はじめに

スレでの対戦紹介に使う予定だったレートのBVを精査していた所対滅びパで不備を発見。
その対戦では気持ちよく俺のプレイングうめええええ!!などと思っていたのだが冷静に考えると相手がプレイングミスをしていたから勝てただけだった。
本来プレイングミス無しではどうなるのか?と考えた所どうあがいても勝てなかったので、最低限勝ちになる案を探してみた。ガバってても気にしないこと。手順の参考にでもしてね。

WCSで思考時間たりねーって人向けになるかもしれないです。
前もって考える対戦パターンのアレコレ的な奴。
かなりややこしい内容なので参考にならないかもしれない。とりあえず初心者向け記事ではありません。
自分の強さに自信がある人は考えてみてどうぞ。



想定パーティ


こちら
プテラ@メガ石陽気AS  雪崩/フリフォ/アイヘ/守る
ヌメル@眼鏡臆病CS   龍波/放射/ヘド爆/濁流
グソク@スカーフ陽気AS 出会/アクブレ/吸血/虫抵抗
バレル@ゴツメ控え目HC ヘド爆/ギガドレ/胞子/イカサマ
ツンデ@襷勇敢HA    ジャイロ/雪崩/トリル/守る
デマル@ジュース無振り  猫/我武者羅/ニドガ/毒毒

こちらの使用するパーティはツンデマル喰い断-
スレ用にということでプレイングの幅を増やしつつ名勝負を意図的にできるようにデチューンしたり変化させた構築。


対戦相手
ゲンガー@メガ石HS     シャドボ/金縛り/滅び/守る
Aペルシ@悪Z        捨て台詞/猫/イカサマ/守る
ニョロトノ@脱出HBD     熱湯/滅び/アンコ/守る
ガオガエン@フィラ      猫/バクア/蜻蛉/守る

対戦相手の想定選出はこの4匹で固定。
スレ用なのでニョロトノとガオガエンに攻撃性能を持たせたハイブリット型ではなく純滅びを想定。
とりあえずこの4匹想定の滅びに勝てなければ話にならんでしょということで他パターンは考慮しない。
全択ならば他パターンは考慮するがこれに想定を絞ったものでも十分なボリュームがあると思う。

実戦での使い道は現在純滅びなんざ殆ど見ないのでない。


初期想定パターン(先に倒すの目標)

とりあえず初手を崩すことを狙った。
当初レート戦に置いてはこのパターンで俺つえーとか調子に乗っていた。
現実は全然勝ち筋が見えなかった(ネタバレ)




ペルシ狙い負けパ

T1
ペルシアン 猫騙しプテラ
メガプテラ 怯み
メガゲンガー 滅びの歌
ヌメルゴン 龍の波動 ペルシアン90%

滅び3

滅び側初手の猫はプテラ方向へ。
雪崩怯みケアなので当然だろう。こちらはペルシ狙いなのでペルシ側に龍波動。


T2
メガゲンガー守る
ペルシアン守る
メガプテラフリフォ ゲンガー守る
ヌメルゴン龍の波動 ペルシアン守る

滅び2

相手両守る。
プテラは初手で眼鏡割れしている金縛りをされると困るのでメガゲンにフリフォを見せる。
メガゲンの交換を次手で強要する効果もある(フリフォで交換を封じて滅ぼせる)

