京都発 マリーンズ、沖縄、ロックンロール、なblog

京都人ですが、落合博満三冠王、山本功児巨人から移籍、などをきっかけに、長年ロッテを応援しています。千葉、札幌、仙台、埼玉、名古屋、博多、石垣島などへの遠征や、京セラ、甲子園など地元での観戦、そして沖縄への節約旅行、草バンドマンとしてロックのことなども徒然と書き記していきます。

2016年05月

肘井と木村、1軍へカモン。

⚫イースタンリーグ ロッテ4―2楽天(2016年5月29日 荘銀・日新スタジアム)

マリーンズ バッテリー ○木村-阿部-香月良-S金森=柿沼

マリーンズ 本塁打 井上6号(2回ソロ)、肘井8号(5回2ラン)

早いもので、今日で5月も終わりです。

同時に「セ・パ交流戦」がスタート。

まずはマリンで広島との3連戦。

先立って、土曜日にKOされたスタンリッジが、翌日に登録抹消。

さらに昨日、吉田ユータが登録抹消となりました。

前にも書きましたが、打線でいうと確実に不足しているピースは「左の代打」。

そこには「福浦和也」を熱望しています。

“打率ゼロのオトコ” 吉田ユータが抹消されたことで、キャッチャーは田村、江村の2人体制でいくのか、であれば、打撃はともかく吉田と田村の2人が妥当かと思います。

また、交流戦期間中はレフトの守備にもつくであろうデスパイネの守備固め要員も必要になります。

「左の代打」

「キャッチャー2人体制を補う」

「外野の守備」

・・・この要素を全て満たす “パーフェクト・ヒューマン” がいました。

しかもイースタンで打撃好調、一昨日5/29の楽天戦でも決勝点となる8号2ランを放ったばかり。

そのピースは「肘井竜蔵」。

打撃センスは誰もが認めるところで、長打力も魅力です。 

キャッチャーとして、は正直厳しいところがあるかもですが、有事の際の緊急出動は可能なはず。

昨年に受けた死球、長時間に及んだ手術、今も続くリハビリ…。

もちろん福浦が必要なことに変わりはありませんが、適材適所、オトコ・肘井の復活のストーリーを見てみたい!

そして同じ日の先発投手・木村ユータも2失点でまとめての勝ち星。

スタンリッジの穴を埋めてくれそうです。

投手陣では先に、明日6/1に先発予定の報道があった関谷が登録され、“第6のオトコ” はおそらく高野と入れ替えかと思います。

今夜、まずは裏エース・イシカワの快投に期待です!

以下、スポニチアネックス原文ママ。

【ロッテ関谷 今度は大学先輩と投げ合い「成長したところを」】

スポニチアネックス 5月31日 7時0分配信

 ロッテ・関谷が再び先輩超えを狙う。

 新人右腕は21日のオリックス戦(京セラドーム)で日大三の先輩・近藤一と投げ合い、プロ初登板初勝利をマーク。6月1日の広島戦に先発予定で、明大の先輩・野村との対戦が予想される。投手練習で調整した関谷は「ノムさん(野村)が卒業して大学で2年、社会人で2年やって成長したところを見せたい」と話した。

↓押してくれはったら、嬉しいです。


にほんブログ村

千葉ロッテマリーンズ ブログランキングへ


広告:ヘアケア 育毛ケア(内服)フィンカー(5mg×100錠) +ミノキシジルタブレット10mg(100錠) 1セット

今後のホークス対策を、キャプテン大地が一発回答。

昨晩、那覇空港からのソラシドエア。該当機材が朝に起こしたディレイを終日引きずっているとのことで、定刻19:30発が20:45発に。

神戸空港には22:40着となり、ポートライナーを乗り継いで、我らが阪急電車ではもはや京都まで帰ることが出来ず、JRとタクシーを利用するはめに。

結局、深夜1時に帰宅して、後片付けしてお風呂に入ってちょっと寝て、7時に起きて仕事に行きました。

そんなわけで、今日仕事から帰ってから、録画しておいた土日のホークス戦とプロ野球ニュースなどを駆け足で見ました。

スタンリッジは一体いつの間に、こんな不安定な投球をするピッチャーになってしまったのか。

打ち取った場面も、たまたまアウトを取れたようにしか見えませんでした。

そして別の意味で荒れ球連発の“暴れん坊将軍” 千賀には、くさいところをファールでカットしとけば押し出しで何点か取れたんとちゃうんか?と思ったり。

唐川くんもいつの間にか、試合中には余計な優しい笑顔が戻ってしまったようで、“日焼けした隣りの優しいお兄ちゃん” に見えて、マウンドから相手に与える威圧感が感じられません。

ホークス相手だと、スタンも唐川くんもそうなってしまうのか?

