エクストラブースター「神秘の預言者」リストです。

ヘキサゴナル
ヘキサゴナル・メイガス
グレード3/パワー11000/シールドなし
自 LB(4)(あなたのダメージが4枚以上で有効):《オラクルシンクタンク》がこのユニットにライドした時、あなたの山札の上から3枚見て、カードを1枚 探し、手札に加え、残りのカードを山札の上に好きな順番で置き、あなたのヴァンガードを1枚選び、そのターン中、パワー+10000。
永【V】:あなたのターン中、あなたの手札が4枚以上なら、このユニットのパワー+2000。
永【V/R】:盟主(共通するクランがないあなたのユニットがいるとアタックできない)

ブレイクライドユニット。
手札が1枚増え、デッキトップ2枚を確定させられるブレイクライド効果を持っています。
当然強い。

サイランド
サイランド・メイガス
グレード3/パワー10000/シールドなし
自【V/R】:このユニットがヴァンガードにアタックした時、あなたの《オラクルシンクタンク》のヴァンガードがいるなら、そのバトル中、このユニットのパワー+2000。

メイガス版ドラゴニック・エクスキューショナー。
さすがにもう古い感じはしますが、リアガードの9000ブーストを確定させられるメイガスだけにパワー12000は悪くないかも。

ブリオレット
ブリオレット・メイガス
グレード2/パワー9000/シールド5000
起【R】:[SB(1)] あなたの《オラクルシンクタンク》のヴァンガードがいるなら、1枚引き、このユニットを山札の上に置く。

ドローしつつ自身がデッキトップへ移動する事によって、デッキトップを確定させる事ができる効果を持ったグレード2ユニット。
トリガーの可能性が無くなってしまいますが、確実に予言を当てるためには必須か。

ステラ
ステラ・メイガス
グレード2/パワー9000/シールド5000
自【V/R】: [CB(1)] このユニットがヴァンガードにアタックした時、あなたの《オラクルシンクタンク》のヴァンガードがいるなら、コストを払ってよい。
払ったら、《オラクルシンクタンク》のカード名を1つ宣言し、あなたの山札の上を公開する。
そのカードが宣言したカードなら、そのカードを手札に加え、違うなら、あなたのダメージゾーンから1枚選び、表にする。

アタック時、カウンターブラストを支払ってデッキトップの予言を成功させると手札に加え、失敗するとダメージゾーンのカードを表に戻せる効果を持ったグレード2ユニット。
失敗時のコスト回復は、成功したらコストを支払うという処理にしない為の手順なのでしょうね。

クォーレ
クォーレ・メイガス
グレード2/パワー9000/シールド5000
自【R】:このユニットがアタックした時、あなたのカード名に「メイガス」を含むヴァンガードがいるなら、そのバトル中、このユニットのパワー+3000。

メイガス指定のバーニングホーン・ドラゴン効果のユニット。
9000でブーストできるクレセント・メイガスがいるのでパワー21000ラインが作れる為、かなり重要になりそう。
相手にしたら全力で潰したいですね(笑)

リピス
リピス・メイガス
グレード1/パワー7000/シールド5000
自【R】:このユニットがアタックした時、あなたのカード名に「メイガス」を含むヴァンガードがいるなら、そのバトル中、このユニットのパワー+3000。

メイガス指定のケイ効果のユニット。
予言関係では無い為、それほど重要では無さそう。

クレセント
クレセント・メイガス
グレード1/パワー6000/シールド5000
自【R】:このユニットが《オラクルシンクタンク》をブーストした時、あなたの《オラクルシンクタンク》のヴァンガードがいるなら、《オラクルシンクタンク》のカード名を1つ宣言し、あなたの山札の上を公開する。
そのカードが宣言したカードなら、そのバトル中、ブーストされたユニットのパワー+3000。

予言を成功させるとパワー9000でブーストできるグレード1ユニット。
パワーラインの底上げに、メイガス系ではかなりの重要ユニットだと思われます。

テトラ
テトラ・メイガス
グレード1/パワー6000/シールド0
永】:守護者(守護者はデッキに4枚までしか入れることができない)
自:[あなたの手札から《オラクルシンクタンク》を1枚選び、捨てる] このユニットが(G)に登場した時、コストを払ってよい。
払ったら、あなたのアタックされている《オラクルシンクタンク》を1枚選び、そのバトル中、そのユニットは、ヒットされない。

