2013年04月28日

宇宙戦艦ヤマト2199 第五章(第十五話〜第十八話)5

第五章パンフと他宇宙戦艦ヤマト2199の後半戦・第五章を鑑賞しました。テレビ放送も始まって人気も上がって来ましたね〜。
第五章ではヤマトもガミラスも反乱が起きました。そしてヤマトは大マゼラン銀河へ到達です。

旧作シリーズにて沖田艦長の声を担当された納谷悟朗さんがお亡くなりになりました。ご冥福をお祈り致します。

では後半まいりましょう。後半しゅっぱ〜つwww
※1)ネタバレです。まとめて書いておりますので時系列は多少シャッフルしております。
※2)ソフトを見直して間違っていた箇所を徐々に訂正

第五章 望郷の銀河間空間
今まで通りにダイジェスト→OPと始まりました。ちなみにこのダイジェストは…

沖田艦長の航海日誌的な感じになっております
宇宙戦艦ヤマト 2199 (1) [Blu-ray] 宇宙戦艦ヤマト2199 (2) [Blu-ray] 宇宙戦艦ヤマト2199 3 [Blu-ray] 宇宙戦艦ヤマト2199 (4) [Blu-ray]
宇宙戦艦ヤマト/真赤なスカーフ第十五話 帰還限界点
ミーゼラがガミラスへ帰還し、ミレーネルの死とヤマトにイスカンダル人が乗っていた事をデスラーへ報告。
ジレルの一族も1人になってしまったが、ミーゼラはデスラーに忠誠を誓う。

ノルド大管区属州惑星オルタリア…地球の様に青い星。その周りにギムレーが率いる艦隊。親衛隊の艦は青
原住民の反乱を鎮圧できず首都を取られ、移民団の保護をギムレーに求める将校の 木梨正造 リベル・ドロッペ。でもオルタリアを焼き尽くす決定を下し、デスラーへの忠誠心に欠けるとして部下に射殺される

ギムレー「さあ、殲滅のメロディーを」

総攻撃の開始。大量の惑星間弾道弾がオルタリアへ。そして住民を殲滅し、地球と同じ運命に…。

ヤマトでは、まだユリーシャは百合亜に憑依したままでした。
髪を弄りながら「はてな〜?」…前章からよく髪を弄っていますけど、ユリーシャの癖みたいです。

コスモゼロをメンテナンス中の玲。篠原は整備班に任せればと言うが、玲は自分の乗る機体は自分で見て置きたいと言う。
同じ格納庫へ古代と雪。まだ雪は戦闘機に乗る気になってます。
嫉妬??の玲はその場を走り去る。突き飛ばされて落ちる篠原
99式空間戦闘攻撃機 コスモファルコン 加藤機 (1/72) (プラモデル) コスモファルコン 篠原機 (1/72) (プラモデル)
警報がなり第一種戦闘配備。航空隊もスクランブル体制に。でも敵は反転してヤマトへは来ず。
実はこれもドメルの作戦でこの状況が連続で続いていた。航空隊にも愚痴る者もいた。玲はロッカーを蹴り控え室を出る。加藤は仕方ないと考える…ちょっと加藤もお疲れ気味
玲の苛立ちは他の理由もあるみたいですけどねwww

ブリーフィングルームで平田から食料供給システム O・M・C・S(オムシス)にトラブル発生で修理に時間がかかる事と水と食料を補給しなければ備蓄が底を突く恐れがあると報告。
薫がイスカンダルからの海図で水と大気がある地球型の惑星を見つけていた。その名はビーメラ
クルーのストレスもありメンタル面での上陸を進言する薫。古代は島にスケジュールを確認するが問題無いと言う…あまり覇気の無い曖昧な返事ですけど。

食堂では食事がバターロール?それともクロワッサン?1個だけ。他のクルーもネガティブになり、藪は完全にネガティブモードに入りました。
同じく食堂で真琴が加藤に幽霊の噂話。楽しげに話す真琴だったが、加藤はあまり元気が無い…疲れている様です。
食事が足りないと平田にクレームをつけるクルーも。平田も頭を抱える状況。

ヤマトガールズコレクション 宇宙戦艦ヤマト2199 岬百合亜 (艦内服Ver.) 1/8 完成品フィギュア[メガハウス]百合亜…というよりユリーシャが真田に波動砲のシステムについて色々と聞く。かなり専門的な事を聞いてくる百合亜に感心する真田。逆に驚く相原と太田www
システム的に危惧する百合亜。ユークリッド異次元ブラックホールの破綻…真田は気付かなかった点を指摘されて更に感心する。
太田は髪を下ろした百合亜をデジカメで撮影。真田は百合亜の髪型に全く気付かなかったwww最初に声をかけた相原は無視されてガッカリwww
大量破壊兵器はあの人が作った…デスラーの事でしょうか?

バラン星にデスラーがお忍びで視察に来る報告。
忠誠を示す為にヤマトを撃つ。威力偵察に神経をすり減らされたヤマトを叩く頃合と判断。
ワープにて中性子星・カレル163の重力勾配の影響を受けるも計算し、5箇所に出る予測もつける。作戦はその5箇所に艦隊を配置し、発見次第艦隊集結して攻撃する作戦。
9分の先行配信ではここまででした。

ガミラスにて、雨の中を親衛隊に追われて逃げる1人の男。逃げ込んだ場所はドメルの邸宅

ヤマトでも怪しい動き。薫と伊東が密談。星名も入っておりますけど、意見は出さず。
雪に関しての調査も行っていた。雪に関して情報がここ1年分しか見つからない事と、1年前にユリーシャが地球へやって来た時と一致。経歴改竄の可能性もあり、保護者である土方に対しても疑念が沸いていた。
伊東は薫に真田へ関わるのはやめた方が良いと忠告。
島は1人で航路確認中…やはりこの時点でスケジュールは厳しくなっている様で難しい顔をしております。島へ近づく薫。まるで誘惑する様に…ここでの薫の動きが細かくて艶かしさがありますwww(毎回書いてますけど、個人的な感想ですwww)
その後、第一艦橋へ戻ろうとした島を星名が呼び止める。

