Vanguard A GO GO

轟 轟轟(トドロキ ゴーゴー)によるヴァンガードのブログです。 情報・レシピ・大会報告などなど。 コメントを書き込む際は、一番最初に表示されている記事の注意を必ずご一読ください。

カテゴリ:デッキ

エイゼルサポートカードとデッキ雑感

グランドエイゼル
公開されたばかりのグランドエイゼル・シザーズを、追加されたエイゼルサポートカードを使用してデッキを試してみました。
まずは新しいエイゼルサポートカードを。

トール
情熱の騎士 トール
グレード1/パワー7000/シールド5000
自【R】:このユニットがアタックした時、あなたのカード名に「エイゼル」を含むヴァンガードがいるなら、そのバトル中、このユニットのパワー+3000。

エイゼル指定のケイ。
あると無いでは大違い。

ホワイトライオン
双聖獣 ホワイトライオン
グレード1/パワー7000/シールド5000
自:[CB(1)] このユニットが(R)に登場した時、あなたのカード名に「エイゼル」を含むヴァンガードがいるなら、コストを払ってよい。
払ったら、SC(1)し、あなたの山札の上から1枚をダメージゾーンに置き、そのターンの終了時、あなたのダメージゾーンから1枚選び、山札に戻し、その山札をシャッフルする。

エイゼル指定の自爆ユニットですが、パワーは7000でソウルチャージ効果も持っているという新しいユニット。
これは強い…。

カリア
緋色の小獅子 カリア
グレード0/パワー5000/シールド10000
自:先駆(同じクランのユニットにライドされた時、(R)にコールできる)
自【R】:[このユニットをソウルに置く] このユニットがカード名に「エイゼル」を含むヴァンガードをブーストしたバトル中、アタックがヴァンガードにヒットした時、コストを払ってよい。
払ったら、あなたの山札の上から2枚まで見て、《ゴールドパラディン》を2枚まで探し、ユニットのいない(R)にレストでコールし、残りのカードを山札の下に好きな順番で置く。

ヴァンガードのエイゼルをブーストしたアタックがヒットした時、ソウルへ送る事でデッキトップから2体をスペリオルコールする効果を持った、ファーストヴァンガード用ユニット。
エイゼル系ユニットはパワー上昇の効果を持っていたり素のパワーが11000だったりするので、5000のブーストでも充分なのが怖いですね…ガードされるのであれば、それはそれで余計にシールドを出させているという事ですから良いのかな、と。

デッキ使用感
とりあえずですが、組んで試してみたのはこんな構築です。

グレード3 8枚
4 救国の獅子 グランドエイゼル・シザーズ
4 灼熱の獅子 ブロンドエイゼル
グレード2 10枚
4 激情の騎士 バグデマグス
3 聖弓の奏者 ヴィヴィアン
3 災厄の魔道士 トリップ
グレード1 15枚
3 情熱の騎士 トール
4 双聖獣 ホワイトライオン
3 光輪の盾 マルク(完全ガード)
1 剣陣の解放者 イグレーヌ(クインテットウォール)
4 美技の騎士 ガレス
グレード0 17枚
1 緋色の小獅子 カリア
4 フレイム・オブ・ビクトリー(☆)
3 希望の解放者 エポナ(☆)
4 武装の解放者 グイディオン (引)
1 武器商人 グイディオン(引)
4 霊薬の解放者(治)


まず感じたのはダメージコントロールの重要性。
得意な相手であるはずのカオスブレイカー・ドラゴン軸のリンクジョーカーに対しても、無計画に4ダメージを与えて相手に3点止めをされてしまえばいままでと同じく手札差を付けられてしまいます(ホワイトライオンが引けていれば良い訳ですが)
リンクジョーカーの呪縛が動き出すのが4ダメージ目からがメインである事を考えると、いかに有利なタイミングで4ダメージ目を受けられるかが今まで以上に重要になって来そうですね。

カウンターブラストの消費は実質1だといっても、発動には2の支払いが必要になる為にコスト管理は重要です。
ヴィヴィアンは言うまでも無く強力ですが、カウンターブラスト2の支払いが大変な為に悩みました。
解放者の割合を増やして横笛の解放者 エスクラドに変更したり、いっそカリアとブロンドエイゼルに頼ってロップイヤー・シューターにしてしまうのもアリかもしれません。