メイガスの守護者。
いつもの。

もなか
バトルシスター もなか
グレード3/パワー11000/シールドなし
起【V】LB(4)(あなたのダメージが4枚以上で有効):[CB(1),あなたの手札から「バトルシスター もなか」を1枚選び、捨てる] あなたの山札の上から5枚見て、カードを2枚探し、手札に加え、残りのカードを山札の下に好きな順番で置く。
起【V】:[CB(2) - カード名に「バトルシスター」を含むカード] そのターン中、このユニットのパワー+5000。
【永】【(V)/(R)】:盟主(共通するクランがないあなたのユニットがいるとアタックできない)

ペルソナブラストでデッキの上から5枚中2枚を手札に加えられるリミットブレイク効果を持った、グレード3ユニット。
ターン中の制限は無いので、見た5枚の中にまたもなかがあれば再度使用する事ができるのは心強いですね。
とは言え、パワーを上げる効果にもカウンターブラストを使用するので攻撃が貧弱なのが気になる所。
効果を使い終わったらとっととぱるふぇにライドしてしまう方が良さそうです。

ぱるふぇ
バトルシスター ぱるふぇ
グレード3/パワー11000/シールドなし
永【V】LB(4)(あなたのダメージが4枚以上で有効):あなたのターン中、あなたの手札が4枚以上なら、このユニットのパワー+3000し、『自【V】:このユニットのアタックがヴァンガードにヒットした時、1枚引く。』を得る。
起【V】:[CB(2) - カード名に「バトルシスター」を含むカード] あなたの手札が3枚以下なら、1枚引く。
永【V/R】:盟主(共通するクランがないあなたのユニットがいるとアタックできない)

手札が4枚以上ならパワー14000になり、アタックがヴァンガードにヒットすると1枚ドローできるリミットブレイク効果、手札が3枚以下ならエスペシャルカウンターブラストで1枚ドローできる効果を持った、パワー11000のユニット。
とにかく手札の増強に終始している能力の為、採用するのであればドロートリガーを減らしてクリティカルトリガーを増やす感じがベストでしょうか。
そうなると、バトルシスターのクリティカルトリガーがじんじゃー1枚だけというのが難点ですね。

ここっと
バトルシスター ここっと
グレード2/パワー9000/シールド5000
自【V/R】: [CB(1) - カード名に「バトルシスター」を含むカード] このユニットのアタックがヴァンガードにヒットした時、あなたの《オラクルシンクタンク》のヴァンガードがいるなら、コストを払ってよい。
払ったら、あなたの山札の上から1枚見て、カード名に「バトルシスター」を含むカードを1枚まで探し、相手に見せ、手札に加え、残りのカードを山札の下に置く。

バトルシスター専用になったメイデン・オブ・ライブラの亜種。
カウンターブラストがエスペシャルで1コストに、ヒット相手はヴァンガード限定になり、手札に加えられるカードも公開を強要されてバトルシスター限定となりました。
リアガードを攻撃しても効果が発動しないのは、このタイプのカードだと厳しいですね。

きゃらめる
バトルシスター きゃらめる
グレード2/パワー8000/シールド5000
自:[CB(1)] このユニットが(V)か(R)に登場した時、あなたの《オラクルシンクタンク》のヴァンガードがいるなら、コストを払ってよい。
払ったら、あなたの山札の上から1枚をダメージゾーンに置き、そのターンの終了時、あなたのダメージゾーンから1枚選び、山札に戻し、その山札をシャッフルする。

マスター・オブ・ペインのオラクルシンクタンク版。
きゃんでぃ同様、数少ない名称指定を持った自爆効果のユニットなので、これがあるというのはバトルシスターを組む上でポイントの一つになると思います。

れもねーど
バトルシスター れもねーど
グレード1/パワー5000/シールド5000
自:[SB(2)] このユニットが(R)に登場した時、あなたの《オラクルシンクタンク》のヴァンガードがいるなら、コストを払ってよい。
払ったら、あなたのダメージゾーンから2枚まで選び、表にする。

登場時、ソウルブラスト2でカウンターブラストのコストを2枚回復できるグレード1ユニット。
かなり戦略の幅が広がりそうですね。

ロイス
オラクルエージェント ロイス
グレード2/パワー9000/シールド5000
自【V/R】: [CB(1)] このユニットのアタックがヴァンガードにヒットした時、あなたの《オラクルシンクタンク》のヴァンガードがいるなら、コストを払ってよい。
あなたの山札の上から5枚まで見て、グレード3以上の《オラクルシンクタンク》を1枚まで探し、相手に見せ、手札に加え、その山札をシャッフルする。

オラクル版ストームブリング・ドラゴン。
既存軸にすんなり入る便利なカードですね。

サークル・メイガス
サークル・メイガス
再録。

ロゼンジ・メイガス
ロゼンジ・メイガス
再録。