くまちゃんと一緒〜ナポリ人夫とのおバカ生活日記〜

説教警官くまとの結婚生活。イタリアの警官たちの実態も暴露(←やっぱオンナ好きやった。あ、知ってた?)

2010年11月

車内にて 番外 ミラノ中央駅編

みなさん、こんにちは。ぷーです (・◇・)ゞ




イタリアは確実に寒く寒くなっていってますよ。
日本はどない?



今日は、先日列車に乗った時にフと思い出した、昔、我が身に起こったネタをどじょ。



それは10年前。まだミラノに住んでいた時に、何かの用事でフィレンツェまで行こうと、国鉄のミラノ中央駅まで行った時のこと。

MI_facciata_533x200
ミラノ中央駅正面 イタリアクソ国鉄サイトより

切符売り場の窓口はいつもの長蛇の列だったので、券売機(外人にはわかりにくいんだ、この機械の使い方が)にて、チケットを買おうとしていた私の近くで、タクシーの運ちゃんが、呼び込みをしていたんですがね(いわゆる『白タク』ってやつの運転手ですね)。

この運ちゃんが、

「ハイ、タクシー、タクシー、タクシーを使わんかね?」

と言いつつ、私ににじり寄り、


「ネエちゃん、タクシーで行きたいとこまで運んでやるよ。どこまで行くんだい?」


と聞いてきました。


聞いたって無駄やっちゅうの。
タクシーでどないしてフィレンツェまで行くっちゅうねんと思いつつ、


「フィレンツェ」


と答えると、運ちゃんは怯むことも無く、


「おおっ、そうかい!じゃあ、ささ、連れてってやるぞ、行こう行こう!


って……



「乗るわけナイやろっ




思わずイタリア語にも関わらず、手もつけて突っ込んでしまいました。


大体、純粋な運賃の他に、高速代にガソリン代が幾ら掛かるんやっちゅうの。
いやいや、お金のことはもとより、その前に、


こんなアヤシい白タクに乗るわけないやろ、
このドアホッ(゚皿゚メ)


ですわ。

それでもこの運ちゃん、結構しつこく粘ってたわ。
粘り勝ち出来るとでも思ってたのかしら?


まさか円高の時期に、お金持ちの日本人がタクシーの超遠距離乗車したことあったのかしら?(それもバカバカしいお金の使い方やけど)



ちなみにミラノ〜フィレンツェ間は、約350km の距離だとか。



中央駅を通ると、よく思い出すバカバカしい出来事です。



ではではまたね〜 




にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへクリスマスはメンドクサイけど、お義母ちゃんのクリスマス料理は食べたいじょ(今年はナポリでクリスマス出来ない。グッスン。

まっかだな〜(紅葉ではナイ)

みなさん、こんにちは。ぷーです (・◇・)ゞ


寒い上に、ミゾレまで降っちゃって、ミラノ郊外はSammy(さみぃ)です。←それが寒いっちゅうねん



さて、蒸気で汚れをゴッソリ取ってくれるスチーム掃除機なんですけどね。
使い過ぎて、手を



低温火傷 (; ̄Д ̄)




購入して初めて使った時も、使い続けて低温火傷したのよね…(回想中)。
それでそのときに、
「次からは気をつけよう。続けて長時間使わないようにしよう」
て思ったのに、これ使うと、毎回熱中してしまって、毎回長時間使い続けて低温火傷を負ってしまってたのよね〜。

今回も一応「気をつけよう」と思っていたのに、

「おっ。まだいける」

と使い続け、気がつけば手のひらが真っ赤っか
グローブのようになっちゃってたわ〜。




バカ過ぎる……





バカさ加減報告したとこで、今日は終わりです。

明日からまたいろいろ書くわね〜。

じゃ、また1週間頑張りましょう。

ホナホナ。


にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへイタリアのクリスマスは気持ちがせわしなくなるからイヤッ

不毛なお掃除

みなさん、こんにちは。ぷーです (・∀・)つ


ようやく太陽を拝んでおります。
まあ、今までよく降ったこと 


ところで、もう11月25日ですね。
てことは、イタリアではそろそろ



大掃除の季節やね。




各家庭は大掃除が必要では無いくらい、異常な綺麗好きのイタリア人主婦(例外もいますが)により、お家が常に磨き上げられているので、正直、イタリアの大掃除なるものがどんなものかは知りません(どうせ窓なんかいっつもピカピカやし)。


私は、毎日の掃除っつったら、掃除機かけて、雑巾掛けくらいなんで(そこらのホコリは気がついた時に取る。水回りはいつもピカピカは当たり前にやっとります。でないと水の跡が残って、とっても汚くなるので)、そろそろ窓も拭かにゃなりません。雨戸も洗わにゃ…。


あー、メンドクサ。



クリスマスまでに綺麗にするってえことを、ここイタリアではよく聞きます。
(他はイースター前も)




そんなわけで、信者ではない私も、取り敢えずクリスマス前までに、気づいた汚いところを重点的に、しかし少しずつ綺麗にしてやろうと意気込んでおるのですが、今日やったお掃除は、役に立ったかどうだか…。


