※4/26更新 リスト完成
第六弾収録のカードリストです。

ゴールドパラディン
ブロンドエイゼル
灼熱の獅子 ブロンドエイゼル
グレード3/パワー10000/シールドなし
起【V】【LB(4)】(あなたのダメージが4枚以上で有効):[CB(2)]あなたの山札の上から1枚見て、《ゴールドパラディン》を1枚まで探し、ユニットのいないRにコールし、残りのカードを山札の下に置き、そのターン中、このユニットのパワーを増やす。
増やす数値は、この効果でコールされたユニットの元々のパワーである。
永【V】:あなたのターン中、あなたの《ゴールドパラディン》のリアガード1枚につき、このユニットのパワー+1000。

アイチの新メインユニット。
リミットブレイク効果はデッキトップユニットのスペリオルコールとパワー上昇。
コールするかどうかは任意ですが、コールしない場合は山札の下へ送ってしまう為、トリガーであってもコールする方が良いですね。
ユニットのいないリアガードサークルが無ければコールできませんので要注意。
リアガードによるパワー上昇効果も含めてかなりの高パワーで攻撃ができますが、防御時はパワー10000の為に若干不安が残ります。
バニラ2種とキルフによるスペリオルライドができるので、デッキに1~2枚挿しておく程度でも良いかもしれません。
顔は、額の模様まで含めてレンの回想に出ていた謎の少年にソックリですが…。
鎧のメージはドラゴニック・オーバーロードに似ていますが…単に伊藤先生のデザインだから、ってだけかな?(汗)

1アグラヴェイル
憤怒の騎士 アグラヴェイル

グレード3/パワー10000/シールドなし
【V】:あなたのメインフェイズ開始時、SC(1)し、そのターン中、このユニットのパワー+2000。
起【V】:[SB(8),CB(5)]そのゲーム中、このユニットのクリティカル+1し、「永【V】:あなたの《ゴールドパラディン》のリアガード1枚につき、このユニットのパワー+1000。」を得る。

毎ターンのソウルチャージでパワー+2000する効果、メガブラストでクリティカル+1、パワーをリアガードの数だけ+1000する効果を持ったグレード3ユニット。
メガブラストが発動すればクリティカル2、リアガードを全て埋めれば単体でパワー17000でのアタックが可能という派手なユニット。
起動効果なので、条件を満たしさえすれば確実に発動できるのは良いですね。
ソウルチャージのユニットが増えると、かなりの脅威になるかもしれません。

1ギガンテック
ギガンテック・クラッシャー
グレード3/パワー10000/シールドなし
自【V】:このユニットがアタックした時、そのターン中、コールされたあなた《ゴールドパラディン》のリアガードが4枚以上なら、そのバトル中、このユニットのパワー+10000。

ターン中コールされたユニットが4体であれば、ターン中パワー+10000という派手な効果ののグレード3ユニット。
扱いは難しいですが、スペリオルコールも含める為にヴィヴィアン等の効果もうまく使えば発動の機会はそれなりにありそうです。

1マナウィダン
神聖魔道士 マナウィダン
グレード3/パワー10000/シールドなし
自【V/R】:このユニットが《ゴールドパラディン》にブーストされた時、そのバトル中、このユニットのパワー+2000。

ブーストされた時にパワー+2000されるグレード3ユニット。
カウンターブラストを消費しないので、サグラモールとどちらを選ぶかは好みが分かれそうです。

七聖獣の鎧のひとつ、紫象の鎧をまとう神聖魔道士とはこのユニットの事だと思われます。

ボーマン
神技の騎士 ボーマン
グレード2/パワー10000/シールド5000

グレード2バニラ。
何だかごっつい感じ。

ヴィヴィアン
聖弓の奏者 ヴィヴィアン
グレード2/パワー9000/シールド5000
【V/R】:[CB(1)]このユニットのアタックがヴァンガードにヒットした時、このユニットが《ゴールドパラディン》にブーストされていて、あなたのリアガードが4枚以下ならコストを払ってよい。
払ったら、あなたの山札の上を公開する。そのカードが《ゴールドパラディン》なら、そのカードをユニットのいないRにコールし、違うなら、その山札をシャッフルする。

