京都・宇治発☆税理士のビジネスダイアリー

京都の税理士。そしてランナーです。38歳。まだまだ若手!!

カテゴリ: 税金

1日1クリックお願いします!
人気ブログランキング

今日はレポートを書いていました。大学生みたいです。
先日、税理士会の成年後見人の研修を受け、その課題のレポートです。
合格すれば家庭裁判所の成年後見人等推薦名簿に登載されることとなります。

成年後見制度は判断能力が不十分な方々が不利益を被らないように支援・保護する制度で、法定後見人として登録できるのは弁護士、司法書士、税理士等で一定の条件をクリアした者です。

一般的に身内の方が後見人になられるケースが多いのですが、財産の処分や相続など専門的な知識が必要となるケースで税理士が家庭裁判所から選任されるケースが多いようです。

以前は判断能力に乏しい方については、禁治産者・準禁治産者といった排除色の強い制度でしたが、今は、できるだけ健常者に近い生活を提供することを重視する「ノーマライゼーション」の理念のもと、大幅に制度が改正されています。

相続対策の仕事も多く手掛けていますが、税務的な対策のみでなく、こうした後見の仕事も重要性を増しています。
私の事務所でも今後任意後見への取り組みを強化していきたいと考えています。



1日1クリックお願いします!
人気ブログランキング


少し前になりますが、南宇治コミュニティセンターにて「確定申告前の不動産のよろず相談会」を開催いたしました。

これは主催する不動産勉強会の試みで、メンバーの中から、税理士のほかにも司法書士、不動産鑑定士、損害保険代理店の3名の方に参加いただき、税務、登記、保険など不動産に関して総合的に相談をお受けいたしました。

また、今回は積水ハウス様に協賛いただき、京都新聞のオリコミにより約2万部広告させていただきました。

確定申告前という時期がら税務に関する相談が中心でしたが、各分野の専門家によりワンストップで解決できるということから、相談にこられた方の評判も上々のようでした。

次回はまた趣向を変えて不動産に関するイベントを開催したいと思っています。



1日1クリックお願いします!
人気ブログランキング


還付の手続が早いのがウリのe-TAX。
国税庁では3週間以内の早期還付を謳っていますが、実際はいかに?

私も源泉所得税が還付されるのですが、今年は1月25日に自分の申告書を提出し2月5日に還付金の振込みがありました。
その間11日。なるほど看板に偽りなしでした。



1日1クリックお願いします!
人気ブログランキング


明日、京都税理士協同組合の主催で「贈与税と譲渡所得税の計算と実務」の講演をさせていただきます。
13:30〜16:30の3時間の講演で、場所は京都税理士会館です。
対象は税理士及び会計事務所の職員で、資産税に関する初歩レベルの内容となります。
現在のところ60名強の参加申込をいただいています。
少し風邪気味ですが、咳き込まないよう今晩で治さないと
よかったら聞きに来てください。



1日1クリックお願いします!
人気ブログランキング


平成22年の税制改正大綱が一昨日発表されました。
民主党政権による初めてのものであり非常に注目していました。

私たち自身に一番関係の深い所得税制については、例えば、0歳〜15歳位までの子供を対象とする扶養控除は廃止され、代わりに給付金が支給されるなど、一言でいえば「控除から給付」へと大きく転換したものでした。

なた、法人税については法人税率の11%への引き下げは見送りとなったものの、悪評高い、特殊支配同族会社における業務主宰役員給与の損金不算入制度の廃止
など一定の評価ができる内容でした。

ガソリン税の暫定税率についてはマニフェストとの狭間で揺れたものの、実質的には維持されるものでした。これも政権政党としての現実的な判断でしょう。

消費税については今回盛り込まれなかったものの、私が今TKCの先生方とグループで論文を書いている「給付付き税額控除」が検討されているようです。
これは将来的に10%を超えるような消費税となったときに、食料品など生活必需品に軽減税率を適用するのではなく、日常生活に最低必要な生活必需品の購入にかかってくる消費税額相当額を定額で支給してしまうという方法です。

今回の大綱は全体的には評価できる内容だったと思います。
来年以降には相続税の体系の見直し、消費税率の引上など本丸が残っています。
このあたりについて民主党政権がどういう方向性を打ち出してくるか楽しみにしています。

