くまちゃんと一緒〜ナポリ人夫とのおバカ生活日記〜

説教警官くまとの結婚生活。イタリアの警官たちの実態も暴露(←やっぱオンナ好きやった。あ、知ってた?)

2010年04月

盗人が多い国から一言

みなさん、コンニチハ。ぷーです 


昨日のバルセロナ戦には負けましたが、
インテル、めでたくCLのフィナーレへ… 


ちなみにわたくし、試合はよう見んかった…。 
しかし、ご近所の騒ぎ方から、大体どんな試合運びかわかりましたけど。
(そんなことがわかる騒ぎ方てどんなんや?)



さて。
今日は、他のイタリア関係のブロガーさんのように、
イタリアの映画の1本でも紹介してみようかなんて思ってたんですけど、
ちょと考え変えまして、違う話題。


28日付けのニュースサイトでね。
ローマはフィウミチーノ空港で起こった、いえ、
未遂に終わった置き引きについて、
その一部始終が撮られた防犯カメラのフィルムが載ってたんですけどね。

まあ、ご多分に漏れず、この被害者も(『も』ていうのもなんですが)
日本人やったわけよ。
女の子2人ね。

カートに荷物を載せたまま、
他の荷物をベルトコンベアーから取ろうとしてたかなんかの状況でね。 

あ、先に言っとくと、わたしゃ、この女の子達を非難する気なんか
全然無いのよ。
注意が足りんやらなんやらさ。

むしろ。

注意が足りんってのはね。
ある意味、仕方が無いって思うわけ。


そらね。
日本も安全度は日に日に落ちてるらしいけどね。


世界基準で行けば、 ビックリするくらい


安全な国


て思うわけ。




だってね。



「海外旅行では、気をつけろ」


て、幾ら人に言われようが、ガイドブックに書かれてるのを読もうが、
日常的に置き引き、スリ、引ったくりの危険が無いところにいれば
やっぱりそういうことに気をつけるのは、中々出来んもんよ。


それってね。
反対に言ったら、


そんなことに一々気をつけることを習慣にしなくて、生活出来てる


っちゅうことなんよ。



例えばね。

ナポリは気のいい人たちがたくさんいる街やけど、
有名なように、やっぱりスリ、泥棒が多い、油断の出来ひんトコなんよ。
ホンモノの光モンなんて、身につけて外に出るなって、
くまのマンマから言われるし(私が見たまんま外人やから、余計用心悪いって思ってるんやろけど)。

ましてや、持ってるバッグの口が開いてるなんてもってのほか。


そういう街の人たちやから、用心の仕方は半端ではないわよ。


比較的安全そうなミラノでもそうやの。

重い荷物を持って地下鉄に乗るでしょ。
必ず自分の足の間に挟むか、両手で抱えてかして、

「私は用心深いのよ。私から盗もうなんて考えるなよ」


てアピールせなあかんのよ。
それでも盗もうとする輩はいるねんから。
(実際いた。見た)




今回の映像を見た、たくさんのイタリア人やら他の外人は、

「ま〜た日本人がカモになって」

てちょっとバカにしたかも知れんと思うねんけどね。


私は、反対に、

それぐらい、用心のいらん国から来てんのよ、私ら

と思ってしまったのですよ。


繰り返して言うけど、
私だって、今の日本が私が、イタリアに旅立った12年前に比べて
治安がワルくなってるってのは、認識してるわな。

それに、
海外旅行に出て、日本の中にいる感覚で旅行する方にだって落ち度はあるわな。



だけど、やっぱり日本は、他の国に比べると、
ビックリするくらい、バカ正直で安全なんだわよ。



私の友達がね(イタリア人)。
日本に行った時に、日比谷公園に行ったんやと。
ちょっと暖かかったから、着ていたセーターを脱いでベンチに座ってて、
そのままそのセーターをベンチに置き忘れてしもてんと。
何時間も経ってそのこと思い出して、
「もうナイだろうな」
と思いつつも、その場所に戻ってみたんだって。
したらね。
セーターね。