涌井の完投負けと、土日の敗戦は、負けの中味、質(?)が、全く違うもののように感じました。

今さら、ワタクシが考えても、どーしよーもありませんが、どないーしよーもありませんが、ホンマに無理っすけど、でもでもでもでも、何とかしたい!

しかし、心配はいりませんでした!

今後のホークス対策。

ここに明確な答えを出したオトコがいました。

そのオトコの名は、キャプテン鈴木大地。

よっ、さすがキャプテン!

頼れるキャプテン、いいキャプテン。

“We are!” 言ってるだけじゃないぜ。

みんなの悩みに一発回答!

それはね・・・

それはね・・・

その答えはね・・・

「セ・リーグのみなさんに頑張ってもらいたい。お願いします」

だって!

チャンチャン!

以下、各紙報道 原文ママ。

【ロッテ・鈴木、交流戦でのセ・リーグのソフトバンク叩きに期待】

デイリースポーツ 5月30日 15時59分配信

 日本野球機構(NPB)は30日、都内のホテルで「日本生命セ・パ交流戦」の開幕記者会見を行った。プロ野球の熊崎勝彦コミッショナーは「プロの誇り、リーグの威信を懸けての好ゲームが展開され、新たなスター選手の登場も期待できる」とあいさつした。

 会見ではゲスト選手によるトークショーも行われ、巨人・長野、広島・丸、ソフトバンク・長谷川、西武・炭谷ら6選手が参加。昨季は3勝14敗1分けで大きく負け越したDeNA・梶谷は「去年は散々な目にあった。今年はやり返したい」と意気込みを語った。

 また、パ・リーグではソフトバンクが快調に首位を走る現状にロッテ・鈴木は「セ・リーグのみなさんに頑張ってもらいたい。お願いします」と、セ各球団の交流戦での奮起に期待していた。

【ロッテ鈴木、対戦したい投手は成瀬「打ちたいです」】

日刊スポーツ 5月30日 17時50分配信

 ロッテ鈴木大地内野手(26)が30日、都内ホテルで行われた交流戦開幕記者会見に出席した。

 対戦したいセ・リーグの投手を聞かれ、元チームメートのヤクルト成瀬を挙げた。「一緒にやっていた先輩。今年はQVCでヤクルト戦がある。打ちたいですね」と話した。

【セパ交流戦31日開幕、勝ち越しリーグ6球団に賞金】

日刊スポーツ 5月30日 18時4分配信

 日本野球機構(NPB)は30日、都内で「日本生命セ・パ交流戦」の開催概要会見を行った。

 31日から、6月19日まで全108試合を予定。昨年同様、通算勝利数で勝ち越したリーグの6球団(1位1000万円、2位500万円、3位400万円、4位300万円、5位200万円、6位100万円)および、最高勝率球団(500万円)に賞金が贈られる。

 勝ち越しリーグの勝率1位球団から、「日本生命セ・パ交流戦MVP」(賞金200万円)を選出し、セ・パ両リーグの選手から「日本生命賞」(100万円)を1人ずつ選ぶ。

 昨年はパ・リーグの61勝44敗(3分け)で、ソフトバンクが12勝6敗で最高勝率球団に輝いた。ソフトバンク長谷川は「本当に必死です。今年も連勝できているので、いい流れで交流戦に入っていけると思っています」と話した。