人気ブログランキングに参加しています。
1日1クリックお願いします!
人気ブログランキング


3日間の中級職員研修の最後にみなさんに感想を書いていただきました。
たくさん書いていただきました。とても励みになります。

以下は皆さんの感想の中からの抜粋です。

「講義の一番最初に、法人税の計算方法を寄せ鍋に、所得税の計算方法を懐石料理に例えて説明してくれたのでイメージがつきやすかったです。」

「テキストを説明するだけでなく、事例や実務につながることを織り交ぜて話して下さったので、それを書き留めたテキストが補足説明で埋まって、今後勉強していく上で非常に使いやすいものになりました。」

「会計をかじった人が実務でミスするポイントを重点的に説明していただいたのがよかったです。」



前回書いたメインテーマ
「思い込みを排除しよう」
ですが、

他に今回の研修で言いたかったことは
「経験と、勘と、度胸だけでは仕事ができない」
ということ。

それと税理士試験にもつながることですが、
「暗記することをバカにしない。思考のベースには暗記は必須。」
ということです。

とても楽しい研修でした。
ひとつ誇らしく思っていることは、私のこの講義の最大の目標が達成できたこと。
それは、6時間×3日間の講義の間、受講生の方は誰一人居眠りさせなかったことです。
やった

人気ブログランキングに参加しています。
1日1クリックお願いします!
人気ブログランキング


7月下旬から8月上旬まで、TKCの中級職員研修で所得税の講師をさせていただきました。

中級レベルの職員さんの研修なので、多くの受講生の方は確定申告の経験があったりして所得税の知識もそこそこあり、全くの初心者ではありません。
そこで今回研修のメインテーマに置いたのが、「思い込みを排除する」ということです。

私の講義の進め方は、必ず双方向のコミュニケーションとなるように、30人くらいの受講生の方に1回の講義につき3回くらい(つまり1回の講義で100回程度)は答えてもらうということです。

これは受講生の方との実際のやり取りですが、

(例1)
Q「医療費控除はどんな場合に受けられる?」
A「医療費の額が10万円を超えた場合です。」
Q「じゃあ医療費が5万円だったら医療費控除はダメ?」

答えは、
医療費の額が10万円と課税標準合計額の5%のいずれか低い方を超えていれば適用があるので、所得の低い方は10万円未満でも適用がある場合もあります。


(例2)
Q「扶養控除の金額は?」
A「38万円です。」
Q「他には?」
A「扶養親族が16歳以上23歳未満の場合は63万円、70歳以上の場合には48万円です。」
Q「他には?」
A「…」

答えは
扶養親族が同居老親の場合には58万円となり、同居特別障害者の場合には上記控除額にさらに35万円上乗せ(障害者控除とは別に)されます。


税理士試験の受験生だったころ、受験勉強って大変やなと思っていました。
でも試験では、「当期の税額が最小になるように」という目的がきまっていて、前提となる要件も与えられ、一つの答えが決まっています。

ところが実務では、例えば節税しようと思うと銀行のスコアリングが悪くなったり、今期節税すると次期に税額が上がったりと2つ以上の方法が多くはトレードオフの関係にあります。
実務では常に幾通りもの方法があってそれぞれのメリット・デメリットを検証しなければいけません。

今回の職員研修は試験に受かるための勉強ではなかったので、その辺のスタンスを特に重点的に意識付けしました。
私も改めて思い込みを排除した仕事を心掛けたいと思います。

人気ブログランキングに参加しています。
1日1クリックお願いします!
人気ブログランキング


景気対策として、贈与税の減免が検討されるとのこと。

『麻生太郎首相は28日夕、遊説先の高知市で記者団の質問に答え、31日に2009年度補正予算案の策定を指示することに関連して「前提として家を建てるとか車を買うとか(消費の)裏が取れる場合に贈与税をまける、もしくはゼロにすることを検討する」と述べ、追加経済対策の一環として贈与税の減免を検討する考えを明らかにした。 (時事通信)』

高齢者の金融資産を有効活用させようというのが趣旨のようですが、既に相続時精算課税という制度により、贈与税が猶予される(相続税が基礎控除以下である多くのケースでは結果的に免除)ため
今回メリットがあるのは下記のようなケースでしょうか。
/動奮阿凌佑ら贈与を受ける場合
65歳未満の親からの住宅資金以外の贈与
従来、相続時精算課税を使うことにメリットが乏しかった一部富裕層の方