お忍びで視察に向かうデスラー。しかしデスラーの乗る艦・デウスーラII世が突然大破
ガミラスでは閣僚が集まり会議中。デスラー不在に怒るゼーリック。
そしてオルタリアを壊滅させたギムレーに苦言を呈する…ここではゼーリック、ディッツ、タラン兄弟もやり過ぎと同意見。ハッキリと殲滅と言うギムレー。ミーゼラは恐怖なくして帝国内の結束は保てないと擁護。
そこへヒスが慌てて入って来て、デスラーが暗殺された報告。でもミーゼラは驚いた表情を見せるも動揺している様子は無い。

ワープ準備に入るヤマト。重力勾配の影響を受ける事は既にヤマトでも確認済み。
ヤマトの後方から近づくガミラス艦。今回も威力偵察と最初は思ったヤマトクルー。しかし今回は攻撃をして来た
反撃はせずにワープを優先。ワープアウトした先にはドメルの艦隊が待ち構えていた。
沖田艦長が復帰。死中に活を見出さねば包囲を破る事はできないと波動防壁を張って中央突破を指示。
ドメル艦隊の総攻撃。ヤマトは最初ほとんどの攻撃も弾き返していた波動防壁も徐々に剥がれて被弾するヤマト
第一主砲に被弾し、残りの主砲と副砲で反撃。旗艦のドメラーズIII世へ向かうヤマト。

大ガミラス帝国軍 ゼルグート級一等航宙戦闘艦<ドメラーズIII世> (1/1000)ドメル「ヤマト、侮りがたし」

波動防壁が無くなりヤマトのダメージが増す。エンジンが突然出力が下がり、慣性航法でドメラーズIII世へぶつける覚悟で向かう。
主砲のロングレンジではドメラーズIII世は弾く
そしてヤマトとドメラーズIII世の側面が接触。ヤマトが第二主砲を近距離から発射し、ドメラーズIII世の主砲を大破。ヤマトは傷つきながらも突破する

しかし、ヤマトの前にバーガーら別働隊がワープアウトして到着。そしてヤマトへ向けて一斉に攻撃
ドメル「これでチェックメイトだっ!」

集中砲火を受けて他の主砲等にも被弾し攻撃の術をほぼ失ったボロボロな状態のヤマト。
ヤマトへのとどめを刺そうかという時に、総統府から第一級優先通信…ヒスから有無を言わさず帰投命令。やむを得ず撤退するドメル艦隊。
九死に一生を得たが、ドメル艦隊の撤退には驚くヤマトクルー。沖田艦長は敵側に何らかのトラブルがあった事を悟った。

【15話まとめ・旧作比較】
旧作でもヤマトへの精神的な作戦とヤマトの食糧不足がありました。旧作16話でやはりビーメラ星へ食糧補給へ行きました。
「侮りがたし」旧作15話ではガミラス本部への報告書として打ち込んだ物でした。

戦闘に関しては旧作20話での物を、この15話と18話に分割した物になりました。
それとヒスからの通信は旧作20話ではデスラーからで、バラン星の人工太陽をヤマトへぶつけようと考えたドメルを止めさせようとした物でした。今作にバラン星には人工太陽がありません。

ギムレーの部下に射殺された将校・ドロッペは旧作にも出ておりました。
宇宙戦艦ヤマト2199 (1/1000) (プラモデル) 国連宇宙海軍 連合宇宙艦隊セット1 (1/1000) (プラモデル)
© 2012 宇宙戦艦ヤマト2199製作委員会

第十六話 未来への選択
ヤマトは甲板部により艦体修理。榎本がレーダーの修理に来た時に艦長室で倒れた沖田艦長を発見。
佐渡先生の診察で、過労によるものと判明し一同は安心する。

【初回特典付】ヤマトガイズコレクション 宇宙戦艦ヤマト2199 沖田十三 1/8 完成品フィギュア[メガハウス]薫が紙切れを島に渡す。何が書いてあったのかは明かされませんでしたけど、実行の手はずを書いた物と思われます。
ビーメラ恒星系第4惑星・ビーメラ4に到着。大気等は無害で地球人が住める環境だった。それに喜ぶ薫の「第二の地球として…」の発言が気になった真田。
古代に調査隊を編成してビーメラへ調査を指示する真田。メンバーは古代・平田・百合亜・アナライザーと他2名の計6名。コスモシーガルにアナライザーの外部強化ユニット・98式特殊機動外骨格改を搭載して出る。98式特殊機動外骨格改はエイリアン2に出てくるパワーローダーみたいな物ですね。
百合亜は元に戻っておりますけど元気の無い。尋ねると記憶が飛ぶとの悩みを打ち明ける…ユリーシャが表に出ている間の記憶は無いようですね。
ヤマトは上陸せずに待機し、調査隊の報告待ち。

ヤマトガールズコレクション 宇宙戦艦ヤマト2199 新見薫 1/8 完成品フィギュア[アルファオメガ(アルター×メガハウス)]薫にビーメラ4を第二の地球にと考えているのかと問い質す真田。認めた薫。1年での航海は不可能であると考えていて、イスカンダルの位置も特定されていない。その為に協力して欲しいと真田に頼み込むが、真田は拒否。
そこへ伊東ら保安部が入る。反乱行為と見なされた薫ではなく、真田に銃を向ける伊東…イズモ計画推進派による反乱が始まりました。
真田の拘束は本意ではない薫。島もやり過ぎと感じた。賽は投げられた…島はやむを得ず(?)決断をする。
第一艦橋に保安部が入り、雪・相原・南部・太田へマシンガンを向ける保安部。これにより島が指揮官となり、イスカンダルへ向かうヤマト計画を中断しビーメラ4の情報を持って地球へ帰還する事を艦内へ発表。補給が済み次第出発…この言葉からして、どうやら別に補給部隊も出ていた???
首謀者の伊東は既に、反乱によって真田は死亡して沖田艦長は病死とのシナリオが出来ていた。
艦長室に保安部が入る。丁度、真琴が回診中。沖田艦長は眠ったままで真琴と共に拘束。
医務室で佐渡先生は酒飲んでいて、島の報告通信を酔いながら愚痴って眠り込む。保安部も来ず、特に拘束されるという事はなかった佐渡先生www
機関室にいた徳川と山崎が直接島に聞きに行こうとしたが、藪らが徳川達に銃を向けて拘束。年配者は影響力が高い故に口出しも出来ない様にする。
航空隊控え室も保安部が入り、航空隊員を拘束。玲は元主計課としてシャワールームのオムシスを調べている最中だったが、控え室での不穏な様子を察して通気口へ隠れる。

