くまちゃんと一緒〜ナポリ人夫とのおバカ生活日記〜

説教警官くまとの結婚生活。イタリアの警官たちの実態も暴露(←やっぱオンナ好きやった。あ、知ってた?)

2010年10月

今年も覚えておりました

みなさん、こんにちは。ぷーです (・∀・)つ



昨夜(28日ね。今29日の夜です)、私のだーーーーーーいすき な俳優が出ている映画を観てきたんですけど、それはまた明日にでも書くとします。


あのですね。今日はですね。

また今年も、結婚記念日を、無事に迎えましたことを報告いたします。え、そんなんイラン?


いや〜。今年も




覚えとって良かったわ 




ちなみに、今年はですね。6回目の記念日でした。


何で『今年も覚えていてよかった』かってえと、わたくし、



1回目の結婚記念日をすーっかり忘れていて、夫くまをかなり悲しませたという前科があるのです (;´Д`)



ちゃんと覚えておこうと記念日の2日前までは頭にあったんですけど、前夜には既に忘れており、くまに


「明日どうする?勤務当番は昼だし、夜はせっかくだから、ちょっとリッチな外食したくない?」


と言われましてね。





明日明日明日〜〜〜〜。私の誕生日は11月やし、夫のは7月。何のための外食?しかもちょっとリッチなとな? 何故?何があるん明日?何々?ナニナニ?






内心焦りまくり

男女反対やっちゅうねん。



どうしてもわからなかったので、「明日ってナニよっ」と偉そうに出ずに(当たり前)、

「ん〜っと、明日は何の日だったのかちら〜〜〜

普段よりも比較的可愛らしく質問してみたんですけど、効果なかったようです。



「覚えてないの…」



なんて、くま超落ち込み〜〜




結局その後くまの口から「結婚記念日じゃ」っちゅうことを聞くまで、頭にチラとも思い浮かばなかったわ。

余りにそのときの顔が悲しそうだったので、「悪いことしたなー」と、本当に反省しましてですね。何とか2回目からは覚えていられるようになりまして、今年もちゃんとおめでとうと言えましたわ〜。


そんでね。


私からは別に何にもプレゼントとかしないんだけど、くまは、アクセサリーとか、それを用意出来なかったら、最低でも花束とかを用意してくれてるのですがね。
今年は、昼間は仕事で時間もなかったようで、何も貰わなかったのさ。
ぜんっぜん構へんのよ。こっちだって何も用意しなかったんだし。

だけど。

いや〜、慣れって怖いねえ。


帰宅して、「ごめんね。今年は何も用意出来なかった」というくまに対し、「なんでよ〜、いいのよ〜」と言いつつ


今年は何もないんや…
と、ちょびっと思ってしまったことを、ここに告白しておきまーす。



そんなこと思う前に



アンタも1回くらい何かプレゼントしいな〜〜



とみなさんお考えなのはわかっとります。私も思いますし。




こんなふうにガメツくなることで、どんどん古女房が出来上がっていくのですかねえ…。

うわあああ、気ぃつけよっ



まあ、プレゼントの件はいいのです。クリスマスに豪華に何かを用意しますので(これはマジに)。




ちゅうわけで、またまた心を新たに、

オモロい妻

の道を進んでいこうと決心しましただ。芸も益々磨かねば(一応、夫を笑かす一瞬芸とか持ってます。非常にしょうもないんですけど)。




なんかまとまりないけど、今日のトコはこんなトコで。

ではみなさん、


ごきげんよう〜〜〜




にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ枯れ葉をバリバリ踏んで歩くのが好き

天使の入り江、悪魔の鞍

69044_445168848130_721398130_5515024_6969051_n
「Sella del Diavolo 悪魔の鞍」から「Golfo degli Angeli 天使の入り江」を望む(妹ブーコ撮影)


みなさん、こんにちは。ぷーです(・∀・)つ


昨晩(26日)は夫くまが夜勤で午後11時から出勤していったんですけど、彼を送り出してからブログ書こうと思ってたのに、酔っ払って寝てしまいました(またかいな)。


さて。カリアリ話も今日で終わりですよ。


私とくま、そして2人の大叔母の4人は、結婚式の翌々日の午後12時過ぎの便でミラノへ向けて出発。
私とくまが抜けてグッと平均年齢が下がった残りの従弟妹たちは(花嫁はこの日の更に次の日に新婚旅行へ出発で、その準備の為にいなかった)、カリアリ叔父の家から車で10分くらいのところにある岬、通称「悪魔の鞍」ってところを散策に行ったんだって。私もすっごく行きたかったので羨ましかったわ~。