そんなに実効性があるかなあ、というのが実感です。

人気ブログランキングに参加しています。
1日1クリックお願いします!
人気ブログランキング


昨日までの暖かさとはうってかわって今日は小雪が舞っています。
体調がおかしくなりそうです。

ところで、e-TAXで確定申告するメリットとして、還付金が早期に還付されることが挙げられます。
通常、申告後還付金の振込まで6〜8週間かかるのが、eーTAXなら概ね3週間で還付されるとのこと。

税理士報酬も源泉徴収されているため私も還付申告なのですが、私は1月31日にe−TAXで申告して、今日、2月17日に還付金が振り込まれました。
確かに早い

人気ブログランキングに参加しています。
1日1クリックお願いします!
人気ブログランキング


昨日、税務署で今年度の記帳指導のミーティングがありました。

記帳指導というのは小規模な個人事業者を対象に、1年間無料で税理士が記帳の方法を指導し、自分で決算、確定申告をできるようになってもらうという公的な事業です。

私は、今年新しく始まったパソコン記帳指導の担当です。
この指導は、予備講義としてパソコンの操作指導1回+個別の記帳指導4回と言う形式で行われます。
従来のような訪問指導ではなく、教室にパソコンを設置したブースを設け、1回につき90分の個別指導を受けていただく形式となります。

昨年以前も私が担当した記帳指導も半数以上がパソコンで市販の会計ソフトを利用しての記帳指導だったので、やっと実態に形式が追いついたのかなと言う感じです。

新しく事業を始めた方などはこうした公的な事業を積極的に利用されると、とてもリーズナブルで良いと思います。

私が昨年以前記帳指導を担当させていただいたお客様でも、非常にレベルが高い方がいらして、自分で決算まで仕上げてきて、最後の決算のチェックと税務的なアドバイスのみの依頼を受けている方が何人かいらっしゃいます。

この場合、相談料としてタイムチャージで1万円〜2万円程度いただくだけなので、かなりリーズナブルに利用いただいているかと思います。
私からすると顧問契約をしていただくのが理想ではありますが、これも上手な税理士の利用の仕方かな、と思います。

ただし利用者から見た公的な制度の難点は、「若い税理士がいい」、「パソコンに強い税理士がいい」、「女性の税理士がいい」など、自分で税理士を指名できるわけではないので、担当税理士にあたりはずれがあるとは思いますが…。

いずれにしても新しい試みと言うことで、どんな方を担当させていただくか楽しみにしています。

人気ブログランキングに参加しています。
1日1クリックお願いします!
人気ブログランキング


京都銀行伏見支店で開催される積水ハウス蠅箸離織ぅ▲奪廛札潺福爾瞭睛討決定しました。
セミナー後、個別相談会も実施しますのでご参加お待ちしています。
なお今回を第1回としてリレーセミナーになる予定です。
こうご期待!

こんな方、ぜひお越しください。
「相続税についてなんとなく不安をお持ちの方」
「事業承継についてお悩みの方」
「今後の相続税法の改正の動向について知りたい方」



第1回『資産有効活用講座』

第1部:知って得する相続税の基礎知識 
    〜「相続」を「争族」にしないために〜

第2部:大きく変わる中小企業の事業承継対策
    〜半世紀ぶりの相続税の大改正の動向とその対応〜

日 時:7月28日(月)16時〜18時
場 所:京都銀行 伏見支店
協 賛:京都銀行 伏見支店、
    積水ハウス蝓ゝ都シャーメゾン支店
定 員:40名様
費 用:無料

お申込みは当事務所までメールまたはお電話下さい。
積水ハウス 京都シャーメゾン支店、京都銀行 伏見支店でも受付しています。

人気ブログランキングに参加しています。
1日1クリックお願いします!
人気ブログランキング


住宅メーカーの営業の方からこんなご質問をいただきました。


『株式会社○×商事の社長のAさんは、自分の所有する土地に、○×商事の名義で自社ビルを建設しました。
建設後30年経って建物の老朽化が進んだため、ビルを取り壊して別の場所に移転することとなりました。
さて、この場合誰にどんな税金がかかってくるでしょうか?』