ヤマトガールズコレクション 宇宙戦艦ヤマト2199 森雪(艦内服Ver.) 1/8 完成品フィギュア[メガハウス]この事態に抗議する雪だったが、ここで異星人疑惑をかけられた雪。ユリーシャ・イスカンダルは事故死したと聞かされていたが、森雪としてユリーシャが生きていたと言う。2話にて雪が所有していたスターシャからのメッセージ映像の入ったアイテムを伊東が持っていた。
スターシャの映像…それはスターシャからユリーシャへのメッセージ映像で、イスカンダル人としての星々救済の使命も語られていた。
試練を与えられる…これに伊東はガミラス人もイスカンダル人も同じ穴の狢と評する。

AU-09 アナライザー (プラモデル)調査隊は金属反応を感知し、その方向へ。
シーガルを広い場所へ着陸させて徒歩で向かう。古代・平田・百合亜・アナライザーが調査へ向かい、残り2名をシーガルで待機させる。雑木林をアナライザーの強化ユニットが伐採しながら進む。平田が強化ユニットに感激してますwww
再びユリーシャが表に出てきて百合亜は髪留めを外す。
視線を感じた百合亜(ユリーシャ)。古代達の後ろに巨大な昆虫が現れて襲ってくる。巨大昆虫は強化ユニットと同様に3D処理されてますけど、パンフには手描きのデザイン画が掲載されております。
逃げる…平田の必死さがwww平田は虫が苦手でしたwww百合亜(ユリーシャ)はアナライザーに抱えられて一緒に。ずうっと笑ってて楽しそうですwwwwww
アナライザーの強化ユニットが巨大昆虫を押さえ込む。倒れた虫を心配する百合亜(ユリーシャ)www倒したかと思ったら生きていて、去って行く。

百合亜(ユリーシャ)「さよ〜なら〜〜。」能天気な言い方でしたwww

宇宙船を発見…これは1話にてサーシャが乗って来たのと同じ型。時間が経っているので宇宙船は植物に埋め尽くされていた。アナライザーが着陸から400年経っている事を調べた。
イスカンダルからビーメラ救済の為に来た物…そして生命体も居たと過去形で言った後、ユリーシャが引っ込んで元に戻る百合亜。
別の金属反応をキャッチして奥へと進む。草彅琢仁さんらしいデザインのレリーフがあります。
ビーメラ4の文明は既に滅んでいた。アナライザーの計算で滅んだのは330年前イスカンダルに救済されても70年しかもたなかったんですねビーメラ星人の遺体…旧作と同じ蜂の姿でした。
壁画に先程の昆虫も描かれていて、元は家畜だったが野生化したらしい。
祭壇に置かれた波動コアを発見。アナライザーが解析。可視化出来る映像…これは真田でなければ解読は難しそうな物。
ヤマトと連絡が取れないと平田。シーガルで待機中の2名からも同じ報告がある。ヤマトへ戻る事に。

ヤマトは古代達を収容せずに地球へ帰還する事に。急がせる伊東。

ヤマトガールズコレクション 宇宙戦艦ヤマト2199 山本玲(パイロットスーツVer.) 1/8 完成品フィギュア[メガハウス]玲は通気口を移動。雪達は第一艦橋から別室に移されて拘束。ここの見張り役は2名。
玲がダクトから1人の保安部員に飛びかかり、プロレス技でいうフランケンシュタイナーで投げ飛ばすこの保安部員が羨ましいと思ってはいけませんwww
そして格闘して保安部員2人を倒す。これに太田達は拍手wwwwwwこんなに強い玲と戦ったメルダも相当の腕っぷしを持っているのですね〜。
通信は保安部によって抑えられている状況で古代達への連絡方法をどうするか…第三格納庫の100式空間偵察機の無線を使う。事態を知った古代達。ヤマトはビーメラ4から離脱を始める。

星名が医務室へ来る。佐渡先生から「伊東の腰巾着」と呼ばれる星名。佐渡先生を連れて艦長室へ。

古代達が帰艦。島の判断で第三格納庫のハッチを開けて古代達を収容。シーガルを収容させる気は無かった伊東は、直ぐに止めるように言う。その指示を拒否する島に、伊東は銃を向ける。セーフティも解除して本気で撃つ気だった伊東。他の保安部もこの伊東の行動に驚く。行き過ぎた行為に薫が伊東にタックル
この行動に怒った伊東は薫に銃を向ける。

伊東「これだから女は……嫌いなんだよーっ!!

