喰い断Ⅸさんのポケモン生活

†ポケモンの構築だけでなくそれに関わる雑談などをやっています†

初めに

皆さんはご存じだろうか?
僕が以前動画やブログで紹介した構築が完全な情報操作で……

真実の姿は全く違ったということを  

普通は環境に対して情報操作するところを身内やわざわざこのブログや動画を見てくれる人に対して情報操作を決めるという信じられない行為を行い、親しい人々からは「屑中の屑」や「知ってた。」「わかってた。」「お前はそういう奴だよな」「最低」
などなど僕に対する信頼を痛いほど感じ取ったわけだが……


まあ情報操作というものは当然ちゃんと皆が騙されるようにすべきものだ。
弱いものを強いと言い張ったところでどうしても違和感が出てきてしまう。
実際に偽構築のほうをつかった人はこれtueeeeeeと満足してくれたのではないだろうか?
ただそれよりも強い構築を僕がガチで無意味に秘匿していたというだけなのだ。
(運に寄せまくっているので皆真似したがらないしメタを運で貫通するタイプなので本当に無意味に)

ベトベトンが怪しい、絶対ベトベトンが別のポケモンになるはずだ等の意見はいただいていたが
実はそのベトベトンがパーティの中核だったというオチは僕自身としては高笑いが止まらないのだが……


せ っ か く な の で

劣 化 型 の 構 築 も 最 適 化 し て み ま し た



やったねみんな!
今からパーティを整えて練習をすればジャパンカップに間に合うかもよ!(猶予一日)



・構築メンバー
ガブリアス@拘りスカーフ 意地っ張り サメ肌
196-182-124-×-106-149
じしん/ドラゴンクロー/いわなだれ/どくづき


偽バージョンそのままエーブオブエース
実は配分がカツカツすぎて最速フェローチェと同速
気合で冷凍ビームをかわそう

ストーンエッジではなくドラゴンクローなのはプテラやオニシズクモのマッチングを祈りで回避するためである
ジャパンカップは20戦なので上振れを期待するならばプテラやオニシズクモ等きつい相手とはマッチングしないことをお祈りするほうがよい
レートではストーンエッジのままでよいだろう

僕はプテラと1戦マッチングしただけでした(上振れ)


カプ・レヒレ@拘り眼鏡 控え目 ミストメイカー
175-×-136-159-151-109
ムーンフォース/ねっとう/マジカルシャイン/だくりゅう

この子の偽バージョンそのまま安定枠
存在するだけで下振れを防ぐ素晴らしい子


ウインディ@拘り鉢巻 意地 威嚇
195-168-100-×-101-126
フレアドライブ/インファイト/ワイルボルト/しんそく

出すだけで急所におびえる必要の出てくる下振れ量産ポケモン
しかしこいつがいないと威嚇も炎もとることができないので当然の続行
偽バージョンといってもそりゃ基盤部分に変更を加えることはない
できるだけ神速を使って怯みや急所事故を避けよう


テッカグヤ@鋼鉄プレート 陽気 ビーストブースト
173-149-123-107-124-124
ヘビーボンバー/かえんほうしゃ/ボディパージ/まもる

環境初期の初期。一番最初から俺を支える起動要塞。
当然のごとく続投。
テッカグヤを1匹守り抜いて全抜きは非常に多い
耐久振りの置物とは違うのだ、大好きだぜパージカグヤ!!


ギガイアス@せんせいのつめ 勇敢 すなおこし
192-204-150-×-102-27
いわなだれ/ストーンエッジ/ワイドガード/まもる

劣化版からアイテムが変更されたギガイアス
……当たり前の話だが、メタ枠のポケモンにZアイテムを割いたら……パーティ性能が落ちるわけで……
あんまりやりたくないですね(劣化版話)

勿論悪いわけじゃないけどメインギミックにZは持ってきたほうが強くなります
選出が多いやつにZを持たせたほうが打ちやすくなるわけですからね

じゃあ何を持たせるか?
メタ枠に持たせるアイテムなんて決まっているでしょう!
不利な相手にこそ強く出て勝利するためのアイテムです!

