京都発 マリーンズ、沖縄、ロックンロール、なblog

京都人ですが、落合博満三冠王、山本功児巨人から移籍、などをきっかけに、長年ロッテを応援しています。千葉、札幌、仙台、埼玉、名古屋、博多、石垣島などへの遠征や、京セラ、甲子園など地元での観戦、そして沖縄への節約旅行、草バンドマンとしてロックのことなども徒然と書き記していきます。

マリーンズ 日本シリーズをふりかえる

2010日本シリーズを振り返る。帰れなかった第6戦。

ずいぶん間があきましたが、2010年の、中日ドラゴンズとの日本シリーズを振り返る企画、ようやく佳境のナゴヤドーム、11/6(土)の第6戦です。

とにかく長い日本シリーズ、という印象が強い2010年のドラゴンズとの頂上決戦ですが、この第6戦、そして第7戦は今でもよく覚えています。

3勝2敗と大手をかけて、舞台を千葉マリンから再びナゴヤドームに変えての最終ラウンド。

同点延長となり、両チームともあと1点が奪えないまま最終イニング15回に。

試合途中にもかかわらず、11時を越えた頃から電光掲示板には何度も終電の時間が映し出され、客席も徐々にまばらになる異様な雰囲気でした。

結局、2対2の引き分けとなった第6戦の試合時間は、日本シリーズ過去最長の5時間43分。

試合終了時間も、日本シリーズの試合で、最も遅い午後11時54分。

試合終了時は終電発車後で、最後まで観戦した観客のなかで、マイカー利用客以外のほぼ全員が殺到した感のあるナゴヤドームのタクシー乗り場は、最後尾が全く分からないような大混雑。

我々は栄に宿をとっていましたが、タクシーをあきらめ、覚悟を決めてホテルまでてくてく歩いている途中に、幸運にも流しのタクシーに遭遇して、無事に暖かい部屋に帰ることが出来ました。

試合内容そのものよりも、球場の異様な雰囲気と、深夜に方向もままならぬまま歩いたあの夜道が、本当に印象深いです。

●第6戦(11月6日)
△中日 2-2 ロッテ△(ナゴヤドーム)
延長15回・規定により引き分け

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 R H  E
ロッテ 1 0 0 0 0 0 0 1 0  0   0    0   0   0   0  2  8  1
中日     1 0 0 0 0 1 0 0 0  0   0    0   0   0   0  2 11 0
(中日2勝3敗1分)

ロ: 成瀬(6回)- 内(2回)- H伊藤(1回)- H薮田(1回2/3)- 古谷(0回0/3)- H小野(2回1/3)- 小林宏(2回)
中 : チェン(7回)- 浅尾(2回)- H高橋(1回2/3)- H河原(0回1/3)- H岩瀬(1回)- Hネルソン(2回)- 久本(1回)

有料入場者:38,094人 時間:5時間43分

       打 得 安 打
       数 点 打 点
1(遊) 西岡          7      1      1      0
2(左)中 清田      6      1      1      0
3(二) 井口          6      0      1      0 
4(右) サブロー  4      0      2      2
5(三) 今江          5      0      0      0 
6(一) 金泰均      6      0      2      0
 投 小林宏       0      0      0      0 
7(捕) 里崎          5      0      0      0
8(中) 岡田          2      0      1      0
 打 今岡           1      0      0      0
 中 南            2      0      0      0
 打 福浦           1      0      0      0
 左 神戸           0      0      0      0
9(投) 成瀬          1      0      0      0 
 打 青野           1      0      0      0
 投 内            0      0      0      0
 投 伊藤           0      0      0      0
 打 細谷           0      0      0      0
 投 薮田           0      0      0      0
 投 古谷           0      0      0      0
 投 小野           1      0      0      0
 打 塀内           1      0      0      0
           計            49     2      8      2 

     回 安 四 三 失 自
     数 打 死 振 点 責
成瀬            6      5      1     7      2     2
  内              2      1      0     3      0     0
伊藤            1      0      1     2      0     0
薮田           1.2    1      3     0      0     0
古谷             0     0      1     0      0     0
小野           2.1    2      2     1      0     0
小林宏         2   2      0     1      0     0

