Vanguard A GO GO

轟 轟轟(トドロキ ゴーゴー)によるヴァンガードのブログです。 情報・レシピ・大会報告などなど。 コメントを書き込む際は、一番最初に表示されている記事の注意を必ずご一読ください。

カテゴリ:アニメ感想

ローエングリン超イケメン

前回放送の39話において、ナギサに負けたチームイケメンの、ローエングリンを使用していた渡式 礼くんなのですが…その敗北時のセリフがコレ。
P2011_1009_184002
字幕で見るとローエングリンさんのセリフになってる!!(爆笑)
「(ローエングリンが)美しくない」という意味では無いと…思いたい。
いやまあ、ただの間違いなんですけどね。

しかし、セリフからすると美しさを重視する渡式くんがメインに選んだのがローエングリンだとは…他にも色々あるだろうに(汗)
小ネタでした。
轟 轟轟kumacardコメント(5)トラックバック(0)  
カテゴリ: 雑文  アニメ感想 

第9話 ショップ大会開幕



2
いよいよショップ大会開幕。
謎の忍者ファイターも予想通りの人物でステキでした(笑)
…でもアレ忍者じゃないよなぁ…。

3
そんな事より先導家のママさんが久々に登場!!!
相変わらず若いぃっ!
ママさんのファイトに期待(???)

1
今回の対戦相手、ダイナソー井崎くんはなかなかのデッキだと思いました。
たちかぜにかげろうをタッチで投入し、デスレックスとアリフをメインに使用しているようでした。
たちかぜのトリガーユニットは第一弾に収録されないと思われるので、全開のメガコロニーデッキと同じく他のクランと混ぜる前提のクランだという事ですね。
リアルではアリフをドラゴニック・オーバーロードにする方が安定するかもしれません。

4
今回はアイチくんのテンパったプレイングに超やきもきさせられました(苦笑)
そしてついにブラスター・ブレードを一度もコールしない事態に…(汗汗汗)
最初のマリガンをしないのも致命的でしたが、ばーくがるの効果の使用忘れとガンスロッドの無意味なコールで2度もブラスター・ブレードコールの機会を逃しているんですよね。
ばーくがるはトリガーを減らさない為という言い訳ができたとしても、さすがにガンスロッドはブラスター・ブレードと入れ替えて、相手のインターセプト持ちリアガードを除去しつつインターセプト要員を出せる方を取るよなぁ…パワーどっちも9000だし。
ばーくがるは、アニメで毎回無理なくブラスター・ブレードをコールする為の存在だと思っていた時期が私にもありました(苦笑)

あと、今回アイチくんのデッキにエポナの存在を確認。
リュー入ってるのに…クリティカルトリガー増やして、攻め攻めなデッキになっているようです(汗)
ふろうがる、エレインも確認されていますので、ゴヴァノンかふろうがるの枚数が減らされているのだと思われます。

今回の登場カード
スカイプテラ
翼竜 スカイプテラ
グレード0/パワー6000/シールド5000/ブースト
自:[CB1]このユニットがRからドロップゾーンに置かれた時、コストを払ってよい。
払ったら、ドロップゾーンからこのカードを手札に加える。
ドロップゾーンへ置かれた時に手札へ戻す事ができる、たちかぜのグレード1ユニット。
暴竜 デスレックスのコストで退却させるリアガードとしては良いですね。

コスト1で手札に戻ってくるのですから、この2枚が揃ったらボールスのパワーを毎ターン増やすよりも効率が良い事になってしまいます。
もちろんこの2枚が揃う必要があり、リアガードのデスレックスはボールスと違ってタダの10000バニラになってしまうという難点がある為、一長一短ですが。

たちかぜなのにカード画像のクラン枠が白なのは、アニメにありがちな未完成イラストなせいだと思われます。

シールドン
鉄壁竜 シールドン
グレード0/パワー6000/シールド10000/ブースト
たちかぜのグレード0バニラ。
突撃竜 ブライトプスの効果でデッキからサーチできる為、ブライトプスを有効に運用するのであればファーストヴァンガードとしてではなくデッキに複数枚採用する必要が出てきます。
基本の構築法は、グレード0トリガーユニット16枚だけの構築が主流になると思われるので、カードバランスを考えるのは難しそうです。

第一弾ブースターにブライトプスの収録が決定しているので、コレも第一弾に収録される事になりそうですね。
たちかぜ、結構面白そうだなぁ…。
轟 轟轟kumacardコメント(2)トラックバック(0)  
カテゴリ: アニメ感想 

