マリーンズ主力メンバーは台湾遠征から帰国したばかりですが、今シーズンの台湾リーグ戦のMVP&3冠王を獲得した、

「ラミゴの王柏融外野手(24)の獲得に関心を持っていることが13日、わかった」

と、スポーツ報知が報道しています。

まあ、関心くらいは誰でもあるやろう、ってとこですが、「パワーもスター性もある」選手のことなので、気にはなります。

いずれにしても、王選手の海外移籍が可能となるのが、来年(2018年)オフで先の長い話ですが、緩やかに注目していきたいです。

以下、スポーツ報知 原文ママ。

【ロッテ 台湾の“大王”獲りへ本腰 MVP&3冠王 ラミゴ・王柏融】

スポーツ報知 11/14(火) 6:32配信 

 ロッテが、台湾・ラミゴの王柏融外野手(24)の獲得に関心を持っていることが13日、わかった。この日、帰国したチームは、“大王”の異名をとる王を台湾遠征で12打数で内野安打1本に抑え込んだが、球団幹部は「最近までシーズンだったから疲れているだけ。興味を持っている。パワーもスター性もある」と評価している。

 今春、石垣島キャンプで行った練習試合では、2打席連発で周囲の度肝を抜き、今季のリーグ戦ではMVPと3冠王を獲得した。16日からのアジアプロ野球チャンピオンシップに出場し、来春も石垣島でラミゴと対戦予定。獲得に動けるのは海外移籍が可能となる2018年オフだが、台湾とのパイプを生かし、今後も動向を注視していく。

↓押してくれはったら、嬉しいです。

(当ブログのランキング・ポイントになります。1票よろしくお願いします。)


にほんブログ村

千葉ロッテマリーンズ ブログランキングへ