っが、星名が伊東の銃を撃ち落す
そして怒りの沖田艦長が第一艦橋へ降りて来て怒鳴りつける。艦長室では佐渡先生と真琴が保安部員を逆に拘束してました。

伊東「俺を…裏切ったのか!?」
星名「いやだな〜……表返っただけですよ。」


帰艦した古代に抱きつく雪。これを見て…南部のガッカリした表情と玲のツンとした表情がwww

罪と罰〈上〉 (岩波文庫)星名は藤堂の直属下で命を受けてイズモ計画推進派の動きを監視していた。15話にて、島も星名から事前に聞かされて協力者だった。航海日程の遅れが原因と島は反省していた。
持ち帰った波動コアに航路図の短縮方法が記載されていた。これにより大マゼラン銀河へ大幅に短縮できる事に。ビーメラ4へ寄った事で得る事が出来た物。
今回の事件は”イスカンダルが科した試練”と考える。

【16話まとめ・旧作比較】
旧作16話のアレンジですね。旧作では1つの惑星でビーメラ星人は健在で蜂の姿でした。ガミラスに支配されており、ローヤルゼリーを献上しておりました。
旧作でビーメラの調査は雪とアナライザーだけでした。後から古代達が救出に来ました。

反乱は旧作16話で雪とアナライザーを捕虜とした反乱分子のビーメラ星人が起こしておりました。ヤマトの方でも旧作25話イスカンダルでも行われました。この時は藪が首謀者で、雪を人質にダイヤモンド山に立て篭もりました。でも地震で危険な場所であった為、古代達が説得するも藪は聞く耳持たず。加藤が操縦するヘリで雪だけを救出するという物でした。藪ら反乱を起こした者は死亡し、徳川が部下の失態にスターシャへ謝罪しました。
これはもしかしたら今作もイスカンダルにて反乱を起こそうとするのではないでしょうか!?そうすると藪は旧作と同じくスターシャに嫌われる訳ですねww伊東も同じでしょうか?
伊東の異星人に対する嫌悪感が感じられる話でした。

保安部は9話のオルタ捕獲に続いての活動でしたけど、女性隊員の姿は無いですね。グレー地に黒ラインの女性隊員は他の回で何度か映っておりますけれども。

旧作でも古代が救出に駆けつけて雪が抱きついておりました。これでアナライザーが失恋…今作では南部がその役割でした
アナライザーの旧作での人間染みた行動はほとんど他のキャラが担ってますね。酒飲んで酔っ払ったりするのも真琴(第7話)、そして失恋は南部と人間に変えられてしまいましたwww
ガミラス艦セット1 (1/1000) (プラモデル) 国連宇宙海軍 連合宇宙艦隊セット2 (1/1000) (プラモデル)
第十七話 記憶の森から
伊東へのタックルで怪我した薫は医務室で治療。薫のブラがチラリと拝めますwww
終えると営倉入り。私物も持ち込まれておりました。その中には真田と古代守も入った3ショット写真

ヤマトガールズコレクション 宇宙戦艦ヤマト2199 森雪 (パイロットスーツVer.) 1/8 完成品フィギュア[メガハウス]ヤマト艦内では、雪のイスカンダル人(ユリーシャ)の話題でもちきり。疑惑ではなく確定したかの様に佐渡先生は馬鹿げていると言う。
雪の持っていたアイテムには、スターシャからのメッセージだけでなく土方からのビデオレターも入っていた。イスカンダルへ向かう途中で、経歴について雪に迷いが生じる事も察していたのでしょう。
これを見ている時の雪は、船外服へ着替える前で黒の下着姿。これも良いですね〜(しつこいかもしれませんけど、個人的な感想ですwww)

ビーメラから持ち帰った波動コアに航路短縮が出来る亜空間ゲート(ゲシュタムの門)に関しての情報が入っていた。これを使えば3万光年の短縮が可能となる。
亜空間ゲートの管理者は古のガミラス人だった。

ガミラス星では…デスラー暗殺の濡れ衣を着せられ軍法会議にかけられたドメル。裁判官はヒスで、ギムレーが検察官。
ドメルもデスラー暗殺があった事をこの裁判で初めて知る。お忍びでデスラーがバラン星に来る事を知っていたのはドメルとディッツのみ。ディッツと共謀で行われたとされてしまう。その為にディッツも同じ嫌疑がかけられて拘束された。そして妻のエリーサは反政府活動をしていた事も発覚。
陪審員は揃ってドメルに死刑判決を下す。
この裁定に喜ぶゼーリック。観艦式を行う為、バラン星へ向かう。

メルダが、収容所へ運ばれるエリーサの姿を金網越しに見つめる。
逃げようとした家族を助けようとしたエリーサ。でもその家族は全員銃殺されてしまう
メルダもマークされていた。家族にも嫌疑がかけられている様です。

ヤマトは亜空間ゲートに到着。
沖田艦長と真田は自動航法室のカプセルを佐渡先生に見せて何とかなら無いかと聞く。でも佐渡先生でも無理…後々判明しますけど人を生き返らせる事でしょう。
佐渡先生は何故に公表しなかったのか聞く。間違っていれば正す勇気も必要…っと古代に言った言葉を口にする沖田艦長。自分の一存で開示する事を決めた沖田艦長…これも最後にわかります。

亜空間ゲートの再起動の為に、古代・雪・真田がシステム衛星へ。
自分が異星人…っと、苦悩する雪。岩田と遠山は雪がいる事に気付かずにその話題を口にする。岩田は雪のファンだったwww
古代は護衛だが何故に雪まで連れて行ったのか?イスカンダル人だから!?っと言う北野に怒る南部

システム衛星は破棄されていたが警邏ロボットは巡回している。数機のツヴァルケが放置されていたので鹵獲する事に。

中原中也詩集 (岩波文庫)中枢区画へ向かう。
このシステムは今のガミラスよりも古い文明が作り上げた物。今のガミラスに汚されたと感じるのでは!?っと雪が言うと中原中也の詩を口ずさむ真田。中原中也の詩を知っていた雪。異星人ならば200年以上前(ヤマトの時代での計算ですw)の詩を知る筈も無い…これで雪は異星人じゃない確信した古代。雪も少し晴れましたが、まだ何故1年以上前の記憶が無い事と1年前にユリーシャが行方不明なのか疑問が残っていた。
真田から説明。ユリーシャと雪は同じ事故に合っていた。事故かテロかは不明で、雪は記憶を、ユリーシャは意識を失ってしまう。土方が保護者になったのは雪の父親と知り合いだった為。
自動航法システムは存在しておらず、今までユリーシャの記憶をトレースしていた事も明かされる。カプセルの中に意識不明のユリーシャが入っていた。

