くまちゃんと一緒〜ナポリ人夫とのおバカ生活日記〜

説教警官くまとの結婚生活。イタリアの警官たちの実態も暴露(←やっぱオンナ好きやった。あ、知ってた?)

2010年06月

残念でおます。。。

みなさん、こんちは。ぷーです 


さっきまで日本の試合観てました…。

PKまで行くの、プレーしてる方は体力的、精神的につらいだろけど、
観てる方にもきつかった…。



ああああああああああ (TДT)



まさかサッカー観戦して、泣かされるとは思わなんだ 



何度も何度もパラグアイのゴールまで攻め込んだけど、
今日は運がなかったのかなー……




はー。

あ。
今、ナポリから電話掛かってきてます(ナンバー・ディスプレイだからわかる)。

たった今、Raiで試合結果見たんやね
(うちは例によってスイスチャンネルで生放送)。

う〜ん。今はパパとマンマと喋るん、鬱陶しいわ (ぎゃお、ヒドい!)

一々何じゃかんじゃコメントされるのもメンドクセー。



居留守。


げげ。間髪入れずに2回目掛かってきたわ。


居留守。
あ、トイレ行こ。



ちゅうわけで、ですね。
今日は力尽きました (←観てるだけのオマエが何でやねんと突っ込まないで〜)

なんで、これでも見て楽しんで下されませ 




いやいや、日本代表、頑張ったよね。
お疲れさまー。

ありがとね 



では今日はこれにて。

またね (おバカネタは奮えて待っとくれ)


 人気ブログランキングへまた上目指して頑張れニッポン!!


にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村

くま、また人を宥める

みなさん、おこんにちは。ぷーです 


W杯は昨日(日曜日)はアルゼンチン戦ありましたね。
うちはイタリア系スイスチャンネルで見てますが、

「アンタら、ホンマにマラドーナ好っきゃな~」

というくらい、TVのコメンテーターたち、



マラドーナの話ばっかり  



サッカーしてるのは監督じゃなくて選手たちなのに。

カメラワークもことあるごとにマラドーナを映していて、
笑えます。

(くま曰く「マラドーナが主役なのは当たり前」だそうで。失礼しました)



さて。イタリアの選手たちは26日にローマはフィウミチーノ空港に帰国到着。

そこに待ち構えていたサッカーファンたちに、
罵詈雑言を浴びつつ、空港を後にしていました。

それ見て、


「フィウミチーノってローマから高速道路使って行かなあかんのに、
ローマ市内からもわざわざ行ってる人いるんやろか。ご苦労やな~」

なんて思っちゃいました。

可愛さ余って憎さ100倍なんてとこでしょうか?



そんで、全イタリアには選ばれなかった、この人

balotelli1

バロテッリくん。

昨日(日曜日。今月曜日の午後です)、


うちのくまに宥められたそうです……。



なんかねー。
モデルガンで空砲射撃して遊んでてんて。
で音聞いて通報した人がいてて、
先ずは、くま所属の警察とは別の種類の警察が現場に急行。
ここの警察官が、
「武器を捨てろ!」
てバロテッリに照準合わせてピストル構えたんだとさ。
彼はすぐに
「これはモデルガンだよ、キミタチ~」
て、足下にそれを置いて、両手も挙げて降参の姿勢を見せたのに、
ずーーっと警官がピストル構えてたから、
これにバロテッリがキレて怒りまくり  

ちゅうところに、くまの隊が急行~(先行していた警察とちょうど勤務交替の時間だったんだって)。


事件処理は、この先着の警察がしたみたいやけど、

バロテッリを宥めに行ったのは、いつものように我が夫くま

ちゅうことだったようです。
(そんなに和む顔してるのだろうか、うちのくま)


うーん。スタジアムの外でもやっぱりナンヤカンヤやっとるのう、バロテッリ。 

モデルガンなんか、街中で遊ぶものじゃないっちゅうの  

もうちょっと世間の常識っちゅうものを学びなはれ  




くまは「いつもミラノの街中で起こる大したことない事件簿の中の1つ」

として語ってくれたけど、
念のために今、新聞サイトに行ったら1面記事に載っとった。ありゃま。

そらそうよね~。

有名選手やもんね~。 



ちゅうわけでね。
ミラノでは、この方がお騒がせしてたっちゅう話よ。 


スゴい選手やねんから、もうちょっとヤンチャを控えて、
周りに迷惑かけんオトナになったりや~


と思うわ。はー。


すいませんね、サッカー興味ない人。
サッカーネタ続きまして。

ま、今日のは有名人ゴシップっちゅうことで許してねん  



ほんじゃまたね。さいなら~  

 人気ブログランキングへなんかやっぱり宥め警官、説教警官なうちのくまだわ…

にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村

伊語英語仏語では…

みなさ〜ん、こんにちは。ぷーです 


昨日からMacの調子がおかしくって、今日半日掛けて直してます。
もう大丈夫やと思うけど〜。


大体直すのにこんなに時間が掛かったんは、
半分は夫くまのせいでもあると思うわ。
カレはWindowsの知識はスゴいあるけど、Macはイマイチでね。
(そういう私はどっちもイマイチやけどさ)
勘で勝手にいろいろしてくれたから、
サッと出来そうなことがサッと出来んかった…。くそう。