200px-Cagliari07
岬「悪魔の鞍」を横から見たとこ。
Wikipediaから借用しました。


ほんで、ブーコが撮った写真があるので、ちょっと見てくんなせい。

雲が多いけど、綺麗な海だってよくわかるよね。
69044_445168858130_721398130_5515026_2054321_n

うわー。青いです!
33636_445174118130_721398130_5515079_1874342_n

従弟たちの目の先にあるのが悪魔の鞍の先。
69044_445168863130_721398130_5515027_7218035_n


カリアリに残る伝説によると、この美しい入り江に魅了された悪魔たちが、ここを自分たちのものにしようとしていたの。そこに神が、大天使ミカエル(Arcangelo Michele)を筆頭に、選りすぐりの天使たちを送り込み、反逆天使ルシフェル(Lucifero ルチーフェロ)とその仲間たちを一掃したんだって。
この闘いは、入り江の上空であったんだけど、その際にルシフェルが落馬、一緒に落ちた鞍は入り江の水辺に収まり、それが石化したのがこの岬………てのが有力説らしいですよ。

もう一説は、闘いの最中、悪魔がこの岬の上にボチョンと落ちてきて、現在見られるような形になり、ここから名前がついたとか。

この美しい入り江は、今でも神が天使たちを送り、守護していると言い伝えられているそうです。


てのは全部Wikipedia より拙訳。




ホントに、カリアリも街を周ったくらいで、殆ど何も見てないといえるに等しいし、この「悪魔の鞍」にも登ってないし、こりゃーもう、


「またおいでませ ☆きらきらきらきらわくわく 」


て、あの辺りの天使たちに言われているようなもんだわね。

機会作って絶対にまた行きたいわ~。


でもま、街も海もホントに魅力的なとこだったんだけど、こんなに楽しかったのは、やっぱり一緒にいた人たちと過ごした時間が楽しかったからというのが大きいでしょうねえ。
そういうのって、そこの土地での思い出に深く繋がるもんねえ。

いやいや。
どこに行っても自分たちで『ミラクルワンダーランド』な場所に変えてくれてしまう、この、くま一族あっての楽しさだったってことね。


なんて。


いい嫁ぶってこんなこと書いたけど、


ホンマのトコは、義弟妹従弟妹たちと殆どの時間を一緒に過ごしたから、今回はラクで楽しかったってのが一番よねーっ(゚∀゚)アヒャヒャ
(by くま一族の中の悪魔な嫁)


義弟妹従弟妹たち、




てんきゅー  (イタリア語的英語発音






てなわけで、短かったけど、とっても楽しいカリアリ滞在でした。



カリアリ物語に長いことつきあってくれて、てんきゅー。


にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへそろそろ温泉が恋しくなってきました。

新婚さんのための十戒

みなさん、こんにちは。ぷーです (・∀・)つ


IMG_3120


これ見て下さい。
お義父ちゃん、結婚式で新郎新婦に渡してました。
これ、日本語に直すと、ズバリ「新婚さんの十戒」。

まあ楽しいもんなんで、紹介いたしやす。


Regno di NAPOLANDIA

DIECI COMANDAMENTI DEGLI SPOSINI

primo
Io sono l'Amore tuo  
non amerai nessun'altro à fore à me!

secondo
Statt' vicino a Me ...e nun da retta nesciuno

terzo
Simm' 'na sola cosa

quarto
Nei momenti difficili nun t'avvili

quinto
Nun dicere strunzate!  tanto ti sgamo

sesto
Porta pacienz' che nisciun è perfetto

settimo
Famme sunna' abbracciat' a Te

ottavo
Jesce a fatica'  e puort' 'e sord' a casa

nono
Se è scuro, damme 'nu vaso ....e s'appiccia a Luce

decimo
Nisciuno è meglio 'e Noje!!



ナポランディア王国(「ナポリ」をちょっと王国風に呼んで遊んでる)

花嫁花婿のための十戒

其の壱
オレがオマエの亭主だ。オレの他の誰も相手にすんなよ!

其の弐
オレのソバにいるのだ。他の人の言うことは聞かんで宜し。

其の参
オレたち、2人で1つだ。

其の四
つらいときでも へこたれるなよ。

其の五
しょうもないこと言うなよ。

其の六
我慢が大事。完璧な人間はいないのだ。

其の七
オマエの(アンタの)腕の中で、夢を見させて。

其の八
ちゃんと仕事して、家にお金入れて頂戴。

其の九
機嫌が悪けりゃチューしてね(してくれ)。そしたらまた元気になるから。

其の拾
オレたち(私たち)より、好いカップルはいない!