弱点保険は僕のプレイングに合わないので没となりましたが
ピントレンズ、光の粉、せんせいのツメの中から厳正な審査の結果せんせいのツメが採用されました
(本当はピントレンズにしようとしてたんだけど皆から他のがいいといわれたので……)


カプ・コケコ@でんきZ 臆病 エレキメイカー
10万ボルト/マジカルシャイン/ほうでん/まもる
臆病CS実数値不明

ならば誰が電気Zを持つのか?
そりゃ当然!早くて事故死しにくくてアドの取りやすく基本選出に絡めやすいポケモンです!
というわけで劣化版の真の姿としてベトベトンの中からカプ・コケコが現れました

今回は放電麻痺の上振れ期待と初手でガブと並べる選出を意識して基本技3つに放電を採用
実際麻痺らせて勝ちました、運ゲー最高だぜ

カプ・コケコの加入で初手コケコウインディとガブコケコの選択が加わりました
後続はカグヤ+ウインorレヒレ ギガイアスが必要ならギガイアスって感じですね!

選出パターンは動画でやってるのに加えて
割と見る機会の多いコケコウインとガブコケコそのままなのでカットだ!


終わりに

1日程しかやっていないとはいえこっちのほうが真バージョンより勝てました(残念)
まあ上振れ期待する形にプレイングと構築を寄せて実際に上振れを引き当てた(1対戦5怯み×3)ので当然ではありますが

もしも上振れを狙ってみるというのなら……これを使ってみてもいいかもな!!!!
上振れ引けずボロボロのお通夜でも責任とらねーけど!!!!!


今日は先行封殺と制圧について軽く紹介しようと思う。
読んで字の如く。先行で相手の行動を全部封じて勝ちを狙う戦略だ。

先に相手の動きを封じてしまえば運要素なんぞ関係なしに勝利することができる。
運負けが多いと嘆く人にお勧めの戦法だ。
僕はこれが得意というかこれしかできない。

最低限の切り返しはそりゃあ当然技術として覚えているが……まあなんというか苦手。
相手の行動を許した上で盤面を制圧しかえすなんていう技術は未だ僕の中では研究登場。

さて先行制圧のやり方は極めて単純。
上から超火力で殴って勝つ。ただそれだけ。

先行制圧で代表的なポケモンは「でんきZカプ・コケコ」や「物理メガボーマンダ」「スカーフポリゴンZ」「キングドラ」である。
相手の行動前に1匹倒して残数を1つ貰い相手を機能不全にする。
例えばランドロスをスカーフポリゴンZで破壊してしまえば相手は物理に対する対抗札が極端に少なくなる。
そうなってしまえば相手はもう何もできない。
運要素も何もなく上から殴られて何もできずに終わりである。

デメリットも勿論ある。
メガボーマンダというポケモンは例外中の例外だが基本的に先行制圧の可能なポケモンというのは一度不利をとった場合の切り返しが苦手である。

でんきZカプ・コケコを1度ひかせなければならないという場面を考えてみよう。
後続にカプ・コケコからの引き先を準備するものとする。
……では、その引いたポケモンからカプ・コケコに戻せるだろうか?
まあ、耐久に優れたポケモンではないため難しい。これが先行制圧の弱点だ。

この弱点が極めて致命的であると認識されやすく多くの人の肌に合わないため先行制圧の数は中々増えない。
ガルーラ・ランドロス・クレセリア・ヒードランのような一度不利をとっても切り返せるポケモンを軸として高種族値スタンダードほうが使われやすい。
だがこのパーティは不利な場面でも切り返せるが素早さの問題や1ターン目から火力が出せないことが災いし岩雪崩のような運要素、及び突然の奇襲で崩れやすい。
(……本来は崩されないための高種族値スタンダードなのだがここでは一般的に崩されやすいものであるとする)

先行制圧は先ほど言った通り相手の行動を封じて運要素すらなく勝利するスタイルだ。
重ねて言おう。運要素すらなく勝利するスタイルだ。
三度言わせてもらおう。運要素すらなく勝利するスタイルだ。

運負けが多いと嘆く人は自分のプレイングに自信があるのではないだろうか?
プレイングに自信があるからこそ運負けが多いと嘆くものだと思っている。

ならばこそ…… 僕と同じ先行制圧道に来てみないだろうか?
先行制圧はいいぞ。自分の実力がはっきりと出るし敵だったはずの運要素が完全に味方になる。

所謂ガルクレセのようなパーティにはかみ合いの悪かった速攻アタッカーも採用できるしまさに新世界。
自分の構築とプレイングが適切である間は相手の行動を許さず完封する動き。
自分の実力がはっきりとでる。逆にどちらかが未熟だったり未完成ならば制圧すらままならない。