それは




ダイニングキッチンの床のタイルの目を、スチーマー(っていうの?)で綺麗にした



んですけどねえ。

もちろん、毎日綺麗に拭いているんだけど、タイルの目は毎日は綺麗に刮げてなかったんで、ちょっと汚かったのだ。

スチーマーのノズルを目に合わせて、ジョボボボボッ と詰まった汚れを追い出す快感ったら 





しかし、イマイチ見た目に成果がわかりにくい感じ。

不毛やったかしら……。




まま、もっと徹底的に汚れを取らにゃいかんってわけかしらね。


日本のみなさんは、大掃除はまだもうちょっと先かね?



では、また掃除続けますよってに、今日はこれにて。



またねん 

にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ主婦業だってちゃんとやっとるのじゃ(でも整理整頓とアイロン掛けはくま)

私のアブナいイタリア語 3

みなさん、こんにちは。ぷーです 



……どうしましょう。
書くかどうしようか迷ったけど、やっぱり笑いを提供出来るなら、我が身をも削る。それが真の関西人ではないでしょうか…。

て、誰に話しかけとんねん 






さあ、「私のアブナいイタリア語」シリーズ最終話(今のとこ)。

お読み下さいまし。




それは在伊3年目の頃。
私が属するその道の大権威が我が校にいらっしゃいまして、数日に渡り、ありがたい講義を拝聴しました。


この方は、結構なお年にも関わらず、チャーミングなおばあちゃま。
私は、直接私が師事している教授から、この大権威を紹介され、講義のあった数日間、割と仲良くさせて頂きました。


さて、講義の最終日、受講学生と大権威を囲む夕食会が催されました。
楽しかったのですが、この後別の用事があった私は、会を中座しなくてはいけませんでした。
他の学生に別れを告げ、大権威にもご挨拶。
せっかく仲良くなれたし、カワイク、親密な感じで挨拶を、と思い、ちょっとクダケタ感じで挨拶しました。

大権威は、私の挨拶に、一瞬





目をまんまるに見開いて私を凝視(((( ;゚д゚)))




かなり驚いたご様子でしたが、すぐに破顔。
フクヨカな腕で私を抱きしめ、挨拶のホッペチューを両頬に、ぶっちゅ〜としてくださいました。







後日、普通営業に戻った学校で歩いておりますと、私のゼミの教授にバッタリ。
そして、教授は私を見るなり、

「ぷーくん、ちょちょちょちょっとこっちへいらっしゃい!」

と結構な深刻なお顔で私を廊下の隅っこへ誘います。


「何もしてへんで〜」

と、教授のあまりの深刻な面持ちにビビりつつもついていきますと(小学生かっ)、クルリと私を振り返り、教授は私に問いただしてきました。


「ぷーくん、先日のあの大権威教授との夕食会だけど…」


「ああ、あのときはスミマセンでした。所用があったので先にお暇してしまって…」

と私。いや、しかし言いつつも思い出しました。あの夕食会には、ゼミの教授は病気で欠席だったはず。むむむ? なんなの?



「あの夕食会でどういう風に大権威に挨拶したのか、覚えていますね?」


む?挨拶? ああ、覚えてますよ、えっとね、こう言ったの。 と説明しようとすると、教授は、


「いいいいいいやいやいやいやいや!結構です!口にしなくても結構です。いえ、そんな台詞は金輪際口にしてはイケマセン!アナタも女性なのですからね!


と、口にするのも耳にするのも だめーっ て様子。さらに、


「ぷーくん、あれはアナタが勝手に一人で学んだ台詞ではないですね。誰ぞがアナタに吹き込んだんでしょう?」


と詰め寄ります。

え〜っと。
…あの言葉は…


「ああ、思い出しました!◯×教授が『挨拶の言い回しの一環』として教えて下さいました」

と告げると、ゼミの教授は、


「キ〜ッ!やはりアイツか!!私の学生にいらぬ言葉ばかり教えおってからにー!!」


と、ハンカチを噛みちぎるような勢いでお怒りのご様子。
そして私におっしゃいました。


「ぷーくん、よくお聞きなさい。アナタが大権威教授に使った台詞は、かなりお下品なものです。他から聞くところによると、大権威教授は後で笑って『いや〜、日本人からあんな台詞を聞けるとは』とおっしゃっていたようですが、それで済んでよかったですよ!2度と言ってはなりません!!」


と、かなりキツくお叱りを(でもこの教授も笑ってたけど)受けました。




さあみなさん。私は大権威教授に何と言って挨拶したのでしょう?




















答え

CIAO, BELLA GNOCCA!
チャオ、ベッラ ニョッカ!

意味: ………書けません









友達同士でふざけてするならOK(…かな…?)な挨拶ですが、お上品とは絶対に言えない言い回しです(
いえ、むしろ…)。

これを読んで「へ〜え。イタリア語っていろんな挨拶の言葉があるのね」と思うに留まるだけなら結構ですが、旅先なんかで「ちょっと試してみよう〜」なんて、実行するのは絶対にヤメて下さいね!