↓押してくれはったら、嬉しいです。


にほんブログ村

千葉ロッテマリーンズ ブログランキングへ


広告:ヘアケア 育毛ケア(内服)フィンカー(5mg×100錠) +ミノキシジルタブレット10mg(100錠) 1セット

左の代打に、福浦を。

ホークス3連戦を3連敗。

・0ー1のエース完投負け

・先発が早々にKOされての大敗

・僅差を追いついてから最終回に守護神が被弾しての負け

よくもこれだけ、いろんなパターンで…。

正直、笑ってしまうほどのカンパイ。

ムリ~ ムリ~ ムリ~ 、みたいな。

どんな展開になってもアナタ方はワタクシ達ホークスに勝つことは出来ませんよ、という大国からの恐ろしいメッセージを受け取るかのような、悪夢に近い3日間でした。

しかし、引きずっても仕方なし。

明日からは交流戦。

ツトム・イトーが言うように、ホークスへの挑戦権を得るために、これからの試合を一戦一戦、大事に戦っていくしかありません。

状況が心配されたイグチも内も元気です。

打線で明らかに不足しているのは、左の代打。

切り札がイグチ1枚では、昨日のように、追いついたはいいは、しかし次なる勝ち越しの場面での代打が見当たりません。とくに、左の。

ならば、ここは、福浦和也しかいないでしょう。

福浦さん、そろそろ、ご準備、整っているのでは?

バッティングはもちろん、細谷のそれも素晴らしいものになってきましたが、“美しすぎるストレッチ捕球” は、見るだけで幸せになるパワースポットそのものです。

スタンリッジに替わる先発投手も気になります。

不足しているピースを補って、パーフェクトなマリーンズとして、交流戦にいきましょう。

以下、各紙報道 原文ママ。

【ロッテ 今季初同一カード3連敗 西野1年ぶり被弾で猛省2敗目】

スポニチアネックス 5月30日 7時2分配信

 ◇パ・リーグ ロッテ4―6ソフトバンク(2016年5月29日 QVCマリン)

 ロッテは今季初の同一カード3連敗を喫した。

 4―4の9回無死一塁から守護神・西野が松田に決勝2ランを被弾。昨年5月5日のソフトバンク戦(ヤフオクドーム)以来、約1年ぶりに本塁打を浴び2敗目を喫した右腕は「浮いたスライダー。一番危ない球。走者を警戒しながらでも投げちゃいけない球だった」と反省した。さらに、2死から牧原バント処理の際に転倒し、左肘の違和感を訴え降板。30日に検査を受ける予定だが「(左肘は)大丈夫だと思う」と話していた。

 ▼ロッテ・井口(7回に自身初の代打アーチ。41歳5カ月での代打本塁打は、球団では43歳1カ月の野村克也に次ぐ年長記録)追い込まれていたけどね。強い気持ちで、それだけ。

【ロッテ、首位攻防戦で今季初の同一カード3連敗 「ミスしたら勝てない」】

Full-Count 5月30日 7時10分配信

●一気に6ゲーム差、交流戦へ「挑戦権を得るために一戦一戦」

 2位ロッテは今季初めて同一カード3連敗で、ソフトバンクとの首位攻防戦に完敗。ゲーム差は一気に「6」に開いた。伊東監督はソフトバンク戦前、ミスが出たら勝てる相手ではないと何度も口にしていただけに、「この3連戦を見て、現状このチームは、ミスしたら勝てないというのがよく分かった。パ・リーグのことは考えず、挑戦権を得るために(交流戦では)目先の試合を一戦一戦戦っていくだけ」と話した。

 9回、先頭・長谷川の何でもない二ゴロを、ナバーロがグラブトスを焦り落球。直後に守護神・西野は松田に決勝2ランを浴びた。2死からは、西野も牧原のセーフティーバントの処理に慌てて転倒。左ひじを打撲してベンチに下がるなど、踏んだり蹴ったりだった。

 何とか3タテだけは防ごうと、先発・唐川に期待したが、押し出しを含めて2回で4四球と制球を乱し、4回で球数は92球に達した。本人も「野手の人のリズムを作ることが出来なかった。悔しいし、歯がゆい」と唇を噛んだ。

●7回に井口が一時同点の2ラン、ナインを鼓舞する一発になるか

 ただ、2点ビハインドの7回2死二塁では、代打で井口が登場。6連勝でハーラートップの7勝目も目前にしたソフトバンク武田の146キロ直球を完璧に捉え、左右間席中段まで運ぶ同点2ランとした。

「追い込まれていたが、強い気持ちで打席に入った。同じ相手に3つ負けるわけにはいかないと思った」

 起死回生の代打アーチは勝利に結びつかなかったが、ナインを鼓舞するには十分の一発だった。ロッテに今必要なのは、ベテランがバットで示した、強いハートなのかもしれない。

