くまちゃんと一緒〜ナポリ人夫とのおバカ生活日記〜

説教警官くまとの結婚生活。イタリアの警官たちの実態も暴露(←やっぱオンナ好きやった。あ、知ってた?)

2009年11月

早くきれいにしたいです

みなさん、こんにちは〜。


11月は、ミラノ、よく雨降る月だけど、
それにしたって、降り過ぎやろ〜

ってゅうくらい、雨が降り続いてます。
あっちこっちにカビ生えそうです…。


壁塗りは終了だけど、
まだ、床にワックスがけして、
つや出ししにゃあいけません…。

家が落ち着かーん!

っちゅうわけで、
今日はまだ大した物を書けないわ…。

なので、また明日。

ではでは。

ぷー。 

ゆかつやつや

みなさん、こんにちは〜。


11月は、ミラノ、よく雨降る月だけど、
それにしたって、降り過ぎやろ〜

ってゅうくらい、雨が降り続いてます。
あっちこっちにカビ生えそうです…。


壁塗りは終了だけど、
まだ、床にワックスがけして、
つや出ししにゃあいけません…。

家が落ち着かーん!

っちゅうわけで、
今日はまだ大した物を書けないわ…。

なので、また明日。

ではでは。

ぷー。 

かべぬりぬりぬり

みなさん、こんにちは!


2日か3日前に、何をどう触ったのか、
記事を書くページのシステムが変わっちゃった。
ので、最近せっかく慣れてきたのに、
またまたゼロ以下から頑張らねば…。
バナーの貼り方もわからなくなってしまった、
見事なアナログ人間、ぷーです。


今朝から、寝室の壁をペンキ塗りしてます。
外はもう、すごい湿気で、
乾くの、時間掛かるとは思うんだけど、
とにかく、これを12月に入る前に終わらさんことには、
新しい家具も置けないし、
何より家が片付かないから、イライラするんでね。
頑張りますヨン v( ̄∇ ̄)v

とか言いつつ、
お昼ご飯に、グラスに半分ほどワイン飲んじゃったから、
何かホワホワしてるわ。
(あかんやん ( -д-)ノ)

今はね。
お昼休みと称して、これチョコチョコっと
書いてるんですけどね。
どうせ夫くまちゃんは、昼寝中だし。

とはいえ、
ソロソロしゃんとして、まだ塗らないといけにゃいので
(こんなところに昼酒の影響が…)
コーヒー作って、またもうひと頑張りしまっす。

ちゅうわけで、ちゃんとしたブログはまた後で。



みなさん、良い夜をお過ごし下さいましぇ。






おちゃめなオッチャン

妊娠すらしてないのに、この出っ張り…。

なんじゃ、この腹ァッ (゚Д゚)!!
それはメタボ腹よ〜ん (☆゚∀゚)

と一人で言ってて空しい今日この頃…。


みなさん、こんにちは!ぷーです。

ここ1週間夫くまと離れていた上に、
ミラノも平和が続いているようで、
中々新鮮な警察ネタがないわっ。

で、突然だけど、今日は、
東京にあるイタリア大使館で
10年以上前にヴィザを取った時のことをお話するわ。
なんか突然思い出してん。




当時、住んでいたアパートを引き払って、
東京から故郷に帰ろうと、いろいろ手続きしてた私。

でね。
ちょうどヴィザも取らないと駄目な時期だったのだけど、
私は大阪の領事館に行かないと駄目だったのね。

だけど、そんな何回も東京ー大阪間を往復なんて、
お金も時間ももったいないでしょ?

だから、 東京の大使館に申請して、
ヴィザが出来上がった頃に 引っ越しも完了して、
故郷に帰ればいいわ
と、自分では中々の計算をして、
意気揚々と大使館に行ったのよ。


だけど、私の戸籍を見て、大使館の人、当然言ったわ。



「君は、○×市出身だから、大阪の領事館で取らなきゃだめだよ〜」 てね。
(あ、ちなみにイタリア人で日本語ペラペラで、ホントにこう言われた)



そんな!私の計画が駄目になる!