きちんと畳まれて、その、わすれたベンチに置かれててんて。


この友達ね。
ホンットーに感激しててね。

「スゴいとこだ、日本は!ボクは感動したヨ!なんて素晴らしいトコだ!」

て言ってたわ。

まあ、これは究極な例やとは思うけど。


でもね。
こういうバカバカしい正直な面でね。
外国に置いては舐められもするけど、信用される要素にもなってると思うのさ。

こういうバカがつくほどの正直さがあるからこそ
私ら外国で生活している日本人は、とってもとっても楽させてもらってるのよ。
信用してもらえてるのよ。そう思うのよ。

これってねえ。
ホンマ、貴重なことなんよ。ありがたいことなんよ。
国籍言っただけで、色眼鏡で見られる国の人だってたくさんいるんだからね。



おっとっと。
何か話の方向がデカくなってきたな。
しかも、また今日も締まりがなくなってきたな〜。


えーとえーとえーと。



海外旅行する人。
特に初めての人。


カモにならんように、日本にいるときより、
ほんのちょびっと
気をつけて行動してください。

レストランに入ったら、
ちゃんと値段表とレシートと見比べてみて下さい。

空港、駅では、荷物の半径50センチから離れんようにして下さい。

人混みではバッグを抱え込むように持ってみて下さい。

タクシー使うことがあったら、ちゃんとメーター回してるか確かめて下さい。


多分これだけで(こんなに?なのかしら)
大分用心良くなるはずです。

そんで

いい思い出になるような、楽しい旅行をしてください。



盗人が多い国イタリアから(アイタ〜)このように思うわけでございます。



まとまりないけど、今日はこんなとこで。
じゃまたね〜 


 人気ブログランキングへ喫茶店に1人で行って向かいの席に荷物を置いてコーヒーを飲むことが出来るのは、とってもスゴいことなんです


にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村

ミラノの叔父さん

みなさん、こんにちは  ぷーです (≡ω≡.)



人間、したくないこともせにゃいかんことがあるんですねえ。
それが人生か〜?

はー。
ちょっとテンション低めです…。


が。


今日ももう一人の叔父さんネタ、頑張って続けて行ってみます。


この叔父さんは、
くまのパパの一番下の弟。
で、ミラノに住んでます。 

この叔父さんももちろん、生粋のナポリ人なわけだけど、
足が悪くて、小さい頃何年も療養の為にヴェネツィアにいたらしく
(そこの病院がよかったのかなあ。何でヴェネツィアなのかは知らない)
ナポリだけではなくヴェネツィアのことにも非常に詳しい人。
なんと


ヴェネツィア語(ヴェネツィア訛りのイタリア語ではなく、ヴェネツィアの言葉)
を操るっていう、ナポレターノとしては、ちょっと変わった一面も。


何でも、当時は今みたいにTVがあって、イタリア中で同じイタリア語を聞けたわけではないので、意思の疎通が「方言」でしか成り立たなかったらしい。
当然、ナポレターノ vs ヴェネツィアーノなんて、 
それこそぜーんぜん通じなかったらしく、
叔父さんは必要にかられて、ヴェネツィア語(方言)を学習したってことなんだとさ。


このミラノの叔父さんは建築家であり、美術の先生。
もう大分長いこと美術の先生一本みたいですが。

いろいろ話聞くの、楽しいですよ。

イタリアは、ホントに美術館、博物館がたくさんあるし、
それ以外にもみなさんご存知のように、
たくさんの歴史的建築物が残っているし、
そういうものについて、ちょっと疑問に思ったことを質問すると、
大変わかりやすく回答してくれて、ありがたい人です。


がー。

しかーーーーーーーし。




忘れてはイケマセン。

この人もくまのパパの弟。
つまりつまりつまり〜ぃっ。

みなさん、もうおわかりですね。






話がながーーーーーーーーーーーーーーーーーい





のです。




くまのパパは1から10までの話をしてくれるとき、
0から始めると言いましたね。

カリアリの叔父さんは、1、5くらいのところから始めると、
昨日書きましたよね。覚えてます?