【ロッテ対ソフトバンクの3連戦で感じた“両者の差”】

ベースボールキング 5月30日 6時30分配信

 交流戦前最後のパ・リーグ公式戦、首位ソフトバンクを3ゲーム差で追いかけてる2位のロッテは、本拠地QVCマリンでソフトバンクとの3連戦に臨んだ。ゲーム差を少しでも縮めて交流戦に入りたかったロッテだったが、まさかの3連敗。ゲーム差を「6」に広がった。

 この3連戦の焦点の1つは、ソフトバンクの強力打線に立ち向かうロッテ先発陣という構図。ロッテはエース・涌井秀章を筆頭に、スタンリッジ、唐川侑己が先発し、ソフトバンクは東浜巨、千賀滉大、武田翔太の若手3投手を送り込んだ。

 ロッテは、初戦の涌井で星を取れなかったのが誤算だった。涌井は9回を投げて7安打1失点と、エースとしての役割を果たした。しかし、打線が援護することできずに完封負け。気持ちを入れ替えて臨んだ2戦目は、スタンリッジが立ち上がりに乱れ、今季最短の2回6失点でノックアウト。翌29日に一軍登録を抹消された。

 伊東勤監督が28日の試合後、「2つやられましたから、明日(29日)は絶対に取らないといけない。良いピッチャー(武田)がでてくるので、先に点を取られないようになんとか頑張ってほしいです」と託した3戦目の唐川も立ち上がりに乱れ、2回までに3失点、試合を作ることができずに4回で降板した。

 一方の、ソフトバンクは先発全員がきちんと役目を果たす。初戦の東浜は、8回を無失点に抑え、守護神サファテとの完封リレー。2戦目の千賀も7安打を許しながら要所を締め、7回まで力投を見せた。

 そして3戦目。唐川が序盤にベンチに下がるのを横目に、先発の武田は4点を失いながらも7回途中まで投げ抜いた。

 ソフトバンクの先発陣が3試合すべてで6イニング以上を投げたのに対し、ロッテは涌井だけが6イニング以上を投げた。結局のところ、“先発の差”が“1位と2位の差”に繋がっていることを実感した3連戦だった。

 先発がきちんと試合を作り、最後には絶対的守護神サファテがいるソフトバンク。先発が序盤で崩れても、中継ぎ陣による細かな継投で接戦に持ち込み、試合終盤に逆転勝ちすることの多いロッテ。この差を縮めるには、ロッテ先発陣の奮起が必要不可欠と言えるだろう。やはり涌井や石川に続く先発の軸が必要であり、大嶺や唐川といった中堅どころに加え、二木康太や関谷亮太といった若手の台頭にも期待がかかる。

↓押してくれはったら、嬉しいです。


にほんブログ村

千葉ロッテマリーンズ ブログランキングへ


広告:ヘアケア 育毛ケア(内服)フィンカー(5mg×100錠) +ミノキシジルタブレット10mg(100錠) 1セット

ダメよ、ダメダメ。負けちゃあイヤ~ん。

⚫パ・リーグ公式戦 ロッテ4―6ソフトバンク(2016年5月29日 QVCマリン) マリーンズ3勝7敗

[マリーンズ シーズン通算 28勝22敗1分 パ・リーグ第2位]

重要と位置付けられていたはずのホークス戦を、2連敗しての第3戦。

ダメよ、ダメダメ。負けちゃあダメなのよ。

もう我々には、あとが、無~い!

土日を沖縄で過ごしていたワタクシは、南の地から速報を随時確認して一喜一憂。

プールサイドのリクライニングチェアでゴロゴロしていながらも、ビーチ・バーのカウンターでトロピカル・カクテル(フルーツがトッピングされてて、ストローの長いやつ)を飲みながらも、ホテルのプライベート・ビーチでプカプカ浮いていながらも、マリーンズを応援する気持ちはいつも通り。(不謹慎でスミマセン。ホントはトロピカル・カクテルなんて飲んでません…)

地味に覚醒しつつある高濱の2号ホームランは、交流戦・阪神戦での恩返しな活躍も予感させるもので、なんだか、夢を感じさせてくれます。

そして、“幕張の代打の神様” タダヒト・イグチの同点ツーランには、「あ~りがたや~、ありがたや~」と東の方角に向かって、ただただ拝むばかり。

そして、ブセナテラスをチェックアウトして那覇市内へ向かうレンタカーの車内では、助手席から随時、「スポーツナビ」の速報アナウンスが。

しかし・・・8回裏。

・角中 センターへのヒットで出塁 1塁

・デスパイネ ど真ん中のナックルカーブを打つもライトフライ

・1塁走者角中も戻れずダブルプレー! 2アウト

(以上、「スポーツナビ」より)

?????

