山東威高

2014年03月26日

山東威高 2013年業績発表

 四環医薬は上げ下げ激しい日が続いていますが、先程山東威高が2013年度の業績を発表しました。すでに持ち株ではないですが、概要をUPします。

 2013年 業績 単位:RMB
 売上 :  46.13億(対前年比 +25.1%)
 純利益(特殊項目を除く):9.36億(同+9.9%) (※特殊項目は、投資子会社の売却と為替差損)

 粗利率:59.1%(前年度57.3%)
 配当 : 0.031元(同0.033)

 成長は威高の予想と同じで、使い捨て消耗品の新しい営業組織が再構築の後確立されました。使い捨て消耗品の売上は+15.7%の35.46億元、整形外科分野では+126%の5.05億元, 透析消耗品と設備分野は+39.5%の5.61億元、利益は680万元と赤字から黒字に転換しています。また、投資先であるバイオセンサー社の株式譲渡によって特別損失4.97億元を今季に計上。

 特殊項目を除けば、最終利益は昨年と同等といった所でしょうか。減配(配当相変わらず渋い。。)ではありますが、業績は復調のようです。
応援頂けると嬉しいです
にほんブログ村 株ブログ 中国株へ
にほんブログ村

kuishinbo6666 at 18:25|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2013年11月15日

山東威高 業績持ち直しで爆上げ

 13日に中国生物製薬の業績発表がありましたが、同じ日に山東威高の業績発表もありました。2013年上半期は減速傾向が強く、市場の評価が成長は止まったとしてマイナス評価が大きかったですが、第三四半期は少し盛り返してきたようで、14日の株価は1日で3割近くも上げました。weigaocharts

 四半期レポートでは、販売戦略の見直し効果が徐々に表れてきたことと、サプライチェーンマネージメントの効率化によって売上と利益が改善したとあります。

 売上内容の内訳を見ると、主力製品である使い捨て注射器等の消耗品は対前年同期比で10%増に留まっているのに対し、整形外科製品が80%と高い伸びを示しています。この分野で、同社はR&Dの投資を増やし、2014年の新商品発売の為に、卸先の現在庫水準を減らしました。

 また、血液透析の分野でも売上が7割伸びています。透析器生産ラインの購入契約を結び、2014、2015年にかけて年間800万台を生産予定。テルモの資本注入と、テルモとのジョイントベンチャー設立も完了しました。R&Dと製品登録も進行中と、この分野でも力をいれています。

 粗利については製品ミックスの調整と業務効率の改善により、生産コストの上昇を吸収し、56.7→59.3%と上昇しました。また、利益率が60%を超える商品の売上割合が全体に占める割合が45.2→52.5%と大幅に増えました。

 事前の期待が低かっただけに、今回の決算はサプライズだったようです。それにしても1日で30%も株価が上昇するとは、ちょっと驚きです。。利回りが1%いかないので、自分は夏頃に暴騰前の価格ですべて売ってしまいました。。

応援頂けると嬉しいです
にほんブログ村 株ブログ 中国株へ
にほんブログ村

kuishinbo6666 at 14:02|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2013年03月26日

山東威高 2012年12月期 業績発表 伸び鈍る!

 威高の方は、伸びが大分鈍ってきました。

    2012年12月期 単位:人民元
 売上 36.89億元 (対前年比+16%)
 粗利 21.12億元 (同+20%)
 株主純利益 10.24億元(+6.9%)

 期末配当: 0.033元(前年度0.03元)

 2012年度は、営業、マーケティング体系の大幅な変更を行い、営業人員を大幅に増員し、マーケット販路を支持する投資を増やしました。これらの施策が今季の売上の伸びに影響し、期待を下回りました。これら施策の効果は、今後数期にわたって徐々に表れてくるものと役員会は考えています。威高は、上昇する素材コストと労働コストを吸収し、粗利率は55.3→57.3%へ上昇させました。

 以下4つのセグメントの詳細です。
1)消耗品
 売上30.63億元 対前年比+15.9%
 
2)整形外科分野
 売上 2.23億元(同8.4%減少)
 米メディトロニックとの合弁事業による利益貢献は、042億元(同10.8%)