ミラノの叔父さんはですね。





マイナス10の地点から話し始めてくれます ウワ〜オッΣ(・ω・ノ)ノ





あまりに掘り返しすぎていて、

「この人一体ナニ喋っちゃってんのかしら (°_°)」

と、なることもシバシバ。


勇気を出して、

「あのう…。その話は○×の事象にどのように関係が…」

と聞いたって、叔父さんは、

「まあまあ、焦らずに聞きなさい。ここがわかってないといかんのじゃ」
(そんなジイさんみたいな喋り方じゃないけども)

て、悠長に話し続けるだけで、核心には中々迫らんっ〜〜〜



だから、どうなんよっ 


と言いたい気持ちを抑えて、一生懸命一応聞くんですけどね、私も。

だーんだんメンドクサくなってきて、





て気づいたら、レベルがマイナス3くらいまで進んでたりして、

「し、しもた。聞いてなかったわ 

てなこともしょっちゅう…いえ、結構、あいやいや、たまにあります。
(それでもゼロはまだ超えてない)




「話が長過ぎる」っちゅうこと書いていると、
何やら気長に思えますが、実は、ミラノの叔父さん。


3人兄弟の中で一番気が短い ← ホンマかいなっ



叔父さんの奥さんは、気の強いミラネーゼなんで、
食卓でも、なーんでもない遣り取りが、突然

あっつ〜い議論(要するにケンカ)

になったりすることもしょっちゅう。
(そんでこの遣り取りが私には笑えるの。ぶふ)


初めてケンカの場面に遭遇した時はびっくりしまくったけど、
今は慣れてたわ。
ま、どうせその時だけやしね。

ボッ  

と燃えて

シュ

とすぐ鎮火するのでね。



ああそうそう。1つ忘れてたわ。

ミラノの叔父さんは、


お料理が大の得意っ  


学生時代から培ったタマモノらしく、
どれもこれも美味しいんだな〜。 

叔母さんも学校の先生をしていて、
早く帰宅した方が、いつもご飯作ってるんだな。


うらやましーい  


つっても、くまもパスタソースくらいは作れるけど、
叔父さんみたいに、普通に「お母さんが作るような料理」は
出来ないから、やっぱうらやましいっす。

どうせ私の方がほとんど家にいるから、別にいいねんけどね。



これがミラノの叔父さんです。
よく遊びに行って交流が深いので、紹介しておきました。



ほんじゃ今日はこの辺で。


またね〜  


 人気ブログランキングへそんで、くまが一番慕っている叔父さんがこの人なのさ〜。


にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村

くまの叔父さん(カリアリの)

みなさん、こんにちは〜。ぷーです v( ̄∇ ̄)v



メールで我が弟に、




「ふっるーい言葉を頻繁に使って、いつの人やって感じ」



て指摘されました。
いつの人かってえ?



おうっ、昭和の生まれよ!おめえと同じだぜ、弟よっ!
(わははー、ネタにしてやったぜっ!カカカカ  )




さて。

大して登場しないかも知れないけど、もしかしたら登場することもあるかも知れんので、
今日はこの方を紹介しましょう。


サルデーニャ島はカリアリに住む、くまパパの弟、つまりくまの叔父さん。


くまのパパは3人兄弟の一番上で下に2人弟がいて、
上の弟が、このカリアリの叔父さん。
引退して何年になるのか知らんけど、
イタリア空軍の将軍やった人で、クチヒゲたくわえて、「如何にも」ナ感じ。
しかし、やはりくまのパパの弟。

この人も大変な人です (≡ω≡.) 


まず第一に、彼も片付け魔。
しかも! 軍隊の人ですから〜!
それは筋金入り!!!
何もかもきっちりきっちりきっちりきっちりきっちりっっっ
してます。
ある意味、パパよりも、くまよりも大変です。
(この2人も十分大変なんだけども…)

例えば今、年金生活なのに 軍隊生活のリズムが抜けない。
即ち


ちょ〜う早起きっ  



兄弟でバカンスに行っても、バカンスなのに6時くらいから起床。
6時半くらいにパパに電話(内線)掛けてきて、

「起きたか〜?」



パパ&マンマ
「バカンスくらい寝かせろっ 」



ちゅうわけで、バカンスによく一緒に行ってはるけど、
リズム合わんから(ちゅうか起こされるから)、
よう喧嘩したはるわ。


さあ、そしてこの叔父さん。
私にとっては、この人から掛かって来る電話が、本当に大変なのさ。

この叔父さんはねー。


声音を変えずに冗談を連発する人 (T_T)
(↑もちろんオヤジセンスで。あ、私も人のこと言われへん?)