ちょっとややこしいですが、答はAさんに所得税がかかってくることになります。
その理由は次の通りです。

Aさんが個人で所有する土地の上に、株式会社○×商事の名義の建物を建てると○×商事に土地を使用する権利(借地権)が発生します。
    ↓
この状態で建物を取り壊すと法人が持っていた土地を使用する権利がAさんに帰ってくるためAさんは株式会社○×商事から借地権の贈与を受けたことになります。
    ↓
法人から個人への贈与は一時所得に該当し、所得税が課税されることになります。
ただし契約から遅滞なく「土地の無償返還に関する届出書」という書類を税務署に提出しておけば課税されなくてすみます。


土地には所有権(地代を受け取る権利)と借地権(土地を実際に利用する権利)の2つの権利があるということが一般の方にはなかなかわかりづらい考え方です。

実は他にも借地権に関して税務署からの指摘を受けうちにご相談に来られた事例がありました。

相続や贈与、譲渡などは複雑かつ金額も大きい事案が多いため私たちも慎重を期して仕事を進めます。
言葉は悪いですが素人が付け焼刃で申告書を書くと、あとあととんでもない目に逢うことも多いので、ぜひ税理士にご相談いただければと思います。

人気ブログランキングに参加しています。
1日1クリックお願いします!
人気ブログランキング


私の事務所ではお客様のリスクマネジメントの一環として生命保険代理店業務を行っています。

税理士が生命保険を扱う局面は結構幅広く、たとえば合理的な節税であったり、借入金返済リスク対策、退職慰労金の準備などが挙げられます。

税理士事務所が生命保険を扱う上で、一般代理店と大きく違うのはお客様の経理内容をすみずみまで把握しているため、最もタイムリーかつ適切な内容の保険を提案できることにあります。

このため当事務所では「企業防衛」を標準業務として決算対策や日々の監査にお客様の保険の見直しや提案を組み込んでいます。

今の時期は会計事務所にとって比較的業務に余裕のある時期となります。
というわけでうちの事務所でも企業防衛を重点課題として「きぼう(企防)の初夏」に取り組んでいます。

人気ブログランキングに参加しています。
1日1クリックお願いします!
人気ブログランキング


昨日、京都府宇治市の近鉄大久保駅から徒歩5分のところに、関与先様である蠖正様プロデュースによるショットバーがオープンしました。

その名も「SHIRONEGI」
本業の青果卸にちなんでのネーミングです。

なんとノーチャージ、そしてカクテルも1ドリンク650円という価格設定。
本業が青果卸ということで野菜スティック、フルーツも豊富かつ新鮮です。

オープニングのドタバタが過ぎたら、カレー(市販のカレールーじゃないですよ)とピザ(生地からやきます!)も始めるそうです。

近鉄大久保駅から東に向かって、旧24号線を東に渡って100番商店街の北筋。下町会館2階です。

人気ブログランキングに参加しています。
1日1クリックお願いします!
人気ブログランキング


今日は当事務所の提携先である積水ハウス主催の税務相談会の講師に行ってきました。

昨年住宅を購入された方を対象とした説明会で、住宅借入金等特別控除を受ける方をメインに実際に申告書を書き上げて帰っていただこうという企画です

注意点と書類確認を初めにアナウンスしたあと、積水ハウスの社員の方が進行役となって、講師の私に
「申告書の〕鵑論蘇薹戚鷭颪里匹龍盂曚らもってきたらいいのですか?」
「持分割合はどの書類のどこを見たらいいのでしょう?」
など質問を投げかけるパネルディスカッションの形で進行、もう一人の税理士が巡回して個別相談に対応するという形のセミナーでした。
税金が還ってくるとあってみんな真剣です

住宅取得というのは多くの方にとって一生一度のビッグイベント。
最後のアンケートに
「友人は他の住宅メーカーで建てましたが、こういうアフターフォローはなかったようです。いきとどいたサービスに、さすが積水ハウスと思いました。」
と書いていただいていた方がいらっしゃいました。
その他の方も概ね反応はよかったようでほっとしています。
講師としてもとても嬉しく思いました

人気ブログランキングに参加しています。
1日1クリックお願いします!
人気ブログランキング


当事務所ではTKCソフトによる自計化を原則としていますが、パソコンの使用環境等によって会計ソフトによる自計化がなじまない場合は会計日記帳の記入をしていただいています。

昨日、最近に新規契約いただいた美容室のお客様においてスタッフ全員の方を対象に現金管理と会計日記帳の記載についてミニ講習会を実施しました。

改竄防止のために綴込式のノートを使用することや、記入はペン書き、修正は二重線で見消しで、など私たちの常識は新規関与先にとっての非常識。
修正液で間違いを訂正したり、エクセル等で作成した「きれいな帳簿」は実は会計的には改竄が容易であるため不備であるということについて特に注意を喚起させていただきました。
そのほかレジの残高照合と金種表の照合まで主として現金取引の管理についてひとつひとつ丁寧にご指導させていただきました。

