3日目を迎えた石垣島キャンプ。

昨日からスタートしたシート打撃では、松永、益田、藤岡貴、西野ら主力投手が登場。

打つほうでは、テスト生としてキャンプ参加の前BCリーグ・富山GRNサンダーバーズのフランシスコ・ぺゲロが西野のストレートをとらえて、左中間スタンドに豪快な1発を披露。

「常に自分のスイングをすることを心がけている。チャンスをいただいているので、いいタイミングで打ててよかった」

また、ルーキー菅野も、2日連続のツーベースを含むマルチ安打で、長打力をアピール。

新しい戦力が輝きを見せて、イグチ・マリーンズが昨年とは全く違うチームであることを我々ファンにも認識させてくれています。

明日も全力で、もっと激しく。

ファイティン!マリーンズ

以下、球団公式ホームページより。

【2018春季キャンプ2月3日リポート】

●アピール続く、連日のシート打撃

石垣春季キャンプ第1クール3日目。全体練習の1時間前には多くの選手が準備を始め、午後はメイングラウンドで連日のシート打撃を実施しました。

カウント1ボール1ストライクから、5投手が10分間×2セットを投球。前日は合計18安打が飛び出しましたが、この日は投手陣がテンポ良く打ち取るシーンも目立ちました。

様々な試合状況を想定するため、次の塁を狙う積極果敢な走塁姿勢もチーム全体を通して見受けられます。

本日の結果は、松永投手が打者11人に対して1安打1四球3奪三振。

益田投手は13人に1安打無四球2奪三振。

両投手の降板直後から雨風が強くなりましたが、藤岡投手は13人に無安打3四球4奪三振。

西野投手は13人に5安打1四球3奪三振。

阿部投手は12人に3安打2四球2奪三振の投球でした。

昨日、野手はルーキーの藤岡裕選手が本塁打含む2安打でアピールしましたが、この日は同じルーキーの菅野選手が右中間を破る二塁打含む2安打を記録。昨日も二塁打を放っている菅野選手は、2日連続で長打力を発揮しました。

また、シートノックとシート打撃に加えて、野手にはベースランニングが新たに課せられ、キャンプ初日から活気付いているブルペンでは、宮崎投手・有吉投手・関谷投手・高野投手・南投手・東條投手が全レーンを埋めて迫力満点の投げ込みを披露。

全体練習後の室内練習場にはバットを振り続ける鋭い打球音が響き、その隣では田村選手がじっくりと特守。

明日以降に向けた練習が所狭しと繰り広げられました。

チーム全体がひとつの方向を見据え、序盤から各自の課題が明確になっていく今年のキャンプ。スピード感ある濃密な時間が流れています。


以下、各紙報道 原文ママ。

【ロッテ・ペゲロ シート打撃でアピール弾「いいタイミングで打てた」】

デイリースポーツ 2/3(土) 19:05配信

 2月1日のキャンプ・インからテスト生として参加している前富山GRNサンダーバーズのフランシスコ・ぺゲロ外野手(29)がシート打撃で豪快な1発を放った。

 西野の真っすぐを振り抜くと、打球は左中間スタンドに消えた。

 「常に自分のスイングをすることを心がけている。チャンスをいただいているので、いいタイミングで打ててよかった」と納得の表情を浮かべた。

 ペゲロはドミニカ共和国出身で06年から14年までSF・ジャイアンツに所属し、ボルチモア・オリオールズ3Aを経て、メキシコ・リーグから17年に富山サンダーバーズに入団。昨季は70試合に出場して打率・387、20本塁打、52打点を挙げている。

 井口監督は「いいホームランだった。ウチは長打力が欠けているので補うことができるのでは」と期待していた。

【ロッテ安田、人間相手に“プロ初弾”/今日の一番】

日刊スポーツ 2/3(土) 18:00配信 

 ロッテのドラフト1位、安田尚憲内野手(18=履正社)が打撃投手からプロ1号柵越えを放った。右投手相手に、中堅やや右方向へ打ち上げた。

 2日の初フリー打撃では、7本の柵越えはいずれもマシンから。人間相手の“プロ初アーチ”に「いったなという感じはありました。外だと力んで引っ張ろうとしすぎちゃう。悪い癖ですね。明日以降はそういうところも修正していきたい」と話した。

【ロッテ安田、ホロ苦の無安打&“タイムリーエラー”も…着実に前進の柵越えも】

Full-Count 2/3(土) 20:20配信 

●シート打撃では「やってしまいました」、フリー打撃では打撃投手から柵越え

 ロッテのドラフト1位ルーキー安田尚憲内野手にはホロ苦い一日なった。

 石垣島キャンプ3日目の3日、小雨交じりの悪天候の中で、2度目のシート打撃が行われた。遊ゴロ、空振り三振と2日連続無安打で、三塁守備でも加藤の内野フライの目測を誤り、マウンド付近でバンザイした。走者三塁の状況設定だっただけに、タイムリーエラーになる。「風もあったけど、やってしまいました」と頭をかいた。

 本拠地ZOZOマリンの強風は名物で、練習するしかない。左腕藤岡の鋭いカーブに三振はしたが、カウント1-1の設定で、2-2と追い込まれながら、タイミングのあったファールを続けた。「三振する前のファールは、自分でもよかったと思います」と安田。前日のフリー打撃でさく越えを7本放ったが、全てマシンの球だった。この日のフリー打撃では初めて打撃投手の球を右翼へのさく越えとするなど、着実に前には進んでいる。

【ロッテ 藤岡、打者13人に4奪三振 井口監督「楽しみ」】

スポーツ報知 2/3(土) 17:05配信 

 ロッテ・藤岡貴裕投手(28)が3日、キャンプ初のシート打撃に登板。打者13人に対し、4つの三振を奪った。3四球と課題も見つかったが、井口監督は「去年の秋からやってきている投球が随所に出ていた。紅白戦でも出てくるので楽しみ」と成長に目を細めた。

 【打者】
 伊志嶺 空三振
 李(テスト生)見三振
 江村 三ゴロ
 宗接 空三振
 肘井 四球
 三家 四球
 和田 中飛
 井上 三ゴロ
 中村 中飛
 安田 空三振
 三木 四球
 ペゲロ(テスト生)投ゴロ
 三木 左飛

【ロッテ 7年目右腕・益田、シート打撃登板 打者13人に被安打1】

スポーツ報知 2/3(土) 16:47配信

 ロッテの7年目右腕、益田直也投手(28)が3日、石垣島キャンプ初のシート打撃に登板。打者13人に対し、被安打1に抑えた。井口監督は「益田はいい投球をしていた。彼も今年やってやろうという思いが強い選手。あのへんの年齢の選手が頑張ってくれるとチームとしてはありがたい」と評価した。

 【打者】
 田村 一ゴロ
 根元 左飛
 井上 一邪飛
 吉田 中飛
 清田 空三振
 中村 遊飛
 菅野 右中間二塁打
 安田 遊ゴロ
 柿沼 左飛
 ペゲロ(テスト生) 空三振
 加藤 三ゴロ
 高浜 三ゴロ
 大木 遊ゴロ

↓押してくれはったら、嬉しいです。

(当ブログのランキング・ポイントになります。1票よろしくお願いします。)


にほんブログ村

千葉ロッテマリーンズ ブログランキングへ