グランドエイゼル
公開されたばかりのグランドエイゼル・シザーズを、追加されたエイゼルサポートカードを使用してデッキを試してみました。
まずは新しいエイゼルサポートカードを。

トール
情熱の騎士 トール
グレード1/パワー7000/シールド5000
自【R】:このユニットがアタックした時、あなたのカード名に「エイゼル」を含むヴァンガードがいるなら、そのバトル中、このユニットのパワー+3000。

エイゼル指定のケイ。
あると無いでは大違い。

ホワイトライオン
双聖獣 ホワイトライオン
グレード1/パワー7000/シールド5000
自:[CB(1)] このユニットが(R)に登場した時、あなたのカード名に「エイゼル」を含むヴァンガードがいるなら、コストを払ってよい。
払ったら、SC(1)し、あなたの山札の上から1枚をダメージゾーンに置き、そのターンの終了時、あなたのダメージゾーンから1枚選び、山札に戻し、その山札をシャッフルする。

エイゼル指定の自爆ユニットですが、パワーは7000でソウルチャージ効果も持っているという新しいユニット。
これは強い…。

カリア
緋色の小獅子 カリア
グレード0/パワー5000/シールド10000
自:先駆(同じクランのユニットにライドされた時、(R)にコールできる)
自【R】:[このユニットをソウルに置く] このユニットがカード名に「エイゼル」を含むヴァンガードをブーストしたバトル中、アタックがヴァンガードにヒットした時、コストを払ってよい。
払ったら、あなたの山札の上から2枚まで見て、《ゴールドパラディン》を2枚まで探し、ユニットのいない(R)にレストでコールし、残りのカードを山札の下に好きな順番で置く。

ヴァンガードのエイゼルをブーストしたアタックがヒットした時、ソウルへ送る事でデッキトップから2体をスペリオルコールする効果を持った、ファーストヴァンガード用ユニット。
エイゼル系ユニットはパワー上昇の効果を持っていたり素のパワーが11000だったりするので、5000のブーストでも充分なのが怖いですね…ガードされるのであれば、それはそれで余計にシールドを出させているという事ですから良いのかな、と。

デッキ使用感
とりあえずですが、組んで試してみたのはこんな構築です。

グレード3 8枚
4 救国の獅子 グランドエイゼル・シザーズ
4 灼熱の獅子 ブロンドエイゼル
グレード2 10枚
4 激情の騎士 バグデマグス
3 聖弓の奏者 ヴィヴィアン
3 災厄の魔道士 トリップ
グレード1 15枚
3 情熱の騎士 トール
4 双聖獣 ホワイトライオン
3 光輪の盾 マルク(完全ガード)
1 剣陣の解放者 イグレーヌ(クインテットウォール)
4 美技の騎士 ガレス
グレード0 17枚
1 緋色の小獅子 カリア
4 フレイム・オブ・ビクトリー(☆)
3 希望の解放者 エポナ(☆)
4 武装の解放者 グイディオン (引)
1 武器商人 グイディオン(引)
4 霊薬の解放者(治)


まず感じたのはダメージコントロールの重要性。
得意な相手であるはずのカオスブレイカー・ドラゴン軸のリンクジョーカーに対しても、無計画に4ダメージを与えて相手に3点止めをされてしまえばいままでと同じく手札差を付けられてしまいます(ホワイトライオンが引けていれば良い訳ですが)
リンクジョーカーの呪縛が動き出すのが4ダメージ目からがメインである事を考えると、いかに有利なタイミングで4ダメージ目を受けられるかが今まで以上に重要になって来そうですね。

カウンターブラストの消費は実質1だといっても、発動には2の支払いが必要になる為にコスト管理は重要です。
ヴィヴィアンは言うまでも無く強力ですが、カウンターブラスト2の支払いが大変な為に悩みました。
解放者の割合を増やして横笛の解放者 エスクラドに変更したり、いっそカリアとブロンドエイゼルに頼ってロップイヤー・シューターにしてしまうのもアリかもしれません。

他に、光槍の解放者 ライネットは、カウンターブラスト1ですし悪くないかも。

クインテットウォールは当初複数積んでいましたが、カウンターブラストを消費する事とデッキ切れが早まる点から1枚だけにしてあります。
今後、要調整ですね。


ファーストヴァンガードはキルフという選択肢もありますが、これは好みかなぁ…私はボーマンを入れたくなかったので不採用でしたが(汗汗)

トリガーは☆7引5治4。
ソウルを必要以上に消費できない為、シルバーファング・ウィッチの採用は見送ったのでドロートリガーを1枚だけ追加しています。


他にはブロンドエイゼルを剛槍の解放者 ブレオベリスに変更してスペリオルコールしまくるのも良さそうですが、せっかくのパワー7000自爆が役に立たなくなりそうなのが勿体無い感じです(汗)
名称指定の縛りが緩い為にデッキの自由度は非常に高くなりそうですので、今後まだ変化して行くデッキになりそうですね。


対戦したのはリンクジョーカーの他にヌーベルバーグ、ボーイングセイバー“Я”、レミエル“Я”デッキでした。
ヌーベルバーグに対してはリアガードでも18000ラインが作りやすい為に退却させられるユニットの数次第で有利不利が変わるといった感じ。
ボーイングとレミエルに対しては、やはり毎ターンの退却が厳しい感じ。
同様にドーントレスやテンペストボルト・ドラゴンに対しても不利になって来ると思われます…環境的には厳しいと言わざるを得ませんね(泣)