最終戦だから“突然”ということはないのですが、しかし、アルアルと期待してしまったポストシーズンのメが絶たれて、あっけなく、マリーンズの試合は今年はもう見れなくなってしまいました。

ライバルが勝って、ワガが負けて。

いくらかあるパターンの中で、ズバリ最悪の結果が昨日でした。

パ・リーグ全体の試合はまだ残っていますが、マリーンズにとっては長いシーズンの中の、どこかの「1敗」が、最終的に大きく響いたわけです。

直前の楽天との“直接対決”もそうだし、京セラの2連敗フィニッシュもそうだったかもしれません。

あるいは、シーズン序盤や中盤の「1敗」がそうだったのかも。

=====

長いシーズンです。

だから、そういうことはママあるし、そのとき直前に迫る“明日”や“連戦”などを考えるとそういう判断になるのかもしれません。

試合前半などでかなりの劣勢になった試合。

ピッチャーについて、

「ピッチャーもったいないから、先発が10失点しようが、とりあえずイニングは食わさせろ」

失点しても失点しても、投手交代する気のないベンチ。

今日その試合をとっておきの非日常と楽しみに観戦に来た観客からしたら、「オレらいったい、何を見せられてんの?」

野手について、

「今日はもう負け。主力休めて明日に備えろ」

みたいな、見てるほうからすると、「えっ?もう?」なタイミングでの、景気良いメンバーチェンジ。

そしてその「1敗」が、最後の最後で、昨日の結果…。

主力もヒトノコ。

休ませることも必要なのは、理解しているつもりです。

でもその諦め、大量点差の9回などなら理解出来ますが、結構早めに判断がなされるケースも少なくありません。

大砲クラスの“4番”への、早すぎる代走起用もそうです。

「代走・オカヒロミ」もいいですが、「イヤ、もう1打席まわってくるって…」

勝負師としての“カン”に陰りがあるなら、本当に危ないです。

=====

「あ~、あの時あきらめた“1敗”のために、我々はCSには行けないのね…」

難しいところではありますが、そこは“プロ”の采配を。

後悔の無い、新しいシーズンに期待します。

がんばろう!千葉

ファイティン!マリーンズ

↓押してくれはったら、嬉しいです。

(当ブログのランキング・ポイントになります。1票よろしくお願いします。)


にほんブログ村

千葉ロッテマリーンズ ブログランキングへ