Vanguard A GO GO

轟 轟轟(トドロキ ゴーゴー)によるヴァンガードのブログです。 情報・レシピ・大会報告などなど。 コメントを書き込む際は、一番最初に表示されている記事の注意を必ずご一読ください。

2011年04月

第二弾環境のデッキアイデア

突然思いついた第二弾環境のデッキアイデアを羅列しておきます。

・真☆ガチムチ☆パラダイス
信じられるかこのパワー 史上最強ガチムチ軍団ー♪(加齢臭ネタ)
…はい、デッキ名は当然スルーで(死)

以前載せたローエングリン+ジャガーノート・マキシマムのデッキに若年のペガサスナイト、ソウルセイバー周りのカードを仕込んでみてはどうかなと思いました。
ローエングリンで若年のペガサスナイトのブーストが9000になるので、ローエングリンの攻撃が21000、ジャガーノートの攻撃が25000(!!!)と、素晴らしい数値をたたき出します。
トドメにソウルセイバーでパチン、と。
トリガーはドロー6、クリティカル6、ヒール4かなぁ…。

・スペリオルかげろう
ブレイジング・フレア・ドラゴンとヤクシャ(!!?)を投入したスペリオルライドデッキ。
キンナラとガトリング・ドラゴンのおかげでヤクシャのスペリオルライドが簡単になるので、入れても良いんじゃないかなぁ…と。
コンローの効果でガトリング・ドラゴンを持って来て…とか。
ヤクシャさん、これなら頑張れるはず。
あ、もちろん次のターンに再ライドしてソウルの肥やしになっていただきます(笑)
ヤクシャ3、ブレイジングフレア2、ドラゴニック・オーバーロード3くらい?

とりあえず作りたいデッキはこんな感じ。
ノヴァグラップラーも作りたいなぁ…ギャバーン
轟 轟轟kumacardコメント(3)トラックバック(0)  
カテゴリ: デッキ  雑文 

週末の大会結果

3回大会に参加して来ましたー。

フルコンプ川崎の大会では抽選漏れしましたが、ティム二俣川の大会は定員割れで無事に参加。
しかしファイトの結果は奮わず、結局スイスドロー4回戦で勝てたのは2回(内1回不戦勝)という散々な物。
その上パックからはカップボウラーさんがこんにちわ…ナンデサー
その直前に買った5パックからここあとリューが出ていなければ即死だった…(苦笑)
この日の結果を鑑みて、既にアップしてある通りグレード2を増量しました。

カードキングダム二俣川の大会は前回同様トーナメントで、定員オーバーの為に上位16人と敗者から抽選で8名にパックを配布する方式。
一回戦は不戦勝、二回戦は相手のライド事故で勝利というひどい展開でしたがとりあえずパックは確定(苦笑)
三回戦はノヴァグラップラー相手で、相手のヴァンガードがMr.インビンシブルだったのでエクスキューショナーの相性勝ち。
四回戦は相手のクリティカルトリガーが爆発し、グレード3にライドする前に死亡…(号泣)
パックからはまたもやカップボウラー…イヤァァァァァ!!!

アメニティドリーム横浜の大会は定員ピッタリの24人。
一回戦はかげろう相手でしたが、ヒールトリガーが2回も発動して問題なく勝利。
二回戦もかげろうでしたが、トリガー運にもめぐまれてギリギリの勝利。
三回戦は騎士王デッキ相手でしたが、クリティカルトリガーをスルーしてしまい、グレード2までに4点のダメージを食らうという切ない状況になり、敗退。
四回戦のかげろうはまたもやライド事故でしたが、アリフのスペリオルライドで1ターン事故を軽減される事に。
でも先行ダメージのおかげで何とか勝利。
結果、三位タイくらい?
パックからはみるびるでした…ホッ

現在のプロモ状況(引いた順)
ドラゴンアーマード・ナイト(ドラゴニック・エクスキューショナーとトレード済み)
みるびる
ドラゴニック・エクスキューショナー
ドラゴンアーマード・ナイト
カップボウラー
ドラゴニック・エクスキューショナー
ぎろ
ペタル・フェアリー
みるびる
みるびる
カップボウラー
カップボウラー
みるびる
轟 轟轟kumacardコメント(8)トラックバック(0)  
カテゴリ: 雑文  大会情報・結果 

コミック版第6話登場カードまとめ

パーフェクト・ライザー
パーフェクト・ライザー
グレード3/パワー9000/シールドなし/ノヴァグラップラー
自【V】:このユニットがVに登場した時、あなたのリアガードのカード名に「ライザー」を含むユニットを全てソウルに置く。
永【V】:あなたのユニットはこのユニットをブーストできない。
永【V】:あなたのターン中、ソウルのカード名に「ライザー」を含むカード1枚につき、このユニットのパワー+3000。

