとうございました。楽しかったです、また植物観察会誘ってくださいませ・・・。

CCSP(Citizen Cycle School Project)ゲームグッズの製作。

まずは、合板アイランドから始めましょう。


RIMG7416

べニア板で、こんな形のピースを作ります。


RIMG7420

丸鋸で、バサバサ切っていって・・・


RIMG7422

怪我しないように、尖ったところだけ丸く仕上げます。


RIMG7423

ハイ出来上がりです。簡単!


RIMG7490

色々な形の木製通路を作るんだけど、まずは共通部品から作ります。


RIMG7495

通路を繋ぐ紐を通す穴を開けます。


RIMG7501

紐が滑って締まりやすいように、コーナーを綺麗に仕上げます。


RIMG7560

べニア板に、下駄を履かせます。


RIMG7565

台形通路です。


RIMG7567

12mmべニア板だけではちょっと弱いので、裏に補強を入れましょう。


RIMG7633

補強材を、切り出します。


RIMG7634

こんな形状です。


RIMG7635

スロープの裏に、補強を入れます。


RIMG7639

台形通路にも、補強を入れます。


RIMG7649

走ると撓む様にするんだけど、ちょっと弱すぎたので補強板を貼り付けましょう。


RIMG7656

パーツを組み合わせると、色々な形にすることが出来ますね。


RIMG7655

接合は、原始的な紐で縛ることにした。


RIMG7662

裏返すと、こんな感じですね。


RIMG7101

さて次は、床シートを切るためのカット冶具を作ります。


RIMG7107

結構大きいです。


RIMG7106

半径が3mの円を、12分割して切ります。


RIMG7663

さあ、みんなで切りましょう。


RIMG7666

はい、完成です。こりゃ、重たいわ!


RIMG7668

後の塗装は、よろしくお願いします。本番で使うのが楽しみです。

ギャラリー
  • 豊中市協働事業、今年2度目の『こども自転車安全教室』は、大池小学校。
  • 豊中市協働事業、今年2度目の『こども自転車安全教室』は、大池小学校。
  • 豊中市協働事業、今年2度目の『こども自転車安全教室』は、大池小学校。
  • 豊中市協働事業、今年2度目の『こども自転車安全教室』は、大池小学校。
  • 豊中市協働事業、今年2度目の『こども自転車安全教室』は、大池小学校。
  • 豊中市協働事業、今年2度目の『こども自転車安全教室』は、大池小学校。
  • 豊中市協働事業、今年2度目の『こども自転車安全教室』は、大池小学校。
  • 豊中市協働事業、今年2度目の『こども自転車安全教室』は、大池小学校。
  • 豊中市協働事業、今年2度目の『こども自転車安全教室』は、大池小学校。
最新コメント
  • ライブドアブログ