1回表二死二塁からサブローのタイムリーで先制して、今夜マリーンズが決めるのか、という空気になったのも束の間で、その裏に森野のタイムリーであっさり同点に。

2回以降は成瀬・チェンの両先発の好投が際立つ投手戦となり、まず均衡を破ったのはドラゴンズ。

6回裏、ブランコのタイムリー二塁打で1点を勝ち越し。

しかし8回表にサブローが浅尾から同点タイムリーを放ち、9回を終わってそのまま2-2のタイスコアで、第4戦に次いで、今シリーズ2度目の延長戦に。

とくにドラゴンズは、10回裏から14回裏まで5イニング連続で得点圏に走者を進めながら得点を奪うことが出来ず、結局延長15回引き分けに終わった。

日本シリーズの引き分け試合は、1986年第1戦(西武 2-2 広島)以来24年ぶり史上7度目。

以下が日本シリーズ新記録に。

・シリーズ最長時間試合(5時間43分)

・シリーズ最長補回試合(延長15回)

・シリーズ1試合での最多出場選手(両チーム出場選手合計44名)

また、以下は日本シリーズタイ記録に。

・16残塁(ドラゴンズ)
・両チーム合計24残塁

日本シリーズの延長戦の制度が、1987年以後の「時間無制限・第7戦まで延長18回(ナイターは15回)まで」というルール改正がなされてから、延長制限イニングを全うしたのはこの試合が初。

選手、スタッフ、ファン、マスコミも疲労困憊のまま、いよいよ第7戦に向かいます。

↓押してくれはったら、嬉しいです。


にほんブログ村

千葉ロッテマリーンズ ブログランキングへ


広告:ヘアケア 育毛ケア(内服)フィンカー(5mg×100錠) +ミノキシジルタブレット10mg(100錠) 1セット

不規則型ゴールデンイヤーへ。2010年日本シリーズを振り返る、第5戦。

2010年の、中日ドラゴンズとの日本シリーズを振り返る企画、今回は11/4(木)の千葉マリンスタジアム(当時)での第5戦です。

マリーンズ先発第5の男は、同年7月に入団して、シーズン中は1勝のみのヘイデン・ペン。そのペンが6回途中2失点の好投で見ごと勝ち投手になり、シリーズ制覇にいよいよ王手をかけます。

2010年のセラフィニしかり、ゴールデンイヤーには青い目の助っ人投手が欠かせないのかもしれません。

ドラゴンズの敗戦投手は中田賢一。今年のクライマックス・ファイナルステージは、所属チームは違えど、中田にとって大舞台での5年ぶりのリベンジの思いもあったのかもしれません。

第5戦(11月4日)

○ロッテ 10-4 中日●(千葉マリンスタジアム)
チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9  R   H   E
中日     1 0 0 0 0 1 0 2 0  4    8   1
ロッテ 4 0 0 2 3 0 1 0 X 10 15   0
(ロッテ3勝2敗)
 
中 : ●中田賢(5回)- 清水(2回)- 久本(1回)
 
ロ : ○ペン(5回1/3)- 古谷(0回2/3)- 薮田(1回)- 吉見(1回)- 小林宏(1回)
 
勝: ペン(1勝) 敗: 中田賢(1敗)
 
本: 中 – ブランコ2号(8回2点・吉見) ロ – サブロー1号(4回2点・中田賢)
 
有料入場者:27,209人 時間:3時間22分

       打 得 安 打
       数 点 打 点
1(遊) 西岡          4      2      1     1
2(左) 清田          4      0      2     2
3(二) 井口          5      1      1     0 
4(右) サブロー  5      2      3      2
5(三) 今江          4      1      2      2 
6(指)福浦           4      0      1      1
7(一) 金泰均      4      1      4      1 
走一 塀内           0      1      0      0
8(捕) 里崎          4      1      1      0 
9(中) 岡田          3      1      1      0 
計                       37   10    15     9 

     回 安 四 三 失 自
     数 打 死 振 点 責
○ぺン       5.1    5     2      3      2     2
古谷           0.2    0     0      0      0     0
薮田             1     0     0      2      0     0
吉見             1     2     0      1      2     2
小林宏         1  1     1      1      0     0

1回表に和田の犠牲フライで先制を許すものの、すかさずその裏、一死満塁から今江の2点タイムリーツーベースを足がかりに3連続タイムリーで4点を奪って逆転。

4回裏のサブローの2ランホームラン、5回裏の西岡の犠牲フライと清田の2点タイムリーヒットなど、先発全員安打の15安打10得点の快勝!