この美容室は3店舗を展開されていますが、きちんとした業績把握のためにも、内部統制の意味でも、現金管理が最重要課題です。

現金出納帳の残高と実査の現金有高を合わすなど現金管理は経理の「ケ」ですが、私たちにとっても一番簡単そうで一番難しいのが現金の管理。
飲食店や美容室など現金商売のお客様も多いため、ここは本腰を入れて取り組んで行きたいと思います。

人気ブログランキングに参加しています。
1日1クリックお願いします!
人気ブログランキング


確定申告期になると私たち税理士は各地で開かれる税務相談会に駆り出されます。
私も今日、担当の税務相談会に行ってきました。

いらっしゃる方の多くはマナーを守っていただいているのですが、なかにはマナーの悪い納税者の方も…
例えば…
「なんとかならへんの?私ら生活があるねんから…」という懇願型。
「(そもそも税額がないのに)なんで税金が還ってこないの!」という逆ギレ型。
「(膨大な数の医療費の領収書を)いつも全部ここでやってもらってます!」というズボラ型。

私たちも車座に配置されたテーブルの真ん中に座って、常に3〜4人の納税者を相手にしていますが、待合を見ると納税者の長蛇の列。
「どんだけまたすねん!」
と座るなりすでに怒り心頭といった方も中にはいらっしゃいます。

私たちはできるだけ親切に丁寧にと心がけていますがどうしても長時間の待ち時間がでたりします。
たくさんの納税者の方にきもちよく利用いただくためにも、税務相談会はあくまで「相談会」であって「申告書の代書会」ではないことを認識された上で、上手に利用していただきたいと切にお願いします。

人気ブログランキングに参加しています。
1日1クリックお願いします!
人気ブログランキング


今日は久御山町立佐山小学校に社会科の課外授業「租税教室」の先生をしに行ってきました。

対象は6年生2クラス61人。
前半は視聴覚教材を使って「もし税金がなかったらどんな世界になるのか?」ということをテーマに考えてみました。
後半はクイズ形式での授業をしました。

小学生の反応は積極的。
まさに「打てば響く」という感じです。
国家予算の80兆円という金額についてイメージをもってもらうために、模造紙幣の1億円を持参して言ったのですが、みんな目を輝かせてとびついてきます
こちらが何かひとこと言うと、何かその3倍くらいの反応が返ってくる感じで感激しました

小学校のうちから税金について啓蒙していくことはとても意義のあることだと思います。
それ以上にこちらが楽しい仕事でした。

京都府南部の方は明日の「洛南タイムズ」に記事が掲載されるようなのでご覧ください。

人気ブログランキングに参加しています。
1日1クリックお願いします!
人気ブログランキング


京都府と三重県の境に南山城村という村があります。
京都府唯一の「村」です。

私は今年からこの村の商工会の担当税理士となりました。
そして今日はこの村の商工会の確定申告説明会ということで講師を務めに行ってきました。

車で走ること小一時間。
こんなところです。

南山城村

まるで横溝正史の小説の世界のよう。
昭和50年代にタイムスリップしたかのようです。
商工会もなんとなく、いや思い切りひなびた感じ。
そしていらした事業主の方も70代の方ばかり。

しかし、しかし、みんな熱心なのです。
孫ほど年齢の私が話していても、みんなうんうんと大きくうなずいてくださいます。
なかなかほのぼのとして楽しかったです。

来月、再来月にも1回づつ相談会があります。
なんだか密かに楽しみです。

人気ブログランキングに参加しています。
1日1クリックお願いします!
人気ブログランキング


もうすぐ確定申告のシーズンです。
各地域いたるところで無料の税務相談会が実施されます。
これについてちょっとオネガイが‥

昨年、こんな裁判がありました。
税務署で税務相談を受けた納税者が、税務署員の誤った指導により後から更正処分をうけ不利益を被ったため、国に対し損害賠償請求を起こしたものです。

判決では
『税務相談における指導・助言は税務署の一般的且つ仮定的な判断を示すものにすぎず、これに従うか否かは納税者の自己の判断と責任に委ねられているというべきであるから賠償請求を認めない』
という趣旨のものでした。