第8話「騎士王、出陣!」

1
今回からいよいよ大会編。
半年に一度って…大きい大会は半年に一度って事なのだと脳内イメージしておきます(汗)

3
新キャラはまさかのメガネで蟲野郎。
某キャラを思い浮かべてしまったのは、カードゲーマーとしては仕方が無いですよね(笑)

2
色々言いつつもファイトを見守る櫂くんと、ツン解説役が板についてきた三和くん(笑)
良いポジションです。

今回の登場カード
マスター・フロート
マスター・フロート
グレード3/パワー10000/シールドなし/ツインドライブ!!
ダメージで落ちた、おそらくメガコロニーの蛾の怪人。
クランの色が白くなっていますが、このイラストでメガコロニー以外は有り得ないですよね(苦笑)
アニメで時々出てくる白枠のユニットは、今回のメガコロニーのカードをみると、その部分が未完成だったりするのかな…。

ブラッディ・ヘラクレス
ブラッディ・ヘラクレス
グレード2/パワー10000/シールド5000/インターセプト
メガコロニーのグレード2バニラ。
ヴァンガードスタジアムでもパネルが公開されていた為、ブースター第一弾に収録されると思われます。
メガコロニー意外と多い?

レディ・ボム
レディ・ボム
グレード2/パワー9000/シールド5000/インターセプト

ダメージで落ちた、メガコロニーのグレード2ユニットと思われるテントウ虫怪人。
名前はテントウ虫の英名「レディ・バグ」をモジった物だと思われます。
パワー9000なので、何らかの効果があるのでしょうね。

ファントム・ブラック
ファントム・ブラック
グレード1/パワー8000/シールド5000/ブースト
グレード1バニラだと思われる、メガコロニーのアリ怪人。
イラストは結構好き。

大いなる賢者ハロン
大いなる賢者 バロン
グレード2/パワー8000/シールド5000/インターセプト
アイチくんへのダメージとしてめくれた、ロイヤルパラディンのグレード2ユニット。
パワー8000だけに何か効果があるはずですが、まだ不明。
名前は「ハロン」にも見えるのですが…うーむ。
轟 轟轟kumacardコメント(0)トラックバック(1)  
カテゴリ: アニメ感想 

第7話「戦慄のソウルブラスト」

1
今回は久々の櫂くん登場回。
少年向け作品らしい展開が好感度高いです。

4
しかし、全編通して櫂くんはツンモード全開…あまりにもマンガやアニメ2話までのイメージと違うよなぁ…(汗)
何でまた壁作ってんだよ、と。

2
バトルライザーは相変わらずの登場率。
好きだなぁ…ホントに。
マンガのライザーカスタムとかが第一弾には出ないのが残念…。

3
勝利の化身 アリフをサラッと登場させる櫂くん、さすがのドロー力です。
早出しはブシゲーのロマンだよなぁ…(しみじみ)

今回の登場カード(テキスト判明分含む)
ボーテックス・ドラゴン
ボーテックス・ドラゴン
グレード3/パワー10000/シールドなし/ツインドライブ!!

自【V】:あなたのメインフェイズ開始時、[山札のカードを1枚ソウルにチャージする]
そのターン中、このユニットのパワー+2000する。
起【V/R】:[S(8),D(5)]相手リアガードを3枚まで選び、退却させる。

自ターンにソウルチャージしながらパワー12000になり、ソウル8枚とコスト5というとんでもない条件(苦笑)を満たすと相手のリアガードを3枚退却させられる効果を持ったグレード3ユニット。
リアガード退却はメインフェイズの効果なので魔竜導師 ラクシャ、魔竜聖母 ジョカの効果も発動する為、そのターンに怒涛の攻撃で勝利したい所です。

アリフ
勝利の化身 アリフ
グレード3/パワー10000/シールドなし/ツインドライブ!!

テキストは不明ですが、ドラゴンナイト アリフの効果で山札から早出しが可能です。
パワー10000なので、早出しが出来なくても山札から出せるのは事故防止の観点からなかなかです。

インビンシブル
Mr.インビンシブル
グレード3/パワー10000/シールドなし/ツインドライブ!!

起【V】:[山札からソウルに1枚チャージする]裏返ったダメージゾーンのカードを1枚表にする。
前回は場に出なかったのですが、今回ついにヴァンガードとして登場。
ソウルをチャージしつつコストを回復することが可能な効果でした。
これはなかなか便利ですね。
…個人的にはアメコミ的イラストがビビッと来ていますので(苦笑)、使ってみたいと思います。

パリィ
ワイバーンガード バリィ
グレード1/パワー6000/シールド0/ブースト

今夏は不明ですが、新しいウィングドラゴン。
シールド0なので、イゾルデなんかと同じかな?

