2011年06月19日

顎関節症&osgood膝の成長痛について。


 前回、報告させていただいた「顎関節症」へのJRC治療の継続報告

ですが、順調に痛みがとれ開口も難なくできるようになりました。

患部に直接触れずに痛みが取れるなんて(笑)

今日も患者さんと『嘘みたい』と笑いながら治療してました。

やるねJRCです。

「Osgood」に関してはまだ講習は受けてないですが、

JRCの基本の面圧をかける事で内圧が高まり滑液浸潤を起こし

痛みを取り除き、関節可動域を改善する。

を念頭にして施術したら、痛みが楽になっていくのがわかる!

なかなか悩みの種だった「Osgood」だが克服終了!!

理論においても秀逸なJRCでした。

「むち打ち」についても(*゚∀゚) OK !!

むち打ち症の話

理論については、またの機会で。

Posted by kuga_sekkotuin at 00:32│Comments(0)

コメントする

名前
URL
 
  絵文字