都心

2017年03月21日

都心ワンルーム投資は今後も安泰か?

マイナス金利が続く日本で、金利に影響を受ける金融商品(預金、債権、保険等)には
魅力がなくなりつつあり、まだ利回りのある不動産投資がブームになっています。

ただ不動産投資も安泰かというと、人口減少、相続対策でアパートマンション建設増に
よる競争激化、今後の金利上昇傾向と不安要素の方が目立ちます。

その中で、現在投資継続中の都心ワンルーム(場所は東京都文京区の交通が便利な所)の
将来はどうなるでしょうか?最近は都心築浅ワンルーム投資を勧めるセミナーや本が増え
たと感じます。実際に自分で投資しているワンルームの価格と賃料は数年前より上がって
きています。賃料が上がって来ているのは単に春先の時期的なものなのか、物件価格が上
がっているからなのか、或いは単純にワンルームの需給が引き締まって来てるからなのか、
ははっきりと分かりません。物件価格と賃料が下がり始めるかどうかも、もう少し時間が
経ってみないと分かりません。

物件価格が高値なら売ってキャピタルゲインを確定させようと思っても、売ったお金の
新たな投資先が今の所見当たりません。なので、結局当面は、賃貸需要と物件価格の動き
に最新の注意を払いながら、そのまま持ち続けるつもりです。


にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村


kuishinbo6666 at 17:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)
ー中国株ー
四環医薬
中国生物製薬

(過去持ち株)   
  SaSa
 神冠控股

ー日本株ー
  吉野家