南海森林鉄道に揺られて、いざ世界遺産『高野山』へ・・・!

Rimg3127

単線の曲がりくねった道を、ゆっくりゆっくり極楽橋へ・・・、

Rimg3134

最後の330mは、こいつで一気に上がります。

Rimg3138triming

初の折りたたみ輪行です。

Rimg3141

右端は、私の身代わり外国人です。

Rimg3144triming

やっぱり本物の方がかっこいいなぁ・・・!

Rimg3151

では出発です。バス専用道路を迂回して、高野山に向かいます。

Rimg3155

まずは、大門近くの、写真の世界で高野山を有名にした、永坂嘉光さんの生家を訪問します。なんと永坂嘉光さんのお兄さん『本城兄ちゃん』が、高野山を案内してくださることになりました。

Rimg3161

樹木もでっかいし・・・・

Rimg3165

建造物も巨大です。

Rimg3166

良いなあ・・・、何が良いて理屈抜きに良いんですよ。

Rimg3172

建物の周囲を押して歩く、巨大な摩尼車です。ちっこいのがいっぱい並んでる摩尼車は、カトマンドゥの寺院にもあったなぁ・・・。1回押して廻ると、何かいい事があるそうですよ。

Rimg3174

こういう会社が、世界遺産を守っています。

Rimg3177

一階が四角で、二階が円筒です。

Rimg3179

本城兄ちゃんが教えてくれたけど、なんて言うのか忘れました。

Rimg3180 

孔雀が飛んで逃げない様に、金網の中にいます。

Rimg3181_2

世界遺産は、やっぱり平日に限るね・・・。

Rimg3188

本城兄ちゃん、いっぱい写真を撮ってくれました。

Rimg3190triming

高野山大学で、本城兄ちゃんも入れて記念撮影です。

Rimg3192

延命なで地蔵、左目が良くなりますように・・・。

Rimg3193

お地蔵さんと、ツーショット。

Rimg3195 

お墓の入り口に自転車を置いて・・・、

Rimg3196

一の橋から世界遺産奥の院に入ります。

Rimg3197

ここは、戦国の武将や超有名人や、大企業の殉職者の墓標などが並んでいます。

Rimg3200

お墓のお掃除用に、水を汲んで・・・、

Rimg3201

大写真家、岩宮武二先生のお墓を綺麗にします。納村さんは、岩宮先生の孫弟子にあたるそうです。

Rimg3208

墓掃除のご利益という、下心があるそうですよ・・・。良い事が起きますように・・・!今回の最大のミッション終了です。

Rimg3213

井戸の底に顔が映る人は心が清く、写らない人は、三日以内に世の中から消えるそうです。良かった!

Rimg3211

ご先祖か・・・? 違うなぁ、白河藩だから東北だ。長秀爺さんは、尾張の国だ。

Rimg3216

やっぱりでっかいなぁ・・・。

Rimg3221

若い人は絶対に知らない、花菱アチャコです。

Rimg3222

福助足袋です。足袋よりストッキングの方が、生産量は多いはず。

Rimg3230

新明和工業です。飛行艇から、以前は散髪屋の椅子も作ってた。

Rimg3228

良いなぁ・・・、こんな小路。

Rimg3229

本城兄ちゃん、高野山巡りの旅を、ありがとうございました。

Rimg3233triming

さて最後のミッション、高野山からのダウンヒルの始まりです。トンネルを潜ると、もう後は橋本まで38㎞登り無しのはずです。レッツゴー銀輪亭倶楽部!

Rimg3234

・・・と思ったら、早速機材トラブルです。スポーク折損常習犯、Panasonic Titanのスポークがまたもや飛んだ。

Rimg3235

スポークを抜き取って、リムの振れを見た。ブレーキシューに何とか当たらないぐらいだったので、スポーク調整せずにダウンヒル続行です。

Rimg3238

丹生川沿いの、これでも国道371号線。路面は悪く、落石もかなりあります。要注意で走りましょう。

Rimg3244

今回のツアーの仕掛け人、納村さんのムヒカ号は快調です。

Rimg3255

顔は別にして、綺麗な足をしてますKHS折りたたみ自転車の高木さん。

Rimg3257

さてここから国道を離れて、県道102号線に入ります。

Rimg3258

ライトを点けるのが大好きな、日本のムヒカおじさんも到着です。

Rimg3259

それでは、県道に入りましょう。

Rimg3263

CARACLE-Sも快調です。昨日までペダルと強く踏み込むとギイギイと軋んでたけど、馴染んできたのかもう異音も消えました。

Rimg3271

清流に、思わずペダルが止まります。

Rimg3267 

リムが振れながらも、藤田さん快調です。

Rimg3275

長老稲地さんも、絶好調・・・!

Rimg3285

もちろん私も・・・

Rimg3286 

・・・・、快調です。

Rimg3289_2

素敵な丹生川沿いのサイクリングロードも、そろそろお終いです。

 

Rimg3292

紀ノ川を遡上して、橋本駅に向かいます。

Rimg3295_2

川の北側の道は、車も少なくて快適です。

Rimg3298

2時半過ぎに高野山を出発して5時半前、全員無事橋本駅に到着です。

Rimg3300

まことちゃんが、お出迎えです。自転車を畳んで、車中の人に・・・。

Rimg3305

夕刻6時半、御堂筋線もゆったりと帰れました。

Rimg3341

高野山で生まれた写真家永坂嘉光さんは、自転車仲間納村さんの大阪芸大のライバル同窓生。そのお兄さん『本城兄ちゃん』が、今回のガイド役・・・!縁というのは、不思議な力を持っているものです。素敵な旅でした、本城兄ちゃんと今回プライベートツアーに集まってくれた仲間に、感謝です!また一緒に走りましょう。