本日11/15(水)に行われるトライアウト参加メンバーに名前が無く、動向が気になっていた田中英祐投手ですが、マリーンズがスタッフとして球団に残るように本人に打診をしているようです。

「データ分析などを行うポストを用意している」

そうですが、

「他業種へ進む可能性も検討しており、今月中にも決断を下す」

とのこと。

ドラフト2位で獲得した責任が少なからずある球団側ですが、本人が最良の進路を選択してくれることを希望します。

以下、スポニチアネックス原文ママ。

【ロッテ戦力外の田中に球団ポスト用意 京大卒の頭脳「生かして」】

スポニチアネックス 11/15(水) 5:30配信 

 ロッテが今季限りで戦力外とした京大卒の田中英祐投手(25)にデータ分析などを行うポストを用意していることが14日、分かった。

 当初は15日に行われる12球団合同トライアウト受験の意向を示していたが、不参加を決定。球団幹部が「違う形にはなるが、残ってほしい。(プロ生活)3年間の経験や、これまでの経験を生かしてほしい」と、田中が現役引退を決めた際に、受け入れる態勢を整えている。

 14年ドラフト2位で京大出身初のプロ野球選手として入団。3年間でわずか2試合登板、未勝利に終わったが、将来の幹部候補生でもある。他業種へ進む可能性も検討しており、今月中にも決断を下す。

↓押してくれはったら、嬉しいです。

(当ブログのランキング・ポイントになります。1票よろしくお願いします。)


にほんブログ村

千葉ロッテマリーンズ ブログランキングへ