そういうわけで、
朝っぱらから私のイライラを引っ被ってしまった夫くま。

「ごめーん。……いってきます…」

と午後出勤に出掛けて行ったわ。

当たって悪かったから、さっき修理出来た時に電話して
報告がてら、謝っといたけどさ。
↑ 謝るくせに一々上から目線のフテエわたい。 



さてさて。

わたし、しょうもないことに一々考えを(ちゅうほどではない)めぐらせるの、
好きです。

例えばさ。
この前、イタリア人の命名のことについて、うちの舅姑が教えてくれた、
彼らの習慣について書いてみましたけどさ
。 


わたしね。
この、イタリア人のイタリア方式による名前を、
一々他のヨーロッパの国々での名前に置き換えるのが好き。
もちろん、その国にしかないオリジナルの名前、その地方にしかない名前とかあるんだけどさ。

それぞれの国の発音でつけてるのが面白い

だけどこれがまたややこしい。


だって、イタリア人的発音によりますと、


イギリスのエリザベス女王は エリザベッタ Elisabetta
チャールズ皇太子は プリンチペ(プリンス)カルロ Carlo


エリザベッタ女王ってのは割とすぐわかったけど、
来てすぐの頃は、「カルロって誰だよ」て思ったもんやわ。

歴史上の人物で、その他の有名どころは、

フランスのルイ14世は ルイージ クアットルディチェージモ(14番目のLuigi)
マリー・アントワネットは マリア・アントニエッタ Maria Antonietta
プロイセンのフリードリヒ大王は フェデリーコ グランデFederico grande
スペインのフェリペ2世は フィリッポ セコンド(2番目のFilippo)
フランスに嫁に行ったマリー・ド・メディシスは マリア・デ・メディチ
(↑これは元がイタリアやから別に難しないねんけど)


大体ヨーロッパではみんな名前が共通していて、
(その国のオリジナルは置いといて)

英語名のポールは 
イタリア語でパオロ Paolo となって、
スペイン語ならこれがパブロ Pablo となり、
ポルトガル語だと パウロ Paulo とかになる。

イタリア語名の マルコ Marco は、
ドイツ語だと マルクス Marcus で、
フランス語だと マルク Marc で  
英語だとマーク Marc とか。

英語のアーサー Arthurは 
イタリア語ではアルトゥーロArturoだとか。

あと英語の ナンシー Nuncy は、
イタリア語では、ヌンツィアNunziaで、
それも実は アンヌンツィアータAnnunziataの略形から来てる…とか。

フランス語の フランソワ François は
イタリア語で フランチェスコ Francesco


こんなこと、時々考えてます。




なんちゅう暇人な私!!!

でも好きなの……


他には
イタリア語でカテリーナ Caterina が
英語でキャサリン Catherine で
ロシア語で エカチェリーナ(綴りは知らん) とか。


キリスト教の影響モロ引っ被りだからでしょうけど、
それにしてもまーあ!


結局みんな同じ名前やないかい!


てな感じだわ…。



(他の影響は、ギリシャ神話・寓話、ローマ神話から取った名前とかいろいろまだまだあるけど、今日は書かんとくわ)



いやいやいやいや。

失礼しました。

今日もまた、わたいの頭を占めているしょうもないことを披露しちゃったわ。

今、日曜の夕方やし、のほほーんとしてるってことで、許してちょうだいな。


じゃ、またね。

(もうすぐしたら「マラドーナの!」アルゼンチン戦見なアカン)



 人気ブログランキングへ暑いわ〜。汗かいて自分がクサいッス。


にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村

日本勝利の翌朝(こっちは夜8時半開戦やったから)

みなさん、こんにちは!ぷーです 


改めまして、日本の選手、オメデト 


イタリアでは多分、日本の勝利、決勝T進出には余り触れられていないわ。
(スポーツ関係以外はあんまりTV見んから他はわからん)


だってそんなどころじゃないじゃ〜ん。

みんな



イタリア予選リーグ敗退のショックから冷めやラズ (TДT)



一生懸命、ナニが駄目だったのか討論したはりマス。



まあTVはそんなだけど、今朝ね。

うちの前の道路でブブセラもどき(やと思う)をブーブー鳴らす音が!