警邏ロボットを倒しながら中枢システムへ到達。
内側からロックする真田。実は起動すると中性子が数秒散布される事がわかり、シールドで守られる隔壁に古代と雪を残した。
自らを犠牲にしようとしている真田を止めようとする。そして、真田は古代守と同期である事も明かす。薫は守と付き合っていた…ここは薫の思い出ともオーバーラップ。
古代はもっと兄の話を聞きたいと言う。守が中原中也を読んでいた事を知らなかった。

宇宙防衛大学…薫はこの頃から真田の助手として付いていた。この頃の薫は現在の下半分フレームのメガネではなくフルフレームのメガネをかけております。
研究室へ足を運ぶ守。真田への用事だけでなく、薫に会いに…それと弟・守との約束もこの場所でした。
4話にて食堂で読んでいた中原中也の詩集は守から借りた物でした。
文系の守と理系の真田。薫は数式以外に興味を持った真田に意外性を感じたwww
大学卒業後は軍へ…真田は自分自身が軍に合わないと感じていた。

メ号作戦でゆきかぜ艦長として冥王星へ向かう守。詩集を返そうと思っていた真田だったが、守が持っていて欲しいと言う。守はこの直前に薫と別れていた。
この作戦が囮である事を打ち明けられなかった事を悔やんでいた真田。古代は、兄はどんな命令であろうとやり遂げる人だったと言う…気持ち的にも真田は少し晴れる。

汚れちまった悲しみに 今日も小雪の降りかかる
汚れちまった悲しみに 今日も風さへ吹きすぎる
汚れちまった悲しみは たとへば狐の革裘
汚れちまった悲しみは 小雪のかかってちぢこまる…

ちなみに原文「汚れつちまつた悲しみに…」っとなっております。

システムが再起動される。中性子が無くなった頃にロックが解除できて、真田の姿を探す。中性子は水を通り難い…水の中に隠れて無事だった真田。

艦長から艦内放送で極秘事項の開示…雪に対する異星人疑惑を解明して晴れる。
真田から詩集を渡される古代。
雪は自動航法室に眠るユリーシャに会いに…そこへユリーシャが憑依した百合亜が来る。

【17話まとめ・旧作比較】
古代守と真田が同期である事が明かされた旧作18話のリメイク・アレンジですね。
システム衛星…旧作では宇宙要塞13号と呼ばれる無人要塞で、ワープも出来ない障害物となってました。マグネトロンウェーブを発していて、浴びると宇宙船等を外板の継ぎ目から破壊すると言う物でした。急遽継ぎ目の無い偵察機を作って古代と真田が破壊しに行きました。
爆破して…色と形からして通称・焼き芋なんて言われたりしてましたけどwww、システム衛星とは色は違いますけど同じ形になっております。
古代守と真田は同期というのは同じ。それと、今作での真田は腕や足は生身の様ですね???
旧作18話では、ゆきかぜ(旧作では古代艦と呼ばれてました)を完全に整備できずに出撃させてしまった事を後悔しておりましたけど、今作では囮作戦を打ち明けられなかった事を後悔しておりました。

旧作では健在だった雪の両親は亡くなっていた事も判明です。

第四章の13話で亜空間ソナーを使うか亜空間ソノブイを使うかでの対立で、薫は古代進に古代守の面影を見た訳ですね。
まだ古代守がイスカンダルで無事であるというのもまだわかりませんけれども…薫にとってスターシャは旧作通りの展開になるならば、ダブルショックでしょうね再びの失恋フラグ

ちなみにドメルの軍法会議は旧作21話で、ゲールの策略でした。
ポルメリア級強襲航宙母艦 (1/1000) (プラモデル) ガミラス艦セット2 (1/1000) (プラモデル)
第十八話 昏き光を超えて
百合亜にユリーシャが憑依している事も判明。
ゲートコントロールシステムの複製も百合亜(ユリーシャ)の力添えによって完成。
星名にとっては複雑な心境です。相原も元の百合亜に戻れるのか心配してます。

亜空間ゲート・バラン星の確認の為、偵察を送る事が決定。偵察には鹵獲したツヴァルケが早速使われる。非常に危険な任務だが誰に行かせるか…この人選は航空隊の責任者である加藤に一任してあった。
選ばれたのは…立候補した篠原だった。

航空隊のブリーフィングルームで篠原を持て囃す航空隊員達。加藤にとっては誰を選ぼうが苦渋の決断。そして玲も表情には出していませんけど篠原の心配しております。
篠原がまだ航空隊になりたての頃の思い出…見事な飛び方だった偵察機に憧れた事。

玲「偵察は戻って来るのが任務。必ず戻ってくる事。いいわね。」

制限時間3時間。これまでに篠原が帰ってこなければ、ヤマトはゲートを使わず迂回する事に。この事は篠原も了承済み。
見送る時の航空隊員は先程まで持て囃していた時と違って神妙な面持ち。篠原のコードネームは『ソードスリー』。それは玲の兄・明生の343航空団4偵でのコールサインだった。
玲の言った「偵察は戻って来るのが任務」…実は明生の口癖でもあった。

加藤「篠原なら大丈夫さ。あいつは戻って来る……必ずな!」

ツヴァルケで亜空間ゲートへ。ゲートの中は磁気嵐みたいな状態。通過中にガミラス艦を目視で発見。でもレーダーに反応無し…この中では役に立たず、搭載された簡易的なゲートコントロールシステムが唯一の頼り。
ゲート出口は竜巻の様な状態。バランスを崩しながら他のガミラス艦と共にゲートを抜ける観艦式が執り行われる為、沢山のガミラスの艦艇が集まっていた。これには驚きの篠原。
マゼラン側のゲート位置、そしてバラン星が人工物である事も確認。篠原のツヴァルケにガミラス側からガミラス語で「隊列を崩すな」と通信が入る。データも取れたので元のゲートへ引き返す。不審な動きで篠原へ攻撃するガミラス艦