そして


謎掛け大好きオヤジ (p_q*)シクシク 頼むから普通に電話してくれ




困ります。スゴく困ります。

電話掛かって来るたびに身構えないと駄目でねえ。

しかも、電話なんてあんた、一々

「今から電話するからね」

とかってメールで知らせて来るわけも無いから、
ホンマに叔父さんの電話の不意打ちは、私には大変なんよ〜。

だってねえ。
この叔父さんの冗談って、言葉遊びが多いから、
それもちょっとヒネッてたりして、もーーーーーう!

ただの電話で私の頭ん中、ものすっごい回転させて
話についていかにゃあ駄目なんだわ。


いつかなんか、

「ぷーちゃん。キミタチ日本人って、『スシ』食べるんだよねえ、
『スシ』。上に乗ってるお魚は冷たいのかね?」

と聞くので、

「?そうですよ。生が殆どですから。それがどうか?」

すると叔父さん


「冷たいのに『スシ』とは  これ如何に?」



は〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜あ?



要するに、ナポリの言葉では、「熱い」とかいうので
「スシ」の音に近い表現があるらしくてね(正確なのを覚えてない。くまもいないし、辞書で引いても出て来ん!)。
だから、叔父さんは、

「お魚冷たいのに なんで『熱い』て名前の食べ物なの?」

てこと言ってるんですね〜。

あの。
別に



おもんないんですけど 



なんて




言えませんからっっ (_´Д`) アイーン 







とまあですね。
叔父さん、ただものじゃありませんよ。
そしてこの叔父さんも 


話が長いの〜 (ρ゚∩゚) グスン 



まあでも、くまのパパに比べたら可愛いけど
(パパは1から10のレベルで言うと、0から始めるタイプ。
叔父さんは、1.5くらいのレベルから始めるから大したこと無い)

そして。


話は長いけど気は短い。


今までパパと談笑していたと思ったら、
いきなり怒鳴りあったりしてて、喧々囂々で喧嘩すること多々あり。
だけど、瞬間湯沸かし器で、後はすぐに仲直りして、
いつまでもグチグチしないから いんだけどね。 
(あ、コレは3人兄弟同じかもね)



これがカリアリの叔父さんです。
登場頻度は低いと思うけど、一応紹介してみました。
カリアリに住んでるけど、パパの弟ってことで、
カテゴリーは「ナポリの家族」にしときます
(ナポレターノやし)。
また変えるかもしれんけどね。


ほんじゃ今日はこれで。

またね〜  

 人気ブログランキングへ弟、今日は死語は使てへんで〜。


にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村

一応「サッカー」のこと

みなさん、こんにちは。ぷーです (・∀・)つ


日曜日は夫くまの希望で、ミラノのとあるレストランに、

「魚介のパスタ・アルミホイル包み」 

を食べに行きました。

もちろん他のメニューもたくさんあるけど、
ここではこのメニューがとっても美味しい!
場所の割には値段も手頃だし、雰囲気もいいし…

雰囲気もいい……



いえ。この夜は、良くなかったわ。 


だって、



サッカー試合生中継を映す 大画面が設置されていたもん





コ綺麗でちょっと可愛い感じのレストランなんかで、
これがあると、もうガックリ……。
雰囲気ぶち壊しやわ〜。

でも、お客の入りは違うようやからねえ。
ま、「商売第一」っちゅうとこでっか?(揉み手揉み手)


レストランとしての雰囲気は壊されてしまう大画面ですが、
お客の雰囲気はサイコーに盛り上がっていましたわよ。

中継されていた試合は、


ローマ vs サンプドーリア


カッサーノがゴール決めた途端、お客の大半が



「ゴーーーーーーーーーッルッッ 」



と両手を突き上げて、椅子から立ち上がり〜 v( ̄∇ ̄)v 




そうです。このお客さんたちは、

インテルのファン  


結構な人数で、大きなテーブル作ってもらっていたし、
申し合わせてあのレストランに来てたんじゃないかなあ。
「あっこでは、ローマの試合が観られる」
つってさ。


あ、拙い説明を致しますとですね。
土曜日にインテルは試合に勝っておりまして、
ローマは日曜日の試合に勝たないと、
自ら1位の座を明け渡してしまうことになっていたのです。

