DQ9買って来た!

そしてクリアしてみました。
これがその時のログ。

いつもドラクエするときは、出来るだけギリギリクリアできるレベルに抑えてラスボスに挑むようにしているので、10数回フルボッコにされた後、僧侶がベホマラー覚えて2度目の戦闘でやっと勝利でした。
できればレベル30台前半でクリアしたかったなー。
錬金を使いこなせばもう少し低いレベルでいけるのかも知れませんが、素材集めてる間に経験値が増えたらヤダなと思って。
特やくそうを調合したくらい。
やってる人はいまどのくらいなのかな?

DSC00530
DSC00523
DSC00524
DSC00526
DSC00527

BBQ開催 決行or中止のお知らせ

おはようございます。
本日のBBQは決行いたします。

天気が微妙ですが、降らないことを祈りましょう!

買い物係の方は9時45分に辰巳駅に、BBQ場へ10時に集まれるようにしましょう。

連絡のある方は、コメントにお願いします。↓
(急ぎの場合は、携帯まで!)

mixiのみ更新しています。

すげー今更ですが、こっちは更新せずに、今まで二重投稿していたMixiをメインに更新しています。

http://mixi.jp/home.pl

日記を366日分書いてみた。

書いてみたよ。

途中、もういいよーとか思いつつも、結局ここまでこれましたが、マイミクに何人かいらっしゃいますが、自然にちゃんと毎日楽しい日記をつけてる人はすごいという事を改めて思いなおした挑戦でした。
コメントを下さった皆さんアリガトウございました!

でも明日からは書きたいときだけ書くので気が楽です!

<1年間の変遷的なまとめ>

【1月】
 アンジェラ・アキのコンサートに行きまくり
 この頃からニコ動のリンクを貼っていた  
【2月】
 帯状疱疹に苦しんだ日。あれはつらかった・・・
  実はよくわかってない病気らしくてびっくり。
【3月】
 この頃にはニコ動がブログで小画面で動画表示できるようになったらしいが、
 タイトルは表示されていなかったので、タイトルを補記していた。
 プライベートで何も特になかったらしい。
【4月】
 ここらへんでもう紹介する動画をボーカロイド縛りにしていた様子。
 長くはまってるなぁ。でも感想は書いていない。失礼な事です。
 新ジャガの利便性に開眼。
【5月】
 安物買いのスーツで大失敗。すでに7ヶ月前だったのか。
 ナベアツグレーのスーツですが、あんまり着てない。
【6月】
 この頃には動画に感想を書いている。苦しくなると適当に書いているので
 失礼な話です。
 図書館戦争にはまっていたのはこの頃。
【7月】
 同人系音楽サークル即売会に足を運ぶようになったのはこの頃。
 2月にも行く予定だが。
 ポニョもこの頃。
【8月】
 人生初コミケ。地獄の釜の奥底を垣間見た。
 そのあとに風邪が長引いて、ぐったりしていた時期。
【9月】
 祖父が無くなる。実家で葬式という名の親族懇談パーティー。
 カレーばっかり食っていたらしい。
【10月】
 FF11で学者を上げ始めたらしい。2ヶ月でレベル60になるとは・・・!
 携帯に迷惑メールが頻発するようになったのもこの頃。
【11月】
 この頃も風邪を引いている。
 今年は風邪に掛かりまくりでした。
 マイクミさんにテーマソングをつけてみた
【12月】
 帰郷。今年は飛行機に4回乗り、13万使いました。
 さらにスーツとPSPを買ってしまうご乱心ぶり。

成長したのか後退したのか、歳だけくって微妙な1年でしたが、
来年はもうちょっと成長しなきゃとおもわざるおえない
脂汗が背中をつたうまとめでした。恐ろしいね!

まじめな話もっと勉強してリア充(リアル充実)を目指します。

これからもよろしくね!

--



ボーカロイドを知ったのは2006年冬の頃だったと思います。
 そのころは初音ミクの発売前で、ボーカロイドといえばMEIKO一択、投稿される作品も音楽タグのほんの一部だった記憶があります。
既に発売から数年経っていたとはいえ、一部の人だけが知っていたボーカロイド作品は今と比べるとさすがに技術格差を感じるものの、当時はアプリが滑らかに唄っていることに衝撃を受けて何度もリピートしていたのがこの作品でした。コーラスのところなんかは聴きなおすと今でもかなり良く感じるのは再発見でしたが。
 やがて初音ミクが発売され、記録的なセールスをあげるなか、それに引きずられるようにMEIKOの次にリリースされたKAITOにも注目が及び、また初音ミクから4ヵ月後に発売された鏡音リン・レンを含めて、世にも稀な愛されるアプリケーションとして寵愛を受け続けているのは、同じ技術者として羨望にやみません。
 そしてまた今月末に新しいボーカロイドシリーズとして巡音ルカが発売されますが、発売前から既に愛される事を約束されたかのような祭りっぷりです。
とはいえ、これらはまだとてもとても狭い狭い世界の出来事で、一歩外にでると、認知度0はザラですし、かくいう私もついこの間まで同人音楽は昔音楽を齧った事のある方が、日曜大工でお父さんが作る犬小屋レベルのものだと勝手に思っていました。
今思うと何も知らなかったんだなと赤面の至り。
 ボーカロイド作品が楽曲だけでなく波紋のように色々な影響を与えて、それが更に新しい作品を生むという流れを見せてくれて、自分にとってはボーカロイドを接点とした何かが、恐ろしいスピードで予想もしないような作品を生み、人と人との交流が毎日のようにさらに昇華した何かを結実させていく様子は、見る聴く専門の私が傍目から見ていても、とても興奮するものでした。
幸い(?)その興奮は、波はあるもののまだ冷めておらず、今年もボーカロイド作品をココロから楽しむ準備が出来ているように思います。
 ボーカロイドを取り巻く環境は、初めてこの作品を聴いた頃と比べると激変しています。2009年もこの流れが続き同じような変化をもたらすかどうか、全く予想は出来ませんが、ボーカロイドが作る輪の外の世界でも認知度0から1くらいにはなって、インターネットを知らない方の耳に入るのでは無いかと思います。
 そのとき、初めてボーカロイドの楽曲を耳にする人がいたとき、ボーカロイドだとか、これまでインターネットで展開された取り組みとか色々あるけど、なによりもまず純粋に音を楽しんで幸せな気持ちになって欲しいと願っています。
 それが作品を作った方への素直な賛辞になると、そうおもいます。

Recent Comments
  • ライブドアブログ