他に、光槍の解放者 ライネットは、カウンターブラスト1ですし悪くないかも。

クインテットウォールは当初複数積んでいましたが、カウンターブラストを消費する事とデッキ切れが早まる点から1枚だけにしてあります。
今後、要調整ですね。


ファーストヴァンガードはキルフという選択肢もありますが、これは好みかなぁ…私はボーマンを入れたくなかったので不採用でしたが(汗汗)

トリガーは☆7引5治4。
ソウルを必要以上に消費できない為、シルバーファング・ウィッチの採用は見送ったのでドロートリガーを1枚だけ追加しています。


他にはブロンドエイゼルを剛槍の解放者 ブレオベリスに変更してスペリオルコールしまくるのも良さそうですが、せっかくのパワー7000自爆が役に立たなくなりそうなのが勿体無い感じです(汗)
名称指定の縛りが緩い為にデッキの自由度は非常に高くなりそうですので、今後まだ変化して行くデッキになりそうですね。


対戦したのはリンクジョーカーの他にヌーベルバーグ、ボーイングセイバー“Я”、レミエル“Я”デッキでした。
ヌーベルバーグに対してはリアガードでも18000ラインが作りやすい為に退却させられるユニットの数次第で有利不利が変わるといった感じ。
ボーイングとレミエルに対しては、やはり毎ターンの退却が厳しい感じ。
同様にドーントレスやテンペストボルト・ドラゴンに対しても不利になって来ると思われます…環境的には厳しいと言わざるを得ませんね(泣)

轟 轟轟kumacardコメント(2)トラックバック(0)  
カテゴリ: デッキ  雑文 

最強軸ノヴァグラップラー

前回の記事から発売後に色々とイジった結果、現在使用している形の最強軸ノヴァグラップラーをアップしておきます。
いつものように、ほぼ自分用メモレベルですが(苦笑)

グレード3 8枚
4 最強獣神 エシックス・バスター・エクストリーム
2 最凶獣神 エシックス・バスター “Я”
2 獣神 エシックス・バスター
グレード2 10枚
4 獣神 ヘイトレッド・ケイオス
4 獣神 ブレイニーパピオ
2 獣神 ダムンドレオ
グレード1 15枚
4 獣神 マックスビート
4 獣神 ソーラーファルコン
4 獣神 デザートゲイター
1 獣神 ヘルアーティ・デストロイヤー
2 ストイック・ハニー or タフ・ボーイ
グレード0 17枚
1 獣神 ライオット・ホーン
2 レッド・ライトニング(☆)
4 獣神 ブライトコブラ(醒)
1 バトルライザー(醒)
4 獣神 バンパウロス(引)
1 スリーミニッツ(引)
4 獣神 レスキューバニー(治)


メインになる最強獣神は4枚にしています。
クロスライドは重要視していませんが、もちろんできるならやりたいのでこんな構成。

回して分かったのですが最強獣神へのクロスライドをする場合、ムリにブレイクライドを待たなくてもOKだと思います。
元エシックスの効果と最強獣神の効果はどちらも複数のスタンド効果で被っている為、それなら早い段階でクロスライドをしてしまった方がシールドの節約になる場面が多くて得しそうなんですよね。

獣神以外のカードは6枚、ダメージゾーンへ落ちるとブレイニーパピオとマックスビートのエスペシャルカウンターブラストが支払えなくなりますが、2枚以上落ちなければそれ程問題は無さそうです。
相手へのチラ見せカードとして2枚だけ採用してあるクリティカルは、ダメージを表返す効果の方を優先して獣神ではなくレッド・ライトニングにしてみました。
今の所、一長一短といった感じ(汗)

ケイ効果ことデザートゲイターが追加されたので、アタッカー不足も緩和されるだろうと信じてグレード毎の割合はいつもの8・10・15・17に戻してあります。

悩んでいるのはストイック・ハニーとタフ・ボーイのどちらを選択するかという点。
ヴァンガードが13000で攻撃できる場面がワリとあるので8000のブーストのタフ・ボーイは欲しいのですが、3点止めされる場面で自爆できるのはかなりありがたい上に非獣神のダメージを戻すこともできるストイック・ハニーも捨てがたく…。
今の所ストイック・ハニーで試しているのですが、今週末タフ・ボーイでテストしてみる予定です。
轟 轟轟kumacardコメント(0)トラックバック(0)  
カテゴリ: デッキ 

エシックス軸ノヴァグラップラーデッキと“Я”の評価

エシックス・バスター “Я”の情報で盛り上がっているので、考察なんかも含めながら組む予定のデッキを載せておきます。
未判明のカードもありますが、話題が熱い内にとりあえずver.という事で(汗)