篠原「俺も、あんな風に…強く、気高く、美しくっ!!」
「……飛ぶ……んだ……」被弾しながらも篠原のツヴァルケはゲートを抜ける。
ヤマトガールズコレクション 宇宙戦艦ヤマト2199 原田真琴 1/8 完成品フィギュア[アルファオメガ(アルター×メガハウス)]格納庫に収容された壊滅的なツヴァルケ。それをマジマジと見つめる航空隊員達。
真琴が佐渡先生のモノマネで篠原の無事を報告www
篠原が命懸けで取って来たバラン星のスキャンデータ解析。バラン星にはゲートシステムのエネルギープラントが存在する人工物である事が判明。ハブ・ステーションとしての役割がありました。
現在バラン星には観艦式の為に1万を越えるガミラスの艦艇が集結している。迂回路も考慮されたが、沖田艦長が敵中に活路を見出す為にバラン星の突破を決断する。

バラン星で観艦式が執り行われる。ゼーリックはゼルグード級一等航宙戦闘艦・ゼルグードII世に乗艦。出迎えたゲールもガイデロール級航宙戦艦・ゲルガメッシュから乗り移る。ゼルグードII世の艦長は アニメより洋画多しwww バシブ・バンデベル

ガイペロン級多層式航宙母艦<バルグレイ> (1/1000) (プラモデル)ゼーリックの演説でデスラーが暗殺された事が発表される。涙ながらの名演技を見せるゼーリック。デスラー暗殺は中央政府にて機密事項にされていたので、ゲールを含め他のガミラス艦では衝撃が走る。
観艦式の真っ只中、ヤマトが亜空間ゲートを通って現れる。そして次々にガミラス艦を撃破

古代「これが沖田戦法!」

ガミラスの艦隊は艦同士が密集し過ぎて味方が邪魔でヤマトへの反撃もうまく出来ず。艦同士がぶつかりあったりで動きも取れず。
ゲールは艦同士の距離を空けろと言うが、ゼーリックはその必要は無いと言う…ゼーリックに指揮官としての能力は皆無のようです。

ゼーリック「恐れるなっ!!数こそが〜力〜ぬぁ〜りっ!!」
↑読む時は若本さんを意識して読んで下さいwww

何とか攻撃できたガミラス艦隊。バラン星へと向かうヤマト。バラン星へ落ちていく様に見えたヤマト。
そこにゼルグードII世含むガミラスの各艦に通信…デスラーは生きておりました。既にミーゼラによって不穏な動きを掴まれていた。
デスラーの隣にフラーケン…どうやらデスラーはUX-01に乗艦しているようです。

デスラー「何か言い残す事はあるかね〜?ズェ〜……」
っとデスラーがゼーリックの口調をモノマネwwwそこでモニターを銃で撃つゼーリック。
デスラー暗殺の首謀者はゼーリックでした。言い訳がましいゼーリック。ゲールがゼーリックを後ろから射殺…その銃はゼーリックがモニターを撃った後に投げ捨てた物。

ヤマトはバラン星を抜けてマゼラン側の亜空間ゲートへ到達。
180度反転し、バラン星の中心部へ向けて波動砲を発射。そしてヤマトは重力アンカーを解除し、波動砲の反動でマゼラン側の亜空間ゲートへ。バラン星はコアが崩壊。ガミラス艦隊はバラン星崩壊に一部が巻き込まれる。パニックになったゲール達は一応離脱した様です。
ヤマトは大マゼラン銀河へと到達しました。
百合亜(ユリーシャ)「ただいま。母なる星の海よ。」

【18話まとめ・旧作比較】
ゼーリックの死により、残念ながら若本さんの出番はこの話にて終了となってしまいました。

ゼルグードII世の艦長・バンデベルは『ヤマト2』に登場したキャラです。『ヤマト2』では、バクテリアを使ってヤマトを襲いましたけど、自らの艦もバクテリアによってダメージを受ける大失態。修理を終えたヤマトの攻撃を受けて撤退。逃げ帰った事でデスラーに射殺されました。

亜空間ゲート…ヤマトシリーズではなく同じ西氏の『オーディーン 光子帆船スターライト』歪曲点と呼ばれる航路短縮が出来る宇宙空間の裂け目みたいな物がありました。
これは他のSF作品ですけど映画『スターゲイト』を彷彿させますね。テレビシリーズの方は観てました。
ゲート先の偵察は、旧作14話オクトパス原始星雲の嵐で3週間足止めとなり、嵐が止んだ時に古代がコスモゼロで海峡を偵察に行きました。レーダーも使えなくなったりもしたので、多分ここの箇所がモチーフになったと思われます。
この時は先まで出た訳ではなかったので海峡の長さを測らなかった古代…島との仲が険悪だった為に喧嘩へ発展。古代と島の険悪ムードは第四章でやりましたね。

戦闘は旧作20話を分割した1つ…ですね多分。旧作20話でもバラン星の基地が壊滅しました。
先の15話まとめ・旧作比較でも書きましたけれども、バラン星に人工太陽はありません。バラン星事体が人工物となりました。
星が永遠を照らしてる/美しい地球を知る者よ 記憶の光 宇宙戦艦ヤマト2199 第五章 ED主題歌 ヨーソロー 〜星の海を越えて〜

愛詞(あいことば)(初回生産限定盤)(DVD付)前回と同じく公開終了後…4話のテレビ放送が終わった直後にアップさせていただきました。今回も実に良かったです。
薫が目立った章でもあります。守との気持ちは断ち切っているのでしょうか?イスカンダルで守はスターシャと共に…薫が可愛そう
出番の少ない航空隊もピックアップされました。次の第六章では旧作でのドメルとの決戦で航空隊はあっちこっちに振り回されてましたので出番もありそうです。
伊東は星名に、ゼーリックはゲールにと…首謀者の腰巾着と呼ばれた者に撃たれましたw飼い犬に手を噛まれる…こういう表現が合う!?
激しい戦闘で色々と破壊されたヤマト。榎本を始め甲板部は大忙しですね
オムシスの復旧はどうなったのでしょうか!?16話以降は全く触れておりませんけど?