私たち税理士もこれからの確定申告期には何回も税務相談会にかりだされます。

税務相談会では、相当な数の納税者の相談を限られた時間で対応し、またその場の断片的な情報に基づいて判断するため、どうしても一般的且つ仮定的な返答とならざるを得ません。

これは医療にたとえるなら精密検査が必要な患者に問診のみで対応しているようなものです。
精密検査が必要な納税者にとっては、無料相談の範囲内ではとても対応できません。
個別に税理士に相談すべき事案もたくさんあります。

市民健診で脳ドックをしますか?がんの細胞検査をしますか?
無料の税務相談もこれと同等なのです。
行政サービスの一環として限られた時間と人員と予算で行うものであり最低限の情報をお伝えするものであり、情報をどう利用するかは自己責任なのです。

また、税務相談会ではマナーの悪い納税者の方も多々おられます。

・いつも申告して税金が還付になるのに、今回は申告しても還付にならない、と税理士に声を荒らげてつっかかってくる納税者

・たくさんの方がお待ちなのに何百枚もの医療費控除の領収書を未整理で持参され申告書を書いてくれと頼む納税者

どうか納税者の皆さんも無料相談で全てが解決できるなんて思わないでください。
そしてマナーを守って上手に利用してください。
税理士からのお願いです

人気ブログランキングに参加しています。
1日1クリックお願いします!
人気ブログランキング


今日、お客様に先駆けて、自分の確定申告を完了しました。
うちの事務所の今年の確定申告第1号です。
もちろん電子申告です

本来の確定申告は2月16日から受付ですが、還付申告については1月1日より受付が始まっています。
医師の社会保険診療報酬や、弁護士、税理士の報酬からは源泉所得税を引かれているので、還付のケースが多いです。
サラリーマンの方が年末調整で源泉所得税が還ってくるのと同じ理屈です。

通常申告してから還付されるまでは、6〜8週間かかるのですが、電子申告すると3週間位で早期還付されます。
これも電子申告のメリットです。

ごたぶんにもれず私も還付申告のため(単に所得が低いだけかもしれませんが‥‥)、忙しくなる前のこの時期に申告することにしています。
私にとっては結構まとまった額が還付されるため、確定申告はちょっとしたボーナスの気分です)

還付申告の方はぜひぜひ今の時期に申告を、そして電子申告がオススメです。

人気ブログランキングに参加しています。
1日1クリックお願いします!
人気ブログランキング


今年最後の税務調査がほぼメドがつきました。
他の税理士からかわってこられたお客様なのですが、その税理士はあきれるような会計処理がされていました。

例えば、
・棚卸はしたことがない。
・交際費は400万円までならなんでもOK。
など、とんでもない指導(?)を受けていたらしく、交際費だけでも役員賞与扱いで数百万円否認される結果に

しかもその役員賞与を加算して源泉所得税を算出しようと源泉徴収簿を見たら社会保険料控除が数年間にわたって300万円近く失念し、かえって還付になるというお粗末さ。

貸借対照表を見れば、身に覚えがない役員貸付金が数千万円計上され、利息の計上もないため、数十万をの認定利息課税。

同業者ながらはずかしくなるような内容で本当に気の毒に思いました

私のような年少者がおこがましいですが、今回ばかりは医者にヤブ医者がいるように税理士もヤブがあるということを認識してしまいました
怒れ!納税者

人気ブログランキングに参加しています。
1日1クリックお願いします!
人気ブログランキング


先日、近畿税理士会宇治支部主催の譲渡所得の相談会に行ってきました。
これは宇治支部では初めての試み。
私も期待して望みました。

確定申告期の税務相談はものすごい数の納税者が相談にいらっしゃるので、私たち税理士が「コの字」に配置された机の真ん中に座って一度に3人位の納税者を相手にするのですが、今回は年内開催という時期、そして譲渡という特殊な案件の相談ということもあって1対1で比較的じっくり時間をとっての相談会でした。

この相談会の特徴的だったのは、相談だけでなく個別に依頼をお受けすることが多く、単なる相談会というだけでなく税理士とのマッチングの機会という側面も強かったことです。
これは譲渡と言う案件が、一般の相談とは違って個別的な判断を要することが多いためですが、納税者の方にとっては、対面で税理士を選ぶことができるメリットがあり双方にとって良かったと思います。