どういうことや、意味分からん。

マリーンズで1番、走塁が上手いと思っている角中が、そんな凡ミスするかいな?

想像力を働かしたうえでの結論は、あとで映像を確認した、スーパーファインプレーそのもの。

ここを唯一のチャンスと覚悟を決めて、おそらくホームまでも狙うつもりだった角中の走塁を批難するつもりはありません。

三塁の清水コーチとの共同作業でもあったのでしょう。

しかしながら、ミスはミス。

そして9回表にはナバーロのエラーでランナーが出たあとに、本来の投球を取り戻していたはずの守護神・西野が、後悔してもしきれない、悔しすぎる勝ち越し被弾。

終盤大詰めのところで、ミスが2つも連続して、それでも勝たせてくれるほど、ホークスは、そして野球は甘くありません。

ダメよ、ダメダメ。負けちゃあダメだったのに。イヤ~ん。

金土日と、現地観戦の皆さま、ご苦労様でした。

ライトスタンドの皆さま、お疲れ様でした。

ドMな我々には、おあつらえ向きのホークス戦の3連敗。

ドMな環境が我々マリーンズ・ファンをさらに奮い立たせ、そして成長させてくれるのです(?)

終わったことは、もう、えーですわ。

「5月で貯金18」なんて、つまらんねえ。

ツトム・イトーが言うように、再び挑戦権が得られるように、交流戦でも一戦一戦、大事に戦っていきましょう。

長いシーズンの、まだ序盤戦が終わったところ。

ファイティン!マリーンズ

↓押してくれはったら、嬉しいです。


にほんブログ村

千葉ロッテマリーンズ ブログランキングへ


広告:ヘアケア 育毛ケア(内服)フィンカー(5mg×100錠) +ミノキシジルタブレット10mg(100錠) 1セット

唐川くんのハッピーサンデーになりますように。

絶対王者ホークスに完敗となった、昨日5/28のマリンでの一戦。

沖縄・ブセナテラスにチェックインしてテレビをつけると、「トウェルビ」で中継があり、ちょうどキャッチャー田村がファールボールを下腹部に受けて悶絶するシーン。

2日間、ホークスにかたちを変えてやられっぱなしになって悶絶するキャッチャーとしての気持ちと重なる印象もあり、これもまたブルースのような…。

昨日の田村はグランドに帰ってこれませんでしたが、今日は監督ツトム・イトーが言うように「総力戦」として、死ぬ気で臨んで欲しいです。

絶対王者を相手に、これ以上の負けは許されません。

5月の月間防御率が8.15、というスタンリッジが2軍落ちを宣告されました。

関谷の台頭でようやく6枚揃ったはずの先発投手陣が、毎週6試合の日程となる交流戦のスタートを目前に非常事態。

良くも悪くも新人デビューにはうってつけの展開のなかで初登板したドラ7・高野は、内川に3ランを浴びるなど2回3失点。

試合後には強心臓なビッグマウスぶりを披露してくれましたが、もちろん次はマウンドで結果が必要です。

今日は、マリンフェスタの週末ゲーム。

先発は先週の京セラで、今シーズン初勝利をあげた唐川くん。

ハッピーサンデーで締めくくれますように。(もはや、「祈り」かい!)

以下、各紙報道 原文ママ。

【ロッテ 伊東監督、2回6失点スタンリッジに「次ちょっと難しい」】

スポーツ報知 5月28日 19時52分配信

 ―先発のスタンリッジが2回6失点KO。立ち上がりでつまずいた。

 「ヨーイドンでね…。(スタンリッジは)ずっとこういうピッチングが続いている。次(の先発機会は)ちょっと難しい。序盤で制球を乱してしまう。イライラして投げているのが分かる」

 ―2回に細谷の2ランで追撃も期待された。

 「あそこで行けそうな予感はあったけれど、やっぱりチャンスで1本が出ない。あれだけの点差になると打つしかないが、そうそう連打は望めない。(序盤の大量失点を)はね返すのは難しいです」