昨日は敗退のショックと勝利の興奮で中々眠れず、
今朝は朝寝坊したんですけどね。

そうねー。9時前くらいやったかしら。
(えと、うちはくまの休日に合わせるので、週間の日に休みがあったりするのも寝坊の理由です〜)


近所のボーズどもが、うちのベランダに掲げてるミニ日の丸を見つけたようで、


「うおおおおおっ、ジャッポーネ〜〜〜〜(日本)  ヾ(=^▽^=)ノ」



応援なんかカラカイなんか知らんけど(ま、どっちかっつったら後者でしょうけど)、
叫びつつ、ブブセラ鳴らしてくれてたようでした
↑ これで起こされた……。



窓から顔出したら絶対絶対ウザイことになるわっ(_´Д`) アイーン



と思い、ずーっと息を潜めてたんだけど
(そんなんせんでもうち5階やっちゅうねん)



皇室の方々のように窓から手ェ振ったってもよかったわね。

くう。


でもでも、三十路も半ばを過ぎると(あ書いてもた)、
幾ら赤の他人様で、これから関わることがないかもっつっても、
やっぱり起き抜けの大福餅顔を見せるのには、抵抗があったんよ!


勇気が足りなかったばかりに、
ショウモナイ見栄があったばかりに、
中途半端なブログネタにしかならんかったわ〜  



あー、もったいないもったいない 川 ̄_ゝ ̄)ノ




まあまあ、そんなわけで、日本勝利の意外な余波を引っ被りました
朝でござったのでした。




それではみなさん、今日のトコはこれにて。


またねん  

 人気ブログランキングへイタリアの試合後、くまは早々に国旗を片付けていました…(哀愁漂ってたわ)


にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村

giù, suuuu!(下へ上へ)

みなさん、こんにちは。ぷーです 


応援に力使い果たしました…。

先ずはイタリアに。
怖くって見られなかった…。
そして負けてしまい…Quagliarella の涙と一緒に私も泣けた…(T_T) 


イタリアは実に9大会ぶりの、予選リーグ敗退…。

夫くまは、そーーーーーーーらーーーーーーーーーーーーーーーもう!


近所迷惑もええくらい、ものすっごーい勢いで毒づき悪態つき、怒鳴ってました。
(夜勤明けなので、朝帰宅、試合前の15時まで寝ていましたが、
キッチリ起きてきて、顔も洗って歯ァも磨いて、身支度整えて
試合に臨んだんやけどね…)




そんで、ものすごーく重苦しいうちの中の空気…。

私も、いくらイタリアの人選などが悪いっつっても、
まさかここで敗退するとは思っていなかったので、信じられないショック…。


その後も、ずーっとサッカーの特番(スイスのチャンネル)を見続けたわ。

それで、Quagliarellaがインタビューに呼ばれた時、
くまは、試合観戦でかいた汗(!)を流す為にシャワーしにお風呂に入ってたんだけど、
きっと彼のインタビューを聞きたいと思って、呼ぶと、


BlogPaint
(すんません、こんな絵まで描いてもて…)


もう、彼のチーム「ナポリ」のクアリアレッラの言葉を聞こうと、
水ボタボタでリビングまで出てきた…。
ああああ…。
ええけどな。ただの水やし…。



クアリアレッラの涙で濡れた赤い目は、痛々しかった…。
もう28歳やし、次のW杯はどうかわからんしね。
でも、彼は良かった!
アリガトね、クアリアレー!



翻って日本vsデンマーク戦!

これまたスイスチャンネルで見たんやけどね。
コメンテーターのオンナの一人が、

「アタシはデンマークが勝つと思うわ」

て。

はっきり言って、過ぎる期待はしていなかったけど、
別の国の、こんなオンナが言ってるのを聞くと、ムカつく!


ちゅうわけで、今度は私が毒づく番。

「Mma puttana di me○×a!! Stat' ne poco zitta!!!!」
(この売女め!黙っとけ、ボケ!)←最早大和撫子ではない…


とまあ、普段はじぇーったい使わない、そらまあヒドい言葉を使っちゃいましたわ。おほほー。




サッカー観戦は自制を失いがちね .。゚+.(・∀・)゚+.゚




ま、めでたく3−1で決勝トーナメント出場のニッポン!

まさかまさか〜 .。゚+.(・∀・)゚+.゚.。゚+.(・∀・)゚+.゚


な結果だったので、ホントに嬉しい!



ちゅうわけで、今日(今24日の晩)は、

下げられー

上げられー


して、ものすごーく感情の起伏が激しい一晩やったわ。



日本チーム、また頑張ってね 




ではではまたね。




 人気ブログランキングへあ〜、つかれちった。


にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村
記事検索
プロフィール

ぷー

QRコード
QRコード
livedoor × FLO:Q
  • ライブドアブログ