来週には城陽市の商工会で事業所得者の決算説明会の講師を務めます。
平成19年もあとわずか。いよいよもうすぐ確定申告なんだなあと感じます。

人気ブログランキングに参加しています。
1日1クリックお願いします!
人気ブログランキング


先日、新しいお客様と契約する日のことです。

朝、その社長様から一本の電話が
アポの変更かと思いきや。
「今、税務署の調査官が来ている」とのこと。
申し合わせたようなあまりのみごとなタイミングにびっくり

現金商売の事前予告なしのの調査
調査官とその場で電話で話したものの、契約前で税務代理権限書の提出もないため立ち会うことができず。
結局、営業時間中でお客様の目もあるので、その場は引き上げて税務署に資料を持ち帰って検討とのこと。

その日の夕方無事契約を済ませ、翌日代理権限書を持って税務署を訪問。
その後は正式に私も立会いの旨、了解いただきました。

税理士関与のない飲食店、美容院、診療所など現金商売の事業所には無予告の調査が突然入って現金実査をおこなうこともあります。
レジ金と現金出納帳の残高が合っていないなんてことがあると「ここはずさんな経理状態やな」と目をつけられます。

現金残高をしっかりするとおいうことは税務調査対策だけでなく、従業員の不正な持ち出しを防止する意味合いもあります。
現金商売に限ったことではないのですが、現金管理は経理の要。
全ての事業者の方に日頃からきちんと現金残高を合わせる習慣をつけていただきたいものです。

人気ブログランキングに参加しています。
1日1クリックお願いします!
人気ブログランキング


租税教室の研修のため大阪に出張して来ました。

「租税教室」というのは税理士が地元の小・中学校に出向いて1時間授業時間を頂いて税金についての話をするものです。

「税金」というと悪いイメージがついてまわります
納税したことも申告したこともない子供たちがどうして税金に悪いイメージを持つのか?
親御さんたちや、マスメディアの取り上げ方の影響がたぶんにあると思われます。

千円のものを万引きしたらすごく悪いことをした感じがするのに、1万円の税金をごまかすのはそんなに悪くないように思っている大人がいかに多いか私たちも切に感じています。

じゃあ、税金がない国はよい国なのでしょうか?
もし税金のない国だったら全てに料金がかかってしまうことになります。
泥棒をつかまえるのはいくら?
家の前の道路を歩くのはいくら?
火事になったらいくらで消してもらえる?
そんなことを考えつつ正しい納税意識を身につけてもらうのが租税教室の目的です。

今日は授業風景のビデオを見せてもらいました。
私たちが常に相手するのは事業経営者の方など当然大人ばかりです。
セミナーを開催しても概ね「し〜ん」としています。
子供たちは違います。こちらが問いかけたことに反応が返ってきます。
子供たちに正しい納税意識を持ってもらうのが大きな目的ですが、それと同時に子供が目を輝かせる瞬間を一人でも多くの税理士に体験して欲しいとのことでした。

私が教壇に立つのは年明けの1月です。
母が教員だったので話を聞いて一度教壇に立ってみたいなあと思っていました。
思わない形で実現することになってとても楽しみにしています。

人気ブログランキングに参加しています。
1日1クリックお願いします!
人気ブログランキング


新聞によく大企業に税務調査がはいった記事が載っています。
そのとき経理担当者のコメントとして「税務当局と見解の相違があったが指導に従って修正申告をした」との記載が多く見られます。

私たちにとっても頭がイタイのはこの「見解の相違」です。
つまり脱税の意図が無いのに、また経理処理もこちらの解釈では問題が無いのに、税務当局と争いになった場合を指します。

最終的には訴訟も見越して徹底的に争うつもりなら修正申告に応じてはいけません。
この場合、税務署からの更正処分にしてもらって不服申立の手続きをとることとなります。

ただし争いになったからといって五分五分と言うわけではありません。
税務訴訟の納税者側の勝訴率は最近高くなったとはいえ、まだ2割にも達しません。
納税者側が圧倒的に弱いのが現実です。

税務調査が入っただけでもうっとうしいのに、そのごもゴタゴタが続くのがわずらわしいので修正申告に応じている企業が多いのが実情です。

うちの事務所でも「見解の相違」には本当に頭を悩ませています

人気ブログランキングに参加しています。
1日1クリックお願いします!
人気ブログランキング


今週は事務所の外での仕事が多い週でした。
更新のほうもちょっと追いついてません

先日、税務調査の立会いがありました。
お客さんにとっては初めての税務調査でなんだか不安そう。
追徴税額を出さないことももちろん大切ですが、少しでもスムーズに終わるようにするのも税理士の大切な役割です。
税理士の力量が試される場です