ていうかね、
最初っからあかんに決まってるやん てことなんだけどね。
(多分日本全体を東西に分け、ここから東は大使館、
ここから西は領事館って具合にね)

このとき、私なんかわからんけど、すっごい必死でね。
 

「すすすすみません、でも、ここで取れないと、 イタリアに出発する日も決まってるし、今大阪まで行くのは とっても大変で、お金もいるし時間もいるし、 お願いですから、 ここでヴィザ取らせて下さい〜ッ!!!ヽ(TдT)ノ」


て、なんかも〜のすごい、ゴリ押しのお願いしたんですよね。
↑ イタリア人よりもヒドい…

そうすっとね。 大使館のこの、係のオッチャン。



「う〜ん。じゃあ、来週の今日、来て。作ったげる」




え?来週?1週間で作ってくれるの? というか、作ったげるて…。

そんで、

「じゃあ、来週ね。チャオ〜」

てさ。
はあ、そうですか。


最初は、ちょっと放心状態だった私だけど、
段々嬉しくなってきて、
わ〜いわ〜い、ヴィザが出来るわ〜!
と喜んで帰りましたよ。
ヴィザが出来ればこちらのもの。ふふふ。



そして1週間経ち、足取りも軽く、またまた大使館へ。

申請用紙の半券だかなんだか、もう忘れたけど、それ見せて、
「ヴィザ取りにきました」
とにこやかに言う私。

カウンターの向こうで、オッチャン、
パスポートの私の写真と、実物の私を見比べて、 こう言ったわ。


「チッチッ。同じ顔じゃナイから渡せな〜い」
(これ日本語で言われた…)



ええええええええっ (゚Д゚≡゚д゚)!?
こここ、ここまできて、何それ?
顔が違うとな?? ひえーーーーーーっ!

いやいや、落ち着け私。
先週、あれから髪、ロングからショートにしたじゃない。
おでこの髪もなかったのが今あるから、
オッチャンわからないのよ。

そう思い、 私、オモムロに額の髪を上に上げ、

「いいですか?よく見て下さいッ。ホラ、同じ顔でしょ?
髪切ったの、私!ホラホラホラ〜、
私、ぷーですよおおおっ!」 とやったわよ。
でも、オッチャン、首をフルフル横に。

「ちが〜う、同じじゃな〜い」

ちょっ、同じじゃないて、ホナ私は誰?
て、そうとちゃうがなーーーっ (TДT)
ここまで来てこれからどうしよう…


そう思ってたら、なんかカウンターの向こうで、
オッチャン、同僚と一緒にクスクス笑っててですね。




「It's a just JOKING 」
(これだけ英語で言うた!)




だとっ

もうもうもうもうもうもう…




なんじゃそらーーーーーーっ!!!!
ゴ━━━(#゚Д゚)=○)`Д)、;'.・━━━ルァ!!



ですよ!
余りのジョークに ←ジョークって言えるのか、これ?
放心状態でいてたら、
そこに同じくヴィザ申請に来ていた フィリピン人のニイちゃんに、 えらく流暢な日本語で、



「暇だからカラカワレタんだよ」


と、とどめ刺されました。( ̄▽ ̄;)!!ガーン


ははは…と空笑いしながら、力無く出て行く私に、
大使館のオッチャンたちは、

「BUON VIAGGIO!!(良い旅を)」

とすっごい笑顔で手を振ってくれました…。

これが私のヴィザ申請、取得物語…。

自分の強引さと、
イタリアのオッチャン達の
ぜんっぜんオモロくないジョーク(私にとってね!)に、
今思い出しても、なんか力抜けます。
あのオッチャン達、今はどこにいるのかなあ?


こっちに来てからも、そりゃまあ、外国ですから、
日本ではあり得んようなことが、 次から次へと起きましたし、
今でもありますけどね。
大使館のオッチャンたちが、
その最初の洗礼を施してくれた人たちだったのは、
言うまでもない事実であると思ってます…。


くそー (T_T)



そして段々太々しくなってきたわたくしに  

人気ブログランキングへ

HOT, HOT!

昨晩、久々にカレーを作り、
中に入れた唐辛子を丸かじりしてしまい、
どえらい目に遭いました、ぷーです。

みなさん、こんにちは!


