60歳からの青春

60歳という年齢は、成人式以上に大きな節目です。多くの人は勤めていた会社との関係を切り、本当に自立する良いチャンスです。木工という趣味の世界を広げ、また自転車と言う未知の世界にのめり込んでいる65歳の自分がいます。

60歳の定年を6か月早く退職。これから過ごす60歳からの青春を、いかに生きるかを考えています。この年になっても、圧倒的に知らない事の方が多いんだから、楽しみは無限大です。

もう冬がそこまで・・・『奥河内サイクリング』は、ちょっと寒かったね!

去年の奥河内サイクリングは、126日だった。ポカポカ陽気の後に急に冬将軍がやってきたけど・・・・


RIMG8973

・・・・、元気な仲間が10人やって来た。今回は初めて参加の合田さんや、サイクリング初心者の田村さんも加わって、いつもの駅前から出発です。


RIMG8976

ブレーキワイヤーの不具合・シートチューブ変形・空気圧不足などを乗り越えて、まずは延命寺に向かいます。


RIMG8978

昨年寄った観心寺の近くだけど、随分と雰囲気が違いますね。


RIMG8981

残り少なくなった紅葉を求めて、少しばかり山へ入りましょう。


RIMG8984

これ、有名なもみじです。『延命寺の夕照もみじ』、御年8001,000歳だそうです。


RIMG8988

何に見えますか・・・、納村さん?


RIMG8994

紅葉が、しっかりと待ってくれていましたよ。


RIMG8996

ワイヤー締め靴のトラブルに悩んでます。便利なものには、落とし穴がありますよ!


RIMG8997

最後の紅葉を楽しむ、爺ちゃんと孫の二人連れ・・・。


RIMG9009

能勢の薪パン日々さんと同じですね、4日働いて3日休みの『たいいちろうのぱん』で・・・


RIMG9003

・・・・、お昼ごはんを仕入れます。残念ながら名物のサンドイッチはすでに売り切れ御免!


RIMG9008

すでにパクついている、原住民コースリーダーの真希ちゃん。それにつられてみんなも・・・・。


RIMG9011

原住民は良く知ってるね、以前お餅を買ったというお店に立ち寄ったら・・・・


RIMG9012

・・・・、名人のミカンを振舞ってくれた。河内長野の人は、優しい人ばっかりです。


RIMG9017

滝畑ダムが見えてきた。


RIMG9015

今回は10台の内6台が小径車。内訳ですか・・・?Caracle-S3台、Brompton2台、もう一台が確かBIKE FRIDAY・・・?


RIMG9016

シートチューブの不具合でサドルの高さが合わず、苦戦するGERWORKS竹木自転車納村号!輪行方法を再考しましょう!


RIMG9019

さあ湖畔の東屋で、ランチタイムです。


RIMG9020

美味しいね・・・、たいちろうのぱんと、名人のミカン!


RIMG9021

さあ、ここから蔵王峠に向けて厳しいコースに挑みます。


RIMG9025

気温5℃以下の急こう配押し歩きの、稲地さん。


RIMG9026

何でも笑って乗り切る、渡辺さん。


RIMG9032

脚の不調を押して、頑張る弁天さん!


RIMG9034

昨年もそうだったけれど、蔵王峠にはちょっと変わったバイクでやってくる人がいる。


RIMG9035

こんなにでっかいリアのギヤーを見たことがない。アイガー北壁でも登れそうだね。


RIMG9038

若干遅れ気味の弁天さんの事は忘れて、まずは蔵王峠登頂記念撮影です。今年も無事越えました!


RIMG9041

遠くに見えるのは、和歌山の山々です。


RIMG9042

蔵王峠から堀越観音を越えて南下します。道中何軒か柿農家があるんだけど、柿は収穫されずに木の上です。


RIMG9044

そんな中で今も頑張ってるのが、串柿農家の小林さん。先週までは道路端に干してあったそうです。


RIMG9048

お願いしてあった吊るし柿(冷凍保存)を買い求めた。今年もよく来てくれたと、二つのビニール袋に、柿をいっぱい頂いた。ありがとうございます、また来年寄らせてもらいます。


RIMG9050

小林さん家からさらに激坂を下って、4時過ぎJR笠田駅に無事到着です。


RIMG9051

さあ、電車が来ました。


RIMG9053

電車の中では、思い出話に花が咲き、その向こうでは『たいちろうのパン』を頬張る真希ツアーリーダー、お疲れさまでした。もうベテランのリーダーになってきました。感謝です。


RIMG9052

今回も皆さんの頑張りと思いやりの心で、無事2018年倶楽部最後のサイクリングを終えることが出来ました。また来年も楽しいイベントをいっぱいやっていきましょう。ありがとうございました。

ポピュラーな機械『卓上ボール盤』の、さらなる改良。

我が作業場の卓上ボール盤は、すでに2度の改良を行ってきた。一度目は、チャック下寸法をもう少し大きくするために、ベースを180°回転させた。二度目は、『床上ボール盤』を『卓上ボール盤』にした。さて今回は・・・・?