勝手にコーナー…今回の真琴ちゃんと玲ちゃん
真琴も細かい所で見せてくれておりますwww保安部のヘルメットを被り、縛られた保安部員をマシンガンで突付いたりwww佐渡先生の口マネもやりました。
玲も大活躍でした。保安部員との格闘も良いですけれども、その後の雪が古代に抱きついた時のツンとした顔も良かったですwww
色々と美味しい所があった真琴と玲でした。
宇宙戦艦ヤマト2199 5 [Blu-ray] 宇宙戦艦ヤマト2199 6 [Blu-ray] 宇宙戦艦ヤマト2199 7 (最終巻) [Blu-ray]
今回も原画に私の元会社の先輩が参加されておりました。
15話の作画監督『創聖のアクエリオン』のキャラデザインの藤川太さんと松本零士作品でお馴染みの増永計介さん。原画に金田フォロワーの1人である山下将仁さんや、羽山淳一さんが参加されておりました。
山下将仁さんは旧ヤマトシリーズは参加しておらず『オーディーン 光子帆船スターライト』で原画で、羽山淳一さんは動画でした。
16話と18話がProduction I.Gの副社長である後藤隆幸さんが作画監督・総作画監督として参加。
驚いたのは、17話で『とんがり帽子のメモル』『楽しいムーミン一家』名倉靖博さんが作画監督でした。名倉さんは最近ではアニメの仕事よりも個展を開いたり絵本の挿絵のイメージが強くなっていたのでまさか参加するとは思いませんでした。
同じ17話の作画監督に前章に原画で参加されていた高木弘樹さん…丁度、この先行上映を観る数日前に古いビデオテープを処分しようとチェックしていたらテレビ放送されたドミニオンのOVAが入ってました。高木さんがキャラデザ・作監でした。
前章にも原画で参加されて今回も参加していた大森英敏さんは旧ヤマトシリーズではなく『オーディーン』に作画監督補佐としても参加されておりました。
18話の絵コンテを担当した大倉雅彦さんも『オーディーン』ではメカデザインでした。
オーディーン 光子帆船スターライト [DVD]
今回は時間が取れたのは午前中のみでしたので、前回と同じ初回上映をとチケットをネットで購入…してから、無理して早起きする必要の無い2回目でも大丈夫だった事が判明
映画館いつもの所で鑑賞。
お客さんが更に増えましたwwwチケットはネットで購入しても、発券機で並びました。
パンフレット購入では、売店ではなくブルーレイ先行販売での臨時でやっていたチケット売り場に並んで購入。パンフレットだけ購入ならばこちらの方が売店に並ぶよりも早かったです。
章毎にお客が増えてきておりますね〜。

テレビ放送も始まって…ヤマト2199の後に真相報道 バンキシャ!そして爆笑 大日本アカン警察日曜は大塚芳忠さんの声を聞くのがお約束になりましたw
ゲルバデス級戦闘航宙母艦 <ダロルド> (1/1000) (プラモデル) ガイペロン級多層式航宙母艦<ランベア> (1/1000) (プラモデル)
第六章は6月で、第七章は8月っと、テレビ放送が始まって上映間隔が2ヶ月となりました。今まで通りに3ヶ月でやっていたら追い抜かれてますwww
第六章で七色星団にてドメルとの決着がありそうです。
ドリルミサイルが今回も登場…旧作ではヤマトの波動砲へ打ち込む奴です。真田とアナライザーによって逆回転で戻されて、戻って来たドリルミサイルにハイデルンやバーガーらの戦闘空母三段空母誘爆して呆気なく壊滅する…タイムボカン・シリーズみたいなwwwここら辺をどうアレンジするか楽しみです。
第52回静岡ホビーショーでの出渕裕監督と西井正典氏のトーク映像で戦闘空母(新たにゲルバデス級戦闘航宙母艦・ダロルドと名前が付きました)のプラモデル試作品を手にして、三番砲塔が後ろを向いている事に感激しておりましたけど重要なポイントらしいです。本編を楽しみにしたいです。
ドメルの最期もどんな形になるのでしょうか…旧作での第三艦橋に張り付いて自爆だと、ヤマトは普通だったら修理不可能な程に半壊してしまいますけどねゼルグード級の艦橋部分は旧作でドメルが乗っていた円盤っぽいですけど…まさかね〜
各話のサブタイトルを確認したら…収容所惑星のエピソードもあるみたいです。捕らえられたガミラス人の解放も!?メルダやエリーサの活躍もまだありそうです。

第七章でイスカンダル到着の前にガミラスで本土決戦も…戦う事ではなく愛し合う事…何でも戦争やりたがる人が多い世の中に伝えたい言葉も出てきますね。
あらすじも発表されていて…最終回では結婚が決まったクルーも出てくる様ですね。他に「新たなる生命の息吹」と妊娠とも取れる様な事も書いてありますけど???
そして沖田艦長の…「地球か…何もかも皆懐かしい…」の台詞も……今回はここまで

※劇場での先行公開を鑑賞しておりますので、ネタバレになっております
 ★第1話レビュー
 ★第2話レビュー
 ★劇場鑑賞での第二章(3話〜6話)レビュー
 ★劇場鑑賞での第三章(7話〜10話)レビュー
 ★劇場鑑賞での第四章(11話〜14話)レビュー