とまあ、こんな感じのこと書いてます。
何となく男っぽい口調で訳してみたけど、もちろん女口調でもいけるわね〜。

お義父さん、これどこかから取ってきたのか、それとも自分で考えたのかは知らないけど、まあ、こういうのって日本にもあるわね〜。
最後の「其の拾」は、ま何ですか。「ハイハイ、ごっつぉうさん」て感じだわね〜

何かこれ書いてて、さだまさしの『関白宣言』思い出したわ〜(そんでその後、『関白失脚』とかもあったはずよね)。


取り敢えず、小っこい贈り物として、ウケが良かったようです。




じゃ、今日はこの辺で。

またね〜〜 





にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ新婚カップルにわかるように、ちゃんとイタリア語の訳もつけてたわ、オトン。

ホラ吹かれて困ったでっ

みなさん、こんにちは。ぷーです v( ̄∇ ̄)v

日に日に寒さが増しております、ミラノとその近郊でございます。


IMG_3062
披露宴でのテーブルのロウソク。
うちのテーブルだけやたらロウソクが消費するのが早かった…。
お義父さん曰く、「このテーブルには愛が溢れているから、
その熱さで溶けるのが早いのだ!!」
……わかったから、何度も言うなー!!



さて昨日の続き。

カリアリの中心からカリアリ叔父の家に帰宅。
新婚カップルと従兄弟妹だけで、ある者は軽くパニーノ、ある者はピザを食べてたの。
くま一族年配組は、カリアリ叔父宅の上の階の、親戚同様のおつきあいのある家族と一緒にそこでピザを食べ、そのままお喋りしてたわ。

食べ終わって(私のパニーノは、馬肉ロースト、フライドポテト、モッツァレッラ、マヨネーズが。ボンバーな中身のパニーノですた)、みんなでくっちゃべっておりますと、カリアリ叔父と義父が私を上の階に呼びにきたわさ。
上の階の家族とは、うちのくまも小さい頃から付き合いがあったようなので、「その嫁とも仲良くしましょう」ってなことで呼んでくれたみたいなんだけどさ。

そういうのは全然苦にならないし、別に「ホイホ〜イ」と義父と叔父にくっついていったんですけどさ。

その家族の2人の娘(つっても50、60いってそうでした)のうちの1人が、西洋人形収集が趣味なのさ。上の階に上がりながら、それを義父と叔父から聞きつつ、「へー、でも私とは相容れない趣味ね〜」とか思いながら、さあ、着きました。そこの家族はみんなとっても暖かく歓迎してくれたわさ。
そして、人形収集の娘が言ったわ〜。


「ぷーちゃん、アナタもお人形が大好きなんですってね  どうぞどうぞ、ほら、ここにあるの、見て〜」




は? 



そこへ重ねて、くま一族の誰かの声(頭混乱して誰が言うたか覚えてない)。



「ぷーちゃんもお人形が大好きだったでしょう〜〜?よおく見せてもらいなさい」




わたし、わたし。わたしわたしわたし…。




人形なんか大ッ嫌いなんですけどーーーーーー (゚Д゚≡゚д゚)!?

誰が言い出したんや、出て来いーーーーーっっっ (゚Д゚)ゴルァ!!




信じられん…。
どっからそんな話になったんや〜〜??

目ェが点になったっちゅうねんっ(怒)



……………。

いえ、大体言い出しっぺは誰か想像つくわよ。

どうせね、義父であるオトンかカリアリ叔父なのよ。
いえ、どっちかっつうと義父の確率が高いわね。
いや、もしくは義母か? 誰でもええわ、この際。



調子こいてヒト様の話に、勝手に話あわせやがってーーーー グッ



私はね。人形という人形は大嫌いなのさ。それは小ちゃい頃からのことなのさ。
こっちではバレンタインに彼氏から彼女へ贈り物すんだけど、そん時にヘンなぬいぐるみがくっついたバラの花とか、最初はくまもくれてたんだけど、「せっかくやけど、次からはこんなんいらんから。キライなのだ」とハッキリ断ってるくらい、見てたらイライラして鬱陶しいのだわ。だってホコリとかついたら、ソレとるのもメンドクサイやん?可愛いとされるぬいぐるみすらイヤやのにっ。



とにかく、西洋人形なんかもってのほかなの!



