DSC09577
かなり前、2018年の3月ごろに大阪にある大阪万博記念公園にある、太陽の塔の内部見学が出来る事をここで記載していたが、ついに?太陽の塔の内部見学へ出かける?予定の目処が立ちそうであった。
あくまで現時点では予定なので当日になるまでは何とも言えない…



太陽の塔は1970年に開催された大阪万博終了後、長らく一般公開されず、2003年にて33年ぶりの内部公開された。
消防法などの事情で1階のみの公開、上層階へは上がれないと言う状況であったと伝わる。
その後耐震補強工事による改修を重ね、ついに2018年3月19日より上層部を含め全ての内部公開が開始されたのであった。

「太陽の塔」公式サイト(大阪府日本万国博覧会記念公園事務所)



さて、太陽の塔の内部見学に関しては事前予約制となっており、昨年の春先では予約が殺到していたと言うので、しばし様子を伺ってからすんなりと入場できそうなタイミングを待っていた。
一応、事前予約だけは済ませておいた。


*太陽の塔の内部に関するネットでの情報など

*「太陽の塔」内部が48年ぶりに公開されるので見に行ってきましたフォトレポート
(GIGAZINE 2018年03月18日)


入場料は大人700円、小中学生300円です。また、この入場料の他に万博記念公園への入場料が別途大人250円、小中学生70円が必要です。



画像点数の多さ、さすがGIGAZINE
入るのにあちこちと入場料を請求されてしまうのが常なのかヾ(* ̄▽ ̄)ノ


*「太陽の塔」内部公開、30分の見学時間を上手に使うため知っておきたいこと
(エキサイトニュース 2018年4月24日)


ちなみに塔内は撮影禁止なのでこのチケットの写真から雰囲気を想像してほしい。



内部見学は30分間しかない見学時間、うむむ〜急かされての見学、か…

塔内の撮影は2018年の冬までは諸般の事情(撮影機材落下のおそれ)で禁止されていたようだが、塔内での撮影希望が多く寄せられた事により、塔内部1階での手持ち撮影を可能となった模様、う〜ん、やはり時期を待っていて良かった。




DSC09563
2016年6月ごろの太陽の塔
この頃はまだ内部見学は行われていない頃、何度も何度も太陽の塔そのものを撮影していたが、塔からかなり離れた場所から撮影をすると、これまで見られなかった太陽の塔の別の一面を知って良かった。
で、見学予定は1月末の予定、もしも無事に行けられたのなら報告も予定中。

(続く)