3)透析消耗品、設備分野
 売上 4.02億元(同+37.3%) 51%出資している日機装との合弁事業は440万元の赤字

4)シンガポールバイオセンサー社
 21.5%を出資している会社の利益貢献 1.30億元

 昨年度あった子会社売却による25億元の利益を除いても、販売管理費の増加で、利益の増加は大分スローダウンしています。これから新規に買うのはちょっと考えものです。。



kuishinbo6666 at 00:09|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2012年11月21日

山東威高 第3四半期業績発表後、爆下げ

 暫く時間が経ってしまいましたが、山東威高の第3四半期業績発表が16日(金)にあってから、株価は20%を超える爆下げでした。

 業績発表では、第3四半期まで9ヵ月の収入(売上高)は対前年比+22.9%の28.59億元でしたが、威高によると、予想を下回ったそうです。その原因としては、
 1)針製品の市場競争激化、
 2)日中政治関係悪化の影響を受けた血液透析設備販売の減少
 3)整形外科業務の注文減少による、売上増加の鈍化
としています。

 今期内に、営業人員を大幅に増員し、マーケティングチャネルをサポートする投資も増やし、数四半期にわたって徐々に成果が現れることを期待しています。また、期間内に威高は、年間生産量400万台が可能な合成膜生産ラ
インを稼動しました。また、この業績発表日時点で、2箇所の血液透析センターの運用を開始し、もう1箇所別の透析センターも準備中です。テルモとの合弁会社も準備段階です。

 粗利では、人件費が大幅に増加(+30%)し、既存製品の利幅を圧迫していますが、製品ミックスや販路の改善、損失の出ている製品の減少を通じて、増大するコスト圧力を吸収しました。その結果、粗利率は54.4% → 56.7%に改善。
 粗利60%を超える高付加価値製品の割合は、前年同期比で44.1% → 45.2% に改善。

 重点はこんな所でしょうか。他社との合弁企業の利益貢献も1割程増えています。

 増益は確保しているものの、随分と減速感が出ています。第3四半期(3ヶ月)に限ってみると、利益の伸び率はわずか7.7%でした。投資家の見方は厳しく、週明け2割下がった後でも、株価は8ドル前後にとどまっています。

 なかなか厳しい展開になってきましたが、この先どうなるでしょうか。自分は長期投資に変わりないので、そのままホールドです。
今何位? 中国株ブログランキング





kuishinbo6666 at 00:44|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2012年08月15日

山東威高 2012年6月期  中間業績速報

 8月は中国株で医療関係の業績発表が多い月ですが、威高が
今年6月までの業績発表をしました。

 2012年6月期 単位:RMB(人民元)、
  売上 18.79億(対前年比+24.8%)
  純利益 4.95億 ( 同+18.6%) 
  中間配当 0.033元 (前年0.029元)  
 
 ※特殊な一時的利益項目を除くと5.26億元(同+26%)

 細かく見ていくと、      売上
1)使い捨て医療用品部門 15.53億(+22.9%)
2)整形外科部門       1.46億(+31.5%)
 うち米メドトロニック合弁子会社の利益 0.29億(+15.8%)
3)血液浄化業務部門    1.79億(+36.9%) 
4)21.5%持ち株のシンガポールゴールドマンサックスからの
 利益0.57億元。特殊項目を除くと0.88億元
 
 今期も安定した伸びとなったようです。血液浄化部門や整形
外科部門も順調に成長しています。
 特に業績で売買するということはありませんが、明日以降
は市場はどのように反応するでしょうか?

 威高の下に雨潤食品の業績が載っていましたが、チラッと
見たら利益が前年の1割もありませんでした。極端な落ち込
みです。。
今何位? 中国株ブログランキング



    
  

kuishinbo6666 at 18:15|PermalinkComments(4)TrackBack(0)
ー中国株ー
四環医薬
中国生物製薬

(過去持ち株)   
  SaSa
 神冠控股

ー日本株ー
  吉野家