T3
メガゲンガー → ニョロトノ
メガプテラ雪崩  ペルシアン乙 ニョロトノ30%脱出→メガゲンガー
ヌメルゴン 龍の波動 メガゲンガー70%

滅び1 雨1

ペルシアン→ニョロトノ

フリフォを見せた所で次のターンは当然メガゲンガー交換。
雪崩でペルシアンを処理しつつニョロトノを脱出させる、そしてメガゲンに龍波動で大ダメージ。


T4
メガゲンガー守る
ニョロトノ守る
メガプテラ雪崩
ヌメルゴン龍波動

滅び0 雨2 メガプテラヌメルゴン乙


しかしここで相手が倒れたペルシアンに代わりニョロトノ。
メガゲンが場にいるので両守るでこちらの2匹は滅ぶ。


T5

メガゲンガー30% ニョロトノ70% 裏1  vs 残り4匹から2匹

次のターンはこちらの4匹が全て低速であるためメガゲンバックガオガエンからニョロトノ滅び両守を止められず負け確。
ニョロトノを倒さないルートならどうだろうか?とお思いの人もいるかもしれないがあそこで捨て台詞を使われるだけでこの盤面+ペルシが残る。
よってどうやら択にすらならならず確定負けっぽいことが分かる。

脱出がニョロトノじゃないならまだなんとかなるが、脱出が一番つらいので脱出を想定している。
このまま雨滅びとかは半分回復実を持っていてくれ、脱出ケアしなくていい分楽だから。



メガゲン狙い負けパ

ペルシ狙いが間違っていたのだろうということでメガゲンを狙うことにする。


T1
ペルシアン 猫騙し
メガプテラ 怯み
メガゲンガー 滅びの歌
ヌメルゴン 龍の波動 メガゲン65%

滅び3

初手はさっきと同じ。
まあだいたいこんな感じになるだろう。
ちなみに控え目眼鏡ならば流星群でHメガゲンガーは確定で消し飛ぶのでイージーウィンできる可能性が高い(ドラゴンZ可)。
しかし他のパーティを見据えると臆病龍波は動かせないのでこのままで頑張る。


T2
メガゲンガー守る
ペルシアン守る
メガプテラフリフォ ゲンガー守る
ヌメルゴン龍の波動 ペルシアン守る

滅び2

2ターン目もまあこの動き。金縛りを喰らえばゲームエンド。



T3
メガゲンガー → ニョロトノ
メガプテラフリフォ ペルシアン持ち上げ
ヌメルゴン 龍の波動ペルシアンに当たらない

滅び1 雨1

脱出ボタンケアを要求されるのが最低過ぎる。
当ててしまった場合はメガゲンガーが出てくるので両滅びが確定するのでペルシアンをフリフォで持ち上げることで自分の攻撃を無効化する。
ニョロトノの脱出を発動させず、かげふみを場からどかせたのでヌメルゴンが交換できる。



T4
ヌメルゴン交換 → ペルシアンはフリフォ後捨て台詞でメガゲン、残数4vs3


しかし冷静に考えるとペルシアンはフリフォを受けた後に捨て台詞を使えばよいだけなので無意味。
ヌメルゴンを交換した所でメガゲンガー+滅び役の盤面ができているし、メガゲンガーはZ捨て台詞でHPを回復。削ったのが完全に無意味。

メガゲンガーで守りながらニョロトノをガオガエンに交換。
猫滅びを使って脱出ケアしたせいで脱出が残っているニョロトノを出されると手数が足りない、確定負け。

冒頭で俺のプレイングうめええええなどと世迷言を言っているが何がうまいのかを当時の自分に問い詰めたい。

どちらのパターンでも完封負けが確定しるのは我ながら擁護不可避。
上手なのは遠回りする敗退行為か何かだったのだろうか?



プテラデマルパターン

他のポケモンたちはヌメルゴンよりも火力が無いためどうあがいても上記パターンを辿る。
そこで相手にメガゲンガーは存在するが、ヌメルゴンを後発に残した状態でどうやらメガゲンガー狙いよりはマシであろうペルシアン狙いができるトゲデマルを先発に配置することにした。


T1
ペルシアン猫
プテラ怯み
メガゲン滅び
トゲデマル我武者羅 ペルシアン90%

滅び3

ヌメルゴンと同じ。
しかしトゲデマルを配置してみるとヌメルゴンよりはるかにマシだということが判明。
メガゲンガーを見てデマルを選出しなかった自分がアホにしか思えない。