 ★劇場鑑賞での第五章(15話〜18話)レビュー
 ★劇場鑑賞での第六章(19話〜22話)レビュー
 ★劇場鑑賞での第七章(23話〜26話)レビュー


TBさせていただきました
http://movieandtv.blog85.fc2.com/blog-entry-407.html
http://blog.goo.ne.jp/bs3102_dara2/e/4a2463bdf065daee07e76afed3654891
http://odin2099.exblog.jp/20236113
http://hiromacky.air-nifty.com/turedure/2013/04/2199-9ae1.html
http://tsland.way-nifty.com/tenmondai/2013/04/post-da0c.html
http://chai-chau0347moe.cocolog-nifty.com/blog/2013/04/2199-395d.html
http://blog.livedoor.jp/fjk78dead/archives/1722642.html
http://blog.goo.ne.jp/nishikyogoku/e/cb8aba4441d5fa330748749f63133710
http://blog.goo.ne.jp/midnight-run_2007/e/e6c84e8656c27a4e2662c6a089811ff8
http://blog.goo.ne.jp/midnight-run_2007/e/d197acd6bfc594b5db3ad721e53bb216


ミラーサイトを用意しました。TBが弾かれてしまう場合はこちらにどうぞ。
http://kumaroad51pt2.blog55.fc2.com/blog-entry-1048.html

【追記】
 ●誤字・脱字を発見して修正
 ●ソフトを見直して訂正・修正
 ●中原中也の著作権切れを確認し、使われた詩の一部を引用
 ●旧作比較も含めて言葉足らずな箇所を補完…全てでは無いです(^^;)


kuma_road51 at 17:37
Comments(0)宇宙戦艦ヤマト・シリーズ | 劇場版アニメ

この記事へのトラックバック

1. [『ヤマト2199 第五章』追記]  [ 『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭 ]   2013年04月29日 01:02
☆相変わらず 忙しいのだが、ちょっと書いておく。  ちょうど、先週の日曜のテレビ放送の『ヤマト2199』は、ヤマトが旅立つエピソードで、そこでは、ガミラスの超巨大ミサイルが迫っているのだった。  この、超巨大ミサイルのヴィジュアルたるや、ひとつ間違えれば..
 いやはや、これはまた脱帽だ。  周到に計算された『宇宙戦艦ヤマト2199 第五章 望郷の銀河間空間』の上手さには舌を巻くばかりだ。  1974年のテレビアニメ『宇宙戦艦ヤマト』が低視聴率だったことは良...
3. 宇宙戦艦ヤマト2199/第五章 望郷の銀河間空間  [ だらだら無気力ブログ! ]   2013年04月29日 01:45
学生時代の新見薫が意外にも可愛い。
4. 『宇宙戦艦ヤマト2199 第五章/望郷の銀河間空間』(2013)  [ 【徒然なるままに・・・】 ]   2013年04月29日 08:19
劇場公開版第5弾は第15話「帰還限界点」、16話「未来への選択」、17話「記憶の森から」、18話「昏き光を越えて」の四話分を再構成。 旧作の16話「ビーメラ星地下牢の死刑囚!」、18話「浮かぶ要塞島!たった二人の決死隊!!」、20話「バラン星に太陽が落下する日!!」、21話「
5. 宇宙戦艦ヤマト2199 第五章  総監督/出渕 裕  [ 西京極 紫の館 ]   2013年04月29日 09:34
【声の出演】  菅生隆之(沖田十三)  小野大輔(古代 進)  桑島法子(森 雪)  大塚芳忠(真田志郎) 【ストーリー】 ガミラスの威力偵察を回避しようとワープアウトしたヤマトの前に、ガミラス大艦隊が現れる。ドメルの策略にはめられたヤマトだったが、かろう...
6. 『宇宙戦艦ヤマト2199 第五章望郷の銀河間空間』ネタバレ注意  [ まっきいのつれづれあれこれ ]   2013年04月29日 18:23
先週4/7(日)に地上波TVにて復活を果たした「宇宙戦艦ヤマト2199」もおおむ
7. 宇宙戦艦ヤマト2199 第五章「望郷の銀河間空間」  [ 真・天文台 ]   2013年05月01日 16:14
監督:出渕裕 脚本:大野木寛、出渕裕、武半慎吾
8. ◎宇宙戦艦ヤマト2199第15話「帰還限界点」  [ ぺろぺろキャンディー ]   2014年04月24日 18:35
デスラ:そうかイスカンダル人がのっていたかミレ-ネ)あなたに忠誠を尽くします卍ギムレ:あなたは逃げだしてきたんで>手の施しようがなかったんだ反旗をひるがえすてきはあっ...

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
イベント関連
コミックマーケット93
東京ビッグサイト
2017年12月29日(金)
〜12月31日(日)


ワンダーフェスティバル
2018[冬]

幕張メッセ
2018年2月18日(日)


ョイントェスティバル4
2016



COMIC CITY
コミックシティ
ショップ関連
サーチする:  
Amazon.co.jp のロゴ

キャラ&ホビー格安 あみあみ

ヱヴァ商品の公式通販サイト

オリジナル特典いっぱい キャラアニ.com







復刊ドットコム

ブロッコリーオフィシャルストア

ホビーサーチ

ホビー通販サイト ホビーストック

漫画全巻ドットコム

電脳玩具屋ベルモ

楽天市場

ガリバー
記事検索
Google検索
Google


ブログランキング
にほんブログ村 アニメブログへ
blogram投票ボタン
アーカイブ
ギャラリー
  • これが噂の…まにきゅあ団
  • これが噂の…まにきゅあ団
  • これが噂の…まにきゅあ団
  • セガ・ゲーム・ミュージック VOL.3
  • よゐこのマイクラでサバイバル生活 第12回(最終回)
  • よゐこのマイクラでサバイバル生活 第10回と第11回
  • スタッフ総入れ替え!?…だがしかし2期
  • ガールズ&パンツァー OVA 愛里寿・ウォー!…そして最終章
  • ガールズ&パンツァー OVA 愛里寿・ウォー!…そして最終章
  • ガールズ&パンツァー OVA 愛里寿・ウォー!…そして最終章
  • ガールズ&パンツァー OVA 愛里寿・ウォー!…そして最終章
  • ガールズ&パンツァー OVA 愛里寿・ウォー!…そして最終章
  • よゐこのマイクラでサバイバル生活 第6〜9回
  • 人造人間18号とホシノ・フミナ
  • 人造人間18号とホシノ・フミナ
カテゴリー別
最新コメント