思うに、この、デカイテーブルのお客さん達は、
土曜日にインテルが勝ってホクホク。

お、あそこのレストランでローマの中継見せるから、
じゃあ、みんなで食べに行こうぜ〜い
あわよくば、ローマが負けてくれればいいぜ〜い


ということで来てたんじゃないかな〜。



「ま。敵の負けっぷりを期待して観に行くなんてっ。
根性ワルいんじゃないの?」


と思う方もいるかもしれませんが、
どうもサッカーのファンって(イタリア限定。後は知らんから)、
そんな感じがすんだけど〜〜。


まま、私も一応「なんちゃって」とはいえ、インテル・ファンなんで、
1位返り咲きは嬉しいんですけどね。


*夫くまがナポレターノで、サッカーはもちろん「ナポリ」ファンなので、ブログでも現実の世界での友達にも誤解され易いのですが、私別に、ナポリ・ファンでもなんでもナイっす〜
夫くまには、一応お許しを得ています。彼曰く、
「宿敵ミランと、くそったれユヴェントゥスのファンじゃなかったら、許すっ( ̄‥ ̄)=3 フン」
てね。
(ミランとユーヴェのファンのみなさん、ごめんちゃい)



試合はいい感じだったんですけどね。

ふとしたときに、私の後ろに座っているカップルの会話が聞こえちゃったんで
ご紹介。


♂「ふん…ふんだ。どうせミランは駄目なんだ…今年は駄目なんだよ。
肩身狭いよ、ボク…。こんなにインテル・ファンのいる中でさ…」

♀「大丈夫よ、私の甘い宝物ちゃん(←超直訳ッ)。おー、ヨチヨチ。
きっと来シーズンはミラン頑張ってくれるわよ。いい子いい子〜」



ブブブ。
彼氏がミラン・ファンで、


いじけちゃってました〜〜(* ̄∇ ̄*)



なんか口振りが可愛かったので、微笑ましかったわ〜。




うーむ。それで、どこにオチがあるんや、今日の話は?


あ、またやってもた。


日常会話でも、時々オチがどこにもない話をしてしまい、
関西出身の友達に、「だから?」とか言われて焦ること、実は多いの。

イタリアにオチがあるかどうかは知らんけど(と言いつつ、あるように思う)、
これまた夫と会話していて、オチのない話して、彼の反応が薄かったら、
逆切れして怒る私。
「じゃあ何て答えればいいねんっ(゚皿゚メ) どう言って欲しいねんっ
と夫も怒り、


オチがないために喧嘩になる私ら夫婦 ε=ε=(;´Д`)





実は…。
そうなんです。
今、正に




オチがない話のための喧嘩中 Σ(・ω・ノ)ノ


そして夫くまはそのため


昼寝で不貞寝 (また昼寝かっ(゚∇゚ ;)エッ!?)






さあさあさあ。起きてきたら、どう対応するんや、私?


その前に…。


今日はますます収集つかなくなってきました、文章っ
むむむむむ…


あ、もうアカン。

ちゅうわけで
今日はこれで


ばいば〜い 

 人気ブログランキングへ芝生(の一部)には水遣ってます。刈ってあげたりせなあかんのかね?


にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村

土地を買う

みなさん、こんにちは〜。ぷーです 


今日は、ローマの友達が、自分の彼女のオバアさんちに
彼女と一緒に遊びに来ていて、
私んちから近くもないけど遠くもないので、
みんなで遊ぼうと誘われてたんだけど
やはり…てのも何ですが、
「親戚巡り」
で時間喰ったみたいで、お誘いがキャンセルに…。

ま、予想はついていたんで、別に構へんねんけどね。

南北関わらず、親戚付き合いが濃い家族は濃いっちゅうことやね。



さて。みなさま。
濃いナポリネタを続けて「これでもか」と
お届けして参りましたので、お忘れかもしれませんが。

一応、わたくし、これでも北イタリアを代表する大都市ミラノ




近郊


に住んでます。

なので、今日はちょっとミラノネタ(といえるかどうか)くらい
久々にいっとこうと思いますの四
(「思いますのよん」と書きたかったのに、またこのバカ変換めっ!
でも、気に入ったからこのままにします…)



そりは、昨日の午後の昼下がり。
勤務中の夫くまから電話。


「サン・シーロの#$%&`∫*+?(←電波悪くて聞こえなかった)

土地があるねんけど、いらん?



