アマテラス、サクヤの攻撃時、ツインドライブで手札が4枚以上になってパワーが+4000される効果をスルーして、わざとパワー上昇前の数値を伝えて相手のミスを誘うという戦法を取る方がいます。
以前から気になっていたのですが、それについて話していたら知人がその場で事務局に確認を取ってくれました。
その結果、

ウソを伝えている訳では無いのでルール的な罰則はない。
ただし、フロアルールに「いかなる時もスポーツマンシップに則ったフェアなプレイを心がけ、対戦相手に大しても敬意に満ちた行動を取る事が求められます」とある通り、大会の品位を下げる行為である為に大会運営者側から注意、ないしは警告をするのが良いと思われる。

との事でした。
第6章第1項「軽度の非紳士的行為」にある「対戦相手に対して明らかに礼儀を欠いた行為を行った」に抵触したと、大会運営側から警告してもらうのを勧められたとの事です。
「大会の品位を下げる行為」だと名言されてるのですし、止めた方が良いのでしょう。
個人的にも、ミスプレイならともかく、相手の無知や緊張に付け込んで勝つのはフェアでも紳士的でもないと感じます…それならいっそパワーの宣言はしないでヨロシ。
相手の確認ミスだから自分は良いと思う、的な理由で通そうとする方もいますが、「大会の品位を下げる行為」だけどやりますって言い張る方とはお近付きになりたくありません。
もう手札パチパチと同じで「他人にどう思われるか」の話な訳で…良くないという意見の方もいて、「大会の品位を下げる行為」だと言われている以上、自分がどう思おうともやらないのがマナーではないのでしょうか。
フロアルールに書いてあるからという以前に、まず相手ありきというコミュニケーションのゲームであるTCGプレイヤーは競技者である前に紳士的である事(最低限のマナーを守る事)を求められると私は思っているのですが…そう思わない方も多いという事なのでしょうね。
対戦相手に紳士的では無い人間だと思われるのは、大会で一回負けるよりもツライのになぁ…。

余談ですが、私は「アタック後パワー○○です」と、簡単に伝えています。
ドロートリガーが出るといくつとか、さすがにそこまでは言わないですけど(苦笑)