http://nishidadojo.webcrow.jp/

今日の西田号は、T中ハヤトとハルト。ハルトは部活でしたが「どうしても初日から見たい」との事で、急きょ観戦に。(駐車場でイオリ君と!)
19-05-18-23-21-52-481_deco

1558135694628

アップ会場となるサブアリーナ。
いつもながら緊張感が充満し、ここに入るだけで心拍数が上がります…。
DSC_8597

※撮影禁止のため、試合中の写真はありません。


★マイ
マイは1回戦、新極真東部支部の谷川選手との対戦。この大会に向けて追い込んできたので、ポイント&KO全日本の時とは別人のような動き。
軽快なステップから伸びのある蹴りを繰り出します。
ラスト30秒あたりで谷川選手の膝蹴りにつかまり、ペースダウンして本戦判定負け。
マイの動きを生かしつつ、打ち合う耐久力をつけ、もっと上を目指してほしいですね。


★コトハ
コトハは1回戦、極真拳武会の西別当選手と対戦。
本戦後半は下突きをもらって苦しい展開。2本相手選手に旗が挙がるも引き分け。
延長戦になり、上段前蹴りで相手を下がらせてから形勢逆転。そのまま攻めきり判定勝ち。
(やはり、流れを変える上段蹴りや大技は重要ですね)

2回戦は優勝候補筆頭の南原選手との対戦。
まだまだ力の差は大きく、本戦判定負け。
しかし、JFKO初参戦でトップクラスの力を体感出来たのは大きな経験になるでしょう。
19-05-18-23-22-47-949_deco

彼女らの奮闘に泣く人々。気持ちはわかります!
1558175451748


★ショウダイ
なんと108名がエントリーする軽量級!
ショウダイは1回戦で七州会のホープとの対戦。高速連打と左右のローが冴え、本戦判定勝ち。
2回戦は極真拳武会の強豪選手との対戦。
ここでもローと膝蹴りを主体に攻めきり、本戦判定勝ち。
3回戦では、JFKO初代チャンピオンで優勝候補の大石選手と対戦。
軽量級とは思えぬパワフルな突きとローを放つ大石選手。ショウダイも下がらずに打ち合い、早い突きとロー、さらにキレ味鋭い後ろ廻し蹴りで応戦。
予想以上に噛み合う好勝負となるも、本戦で判定負け。

過酷な仕事環境、さらに事故にもあってケガに悩まされてきました。
普通ならばとても大会を目指せる状態ではない…。
大会どころか、空手をやるのも辛い状況で、よくぞここまで仕上げて来ました。


支部道場もない小さな町道場から、この最高峰の舞台に挑むのはやりがいがありますね。
夢を見させてくれた3人に、感謝です。
1558167060576

また、この子たちと夢を追えるのが楽しみです。
1558167066406

女子軽重量級では、無名の15歳・漢選手が優勝候補を次々破って2日目に進出しました。
10代というのは、1年もあれば別人のように変われます。
明日も多くの道場生が足を運ぶと思いますが、「見る側」でなく「やる側」の目線で観戦してほしいですね。


試合中は佐竹先生が僕の隣にやって来て、オモチャとアイドルについて熱く語られました。(^^;
19-05-18-23-24-02-784_deco

大会後は、JFKOの会議に出席。
長丁場の会議だったので、長嶋先生が居眠りしないか見張っておきました。(撮影はもちろん会議前ですよ)
19-05-18-23-24-28-834_deco

その同時間帯、サブアリーナでは演武のリハーサル。
明日のジュニア演武はドリームフェスティバルのエリート選手が登場します。
そして飛心会や聖武会館の選手と共に、コウヨウ・アキトが組手を披露します。
開会式では、モカ、ミワ、アスハがプラカード係。
基本稽古では約30名の道場生が出ます。
皆さん、そちらも注目くださいね。

YouTubeで生中継もあるので、会場に来れない方はパソコンでお楽しみください!