ドラゴンズはブランコがタイムリーツーベース、2ランホームランなど気を吐くものの、マリーンズ攻撃陣の勢いには及ばず。

清田はこの試合で今シリーズ通算6打点として、1982年・中日の上川誠二(その後、落合博満との大型トレードでロッテに移籍。2012年までマリーンズのコーチとしても在籍。)以来となる新人選手の最多打点記録に並びました。

今年は清田にとって、このルーキーイヤー以来のブレイクといって過言ではない活躍の一年でした。

清田への希望は、一年を通して「3番ライト」固定の、ムラのない活躍を見せてくれることです。

外国人助っ人投手だけでなく、もちろん清田の活躍が、一年遅れての「不規則型的ゴールデンイヤー」に欠かせないのは間違いありません。

↓押してくれはったら、嬉しいです。


にほんブログ村

千葉ロッテマリーンズ ブログランキングへ

2010日本シリーズを振り返る、第4戦。

2010年の、中日ドラゴンズとの日本シリーズを振り返る企画、今回は11/3(水)の千葉マリンスタジアム(当時)での第4戦です。

長過ぎる日本シリーズ、とも言われたこの年、前日の渡辺俊介の省エネ完投とうって変わって、この日あたりから混戦、長時間の傾向が見られます。第4戦は延長11回、4時間41分の試合となりました。

唐川、山本昌の両先発が早いタイミングで降板して、ブルペンの慌ただしさも想像出来ます。

唐川くん、ピリッとしてねーなー、ってかんじですね。ユニやらTシャツやらタオルやら、グッズも沢山持ってるので、ローテーションの中心になるくらい、もっと頑張ってほしいのですが…

第4戦(11月3日)

●ロッテ 3-4 中日○(千葉マリンスタジアム)
チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 R  H E
中日  0 0 0 2 1 0 0 0 0  0   1  4 12 1
ロッテ 0 0 3 0 0 0 0 0 0  0   0  3   9 1
(ロッテ2勝2敗)
中 : 山本昌(3回)- ネルソン(2回2/3)- 三瀬(0回0/3)- H河原(2回)- H浅尾(1回2/3)- ○高橋(1回1/3)- S岩瀬(0回1/3)
ロ : 唐川(3回1/3)- H古谷(0回1/3)- 小野(3回1/3)- H内(2回)- ●伊藤(2回)
勝: 高橋(1勝) 敗: 伊藤(1敗) S: 岩瀬(1S)  
本: ロ – 井口2号(3回2点・山本昌)
有料入場者:27,197人 時間:4時間41分

       打 得 安 打
       数 点 打 点
1(遊) 西岡          6      1      1      1
2(左) 清田          4      0      1      0
3(二) 井口          5      1      3      2 
4(右) サブロー  5      0      0      0
5(三) 今江          3      0      2      0 
6(指)今岡        1      0      0      0
打指根元   0      0      0      0
打指福浦            2      0      0      0
7(一) 金泰均      4      0      1      0 
走一 塀内           0      0      0      0
打一細谷   1      0      0      0
8(捕) 里崎          4      0      0      0 
9(中) 岡田          4      1      1      0 
打 南    0       0      0      0
計                       39     3      9      3 

     回 安 四 三 失 自
     数 打 死 振 点 責
唐川           3.1    5     1      4      2     2
H 古谷      0.1    0     0      0      0     0
小野           3.1    2     1      1      1     0
H 内            2     2     1      3      0     0
● 伊藤        2     3     1      2      1     1

3回裏に西岡のタイムリー二塁打と井口の2点本塁打で3点を先制。しかし直後の4回表、和田のタイムリーなどで2点を返され、5回表には併殺打の間に三塁走者が帰り同点に。

