近くて遠い山『六甲山』、初めて自転車で上がったのは、3年も前の冬だった。

P1010023

1度目、『厳冬期の六甲山自転車縦走・・・、寒かっただけのお話』、こんな季節に走って、滑って谷底に落ちたら春まで発見されないぞと、仲間に馬鹿にされた。

RIMG0481

2度目、『六甲山をRALEIGH CLASSICで走った。』は、宝殿の手前で足が攣った。

RIMG3705

3度目、『あと180mで塩尾寺でした。』は、塩尾寺手前で足が着いたけど、そのあとの六甲は、逆瀬川から六甲山頂まで、足着きなしで完走!さて4度目は、あれから3年、仲間と『塩尾寺』『六甲山』&『摩耶山』を楽しんだ。

RIMG1784

今日のゲレンデ、六甲山です。

RIMG1785

右はポーズを考えている日名さん、左は何も考えていない北脇さん!

RIMG1788

さて足慣らしに、『塩尾寺』に向かいましょう。

RIMG1791

距離は2.6㎞ぐらいなんだけど・・・・

RIMG1793

・・・・、平均12% 最大25%、これがなかなかの激坂なんですよ。

RIMG1797

『いきなり、こんなところへ連れて来るか・・・?』と、文句たらたら!

RIMG1802


ここは2度目だからね、余裕?で登頂ですよ。

RIMG1803

でも、ここからの宝塚の景色は最高でしょ!

RIMG1806

さてそろそろ本命の、六甲山に向かいましょう。

RIMG1817

そんなに車は来ないんだけど、誰も歩いていない歩道を走ります。

RIMG1820

橋の上から、これから上って行くところが見えます。

RIMG1819

『ほら、あそこ・・・!』

RIMG1823

この旧道、全く車は来ません。

RIMG1827

この仁川堰堤、明治32年に作られたそうです。

DSC_0343triming

足がすくむ高さです。

RIMG1835

宝殿IC、ここまで来れば、山頂までは楽勝です。

RIMG1839

このトンネルを抜けると、一軒茶屋です。

RIMG1841

山頂に行ってみましょう。

RIMG1855triming

『重たい・・・!』

RIMG1859

良い気持ちやね。

パラボラアンテナ1992年日本共産党

難波小学校の窓から、いつも見えていたけど、今はもうない米軍パラボラアンテナ、WEBで発見。

RIMG1867


第二第四月曜日はお休み一軒茶屋前、日名さん六甲初体験で、記念撮影。

RIMG1868

おにぎり食べて、山頂から一気に駆け降りて、麻耶山までやって来た。

RIMG1870

六甲山頂より、ここからの方が、神戸の町が良く見えます。

RIMG1877

さて、そろそろ帰路につきましょう。

RIMG1880

誰かさんがソフトクリームが食べたいというので、山頂まで戻ることにした。

RIMG1881

午後2時を少し回っただけなのに、気温が下がって風が冷たく感じます。

RIMG1890

他人の空似にしては、声までそっくりだと思ったら、なんと藤本さんじゃあないですか!自転車にも乗らず、こんなところで何してんの・・・?

RIMG1891

なんとお誕生日のパートナーと、こんなところでデートです。いつの日か、我が家もこうなりたいです。ハイみんな揃って、『キープレフト!』これがホントの、サプライズですね。

RIMG1896

念願のソフトクリームを頂いて、さあ一気に宝塚まで下りましょう。

RIMG1919

楽しいサイクリングでした。

RIMG1923

JR宝塚駅、無事到着です。また遊びましょう。

RIMG1924

夕方5時頃、我が家に無事帰還です。本日の走行距離85.9㎞でした。