T2
メガゲン守る
ペルシ守る
プテラ雪崩 両守られ
デマル我武者羅 ゲンガー守る

滅び2

まともな攻撃技無いですよアピール。
まあここは滅びのターン稼ぎをしていると想定するしかないので仕方がない。



T3
メガゲン→ニョロトノ
プテラフリフォ ペルシ空中
デマル我武者羅 ニョロトノ90%脱出→メガゲン

滅び1

脱出をケアしながらペルシアンを処理するフリーフォール。


T4
プテラフリフォ ペルシ乙
メガゲン 守る(アンコケア)
デマル 我武者羅(想定構築で覚えてない)

滅び0 プテラデマル乙

プテラデマル→ヌメルゴンツンデツンデ  ペルシ→ガオガエン

フリフォでペルシアンを処理し、メガゲンガーがデマルの後攻アンコをケアする守る。
デマルは無駄行動だがまあ何の影響もないだろう。
問題はガオガエンが出てきてしまうこと。




T5
ガオガエン猫
ツンデツンデ
メガゲン滅び
ヌメルゴン龍波

あ、もうメガゲン倒せなくて滅び確定相手残数3こっち残数2でどうあがいても無理な確定負けパターンっすね。ワンパン火力ないし。

しかし冷静に考えるとフリフォじゃなくてアイヘで処理できるやんと言うことに気が付いた。
フリフォパターンを書いてしまったことがまず恥ずかしい。
乗せるなと言われるかもしれないが、例なので失敗パターンも載せておくということで此処は一つ。

ちなみにここまでで納得した部分がある人は普通に対滅び甘い疑惑があるんで一度考え直してみましょう。
ガバガバ喰い断に納得する部分がある甘さとかもしかしたら解答として成り立ってないレベルで信頼できない対策精度かもしれない。


アイアンヘッドパターン


T3

メガゲン100% ペルシ10% (ニョロ100% ガエン100%) vs プテラ100% デマル100%(2匹)

メガゲン→ニョロトノ

プテラアイヘ ペルシ乙
デマル我武者羅 ニョロトノ90%脱出→メガゲン

滅び1

ペルシ→ニョロトノ


これで滅びを1ターン残したままなのでガエンを出され猫を打たれる心配はない。

T4
メガゲン守る
ニョロトノ守る
プテラ雪崩
デマル我武者羅

滅び0 プテラデマル乙

プテラデマル→後続2

ん……メガゲンとニョロトノ……後発にガオガエン……こちらの後続は2匹……?
さっきもみたような……


T5
メガゲン100% ニョロトノ10% (ガオガエン) vs こちら2匹(ヌメルゴン+グソクムシャ)

ニョロトノ→ガオガエン威嚇
メガゲン滅び
ヌメルゴン濁流 メガゲン55% ガオガエン95%→フィラ
グソクムシャアクブレ メガゲン乙

滅び3

だがあの時とはニョロトノの削りが違う!
間に合う……間に合うんだ……!


T6
ガオガエン守る
ニョロトノ守る
ヌメルゴン濁流
グソクムシャアクブレ

滅び2

T7

ヌメルゴン濁流
グソクムシャアクブレ

滅び1  Win喰い断


やったぜ。
と言うわけでようやく勝利です。

一応簡易チャートとしてはこんな感じで択を整理して対戦前に行動を決めていきます。


しかし冷静に考えてみるとちょくちょく都合の良い想定をしていたり、そもそも濁流3試行中3命中が要求れるので61%でしか勝てないうえに、相手3連守る成立でも勝てなくなるので信頼度は極低。
やっぱり純滅びは強いですね。意識して対策を組み込んでパーティじゃないと早々崩れてくれない。

そもそもこれ他の人に見せる検証前の奴だから見落としありそうだったりするんですが、
最初にいったけどガバってても気にしない方針でお願いいたします。

流石にこれでは満足いかないので別パターンを考案中なのでスレではそっちが使われるかと思います。
皆もこれより勝率が高そうなパターンを見つけてみてね!

一応そっちももう対戦終了まで行動は全部考えてあるよ!