アタックがヴァンガードへヒットした時、リアガードサークルに空きがあれば山札の上のユニットをコールできる効果を持ったグレード2ユニット。
コールできるユニットはランダムながら、カウンターブラスト1で効果を使用できるのはなかなか。
スペクトラル・デューク・ドラゴンとの相性が良いので、今から期待してしまいます。

トリップ
災厄の魔道士 トリップ
グレード2/パワー9000/シールド5000
自【V/R】このユニットのアタックがヴァンガードにヒットした時、あなたの《ゴールドパラディン》のヴァンガードがいるなら、あなたのダメージゾーンから1枚選び、表にする。

カウンターブラストコスト回復効果のグレード2ユニット。
カウンターブラストを使用する効果が多いゴールドパラディンでは、重要になりそうです。

イラストはスレイヤーズ!のあらいずみるい氏。

1ギガンテック・コマンダー
ギガンテック・コマンダー
グレード2/パワー8000/シールド5000
自【V/R】:このユニットがアタックした時、あなたのリアガードが相手のリアガードより多いなら、そのバトル中、このユニットのパワー+3000。

リアガードが相手よりも多い時にパワーが11000に上昇するグレード2ユニット。
同じパワー、上昇値の突撃するチャリオットナイトとどちらを選ぶかはデッキ次第でしょうか。

1ストラテジスト
天網のストラテジスト
グレード2/パワー7000/シールド5000
自【V/R】:このユニットのアタックがヴァンガードにヒットした時、他のあなたの《ゴールドパラディン》のリアガードが4枚以上なら、1枚引く。

パワー7000、ヒット時ドロー効果のゴールドパラディン版ユニット。
リアガードを埋め安いゴールドパラディンですから効果の発動条件を満たすのは簡単ですが、やはりヴァンガードヒット時限定なのが足を引っ張り、微妙な印象です。

エレファス
守護聖獣 エレファス
グレード2/パワー8000/シールド5000
自:[CB(2)]このユニットがVかRに登場した時、あなたの《ゴールドパラディン》のヴァンガードがいるなら、コストを払ってよい。
払ったら、あなたの山札からグレード0の《ゴールドパラディン》のノーマルユニットを1枚まで探し、Rにコールし、その山札をシャッフルする。

グレード0ユニットをスペリオルコールできるグレード2ユニット。
トリガーがスペリオルコールできない為、グレード0のユニットを採用する必要がある為に多数の投入は難しいユニットですね。
ハイドッグブリーダー アカネと比較してしまうとやはりかなり劣って見えてしまいます。
グレード0で有用なユニットが収録されれば良いのですが…ガルモール、ブロンドエイゼルにカウンターブラストを回したいゴールドパラディンでは、別の軸を組む時の採用となりそうですね。

守護聖獣 ネメアライオンに続いて2体目の聖獣王。
既に判明している紅獅子、銀狼の鎧と同じように、象モチーフの「紫象の鎧」が存在し、神聖魔道士がその主となったそうです。
ここからは余談になりますが、サイレント・パニッシャーの「蒼き鷹の鎧」に関しては、サグラモールの設定に「ゴールドパラディンの戦士が纏う聖獣の鎧の大半は、レプリカとはいえ全て名匠が手掛けた傑作であり、少なからず意志を宿している。」とあるようにレプリカであると思われます。
レプリカがあるという事は本物の蒼鷹の鎧があるのだとも思いますが、正式な発表があるまでは含めずにおこうと思います。

ガレス
美技の騎士 ガレス
グレード1/パワー8000/シールド5000

グレード1バニラ。
フレーバーテキストが意味深です。

1ニムエ
聖斧の奏者 ニムエ
グレード1/パワー7000/シールド5000

【V/R】:[CB(1)]このユニットのアタックがヴァンガードにヒットした時、このユニットが《ゴールドパラディン》にブーストされていて、あなたのリアガードが4枚以下ならコストを払ってよい。
払ったら、あなたの山札の上を公開する。そのカードが《ゴールドパラディン》なら、そのカードをユニットのいないRにコールし、違うなら、その山札をシャッフルする。

ヴィヴィアンと同じ効果を持ったグレード1ユニット。
自身のアタックがヴァンガードへヒットしないといけないのは厳しいですが、パワーは7000と及第点なので悪くない印象です。