グレード3 8枚
4 最強獣神 エシックス・バスター・エクストリーム
2 最凶獣神 エシックス・バスター “Я”
2 獣神 エシックス・バスター
グレード2 11枚
4 獣神 ヘイトレッド・ケイオス
4 獣神 ブレイニーパピオ
3 獣神 ゴールデン・アングレット
グレード1 14枚
4 獣神 マックスビート
4 獣神 ソーラーファルコン
4 獣神 ヘルアーティ・デストロイヤー
2 獣神 ブランク・マーシュ
グレード0 17枚
1 獣神 ライオット・ホーン
7 スタンドトリガー
5 ドロートリガー
4 ヒールトリガー

 
とにかく最強獣神が強いので、メインとして4枚積む構築にして有ります。
ブレイククロスライドは「出来れば」程度の判断なので、元エシックス、最凶さんを2枚ずつ採用しています。

最凶さんを軸にしなかった理由について、少し。
そもそもノヴァグラップラーは「ヴァンガードのパワーが低いがスタンド効果によるリアガードの連続攻撃で戦う」というスタイルなのですが、最凶さんは呪縛が必要になる為にそれを放棄してしまっているんですよね。
最凶さんのメリットとデメリットを並べてみます。
メリット
・最大8回の攻撃が可能になり、ヴァンガードのパワーも高くなるブレイクライドと相性が良い。
デメリット

・リアガードの攻撃回数かパワーを必ず犠牲にする為、ダメージトリガー1枚かクロスライドでリアガードの攻撃が止まる。
・手札コスト2枚は前払い。
・“Я”組なのでカオスブレイカーには絶望的に相性が悪い

とにかく最大のメリットであるブレイクライド時の最大8回攻撃に目が行ってしまいますが、2体呪縛されている事がとにかく厳しいのです。

長くイルミナル軸の獣神やスタンド軸のデッキを使用してきましたが、一番困るのはやはりダメージトリガーかクロスライドなんですよね。
連続攻撃で畳み掛けようとしても、そもそも攻撃が通らなくなるという状況に何度もあってきました(泣)
クロスライドなんてされた日にはもう…。

手札コストが先払いであるという点も、実はなかなか厳しいと思われます。
いままでのスタンドするヴァンガードはバトルフェイズ終了時にコストを支払うパターンの物ばかりでしたが、こちらは先払いの起動効果である為に「トリガーで増えた中でいらないカードをコストにする」という事ができなくなっている訳です。
手札に余裕がある中盤ならともかく、終盤に相手ターンの攻撃を凌いだ上でリアガードを補充しつつ手札2枚を捨てるのはなかなか厳しい…選ぶ余地も少なくなる訳ですしね。
抹消者相手の時は、効果の発動にもかなり苦労する事になると思います。

という訳で一見「ヴァンガードスタンド」「最大8連続攻撃」といった派手さに目を奪われてしまいますが、実際は不安定で、毎回うまくは回せないと思われます。
やるのであれば最凶さん専用構築でヴァンガードスタンドと相性の良いクリティカル軸にし、コスト回復系カードを入れて3回は効果を使う、くらいしないと厳しそう。
呪縛が前提となるのでシャウト、ロケットハンマーマン等の採用も考えられそうですね。
工夫しても、大会では結局カオスブレイカーに駆逐されてしまいそうですが…。
そんな訳で最凶さんはサブVとしての採用とし、最強さんの方で毎ターン5回攻撃のを目指します。

グレード2は私にしては珍しく11枚体制。
スタンド軸である以上アタッカーを途切れさせたく無い、という理由です。
ブレイニーパピオはなかなか優秀で、2ターン目にライドした場合には嫌らしい動きを見せます。
勿論ブレイニーパピオの裏にマックスビートを置く事で、コストが続く限りアタックできるという点も魅力ですね。

グレード1はマックスビートが超重要。
今までライオット・ホーンでスタンド後もブースト付きで攻撃ができるというのが嬉しかったのですが、これによって両側共ブースト付きの再攻撃が可能になりました。
素のパワーが7000ある為に、パワーが18000にまで達する事も容易であるという点はかなり大きいです。
最強さんのリミットブレイク発動後は毎ターンパワー16000越えのラインで5回攻撃というのは、相手にとって地獄でしょう。
余談ですがカオスブレイカーに対しては、3点止めでリアガードを殴り続けて相手のコストと手札を減らしてからの攻撃で、それほど不利にならず勝負になりました。

