⚫交流戦 ロッテ3―0横浜DeNA(6月12日 ZOZOマリンスタジアム) マリーンズ28勝29敗

雨にもたたられたビジター連戦からマリンに帰って、今日からまた6連戦。

横浜DeNAと巨人を迎え撃ちます。

初戦のマウンドを任されるのは、いまのマリーンズ先発陣のトップ2の一人、イシカワです。

マリーンズ先発陣でいま1番安心して試合を見ることが出来る投手=イシカワアユム。

マリーンズ先発陣でいま1番楽しんで(ゴロゴロとゴロを取るシーンと、ゲッツーを取るシーンで)試合を見ることが出来る投手=ボルシンガー。

ワク様には申し訳ないですが、いまいちピリリとしない現状なら、ワタクシの評価は上記の通りです。

もちろん、いまここまでで、なので、今後の奮起に期待。

そのイシカワが、やはり本日もナイスピッチングを見せてくれます。

3回までは、なんとパーフェクト。

横浜打線に、手も足も出させず。

その後はランナーを背負いつつも得点は許さず、7回を無失点。

最終イニングとなった7回は、1アウト1、2塁のピンチから、2者連続の三振フィニッシュ。

代打・ソトの三振に、小さくガッツポーズ。

そして、1番・神里を空振り三振に仕留めると、顔を紅潮させ、グラブを叩いてのひとりガッツポーズからの、タムタムとグラブ・ハイタッチ(ハタキ?)で、感情を爆発させるようなガッツポーズ。

「こんなイシカワ見たことない」と思うような、イシカワ史上最大のカンジョー爆発。

それはファンやチームが待ち望んでいたイシカワの姿で、ヒロイン時にはいつも以上に(以下に?)無感情テンションに整えていましたが、“熱く燃えてる”姿こそ、見る側からの、イシカワの絶景です。

その熱いカンジョーは、その直後の攻撃で大地の心に乗り移り、ライトスタンドへ気迫の一発で貴重すぎる追加点をゲット。

8回は松永のリリーフをあおぎますが、この松永、いまや左のワンポイントでは決してなく、“8回のオトコ”のポジションを自らの力で手中にしまた。

最も頼れるセットアッパー、松永。

今夜もツツゴーからを含む三振2つも奪っての3者凡退フィニッシュ。

9回は、もちろん内が登場。

4者凡退をお膳立てするバックの守りに足を引っ張られながらも、ミッション通りのクロージング。

気持ちのいい完封リレーは、明日にも流れをつなげるはずです。

打撃陣は初回、藤岡ユーダイが甲子園の風を運んできたかのような、左方向へのツーベースで出塁。

その甲子園では日曜日に「5のゼロ」で心配したショーゴ中村が、ここは初球をうまく逆方向へ先制タイムリー。

ユーダイの第2打席の気迫のヘッスラ内野安打も、放送席の指摘通り、ヘッスラでなくてもセーフのタイミングでしたが、こういうプレーは、チームを活気付けます。

とくに“ルーキー”のこういうプレーなら、なおさらです。

カクナカも、悪球打ちで大活躍。

「これが、カクナカ!」

「(こんな悪球の)これを打った、カクナカ!」

セ・リーグのファンもたくさん見る交流戦で、名実況です。

スタメンのチャンスをもらった日曜日の甲子園で無念のノーヒットだったカトショーが、スリーベースを打ったのも、明るいトピックス。

やはりワタクシ、カトショーの身体能力を大プッシュです。

カクナカ、オギノタカシ、ピヨタ、場合によって平沢くんやミッキー、根元など、群雄割拠する外野陣ですが、カトショーは毎試合スタメン起用することで、よりいっそう成長し、ブレイクするはず…。

こちらも久々スタメンのドミンゲスが、またしてもレフトスタンドへ、ヒッパリスト・ホームラン。

これで13安打のうち、7本がホームランという、まさしく“神”のような存在です。

試合前の練習時にミナミと、横浜・大和が負傷するなどアクシデントもありましたが、非常にしまった試合で、拙攻問題をクリアすれば、もっと上の世界が見えてきそうです。

イグチ監督も絶賛した、イシカワの攻めの投球と、攻めの感情。

この流れを明日につなげて。

ファイティン!有吉

ファイティン!マリーンズ

↓押してくれはったら、嬉しいです。

(当ブログのランキング・ポイントになります。1票よろしくお願いします。)


にほんブログ村

千葉ロッテマリーンズ ブログランキングへ