運要素に嘆くこの記事を読んでいる皆……先行制圧はいいぞ。


ポケモンは楽しむべきものだと主張する僕が
七世代に入って唯一ガチで苦痛に感じた挙句結果的に病院送り(?)となった奴がいる
それはアクジキングだ


何故病院送りになったのかを話そうと思う
発端は僕の不用意な一言だった

アクジキングよえーよなドレコーすらメタれないとかそういうことを言ったのだ
まあ弱いものは弱いという主義なのだが、僕の友人たちはなんというか こう、容赦と手心がない 
じゃあメタできることや強いことを証明したら使うのか?と言われたので

事前にしっかりとダメージ計算機を回して無理な条件を設定し
その上で絶対無理だから証明してみろよと煽り返した


皆さんお察しの通り、無理な条件を真正面から突破し使えることを証明してきた


そして僕はアクジキングを使うことになってしまったのだ
まあ使うことになってしまったのはしょうがないのだが正直準伝相当もあるんだから弱いわけがないのだ

技に恵まれないもののステそのものは悪くない、普通に使える範囲
使える範囲だったのでまずは普通に回した

無難に強かった

これヌメルゴンのほうがよくね?
これアクジキングじゃなくてもよくね?

まあ当然の反応だ、だが勝ってるんだからいいじゃん
ノルマ達成だからアクジキングのことなんてさっさと忘れるつもりだった


だが…… 「それ俺が強いって証明した型じゃなくね?」


アッ

アッアッアッ


言われてみればそうである
お題は証明されたものを使うこと。アクジキングの強さを見せつけること
他のポケモンの劣化運用、代役運用では許してもらえなかったのだ

そしてたちが悪いことに僕が前提条件として普通突破できない条件を設定してしまったため
「強いアクジキング」とはその条件を突破するためだけの狭い範囲に勝つだけのポケモンだったのだ


…… …… ……無理

いやマジで無理。
こうなるととれる手段は一つしかない。
狭い範囲に勝つだけのアクジキングは放置して

アクジキングにしかできないアクジキングによるアクジキングのためのアクジキングを活躍させる構築を作り
それで友人たちに泣いて謝り土下座してもう許してくださいというしかなくなったのだ


長い戦いが始まった


構築を組むたびにアクジキングと言われる

自業自得だ、反論のしようがない

何かあるたびにアクジキングと言われる

我慢だ、悪いのは俺だ



……俺は考えた、考えて考え抜いた
最高のコンビネーションを探した、アクジキングを生かすパーティを考えた
そしてたどり着いた アクジキングを最高に生かしたアクジキングにしかできない
アクジキングのためだけに組み込まれたパーティ――


レート1450~1550


うむ。
恐らく多くの方々が思っただろう。知ってた……と

他のポケモンの劣化気味の運用
だがアクジキングの性能を最大限に生かすことを封じられた
アクジキングをにしかできない運用…… ただでさえ評価の低いポケモンの性能を生かしきれない構築

それは、なんというか
とても残念だった


そしてこの構築を組んでいる最中に僕の体には異変が起こっていた

何故か心臓の周りが痛いのだ
少し話をするだけで痛くなる。めっちゃ痛くなる

現実での活動に不都合が出るほどにいたくなる
これはまずいということでかかりつけの病院にいったら……

「詳しい調査しないとだめだから大きなところに行ってほしい」


……は?

マジかよおい。俺死ぬのか
そう思いながら検査のために大きな病院にいった

そしてなんて言われたと思う?


「これ心臓の周りで筋肉痛が起こってますね」
「普段あんまり使わない部位なんでストレスからだと思いますが何か心当たりありますか?」



言 え る か


どう考えてもアクジキングだろうがこんなもん



ストレスだと思える原因を見つけたらそれを無くしてくださいねと言われた
僕はその病院から帰ってからニコ生を始めた

アクジキングの研究結果とことの経緯を説明した結果……

アクジキングに心臓を握られた男という不名誉極まりない新たな二つ名が俺に加わった


読者諸君。ポケモンは楽しむものだ
ストレスを感じながらポケモンをやっても体調を崩すだけだ
くいたんとのお約束だ!

↑このページのトップヘ