グレード0、ファーストヴァンガードはもちろんライオット・ホーン。
超重要です。
獣神トリガーはあるようなのですが、種別が未判明の為に種類だけ書いておきました。
勿論獣神優先で選択します。
スタンドのみにしてあるのは、ツインドライブでトリガーを引いたときでもなるべく5回攻撃をしたいという理由から。
5回目に23000越えの攻撃がやって来るのは相手にとってかなりの脅威です。


現状、こんな感じでテストプレイ中です(トリガーは全部バニラという体で)
今は、5回スタンドの確率を下げてでも自爆効果のストイック・ハニーを採用するべきか悩んでいたりします。
轟 轟轟kumacardコメント(0)トラックバック(0)  
カテゴリ: デッキ 

ダイユーシャ軸次元ロボ

ケロケロAで判明したカードはダイカイザーと相性が悪い物だったので、ダイカイザー無しのデッキも組んでみました。

グレード3 8枚
4 超次元ロボ グレートダイユーシャ
4 超次元ロボ ダイユーシャ
グレード2 10枚
4 次元ロボ ダイドラゴン
3 次元ロボ カイザード
3 オペレーター・ガール ミカ
グレード1 15枚
4 次元ロボ ゴーキャノン
4 次元ロボ ダイブレイブ
3 次元ロボ マリナー
4 次元ロボ ダイシールド(ダイヤモンド・エース)
グレード0 17枚
1 次元ロボ ダイマグナム
4 次元ロボ ダイバトルス(☆)
3 ジャスティス・コバルト(☆)
4 次元ロボ ダイクレーン(引)
1 アーミー・ペンギン(引)
4 次元ロボ ゴーレスキュー(治)


分かり易い「並べる」「クリティカル増やす」「なぐる」デッキにしてみました。

コマンダー・ローレルを諦めて、ドロー要員にオペレーター・ガール ミカ、ダイブレイブを採用しています。
ファーストヴァンガードがゴーユーシャでは無くなったので次元ロボでまとめる意味が薄い為、まだまだこちらではミカの出番がありそうです。
パワー7000のブースト要員も多く出来ましたしね。

ダイランダーの不採用は迷いましたが、ダイユーシャのままで戦うのは想定していませんし、パワー6000のブースト要員は減らしたいという理由で今回は諦めました。
ミカとの相性も悪いですしね。

守護者は勿論ダイシールドの方が良いのですが、ダイヤモンドエースでもそれほど問題無いと思われます。
デメリットは「ライドしなくてはならなかった時、ゴーキャノンが来なければグレートダイユーシャのリミットブレイク効果が発動しにくい」くらいでしょうか。

このタイプだと今ならあまりお金を賭けなくても作れそうですので、ワリとオススメかも。
轟 轟轟kumacardコメント(2)トラックバック(0)  
カテゴリ: デッキ 

ローレル軸次元ロボデッキと使用感

TD12
しばらくプロキシで回していたローレル軸のブレイクライド型次元ロボディメンジョンポリス、とりあえずの形が出来たので使用感を沿えて載せておきます。

グレード3 9枚
4 超次元ロボ ダイカイザー
3 超次元ロボ グレートダイユーシャ
2 超次元ロボ ダイユーシャ
グレード2 10枚
4 次元ロボ ダイドラゴン
3 次元ロボ ダイファイター
3 次元ロボ カイザード
グレード1 14枚
3 次元ロボ ダイタイガー
4 次元ロボ ダイランダー
3 コマンター・ローレル
4 ダイヤモンド・エース
グレード0 17枚
1 次元ロボ ゴーユーシャ
4 次元ロボ ダイバトルス(☆)
3 ジャスティス・コバルト(☆)
4 次元ロボ ダイクレーン(引)
1 アーミー・ペンギン(引)
4 次元ロボ ゴーレスキュー(治)

 
以下、グレード別に採用理由です。

・グレード3
とにかくダイカイザーのブレイクライド効果を使わなくては話にならないので、ダイカイザーを4枚。
通常のデッキだとグレード3は7~8枚ですが、今回はダイカイザーのブレイクライド効果を使い易くする為に9枚体制です。
クロスライドも狙えるように、グレートダイユーシャ3、ダイユーシャ2にしてみました。