我々税理士にとっては、特に関与して初めての調査では、税務調査を通して企業活動の流れ、どんな原始証憑からどのようなタイミングで帳簿が作成されるか、など新たに気付かされることが多いのも事実。

今回は海外にも事業所がある会社で、取引の流れが見えていない部分があったのですが、そういった意味では調査を通じてクリアになった部分が多かったです。

今回は2日間の予定での調査でしたが、こっちはなんとか1日で退散してもらおうともくろんでいたのですが、やはり甘かった‥
反省

ちなみに、スタッフにとっては始めての税務調査の同行でした。
→スタッフのブログはこちら「妄想
感想は、
「なんか地味やなあ」
「マルサの女」のようなイメージだったのかなあ?




人気ブログランキングに参加しています。
1日1クリックお願いします!
人気ブログランキング


事務所のある京都府城陽市は知る人ぞ知る梅の産地として有名。
梅の実の入荷されるこの時期にはスーパーでも梅酒キットが並びます。

事務所のスタッフも創作意欲に火がついたようで梅酒キットを購入していました。
くわしくはこちら→簡単梅酒の落とし穴
飲み頃になるのは年末調整の頃のようです

お酒の製造は酒税法によって制約が設けられています。
これはお酒が酒税と言う税金の財源となっていることに由来します。

一般家庭でつくられる梅酒も実はなんでもと言うわけではなく一定のルールがあるのです。

例えば…

.▲襯魁璽20度以上のお酒に漬けること。
 →日本酒やみりんで梅酒を造るのは違反

漬けることができるのは糖類、梅、その他の省令で定められたものに限る。
 →ぶどうを漬けるのは違反

自分又は同居の家族が飲むためのものに限る
 →町内の人に配るのは違反

たかが梅酒、されど梅酒。ルールを守らないと酒税法違反で摘発されてしまいます
お酒はルールを守って適量を

人気ブログランキングに参加しています。
1日1クリックお願いします!
人気ブログランキング


確定申告や3月決算法人の申告も一段落したこともあり、最近はいろいろなご相談にとびまわっています。

最近受けたご相談は
・共有名義にしてしまっている不動産の整理
・教育資金のプランニング
・余剰資金の資産運用と保険契約の見直し
などなど、税理士というよりファイナンシャルプランナーとしての顔でのお仕事が多いです

会社を経営している方はともかく、一般の人が「税理士」と接する機会というのは決して多いとは言えません。
『町を歩くと税理士事務所の看板って結構見かけるけど、なんだか敷居が高いなあ』なんて印象じゃないかと思います
でも。ちょっとしたことをききたいときってありますよね。

うちの事務所では一般の方のご相談を積極的にお受けしています
税金に限らず、相続対策、生命保険の見直し、不動産の購入や売却、などなどお金に関する幅広いご相談に対応しています。
基本的にこちらから出向いてあれこれお話させていただいてます。
ご訪問後には、お金に関する「もやもや感」が結構すっきりしていただいてるのではないかと自負しています。

お金に関して、なんだか漠然と不安、なんてご相談でも結構です。
ぜひご連絡ください→よろず相談処

人気ブログランキングに参加しています。
1日1クリックお願いします!
人気ブログランキング


昨日はスタッフが運転免許の更新
実は税理士資格には更新がありません。

最近、税理士資格も更新制にするという議論ももちあがっています。
そして税理士資格更新の要件として現在は努力義務規定である年間36時間の研修を必須にするという話も出てきています。

税理士資格の入り口は試験合格だけではありません。
税務官庁に一定期間勤務した人、弁護士・公認会計士、大学院修了による試験免除なども税理士になることができます。
実は税理士試験を5科目合格した人のほうが少数派です。

入り口が多様な以上、試験合格に匹敵する税理士資格のレベルの維持が必須と思います。
税理士資格が税務署職員の永年勤続の『ご褒美』と化し、レベルの低い税理士業務を行われたのでは一般納税者はたまったもんじゃありませんね

資格更新は大賛成。研修の義務化もぜひすべきと思います。


このページのトップヘ