GNOCCA の意味を知りたい方は、Wikipedia のイタリア語版にその単語を打ち込むと FICA という言葉のページに促されます。そこではイタリア語で説明がされていますが、ページを下にスクロールしていくと、写真がありまして、一目でなんのこっちゃかわかってしまいます。が、かなり強烈な写真ですので(私もビビった)、後ろに人がいないことを確かめてから、見ることをお勧めします。ま、見んでもええけど。






まあ、何でも言われたことを丸呑みにする私も悪かったっちゅう話ですけど、こんなことを外人に教えて楽しむ◯×教授も、「あんにゃろー」だったわ〜ッ。


この後、◯×教授は私のゼミ教授にコッテリ叱られ(◯×教授の方が随分若い)、私は◯×教授から、「オレが言ったことを何でもかんでも場所を弁えずに実行に移すな!」と理不尽なお叱りを受けました…。



今はイタリア語下ネタ用語もかなり身に付きましたし(余計な知識だけはすぐに吸収出来るトリ頭)、そうそうこんなことには引っ掛かりはしなくなりましたけど…。



いやあ。
あの大権威教授、
よくぞ笑って済ませてくれたなあ……。



ちなみに、その頃既につきあっていた現夫くまに一連の出来事を話すと、頭抱え、一瞬下向いてしまいました。そして、


「あの◯×教授はいっつもそんなことしか言ってないでしょ! なんだってそんなヤツから教わった言葉を、そんな偉い人に言っちゃったんだよ、バカー!」


とメチャクチャ叱られました。

いやいや、くまが正しい。絶対に正しい。




ま、なんてえの。
自国の言葉の知識が中途半端な外人にヘンなこと吹き込むのは、どこの国でもあることだとは思いますけど、イタリアのそれは、レベルが半端では無いということでしょうか?
(というよりも、私の関わった人々が、『ちょっと…』なレベルってことかね?)




今日は私のイタリア生活での最大の恥を、このブログで曝しました。

そんな必要もないんですけど


「アホやなあ」


と言って下されば、それで結構です……。





じゃあね〜!

にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ◯×教授は他にもいろいろおしえてくれました…(あのヤロー!)

私のアブナいイタリア語 2

みなさん、こんにちは。ぷーです (・∀・)つ


走りに行きたけれど、毎日雨…。
何とかならんのか、この雨は?

毎日朝から日が暮れた後のような暗さよ。



さて。「私のアブナいイタリア語」を今日も書いてみるわ。



私、あんまり風邪引かないのと、アレルギーも無いってので、鼻擤むことがホボないの。
だからって、この単語を覚えてなかったのも、馬鹿な話なんですけどね。

鼻をかむ とは、イタリア語で、


SOFFIARE ソッフィアーレ



この単語には他にもいろいろ意味があるけど、鼻擤むことをいうときは、これを使うわけ。




さあ、それでよ。

もう10年近く前、友達の家に、私の他4名ほどでお泊まりさせてもらったことがあったんですがね。

ある朝、私が一番先に起き出し、朝食を摂りにお台所に行くと、そこのお家のお母さんが既に起きて、いろいろ用意してくれてたわ。
朝の挨拶をし、2人でお喋り。
そこで、お母さんは、

「よく眠れたか?ぷーちゃんと同室の子は眠れていたの?」

と聞いてきたの。

私は、答えたわよ。

「ええ、とっても。Rちゃん(同室の友達)はまだ眠ってるけど。昨夜はアレルギーが出たからか、何度も鼻擤んでたみたいだったんだけどね

とね。

だけど私の答えがおかしかったようで、友達のお母さんは、一瞬ギョッとなったわ。
一応「アレルギー」という単語を文章の中に入れていたから、私が単語を間違ったってコトに気づいてくれて、

「それを言うなら SOFFIARE 」

と笑って正してくれたんだけどさ。



さて。
私は、「鼻をかむ」ということを言うために、一体何の単語を使ったんでしょう?




















答え


SNIFFARE  ズニッファーレ

意味: (コカインなどの麻薬を)鼻から啜る









そらあ、ビックリするってえの。
家に泊めた息子の友達が、「コカインしてました」なんてことあったら、「何ですと???」てなるわよねえ。

間違えるにしても、キケン過ぎる単語を使っちゃったわ。


何で間違えたかってえと、多分「鼻」がからんでるからかしら?
いやー、わからん。
ヘンに犯罪映画観過ぎたせいか?


ま、この経験のお陰でそれ以来間違えなくなりましたけど。




いやあ、言葉は難しいっ ← ちゃんと覚えたらええだけの話やっちゅうの




ではでは今日はこの辺で〜


にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ私の他にも、結構いろんな外人がいろんな言い間違いしてました。
記事検索
プロフィール

ぷー

QRコード
QRコード
livedoor × FLO:Q
  • ライブドアブログ