ついに登場したコミック版カムイのグレード3ライザー。
騎士王アルフレッドのノヴァグラップラー版といった印象です。
リアガードのバトルライザーを処理されると弱体化するというライザーシリーズの弱点を補った性能ではあるのですが、騎士王アルフレッドと同じく自分のターンにしか攻撃力が上がらず、パワーは9000であるのはかなりの難点です。
普通にライドして行くとパワーは18000と頼りない数値になってしまうので、何とかしてもう1枚ソウルに送り込んでパワー21000を目指したいですね。

ウォール・ボーイ
ウォールボーイ
グレード0/パワー?/シールド?/ノヴァグラップラー

細かいデータは分かりませんが、グレード0のトリガー無しユニットのようです。

ZANBAKU
決闘龍 ZANBAKU
グレード3/パワー11000/シールドなし/ぬばたま
永【V/R】:他のあなたの《ぬばたま》のヴァンガードかリアガードがいないなら、このユニットのパワー-2000。
永【V】:相手はグレード3のヴァンガードにライドする事ができない。

ぬばたまのグレード3ユニット。
パワー11000ですので、おそらくいつものデメリットテキストがついている物と思われます。
グレード3ユニットからグレード3ユニットに、更にライドするのを防ぐ効果を持ちます。
単純に使用しても効果が発揮されにくいカードですので、後述のアレスター2体と組む事が前提のテキストなのですね。

ライト・アレスター
レフト・アレスター
ライト・アレスター
レフト・アレスター
グレード2/パワー8000/シールド5000/ぬばたま
永【V/R】:あなたのカード名に「アレスター」を含むユニットが前列に2体以上いる時、相手のヴァンガードはスタンドできない。

ヴァンガードのスタンドを封じる効果を持ったグレード2ユニット。
メガコロニーにあやまれ。

FUSHIMI
星矢士 FUSHIMI
グレード2/パワー9000/シールド5000/ぬばたま
【V/R?】:このユニットは、このユニットと同じ縦列の後列にいる相手のユニットをバトル相手のユニットに選べる。

ぬばたま版テージャス。
パワーが9000とテージャスよりも高い為、V限定だったりパワーダウンのデメリットがあったりするかもしれませんね。
ちなみに、忍獣チガスミにライドしていたので、どうやらライド事故を起こしていたようです(笑)
轟 轟轟kumacardコメント(2)トラックバック(0)  
カテゴリ: 新カード情報  マンガ感想 

初心者向けデッキ構築

ヴァンガードがTCG初体験の初心者さんからの質問を結構いただきます。
中でも一番多いのが「デッキの作り方」なのですが…うーん、やっぱり悩む部分ですか。
という訳で、基本的なデッキ構築の入り口程度の話をちょっとだけ書いてみます。

私のデッキの作り方は「足し算の後に引き算」です。
まず入れたいカードを列挙して、多すぎる部分から削る、という順でやっていく訳ですね。
今回は騎士王デッキを作ってみようと思います。

1.デッキのやりたい事を考える
騎士王デッキは、パワー20000の攻撃がやり安いというのが何よりの特徴です。
騎士王アルフレッドヴァンガード時の効果、アルフレッド2種にライオンメイン・スタリオンのブーストと、2つのパワー20000の達成法があります。
それを念頭に置いた上で、採用したいカードを考えてみます。

2.入れたいカードを考える
騎士王アルフレッド、アルフレッド・アーリーを複数積み、アルフレッド・アーリーの効果を有効に使用する為にブラスター・ブレードは必須です。
そうなるとブラスター・ブレードのスペリオルライドもできる構成にしておいた方が無難ですよね。

パワー20000の2回以上の攻撃をしたいので、できれば2枚はグレード3のユニットを持って来る事を考え、リアン、みるびる等の手札入れ替え系カードを採用したい所です。
また、今回はその他にグレード3ユニットにグレード3ユニットをライドしてソウルを増やせるように、グレード3の枚数を少し多めにしてみたいと思います。
でもグレード3は9~10くらいかなぁ…。

パワーが20000までしか行かない為にパワー11000のヴァンガードを攻め辛いという弱点もありますので、一時的にとは言えパワーを上乗せできるスターライト・ユニコーンも採用してあげたいですね。

ここまでで採用が決まっているカード(枚数未定のユニットは全て4枚積みする前提で書きます)
4 騎士王 アルフレッド
4 アルフレッド・アーリー
1~2 その他のグレード3ユニット

4 ブラスター・ブレード

4 ライオンメイン・スタリオン
4 湖の巫女 リアン
4 みるびる
4 スターライト・ユニコーン

1 ばーくがる
4 未来の騎士 リュー
4 ふろうがる
8 その他トリガーユニット

3.基本的なカードを追加する

グレード1のパワー8000ユニット、グレード2のパワー10000ユニットは単純に優秀ですので、何も考えずに採用してもほぼ問題ありません。
また、完全ガードのイゾルデもスペースが許すなら入れてあげたいですね。
ここまでが足し算です。

