くま&ウィスキーのタッチダウン日記

才能より食い気!がモットーのワンコロ達に、教育としつけを!はたして上手くいくか?

遠慮はいりません。大声で笑ってください。

アメリカから日本に一時帰国し、久しぶりに友達に会ったりすると ”ねえねえ、何か笑えるアメリカンジョークを聞かせてよ” とリクエストされます。もし私がロシアやアルゼンチンから帰国しても同じことを聞くのかな、なんてことを考えたりしますが、やはりジョークはアメリカの文化だという認識が強いんでしょうね。間違った認識だとは思いませんが、私はお笑い修行に来ているわけでは無いので、面白いジョークは聞かせてあげられません。すると、”エー?アメリカで何してるの?” と妙なダメ出しを食らったりします。やれやれ。

という訳で、そんなダメ出しを食らわない様に、今回はちょっとしたアメリカン?ジョークを披露したいと思います。笑える保証はしませんが。
DSC00022
なんだ?
今回は大喜利か?





ある男がニューヨークのアイリッシュパブに入っていった。男はカウンターに座りビールを注文する。グラスにビールを注いできたバーテンダーに男は話しかける。
”面白いアイリッシュジョークを仕入れたんだ。聞いてくれよ”
バーテンダーはその男をにらみつけ、
”お客さん、ここはアイリッシュパブです。ほとんどの客はアイリッシュだし、私もアイリッシュだ。そのことを承知で言ってるんでしょうね?”
男は少し困った表情をしたが、すぐに笑顔でこう言った。
”あぁ大丈夫。ゆっくり話すから”

****************************

ジョニー(白人)は自分の母親が嫌いだった。なぜなら母は人種差別者だったからだ。
ジョニーが高校生の時、家に黒人の友人を連れてきた。部屋で音楽や映画、女の子の話をして楽しんでいるとドアをノックして母が部屋に入ってきた。そしてジョニーの友人を見るや否や、息子にこう言い放った。
”ジョニー、その男はドラッグディーラーか?”
ジョニーは怒って
”黙れ!早く部屋から出ていけ!なんで金なんか握りしめてんだよっ!?”

****************************

老婆がアヒルを抱えて動物病院へ駆け込んできた。
”早く私の可愛いアヒルを助けてください!”
獣医が慌ててやってきてそのアヒルを診察すると、
”残念ですが手遅れです”
と老婆に言った。
”そんな、たった数秒見ただけではわからないでしょ?もっとちゃんとした診察なり検査をして下さい!”
わかりましたと言いながら、獣医はアシスタントに合図をすると、ラブラドールが診察室に連れてこられた。そのラブラドールはアヒルをじっと見つめ臭いをクンクンと嗅ぐと目をつむって首を横に振って戻っていった。
”残念ですが、もう死亡しています”
と獣医が老婆に告げる。
”犬が匂いを嗅いだだけじゃないですか!納得いきません!!”
わかりましたと言いながら、獣医はアシスタントに合図をすると、猫が診察室に飛び込んできた。その猫はアヒルをじっと見つめ臭いをクンクンと嗅ぐと両手をあげ首を横に振って戻っていった。
”残念ですが、同じ結果です”
と獣医が老婆に告げる。
がっかりしている老婆に背を向けながら、獣医は今回の診察内容をキーボードでコンピューターに叩き込んでいる。プリンターから出てきた今回の診察の請求書を老婆に手渡す。その請求額は$950。
”なんなんですか?この法外な値段は!先生は数秒しか診ていないし、犬と猫が匂いを嗅いだだけじゃないですか!!”
すると獣医は、
”私の診断だけでしたら$20で済んだんですが、LABレポートとキャットスキャンまでやりましたからね。仕方がないですよ”

DSC00057
LABレポートと
キャットスキャン?




動物病院の電話が鳴り響く。受付の女性が受話器を上げると男が悲しそうな声で話を始める。
”犬嫌いの義理の母が私の犬を連れて今病院に向かっています。あと10分程で到着し、そちらで安楽死をお願いすると思いますが、せめて苦しまないよう、楽に確実に逝かせてやってください。どうか、よろしくお願いします”
その話を聞いた受付嬢は、
”わかりました。先生にはその旨をしっかりと伝えておきます。ところであなたのワンちゃんは、病院から家までの帰り道をちゃんと覚えていますか?”
DSC00060

どこからでも
帰れるよ。




どうです?笑えましたか?