それ以降は両チームともチャンスは作ってもランナーを帰せず、3-3の同点のまま、今シリーズ初の延長戦に。

マリーンズは10回裏、一死満塁、サヨナラのチャンスに福浦が併殺に倒れて無得点。そして11回表に二死二塁から大島のタイムリー3ベースで勝ち越され、力尽きる。

中日先発の山本昌は日本シリーズ出場選手の最高齢記録を更新。

4時間41分の試合時間は、シリーズ史上3番目(第4戦終了当時)となる長時間試合。

マリーンズはマリンスタジアムを本拠地とした1992年以降、同球場での日本シリーズ初の敗戦。というか、その期間、日本シリーズにはたった一回のみの出場で、その2000年は阪神に4連勝だったので。

マリーンズは指名打者枠に相手投手の右左の兼ね合いで3人起用しましたが、出塁は福浦の四球のみ。また4番サブローは5のゼロ、8番里崎は4打数4三振と、ランナーを帰すべき打者がふるわず、での敗戦でした。

↓押してくれはったら、嬉しいです。


にほんブログ村

千葉ロッテマリーンズ ブログランキングへ

2010日本シリーズを振り返る、第3戦。

2010年の、中日ドラゴンズとの日本シリーズを振り返る企画、今回は移動日を経て、11/2(火)の千葉マリンスタジアム(当時)に場所を移しての第3戦です。

翌3日(水)が祝日で、10/30~31のナゴヤドーム、11/3~4のマリン、6~7のナゴヤドームには遠征しましたが、この第3戦のみテレビで観戦しました。

日本シリーズがこの週に行われると、ナイターとはいえ祝日を利用して観戦出来るメリットがありますね。とくにビジターファンには有り難いことです。

第3戦(11月2日)

○ロッテ 7-1 中日●(千葉マリンスタジアム)
チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9  R H  E
中日     0 0 1 0 0 0 0 0 0  1  5  0
ロッテ 0 0 1 4 0 0 2 0 X  7 10 0
(ロッテ2勝1敗)

中 : ●山井(3回2/3)- 鈴木(2回1/3)- 清水(2回)
ロ : ○渡辺俊(9回)
勝: 渡辺俊(1勝) 敗: 山井(1敗)  
有料入場者:26,923人 時間:2時間47分

       打 得 安 打
       数 点 打 点
1(遊) 西岡          4      2      1     0
2(左) 清田          3      1      2     3
3(二) 井口          4      1      2     1 
4(右) サブロー  3      1      2      1
5(三) 今江          3      0      1      1 
6(指)福浦        3      1      1      1
7(一) 金泰均      3      1      1      0 
一 塀内               0      0      0      0
8(捕) 里崎          3      0      0      0 
9(中) 岡田          4      0      0      0 
計                       30    7     10     7 

     回 安 四 三 失 自
     数 打 死 振 点 責
渡辺俊   9     5      0      5     1      1

3回表に1死一、三塁から荒木の犠飛で先制されるも、その裏すぐにサブローのタイムリーで同点に。4回裏には清田が満塁の走者を一掃するタイムリー3ベースを放ち、さらに井口のタイムリー2ベースで5対2と逆転。7回裏には、今江と福浦の連続犠飛で試合を決定づけた。

先発の渡辺俊介は被安打5、1失点、97球の好投で、2005年の第2戦に次いで日本シリーズ2試合連続2度目の無四球完投勝利!短い試合時間が気持ちいいですね。日本シリーズで2試合連続の無四球完投勝利は史上初。シリーズで2度の無四球完投は史上3人目とのことです。

世界で最も低い位置から投げるアンダースロー投手、渡辺俊介。ひょうひょうとした表情で相手バッターを次々打ち取る背番号31が、強く印象に残っています。メジャー挑戦をあきらめて帰国するとの報道がありましたが、いずれ何らかのかたちでマリーンズに戻り、サブマリン二世の育成にも期待したいですね。

↓押してくれはったら、嬉しいです。


にほんブログ村

千葉ロッテマリーンズ ブログランキングへ

2010日本シリーズを振り返る、第2戦。

パ・リーグのペナントでの独走や、交流戦でのパ・リーグとセ・リーグの成績から考えても、今年の日本シリーズはホークスの圧勝と予想していますが、地元の2試合を見事な勝利でスタートしたようですね。(悔しいので?試合映像などはいっさい見ていませんが…)