・グレード2
ダイドラゴンは当然4枚積むとして、その他はダイファイター3、カイザード3になっています。
当初カイザードはダイカイザーにまずライドするために意味が薄いと考えていたのですが、コマンダー・ローレルによる2回攻撃をライド時に使い易くなるという事に気付いたので採用しました。
ダイドリラーはブレイクライド時にパワーを上乗せする事ができるのは強力なのですが、やはりグレード1バニラが入らないこの構成ではパワー8000が厳しい感じです。

・グレード1
守護者のダイヤモンド・エースと扱い易いダイランダーを4枚、残りの枠にコマンダー・ローレルとダイタイガーを3枚ずつ採用しています。
ローレルを軸にした構築ではありますが、パワー4000で次元ロボでは無いユニットを積みすぎる訳にはいかず3枚に留めています。
リアガードのパワーが低めになってしまう構成なので、アタッカーにもなるパワー7000のダイタイガーは便利。
ソウルからドロップするダイマリナー、ダイブレイブはパワー7000で扱い易くはあるのですが、ダイレディとミカを入れずに済んでいる為にパワー7000の旨みは低く、ライドの仕方次第では効果を使えなくなる為に今回は見送りました。

・グレード0
次元ロボトリガーは当然スタンドトリガー以外全採用。
☆7引5治4の割合は、ドローを少しでも入れたいけどクリティカルしたいという思いが見え隠れしていますね(苦笑)

使用感
このデッキの狙いは相手がリミットブレイク効果を発動できないダメージ3点から、3点ダメージを与えてトドメです。
狙い方はブレイクライド時の場合、
・ダイカイザー>その他のユニットへのライドでクリティカル3
・ダイカイザー>ダイカイザーへのブレイクライドでクリティカル2の状態でリアガードへのアタック後、ローレルでスタンドしてヴァンガードへアタック

こんな感じで狙います。
最初にリアガードへアタックするのは、トリガー枚数を増やす事によってクリティカルトリガーの確率を上げるのが狙いです。
最初にヴァンガードへアタックしてしまった場合、その攻撃でクリティカルトリガーが出ずに5点ダメージで止まってしまう事がありますので、それは避けたい訳ですね。
4枚トリガーとしてもクリティカルがトリガーしない事は当然有りますが、その場合はコッソリと泣いて下さい(苦笑)

ブレイクライドではない場合でも、グレートダイユーシャ、ダイユーシャのクリティカルが2になっているのであれば、同じ手順で一応クリティカル3点攻撃が狙えますが…ブレイクライドを絡めない場合はヴァンガード
単体のパワーが低くなってしまうので、手札が心許ない場合でも無ければ素直にヴァンガードへ攻撃すれば良いとおもいます。

ライド順は、ダイユーシャ>ダイカイザー×n>グレートダイユーシャが良い感じでした。
引けていれば、ですが。
グレード2のライドがガイザードであればダイユーシャへライドするとクリティカルも上がる為、トリガーの出方次第では3点止めの戦略を捨てて速攻を仕掛けても良いですね。

次元ロボトリガーが増えた事によって、ゴーユーシャの使い勝手が格段に上がっています。
グレード3へのライド時、グレートダイユーシャしか持っていない場合は効果でダイカイザーへスペリオルライドしてしまっても良いですね。
また、次のターンの攻撃で負けそうだと判断した時はムリヤリのブレイクライドで一発逆転に賭けるという手が残るのも心強いかも。
ローレルを引けない場合、ダイカイザー>ダイユーシャ系へのライドでクリティカル3で攻撃した後、更にダイカイザーへのライド>ゴーユーシャでダイユーシャ系へのスペリオルライドと、連続でムリヤリクリティカル3の攻撃を狙ってみたりもできます…手札はかなり厳しいですけも(死)

ローレルの使用は以前の記事でも書きました通り3回に留めておくのが無難ですが、一撃死を狙うデッキ構成にした以上、トリガー4枚からの3点ダメージを狙う為にデッキ切れを覚悟で使い続けても良いかもしれません。


ローレルに依存している為にやはり退却効果のあるなるかみ、かげろう、ダークイレギュラーズあたりとの相性はイマイチですが、3点止めが上手く出来るのであればリミットブレイクを発動させず戦えるので、それほど不利にはならない印象です。
とは言え、大会環境でどれくらい活躍できるかはまだ見えて来ない感じです…。
轟 轟轟kumacardコメント(8)トラックバック(0)  
カテゴリ: 雑文  デッキ