シャウト
叫んで踊れる実況 シャウト
グレード1/パワー7000/シールド5000/ブースト

起【V/R】:[このユニットをレストする,あなたの手札から1枚選び、捨てる]1枚引く。
効果はドラゴンモンク ゴジョーのノヴァグラップラー版でした。
単純ながら、やはり便利です。
かげろうではブーストしながら手札を交換できるエルモがいるので更に安定しますが、ノヴァグラップラーではそういうの出ないのかな?

クララ
ラウンドガール クララ
グレード0/パワー5000/シールド10000/ブースト/ヒール

ノヴァグラップラーのヒールトリガーはサイバーボディのお姉さん。
…好きだなぁ…こういうの。

バトルライザー
バトルライザー
グレード0/パワー3000/シールド10000/ブースト/スタンド
自【V】:《ノヴァグラップラー》にライドした時、このユニットをリアガードへ移動させる。
起【R】:このユニットが《ノヴァグラップラー》のユニットをブーストした時、パワーを+3000する。
ターン終了時にこのユニットをデッキへ戻す。

ほぼ正確なテキストが判明したバトルライザー。
やっぱりノヴァグラップラー限定だったようですね。

バークガル
gif
ばーくがる
グレード0/パワー4000/シールド?/ブースト/?

次回、いよいよばーくがるが登場。
トリガーユニットだとは思うのですが…どのトリガーなんだろう?

?・ブラック
?ム・ブラック
グレード1/パワー7000/シールド5000/ブースト

次回登場の対戦相手が使用するグレード1ユニット。
名前は「ファントム・ブラック」とかかな?
特撮の戦闘員のようなデザインですね(笑)
クラン枠が白ですが、どこのクランなんだろう…。

マダム・ミラージュ
マダム・ミラージュ
グレード0/パワー6000/シールド10000/ブースト

メカコロニーのグレード0バニラユニット。
女怪人…(汗)
メカコロニーはクモ怪人なんかもいましたし、ショッカー的悪の軍団っぽいイメージなのでしょうか(笑)
轟 轟轟kumacardコメント(0)トラックバック(1)  
カテゴリ: アニメ感想 

第6話「謎のカードショップ」

1
今回は謎のカードショップにてロイヤルパラディン同士の対戦で、一気に3人の新キャラが登場。
OPにも登場している三人組ですから、大会はチーム戦のレギュレーションがあるという伏線なのかもしれませんね。
しかし、まさかの主人公三連敗…がんばれアイチ。

9
スタードライブ・ドラゴンとクレステッド・ドラゴンがまさかの登場。
「今じゃもう売ってない伝説のカードばかりじゃないか…」
確かに間違ってはいない…(汗)

3
コーリンはアイチと同じロイヤルパラディンデッキ。
同じカードを使っても強いというのを印象付ける為なのかな?
本来のデッキは違うのだと予想されます。
しかし、、ブラスターブレードを持っていないのに、何故ガンスロッドをデッキに入れていたんだろう…。

声優はミルキィホームズの主役シャーロック・エリンフォード役の三森すずこさん。
意外…。

4
超ドリルが印象的なレッカ(笑)
声優さんはミルキィホームズで明智小衣役だった南條愛乃さん。
ミルキィホームズファンは、コーリンとレッカの組み合わせにハァハァしているようでした(笑)

2
最後の一人、スイコお姉さん。
一番強い雰囲気をかもし出しています…ファイトが楽しみ。

声優さんは、第3回アニソングランプリ 大阪大会優勝者の寺川愛美さん。
ブシロードの声優プロダクション「響」所属の声優さんです。

しかし新キャラの名前…光輪、烈火、水滸と来ると、サムライトルーパーを思い出してしまいます(苦笑)
10
まさか、OPの4人目はコンゴーとかテンクーとか…いや、さすがにコンゴーはゴツすぎるか(死)

6
8
登場ユニットは、作画監督が海外の方だからか、何だか妙に太ましい…。
あと、何故かブリジッドがグレード2にされています(苦笑)

5
そして遂に登場の騎士王アルフレッド。
ガンスロッドは2話でお払い箱かな…(泣)

7
次回予告でチラッとシャイニング・ガールのカードイラストが確認できます。
クリティカルトリガーのユニットだったのですね。
轟 轟轟kumacardコメント(0)トラックバック(1)  
カテゴリ: アニメ感想