段々本格的に寒くなってきましたねえ。
久々に南部鉄瓶でお湯を沸かして、お茶なんぞ入れました。
(お茶はいつも飲んでるけど、南部鉄瓶で湯を沸かしたのが
春以降初めて)

この南部鉄瓶見てたら、えらいこと思い出しましたよ。


これ、母が東北旅行に行った時に、
わざわざ私にって買っておいてくれたものなんです。
でね。
帰省した時に、頑張ってこれも一緒に
こちらに持って帰ってきたんですけどね。
バカな私は、何でか知らんけど、手荷物のスーツケースに
こんな鉄のかたまり入れちゃっててね。

日本ーミラノ

の直行だったら問題無かったんだけど、
財布に優しい、フィンランド航空使ったもんだから、
そりゃま大変。

ヘルシンキで乗り換えするんですけどね。
ここは、どこからの乗り換えの人も、全員手荷物再チェック!
されるんでしてねー、もう。何の意味があるんだか。
どっかのおばちゃんが、英語で
「スチュ~ピッド、スチュ~ピッド!」
とプンプン怒ってはったわ。

まあまあ、そうして、長い長い列作って、
一人一人、チェック受けてたんですけど、
もちろん私、引っ掛かりましてね。

モニターでチェックしてるオネエちゃんが、

「何かアヤシいモノがあるわッ」

て感じだろうことをフィンランド語でまくしたて
(フィンランド語なんか知らんけど、絶対そうに違いない)、

またまた別の機械を通してチェック。
結局鉄瓶の包み開けさせられて、


「これは何だ(`・д・´)」

と聞かれましてねえ。


いえね。こういうとき、何が不便かって、
日本に帰ってた直後だから、たった20日ほどの日本滞在で、

イタリア語はヘニャヘニャ状態、
英語はもっとわけわからんレベル

てなことでしてね。
ニイちゃんの言ってることは理解出来るのに、
頭に浮かぶ言葉は、思いっきり

関西弁

てこと。

「なんや言われても、そら湯ぅ沸かすやっちゃ。
形見てわからんかあ、ああん?(゚Д゚)ゴルァ!!」

ここまでガラ悪くないけど、こんな台詞しか出てこん!
(やかんなんて高等単語、出てこなかった…)

しゃあない!
もう、こうなったら中学英語で勝負じゃ!



「You put the water in this one and then, you put this one
on the FIRE」


オン・ザ・ファイアって (*・ω・)ノ
ともちろん、脳内一人突っ込みも忘れやしません。

そして、最終テクは、 with gesture!!
両手を使って火の動きを表現し、
両足を屈伸させ、全身でお湯が沸騰する様子を伝える私。

「The water will be HOT, HOT! HOT, HOT!!
Do you understand? Oh Yeah??」


まったく、他にも日本人いっぱいいるのに、
こんな恥ずかしいこと、
あんな手荷物検査のとこでやるなんて、どうかしてたわ…。
でもでも、こうでもして何とかわかってもらわんと、
没収されるやも知れんやん?(あ、焦ってお国言葉が)


取り敢えず、捨て身の戦法が効いたようで、
コトなきを得ることが出来まして、よかったんですけどね。

でも、おニイちゃん、疑うのが職業なのか、
まだ私の荷物ゴソゴソしましてね。
ある物を手にして、

「これは何だ

て、まだ通してくれんのかい~!

まあ、そんなものをそんなままで入れた私も悪かったわ。
それは、日本で大量に買った、

生理用品。


だって、そのままで入れたら、
嵩張ってスーツケースに他のモノが入らなかったから、
バラバラにして、
あちこちにクッションとして入れたのようっ。
(でも剥き出し。ああ、日本の婦女子のイメージが…)

生理用品なんて英語、知らない私が言ったこと。



「FOR WOMEN!! ( ̄‥ ̄)=3 フン」


そこでおニイちゃん、「オゥ」と、
ちょっと恥ずかしそうにして、
やっと私の荷物から手を引いてくれたってわけ。

あー、ホンマに大変やったわい、あの空港は~。



とですね。
お茶をまったり飲みつつ、
こんな出来事を思い出しました次第でありました。
BlogPaint

髪も振り乱し、ちょ~やばかった私↑


よろしく~(・∀・)つ
  ↓
人気ブログランキングへ






記事検索
プロフィール

ぷー

QRコード
QRコード
livedoor × FLO:Q
  • ライブドアブログ