ここまでで採用が決まっているカード(全て4枚積みする前提で書きます)
4 騎士王 アルフレッド
4 アルフレッド・アーリー
1~2 その他のグレード3ユニット

4 ブラスター・ブレード
4 沈黙の騎士 ギャラティン

4 ライオンメイン・スタリオン
4 湖の巫女 リアン
4 みるびる
4 スターライト・ユニコーン
4 小さな賢者 マロン
4 閃光の盾 イゾルデ

1 ばーくがる
4 未来の騎士 リュー
4 ふろうがる
8 その他トリガーユニット


4.枚数の調整
ここから引き算に入ります。
枚数の調整の為、基本的なデッキバランスに合わせてカードを減らしていきます。
グレード3 7~8
グレード2 8~10
グレード1 13~16
グレード0 16~17

あくまでも基本的な動きをするデッキのバランスですが、私はこんな感じです。
今回はグレード3を少し増やす為、
グレード3 9
グレード2 8
グレード1 16
グレード0 17

で作ってみようと思います。
とりあえず、完成したデッキレシピがこちら。

4 騎士王 アルフレッド
3 アルフレッド・アーリー
2 断罪の騎士 ボールス

4 ブラスター・ブレード
4 沈黙の騎士 ギャラティン

3 ライオンメイン・スタリオン
4 湖の巫女 リアン
2 スターライト・ユニコーン
4 小さな賢者 マロン
3 閃光の盾 イゾルデ

1 ばーくがる
4 未来の騎士 リュー
2 ふろうがる
2 幸運の運び手 エポナ
4 武器商人 ゴヴァノン
4 世界樹の巫女 エレイン

以下、ユニット選定の理由です。
・グレード3
アルフレッド・アーリーはメインアタッカーとなるものの、ヴァンガードに登場した時以外には効果の無いユニットですので枚数を1枚削り、その枠にボールスを採用しました。
マロンのブーストでパワー21000、リアンのブーストでパワー20000での攻撃が可能な強カードですので、弱点を補強してくれそうです。

・グレード2
ギャラティンを追加しただけです。
他のグレード2ユニットは攻撃力が安定しない為、この2種で安定だと思います。
9枚以上入れたい場合はランドルフを。

・グレード1
ロイヤルパラディンのグレード1は激戦区ですので、かなり妥協する事に。

ライオンメイン・スタリオンは複数来てしまうと邪魔になるので、1枚来れば良いくらいの気持ちで3枚に。
スターライト・ユニコーンは来ると嬉しいのですが、効果発動後のパワー+6000ブースト要員というのはボールス、ブラスター・ブレードとの相性がイマイチの為、枚数を2枚にしてみました。

みるびるは、パワー7000のリアンであればブラスター・ブレードがアタッカーとしてリアガードにいる場合でもパワーが16000を越える為、リアンを優先する事に。 安いし(笑)

・グレード0
高パワーが実現しやすいデッキタイプの為、トリガーユニットはクリティカルを優先。
ただ、ブラスター・ブレードのスペリオルライドもできるようにふろうがるも2枚採用してあります。
今回はリューを減らしましたが、ゴヴァノンを削るのもアリかと思います。


こんな感じで完成です。
デッキタイプによってはバランスやチョイスも変わって来ますが、とりあえず基本的な構築という事で。
デッキ構築の入り口として、参考になれば嬉しいです。
轟 轟轟kumacardコメント(2)トラックバック(0)  
カテゴリ: デッキ  雑文 

かげ☆パラビート 4/24日版

熟考の末、グレード2の枚数を8枚に戻しました。

G3 9枚
3 ドラゴニック・エクスキューショナー
4 ドラゴニック・オーバーロード
2 断罪の騎士 ボールス 

G2 8枚
2 ブラスター・ブレード
2 バーサーク・ドラゴン
4 ドラゴンナイト ネハーレン

G1 16枚
2 鎧の化身 バー
3 ワイバーンガード バリィ
4 湖の妖精 リアン
3 みるびる
4 小さな賢者 マロン

G0 17枚
1 ばーくがる
3 ふろうがる
3 未来の騎士 リュー
4 世界中の巫女 エレイン
4 武器商人 ゴヴァノン
2 リザードソルジャー ガンルー


かなりの回数をグレード2が5枚でプレイしていたのですが、ライド事故こそ無いもののアタッカー不足になってマロン2体を並べての攻撃とかも増えてしまいました。
という訳で、素直にネハーレンを増量…結局元のバランスに近付いただけじゃない!?(死)
それでもグレード3が9枚は多めですし、グレード2の枚数は基本よりは少なめの8枚です。
こんなモンかなぁ…。

で、戦績は上々です。
グレード2にライドしたターンの3回攻撃も当然強力ですし、基本バランスの大切さを身に染みて思い知りました。
轟 轟轟kumacardコメント(2)トラックバック(0)  
カテゴリ: デッキ