朗善です。もう順不同でまいります。v( ̄∇ ̄)v

その前に!

句碑めぐり。ばんぐみ裏話~ (=゚ω゚)人(゚ω゚=)ぃょぅ!
そーいやー句碑めぐりっていう幻の名番組がございましたね。( -д-)ノこれこれ。
まぼろしではないよ、まだ続いてまする。ユーストリーム という中の、
大街道ラジオというラジオのようでラジオでない、べんべん。
ま、テレビっすね。そのテレビ番組の中の、色々豪華多彩なゲストが続く中の、
ところどころに、ちらばって、映りこんでます。
最近はですね、朗善、しんじゅ、しんじゅ、しんじゅ、しんじゅ、朗善、しんじゅ、しんじゅ・・・てなぐあいに、
ふたりで力をあわして、かわりべったんに働いております。( ´∀`)つ
そゆうことで今回は、いきなりですが、7月6日に行いました回の、句碑解説をやりまーす。

まず、感動さしてもらったのが、道後村めぐり!
大街道ラジオのまん中、悟空さんが、なんとご夫婦で、道後村めぐりをやって、
名誉村民の証を手に入れられました!!
おめでとうございます。
私はこれ、歩いてぜんぶ回ったんだとまるで思い込んで、おう、と思った。
でもあとで、他の人が、車で回ったんだよね、といったんで、あ?と思った。
でもえらい。なかなかできんよ。 二人でドライブして村めぐりなんて、いい週末の過ごし方だよ!
なんか同じ中年として、はげまされるね。
私らも、今度の休みは、どっか、めぐりたいなあ、みたいな。
 
そして、続いて、るん。るん。ちゃんが、初めての俳句をシェアした!!!

発表します。

椿の実弾け耐えてる山の道 るん。るん。

中7の、弾け耐えてる、がよいですね~。
椿の実は、真っ黒な強い種の育つ力で、ぜんまいみたいに、ぐわわーん、とはじけて、殻が裂けちゃう。
そのはじけを、はじけないで、じっと耐えてる椿の実。
その姿をふと見たよ、山の道で、という句意です。
1、俳句の基本「写生」もよくできてるし、
2、はじけたえてる、という表現に「自分らしさ」も出てるし、
3、読んだときの「リズム」もいい、特に最後の、るん。るん。がいい。

ということで、絶賛いたしました。

最後に、いよいよ、本日の句碑登場!  川 ̄_ゝ ̄)ノ

堀江港

句碑の立つ場所は、ここです。

きれいな海でしょー???

これは堀江港。

堀江の港の近くの 浄福寺に、子規さんの句碑があります。

堀江子規句碑

ものヽふの河豚にくはるヽ悲しさよ 正岡子規

子規句碑解説

明治25年の11月に、瀬戸内海の愛媛沖で、「千島艦」(750トン)と、イギリスの会社の汽船ラヴェンナ号が衝突沈没する悲惨な事故が起こり、堀江港からは手漕ぎ船の救助隊が出たそうです。
子規さんは、そのもようを新聞「日本」に、俳句時評「海の藻屑」という記事を書いて、この句を添え追悼の意を表しました。

追悼の意なんだけど、どこか、子規さんの句には、おかしさがある。
くすっと笑うことで、悲しさがちょっとましになるっていうか、希望がわくよ。

沈没して溺れて亡くなった水兵さんたち。恐ろしい悲しい事だが、鮫に食はるる惨めさよ、でなくて、河豚にくはるる悲しさよ、と慰める。
河豚の口につんつんされる楽しさ。
その身の行く末は、人々を楽します「てっちり」になるんだよー!がんばれ! 
がんばって食われろよ! みたいな、励ましがある。

糸瓜の絶筆三句にも、救いがあり、励ましがある。
俳句は人をはげまし、はげまされる、ってことを、番組中言ったかどうかは覚えてない。
俳句甲子園見てると、それがほんとうだって、実感できるよね。うん。

あと、堀江にはこんな街角アートもあった。

まちかどアート

探してみてねー!!!!

GO TO HORIE!( ̄∠  ̄ )ノ