にほんブログ村

 
にほんブログ村

尿の色

第440回  どんぶり 第88回
  
Season VII
第002回  どんぶり 第01回

  この世を美しい銀世界へと変えてくれる雪。まだ誰も歩いていないまっさらな銀世界の雪をキュッキュッと音を立てて踏みしめながら犬たちと一緒に散歩するのはとても気持ちがいい。だが、そんな真っ白で綺麗な雪だからこそ、残酷なサインが浮き彫りになることがある。
  雪の日、人々が活動し始める時間に愛犬達を散歩に出すと、時々目に付く雪の上の赤っぽい印、それを見る度とても嫌な気分になる。よその犬のオシッコの跡である。犬のオシッコの跡が嫌な気分にさせるのではなく、その色がそうさせる。赤みを帯びた尿を出している犬は病気である可能性が非常に高く、その病状も結構シリアスであることが多い。病気の場合、尿の色はゆっくりだが確実に変わってくる。つまり赤い尿を出している犬の飼い主は、愛犬の尿の色の日々の変化に全く気づけなかったボンクラか、犬の健康などどうでもいいと考え無視をしている大馬鹿者のどちらか、ということになる。赤い尿の跡は、そんないい加減な人間に飼われている犬が実際に存在しているという証明であり、その犬からの助けてくれという無言のメッセージのようで、とてもやるせなく嫌な気分になるのである。



透明、薄い黄色

危険レベル1/5

本来の犬の尿の色。普段から色のチェックをし、変化があるようなら病院で診てもらう。だだし無色透明が続くようであれば腎臓に問題があり水分を取りすぎている可能性があるので、獣医による検査が必要。


明るい / 濃い黄色

危険レベル3/5

脱水症状の可能性があるので、愛犬がいつも新鮮できれいな水が飲める状況にあるか確認する。食欲不振や嘔吐によっても脱水症状は起きるので、普段の愛犬の様子を見る事。水を飲んで色が戻れば問題ないが、飲むことを拒否するようなら獣医に診てもらう。


茶色、オレンジ、赤みがかったピンク色

危険レベル4/5

これらの色が出ている場合は病院へ直行すること。
茶色とオレンジ色の尿は筋肉に疲れやダメージがあるときに放出されるミオグロビンと呼ばれる物質が原因である。どのようなダメージが愛犬の内部で起きているのか、外からは判断できないので獣医による診断が必要である。
茶色は古い血液を示すものである。原因は過去に腎炎、結石、膀胱炎、腫瘍などの病気を患ったためである。
ピンクか赤色であるなら、それは腎炎、結石、膀胱炎、腫瘍などの病気を ”現在” 患っていることを意味する。獣医による検査、治療が早急に必要である。

参考資料:
http://dogloverstore.com/dog-urine-color-dogs-urine-yellow-brownyellowredorange/
  
  
DSC00015
ここら辺、
ヤバイ臭いがするぞ!




  運動量や食事の内容によっても一時的に尿の色は濃くなったり薄くなったりすることはあるので、赤やピンクの尿でも出ていない限り、些細な変化に一喜一憂する必要はないと思うが、ただその色の変化が無視できるものかそうでないかは、やはり普段から愛犬の排泄物はもちろん、行動や仕草の観察が必要である。
  冬の、それも雪が積もった日限定のよその犬たちからの悲鳴のようなメッセージを目にするのはとても辛い。だが皮肉にも、彼らのおかげでウチの二匹の尿の色がいかに健康的かを測るバロメーターにもなっている。逆に、いい加減な飼い主たちがウチの二匹の雪上の尿の色を見て、自分の愛犬の尿の色がどれほど異常なのか、気付いてくれることを祈るばかりである。




にほんブログ村

 
にほんブログ村

Kick Off, 2016!!

新年明けましておめでとうございます。
今年も ”くま&ウィスキーのタッチダウン日記” をどうぞよろしく!
DSC00021

毎年恒例の
初日の出ショットなんですが、
残念ながら
雲が多くて見られませんでした。






今年もアメリカで新年を迎えることになりましたが、今回はなんとなく日本の正月気分ですね。その理由は、二日、三日が土日で休みなので、まるで日本の三箇日のようなんです。それがどうしたと言われればそれまでの事なんですが、、、

今年からこのブログも七年目に突入します。皆さんの役に立てるような内容をたくさん書ければいいなと思っています。

DSC00020

このブログは
君と同い年なのさ。


(W) はぁ?





応援よろしくお願いします!

 
にほんブログ村

 
にほんブログ村
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

livedoor プロフィール
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