 ―同一カード3連敗は避けたい。

 「あしたもいい投手(武田)が出てきますが、こちらが先に点を取られないように頑張るしかない。交流戦が始まる前に弾みをつけたいですし、あすは総力戦で臨みます」

【5月の防御率8.15のロッテ・スタンリッジ 伊東監督「次は難しいですかね」】

ベースボールキング 5月29日 7時0分配信

 ロッテのスタンリッジが28日、古巣・ソフトバンク戦に先発したが、2回6失点で今季5敗目を喫した。

 初回、内野ゴロの間に1点を許すと、続く2回は柳田悠岐に左中間スタンドに突き刺す2ランを浴びるなど、この回だけで5失点。結局、スタンリッジは2回を終えたところで降板した。

 試合を作れなかったスタンリッジに対して、伊東勤監督は試合後「春先は良かったけど、ここ数試合は序盤に制球が悪い試合が続いている。次は難しいですかね」と二軍落ちの可能性も示唆した。

 スタンリッジは打線の援護に恵まれなかった3、4月は6試合に登板して、2勝3敗、防御率2.43と安定した成績を残していた。しかし、5月は14日の楽天戦、28日のソフトバンク戦で6失点と精彩を欠くなど、月間防御率8.15と苦しんでいる。

【ロッテ・スタン 乱調続きで2軍降格 古巣相手に今季最短2回KO】

スポニチアネックス 5月29日 7時2分配信

 ◇パ・リーグ ロッテ2―10ソフトバンク(2016年5月28日 QVCマリン)

 ロッテ・スタンリッジが古巣ソフトバンクと今季初対戦し、2回6失点で今季最短KO。乱調続きで2軍降格が決定した。

 「序盤に制球を乱して…。ずっとこんな感じ」と伊東監督。この日は「BLACK BLACK CLASSIC」と銘打ち、本拠地ながらビジターの黒ユニホームを着用し、来場者全員にもプレゼントした。2万9569人の大入りだったが、序盤で勝負あり。助っ人右腕は「たくさんのファンの声援に応えることができなくて残念」と肩を落とした。

 ▼ロッテ・高野(ドラフト7位右腕。8回からプロ初登板し2イニングを3失点)課題は細かい制球。打たれてしまったので、次は打たれないように練習しないと。

【ロッテ“ドラ7”の高野がプロ初登板で内川に被弾 3失点デビューも「逆に次が楽しみ!」】

サンケイスポーツ 5月28日 19時42分配信

 (パ・リーグ、ロッテ2-10ソフトバンク、10回戦、ソフトバンク6勝3敗1分、28日、QVC)ロッテのドラフト7位・高野圭佑投手(24)=JR西日本=が、ソフトバンク戦の八回から5番手として初登板。いきなり内川に3ランを浴びるなど、2回3失点のデビューとなった。

 「リリーフカーに乗っているときは緊張しました。どこで降りたらいいのか分かりませんでした」と周囲を笑わせたが、打たれたことについては「内川さんは、さすがは名前のある選手。自分に何が足りないかが分かりましたし、同じ失敗をしないことです。逆に次の登板に楽しみが増えました」。なかなかの“強心臓”ぶりだ。

↓押してくれはったら、嬉しいです。


にほんブログ村

千葉ロッテマリーンズ ブログランキングへ


広告:ヘアケア 育毛ケア(内服)フィンカー(5mg×100錠) +ミノキシジルタブレット10mg(100錠) 1セット
楽天市場
ギャラリー
  • 『駅までの道をおしえて』と『僕のワンダフル・ジャーニー』
  • 『駅までの道をおしえて』と『僕のワンダフル・ジャーニー』
  • 『駅までの道をおしえて』と『僕のワンダフル・ジャーニー』
  • 『駅までの道をおしえて』と『僕のワンダフル・ジャーニー』
  • 『駅までの道をおしえて』と『僕のワンダフル・ジャーニー』
  • 『駅までの道をおしえて』と『僕のワンダフル・ジャーニー』
  • 『駅までの道をおしえて』と『僕のワンダフル・ジャーニー』
  • 『駅までの道をおしえて』と『僕のワンダフル・ジャーニー』
  • 『駅までの道をおしえて』と『僕のワンダフル・ジャーニー』
PR
JJTOUR格安旅行 沖縄
JJTOUR格安旅行 沖縄
  • ライブドアブログ