すれいがる・だがー
すれいがる・ダガー
グレード1/パワー7000/シールド5000
【V/R】:[CB(1)]他のあなたの《ゴールドパラディン》のリアガードが4体以上なら、そのターン中、このユニットのパワー+2000。

グレード1のすれいがる。
アレン効果のハウガンとどちらを選ぶのかは趣味の分かれるところだと思いますが、単純にコスト対効果でこちらの方が強力であると思えます。
…が、そもそも入れるスペース無さそう(死)

ウェイビング・オウル
ウェイビング・オウル
グレード1/パワー6000/シールド5000
自【R】:このユニットが《ゴールドパラディン》をブーストしたバトル中、アタックがヴァンガードにヒットした時、このユニットを手札に戻してよい。

ブーストしたユニットのヴァンガードへのアタックがヒットした時に、手札へ戻す事ができるグレード1ユニット。
手札に戻す事でシールドとして利用できる訳ですが、結局またブースト要員をコールする必要がありますのでアドバンテージ的にはプラスマイナスゼロ。
有効な活用法は思いつかないなぁ…。

マルク
光輪の盾 マルク
グレード1/パワー6000/シールド0
自:[あなたの手札から《ゴールドパラディン》を1枚選び、捨てる]このユニットがGに登場した時、コストを払ってよい。
払ったら、あなたのアタックされている《ゴールドパラディン》を1枚選び、そのバトル中、そのユニットは、ヒットされない。

ゴールドパラディンの完全ガード。
イラストはイゾルデに続いてタイキ氏。

トロン
小さな剣士 トロン
グレード1/パワー6000/シールド5000
自【V】:このユニットが《ゴールドパラディン》のヴァンガードをブーストした時、あなたのリアガードが相手のリアガードより多いなら、そのバトル中、ブーストされたユニットのパワー+4000。

自分のリアガードが相手よりも多い時、ゴールドパラディンのヴァンガードを10000でブーストできるグレード1ユニット。
汎用10000ブーストとしては条件がワリと緩めなので、便利に扱えると思います。

クロン
小さな拳士 クロン
グレード0/パワー4000/シールド10000
自:他の《ゴールドパラディン》がこのユニットにライドした時、このカードをRにコールしてよい。
起【R】:[CB(1)、このユニットをソウルに置く]あなたの山札の上から5枚まで見て、グレード3以上の《ゴールドパラディン》を1枚まで探し、相手に見せ、手札に加え、その山札をシャッフルする。

ゴールドパラディン版シズク。
グレード3ユニットをサーチできますが、上から5枚からのサーチなので不確定なのが不安ですね。
カウンターブラストを消費するのがツライなぁ…。

1キルフ
紅の小獅子 キルフ
グレード0/パワー5000/シールド10000
自:他の《ゴールドパラディン》がこのユニットにライドした時、このカードをRにコールしてよい。
起【R】:[あなたのRから「紅の小獅子 キルフ」と「美技の騎士 ガレス」を枚ずつ選び、ソウルに置く]あなたのVに「神技の騎士 ボーマン」がいるなら、あなたの山札から「灼熱の獅子 ブロンドエイゼル」を1枚まで探し、ライド
し、その山札をシャッフルする。

グレード0のファーストヴァンガード用ユニット。
バニラ2体が揃うとブロンドエイゼルのスペリオルライドが可能です。
かげろうと違ってコンローのようなサーチがありませんが、自身が条件の1体である為に確率はそれほど悪くないと思われます。
カウンターブラストのコストを使用しないのもなかなか。

フレイム・オブ・ビクトリー
フレイム・オブ・ビクトリー
グレード0/パワー5000/シールド10000/クリティカルトリガー
起【R】:[このユニットをソウルに置く]あなたの《ゴールドパラディン》を1枚まで選び、そのターン中、パワー+3000。

まぁるがる効果を持ったクリティカルトリガー。
フレイム・オブ・ビクトリー(勝利の火)という名前とイラストからエルモとの関係を思わせますが…。

グリーティング・ドラマー
グリーティング・ドラマー
グレード0/パワー5000/シールド10000/スタンドトリガー

ゴールドパラディン2枚目のスタンドトリガー。
正直ドローが欲しかった…。


続きは追記にて。