ホンマ〜。
恨んだぜ、私が人形好きなんて言った誰かめーーーーっムッ

そこの娘さんにね。


コメントするのん、大変やったんよーー (゚皿゚メ)


娘さんには罪は無いからね。
同じ趣味やと思い込んで、一生懸命丁寧に、人形の服やら生地やら説明してくれて、申し訳なかったわよ、ホンマ。

私のことを人形好きとか言ってしまった誰かの顔潰してもイカンし、必死になっていろいろ質問とかまでしたったでー、ホンマー、ワーレーッ(゚皿゚メ)(思い出してもむかつく)



もう、ヘンな汗かいて、また下の階の叔父宅に帰った時には、思わず従弟妹たちにぶちまけたワ。


大笑いされただけやったけど。



何でこんな目に遭うんじゃ。



結婚式翌日の夜に起きたエピソードでした。



ホンマにもう。
人に愛想良くするのは構わんけど、もうちょっと責任もって発言してちょうだいっての。



ちゅうわけで、何だかまたもやくま一族(ちゅうかもう義父母の罪に決定)に「シテヤラレタ」感があったわけよーん。

義父(オトンと読んで)、アンタには



参ったぜ




せっかく従弟妹連中と楽しんだのに、最後の最後にガクーってなったわさ。とほ orz




じゃ、今日はこんなとこで。


またね〜 うれしい


にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへだけど実は義父の弟達である叔父たちもアナドレナイ…。ここの兄弟はホンマ〜〜!

結婚式の翌日 

みなさん、こんにちは。ぷーです 


すっかりすっかり寒くなってきたミラノ。
最高気温が余裕で20度を超えなくなってきました。
うー、さぶっ。


さて、怒濤の腹具合だった結婚式の次の日は日曜日。
この日はカリアリ叔父宅に、くま一族、新郎新婦カップルが集まり、みんなで昼食。みんな、
「今日はもう無理。食べられないわ~」
とか言ってたくせに、カリアリ叔母の料理の腕にはやられたワ。おいちかった…。

昼食時には、カリアリvsインテルの試合が始まってましてなあ。私がインテルファンと知るや否や、新郎、

「ぷーちゃん、インテルファンはアッチの部屋で試合観戦するんだよ」

と眼光鋭い顔で言われて、ビビったワ~。

サルデーニャの人って、冗談もまじ~めな顔して言うって聞いてたけど、この場合果たして冗談やったのかしら?
カリアリ従弟たちからも、すんごい真剣な顔で、

「ナポリ人の夫とカリアリ人の従弟妹がいるのに、インテルファンたあ、どういうことだいっ??

とずずいと迫られ、チビリそうになりました。
ええやんけっ どこのファンでも~~!

ま、この後インテル勝ったんですけどね。
カリアリ従弟1はクッションを床に投げつけ(格闘系がこんなことしたらマジで怖いッちゅうの)、新郎はムッツリ。そこで私は

BlogPaint

みんなから隠れてコッソリこの手をして、「ザマーミロ!TIE'!」ってやってたんですけどね~。目ざとい新郎に

「……今なんかやってなかった?」

と言われ、「めめめめっそうもない!」と、またまた縮み上がった私。←ほんならするなよ。
ま、後でバルコニーで1人でガッツポーズさせて頂きましたけど。


ぬわんて、インテルファンの私をこんなに冷ややかに責めてきた新郎のくせに、夕方に新居を見に行って、そこで何と!彼がホントのホントはローマファンだということが発覚!!! ローマのマフラーやら旗やらが部屋にあったわよー! もちろん「どういうこっちゃ!!!」と突っ込んどいたけど~~!(笑っとった。笑って済ませるな~~!)




昼食後は、年配組は、カリアリから約60?離れた所にある、カリアリ叔父夫婦所有の山の家を見に行き、私たち従兄弟妹は、ある者はナポリの試合を観戦、その他はお喋りと、まったり過ごしましてね。その後、またカリアリ中心街にみんなで繰り出したの。
その時の写真をまたまた少し載せるわね。



DSC01634

p

DSC01655

IMG_3167IMG_3166従兄弟妹同士の後ろ姿

IMG_3173

DSC01642

ま、こんな感じで。
全然観光っぽくないのばっかですけど。
取り敢えず私の気に入った一角ばっか撮ったものを載せました。


ホントはこの夜、「なんじゃそら!」てことがあったんだけど、長くなるのでそれはまた明日。


それじゃ、またね~


にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへこの日の夜からカリアリもちょっと寒くなったわ~
記事検索
プロフィール

ぷー

QRコード
QRコード
livedoor × FLO:Q
  • ライブドアブログ