は? 土地? 土地とな?



私「土地〜ぃっ?」

夫「そうそう。土地。いらんかったら別にいいけど。欲しいかな〜と思ってさ
ちょっとだけやけどね」


夫くまはどうしたんでしょう?
私たち、ビンボー夫婦よ (マジで)。
ミラノの、しかもサン・シーロのゾーンの土地なんて、
幾らちっちゃくっても
「欲しい?」
て聞かれて
「うん、欲し〜い!買って買って〜 
というものじゃないことくらい、わかってるでしょ?
しかも電話一本で「欲しい?」って…。







ま。

イタリア語が出来て、「サン・シーロ」と来て、勘のいい人ならおわかりでしょうが。

「土地」はイタリア語で「terreno」テッレーノ。



みなさま。
夫は サッカーのスタジアム「サン・シーロ」の「terreno」と言ったのです。

スタジアムの「terreno=グラウンド(の土)」 を いらんかえ?

と言ったのです。


がーん ( ̄▽ ̄;) 


わかっとらんのは、わたくしでございました…全く。

買ったらどうしよ〜 (・∀・)

なんて


ぬか喜びしたわ  ←アホでわかっとらんと勘違いの上 飛躍しすぎ…



どういうことかっていいますと。

正確にはくまは、
「(グラウンドの土の上にある)芝生をいらんかえ?」
と言ったのですけどね。

ミラノのサッカーチーム、ミランとインテルのホームスタジオは
サン・シーロってとこなのですけどね。
ここは、約2ヶ月ごとに、グラウンドの芝生を交換するんですってよ。
その費用はおよそ180000ユーロ(約2260万円)なんだって。
(これはミランとインテルが共同で払うと聞きました)

それでね。
先日CL戦でインテルがバルセロナに勝ったでしょ。
ほんで、インテルのモウリーニョ監督が、
「前回の芝生交換から、まだ2ヶ月経ってないけど、是非交換してくれ」
とお願いしたとかで、
難しいとされていたバルセロナ戦を制したことに気を良くしていた
インテル・オーナーのモラッティさんは、このお願いを快諾したようなの。



そ〜れ〜で〜



芝生交換の際に不要になる今までスタジアムにあった芝生の一部を、
熱心ではないけど、一応インテル・ファンであり、園芸部副部長である私の為に
夫くまが「くれるっていうけど、欲しい?」と電話してきたっちゅうわけ。


そういうわけでですね。
うちに今、そのグラウンドの芝生の一部、あります。

う〜ん。ベランダ園芸で、この芝生をどうしようかのう。

IMG_2175
このように、地面に直に敷いて、ベランダがいい感じ〜 にするか…

IMG_2167
使い古しとはいえ、よくお手入れされているのねえ…。

IMG_2168
だけど こんだけしかないんだよ〜!がはははっ


インテル・ファンつっても、なんちゃってファンなんで、
私にはあまり価値がないかもねえ…。
一応頑張って育ててみるわ。



いやー、タイトル見て、ちょっとは「おおぅっ」ってビックリした?

はははははは ←渇いた笑い……




ではみなさま 今日はこのへんで。
良い日曜日をね v( ̄∇ ̄)v

ごきげんよう〜〜〜 




*くまはインテルのお偉いさんの「車の運転手」と知り合いなので
もらえたんだとさ(コーヒーを一緒する程度の仲…)。

 人気ブログランキングへ高校球児にとっての甲子園の土みたいなもんでしょうか?


にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村
記事検索
プロフィール

ぷー

QRコード
QRコード
livedoor × FLO:Q
  • ライブドアブログ