2010年の、中日ドラゴンズとの日本シリーズを振り返る企画、今回は第2戦です。

今年の日本シリーズと同日にこの企画を、とも思っていたのですが、今とは一週間、開催日が違っていたことに気付きました。

第2戦(2010年10月31日)

○中日 12-1 ロッテ●(ナゴヤドーム)
チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9   R  H  E
ロッテ 0 0 0 1 0 0 0 0 0   1   5  2
中日  4 3 3 0 0 2 0 0 X 12 14  0

ロ : ●マーフィー(1回1/3)- 小野(2回2/3)- 古谷(2回)- 吉見(2回)
中 : ○チェン(6回)- 河原(0回2/3)- 三瀬(0回1/3)- 高橋(1回)- 浅尾(0回2/3)- 岩瀬(0回1/3)
勝: チェン(1勝)  敗: マーフィー(1敗)  
本:  中 – ブランコ1号(6回2点・古谷)
有料入場者:38,065人 時間:3時間23分

       打 得 安 打
       数 点 打 点
1(遊) 西岡          4      0      0      0
2(左) 清田          3      1      0      0
3(二) 井口          4      0      2      0 
4(右) サブロー  4      0      0      0
5(三) 今江          4      0      1      1 
6(一) 金泰均      4      0      1      0 
7(捕) 里崎          2      0      0      0 
捕 的場               0      0      0      0 
打 神戸               0      0      0      0 
打 細谷               1      0      0      0 
8(中) 岡田          3      0      1      0 
9(投) マーフィー 0    0   0      0 
投 小野               1      0   0      0 
打 青野               1      0   0      0
投 古谷               0      0   0      0 
打 福浦               0      0   0      0 
打 今岡               1      0   0      0
投 吉見               0      0   0      0
計                      32      1   5      1 

     回 安 四 三 失 自
     数 打 死 振 点 責
マーフィー 1.1   6     3      2      7     4
小野           2.2    4      2      2     3      3
古谷             2     3      1      1     2      2
吉見             2     1      0      1     0      0

1回裏に、和田のタイムリー、谷繁には押し出し四球、大島の2点タイムリーなどで4点を先制され、2回裏には和田と野本のタイムリーで7対0に。3回裏にもタイムリー2本を浴びて一方的な流れを断ち切ることが出来ず。得点は、4回表の今江のタイムリーの1点のみで大敗。マーフィーの早々のノックアウトが誤算でした。

シリーズ後半に中日落合監督が「3試合まで、負けられる」と発言していたのも印象的ですが、マリーンズにとってこの試合がそのひとつだったのかもしれません。

チェンはもちろん中日のチェン。マリーンズは今岡、的場、吉見など、渋いベテラン勢の名前が光ります。

なお、2010年の阪神戦4連勝などからも続く、マリーンズの日本シリーズでの連勝が8でストップした試合でもありました。

↓押してくれはったら、嬉しいです。


にほんブログ村

千葉ロッテマリーンズ ブログランキングへ
楽天市場
ギャラリー
  • 8月の沖縄は「リブマックス アムス・カンナリゾートヴィラ」⑤朝食とヒミツのお着替え
  • 8月の沖縄は「リブマックス アムス・カンナリゾートヴィラ」⑤朝食とヒミツのお着替え
  • 8月の沖縄は「リブマックス アムス・カンナリゾートヴィラ」⑤朝食とヒミツのお着替え
  • 8月の沖縄は「リブマックス アムス・カンナリゾートヴィラ」⑤朝食とヒミツのお着替え
  • 8月の沖縄は「リブマックス アムス・カンナリゾートヴィラ」⑤朝食とヒミツのお着替え
  • 8月の沖縄は「リブマックス アムス・カンナリゾートヴィラ」⑤朝食とヒミツのお着替え
  • 8月の沖縄は「リブマックス アムス・カンナリゾートヴィラ」⑤朝食とヒミツのお着替え
  • 8月の沖縄は「リブマックス アムス・カンナリゾートヴィラ」⑤朝食とヒミツのお着替え
  • 8月の沖縄は「リブマックス アムス・カンナリゾートヴィラ」⑤朝食とヒミツのお着替え
PR
JJTOUR格安旅行 沖縄
JJTOUR格安旅行 沖縄
  • ライブドアブログ