RIMG7467

とりあえず二度目に作ったボックスにベースを取り付けて使ってたけど、どうも作業性が悪い。よし思い切って、チャック下寸法が900mmぐらいの材でも加工できる、スーパー卓上ボール盤に改良してみましょう。


RIMG8023

これが使いやすそうだね、建築現場の足場に使うジャッキベースです。ハンドルを回すと、テーブルの高さが任意に調整できます。


RIMG8027

ジャッキベースの上には、自転車整備台で使っててもう使わなくなった足を被せて、この上にテーブルを載せましょう。


RIMG8026

テーブルが上下にスライドできるように、ブラケットを取り付けます。


RIMG8029

スライドテーブルのストッパーです。


RIMG8032

取り付けると、こんな感じになります。


RIMG8035

テーブルを押し上げるパイプです。自由が利くように、敢えてテーブルには固定はしません。上からの荷重を支えるだから、センターからずれないように、四角く囲むだけです。


RIMG8040

もう一つ作業テーブルを、ラーチ合板で作ります。


RIMG8045

合板は切り口に木ねじは使えないので、接着剤とフィニッシュで組み立てましょう。


RIMG8053

天板の裏に補強のリブを入れて出来上がりです。


RIMG8441

『スーパーボール盤』の完成です。


RIMG8442

テーブルを一番下まで下げると、チャック下寸法は1,150mmあります。この高さからジャッキベースまでの調整は、写真の右に転がってるような建築で使う束を使いましょう。


RIMG8434

ジャッキベース(微調整可能)使用最高さは、チャック下寸法650㎜です。


RIMG8433

サブテーブルを載せた時は、チャック下寸法は400mm弱です。


RIMG8432

純正のテーブルでは、チャック下寸法は200mmです。刃物を付けると、100mmぐらいの材量しか加工できませんでした。


RIMG8450

さあ、これでどんな材料が来ても、ボール盤加工ができます。

ポカポカ陽気の12月『森林整備』です。

師走とはとても思えない・・・・・


RIMG8570

・・・・・、師走の森林整備に、たくさんの仲間が集まってくれた。


RIMG8561

ちょっとその前に、あったかいね『桜満開』・猪名川に掛かる大好きな『斜張橋』、そして最後は宝塚歌劇の『ぽっぽや』ではありません。


RIMG8565

切れない刃物は危なくて疲れます。先月こっそりと鉈を持ち帰って、リンゴの皮がむけるぐらいにビンビンに研いで持ってきた。名前も書いて『マイ鉈』にしましょう。


RIMG8567

駅前有人無農薬野菜販売所で、美味しそうな赤カブを発見。『これ、いくらです・・・?』『150円!』『山から戻るまで、お取り置きしといてね・・・』


RIMG8571

という事で、ミーティングの後、山に入りましょう。


RIMG8574

高安山も、見事に色付いてきました。


RIMG8576

秋を楽しみながら尾根筋を下って、作業場へ向かいます。


RIMG8579

この写真を見たFB・実友達の山賊総業さんが、『ツキヨタケを長期塩蔵後、水で晒して塩抜きして食べる地域もあるそうですね。マウスで実験して毒抜き効果の検証もされているようです。』と教えてくれた。残念、次の森林整備の時には、もう干しツキヨダケだね。


RIMG8582

今回は先月の作業道の補修の続きです。さあ、材料調達をしましょう。


RIMG8584

道中で目星を付けてた木を、倒します。比較的安全な作業なので、伐採経験のない仲間に、受け口と追い口の方法と手順を指導します。


RIMG8586

まずまずですね。


RIMG8590

倒した木の枝を払って、45°の急斜面をロープを使って引き上げます。


RIMG8593

直径150mm200mmの幹2本を確保です。


RIMG8598

補修場所へ運ぶ道中、午前中で引き上げる『見学組』とすれ違いです。


RIMG8602

仰げば青空、気が付いたらもう12時を回ってます。


RIMG8605

いつも美味しい、愛妻『おにぎり弁当』を頂きます。


RIMG8609

さあ、午後の作業の開始です。今日はこの折り返し点までを完成させましょう。


RIMG8612

引っ張り上げた2本の幹が、奇麗に収まりました。


RIMG8613

隙間に細い枝を詰め込んで、土を被せれば完成です。


RIMG8616

下で作業をしてた仲間が、上がってきました。そろそろ午後の作業もお終いかな・・・?


RIMG8619

道路整備部隊お疲れさまでした、そろそろ我々も引き上げましょう。


RIMG8621

八尾の町は、春霞(?)の中ですね。


RIMG8623

12月は危険月、2年前の12月に仲間が斜面を滑落して、この活動から身を引いた。2018年は9回しか参加できなかった森林整備、誰も怪我しなくて本当に良かった。


RIMG8627

2019年も、安全作業で頑張りましょう。


RIMG8632

お取り置きの赤カブ、なんと『タイムサービス』になってて100円!ラッキーな師走『森林整備』でした。新年『森林整備』は、1月第2日曜日ですよ!別れ際の挨拶は、『よいお年をお迎えください!』

ギャラリー
  • もう冬がそこまで・・・『奥河内サイクリング』は、ちょっと寒かったね!
  • もう冬がそこまで・・・『奥河内サイクリング』は、ちょっと寒かったね!
  • もう冬がそこまで・・・『奥河内サイクリング』は、ちょっと寒かったね!
  • もう冬がそこまで・・・『奥河内サイクリング』は、ちょっと寒かったね!
  • もう冬がそこまで・・・『奥河内サイクリング』は、ちょっと寒かったね!
  • もう冬がそこまで・・・『奥河内サイクリング』は、ちょっと寒かったね!
  • もう冬がそこまで・・・『奥河内サイクリング』は、ちょっと寒かったね!
  • もう冬がそこまで・・・『奥河内サイクリング』は、ちょっと寒かったね!
  • もう冬がそこまで・・・『奥河内サイクリング』は、ちょっと寒かったね!
最新コメント
  • ライブドアブログ