くまちゃんと一緒〜ナポリ人夫とのおバカ生活日記〜

説教警官くまとの結婚生活。イタリアの警官たちの実態も暴露(←やっぱオンナ好きやった。あ、知ってた?)

2012年01月

仕事帰りはお菓子を土産に

みなさん、こんにちは。ぷーです。


遅番で帰宅が遅かったくまは、
ある娼婦を保護して、その後しかるべき施設に送り届けたからなのれした。

(この娼婦は彼女の元締めの男を訴えに来たので、
家にはもう帰れなかったのです。
身元アブナいでしょ? )


昼勤のときの遅い帰宅は、
銀行などのATM での詐欺師の処理が理由。

これは、お金をキャッシュコーナーで下ろすときに、
後ろから、「そのやり方じゃだめだ」
とか声をかけてきて 混乱させると同時に、
お金を引き出すのを手伝う振りして 
巧妙にそれを奪うという、クラシックな馬鹿やろうども。

この馬と鹿については多くの被害届があり、
ちょうど、くまの昼勤の日に、
馬と鹿のお仕事現場にパトカーが居合わせ、
また、その場にいた何人かの一般市民の人が
声を上げたお陰もあり、
御用の運びとなったのでした。


前も書きましたけど、
空き巣も激増しているようですし。

ミラノだけではなく、
イタリアにお住みの方、旅行に来られる方は、
用心してくださいよー。



しかし早番の日はニッコニコのご帰還。

IMG_4594

IMG_4591

IMG_4593


ミラノのカーニバルのお菓子、
キャッキエレとトルテッリを持ち帰ったから。
ミラノで創業40年のところだそうだす。

見た目ほど甘くなく、美味しかったよ。


じゃ今日はこれで。

またね。


にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村

 

人気ブログランキングへ

午前くま様

みなさん、こんにちは。ぷーです。



今日1日(イタリア時間でまだ28日です) 
日付を間違えてました。
もう日曜日だと思ってたわ〜ん。




ところでくまが帰ってきません。
今日は昼勤(午後12時から19時)だったんだけど、
22時30分現在もまだ仕事に拘束されているよう。

昨夜は遅番(19時から0時)だったのに、
帰宅はほぼ3時だったようだし。


このように遅くなるのは、一様に、
終業(ってお店じゃないのにヘンかしら)間近に
逮捕劇があったりするからなのよね。



憎いわ、犯罪人め。

しょうもない悪人のために
(もしくはしょうもない喧嘩 in 家族)
くまが時間とられるなんて。





昨夜はだから、先に床に就いた私。

いつもは待ってるけど、
ちょっと寝不足だったから、12時を待たずに寝てしまった。


こんな風に先に寝てしまっても、
やっぱりどこかで気にしているからか、
くまが帰宅すると、何となく音をキャッチする私の耳。
しかし眠気が勝って起きられない。


コソーっと帰宅して、コソーっと寝支度し、
コソーっと布団に入ってくるくまは、
コソーっと


BlogPaint


私の頭をナデナデしてきます。


あくまでも
コソーっと。

(何度かガシガシ撫でて私を起こし、激怒した事があったから)



何故頭ナデナデなんでしょうかね?

ま、ええんですけど。



とうとう雪も降ってきたし、


くまー、早く帰ってこーい


と、ちょっと心配な私です。





では今日はこれにて。


またねん 






にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村

 

人気ブログランキングへ

ナポリ菓子ミッリャッチョのレシピ

みなさん、こんにちは。ぷーです。


また地震ありましたよ〜。
5階は揺れるんだわよ。
長かったんだわよ。

コンピュータと財布、へそくり(あるの♡)を
鞄に入れて、いつでも逃げられるようにしてきます。。



ところで昨日紹介した、ナポリのお菓子、ミッリャッチョ。

これは美味しいです。
セモリナ粉を使うからか、
焼いた端っこの部分がプリプリして、
歯ごたえが気持ちいいのだ。


てなわけで、レシピ紹介します。
これは私が実際に使ったもので、
それぞれの材料の量も程々なので採用しました(エラそうに…)。





MIGLIACCIO ミッリャッチョ

セモリナ粉    250g
牛乳       1リットル
バニラエッセンス 適量
バター      ちょびっと
全卵       6個
砂糖       200g
リコッタチーズ  400g 
レモンの皮    適当に
オレンジの皮   同じく
レモンの皮削   同じく
塩        ひとつまみ


作り方


お鍋に牛乳1リットルを入れ、そこにセモリナ粉を入れ、かき混ぜる


そこにレモン、オレンジの皮を入れ、火にかけダマにならないように泡立て器でかき混ぜる


全体的にまったりしてきたら、それぞれの皮を取り除き、さらにまったりさせる


マッシュポテトくらいの固さになったら火から下ろし、バターを一かけ加え、よく混ぜる


❹の粗熱をとる間を利用して、リコッタチーズをボールに入れ、ある程度滑らかになるまでほぐす


❺に卵を1つずつ入れ、分離させないように丁寧に混ぜる。このときにバニラエッセンスも入れる


❻に砂糖、レモンの皮を削ったものを入れ、滑らかになるまでよく混ぜる


❼に粗熱のとれた❹を何度かに分けて入れ、よく混ぜる


ケーキの型(丸くても、天板でもお好きなもので)にバターを塗り、❽を入れ、表面にバターのかけらを幾つかのせる


❾を180度のオーブンに入れ、50分焼く。
表面がキツネ色になったら出来上がり

(⑪冷えたら、お好みで粉砂糖を上から振るう)



写真がなかったら何が何かよう分からんかもしれませんので
私が使ったサイトこちらでそれぞれの過程を参照してみてください。


このお菓子は、よく冷やして食べるのがいいですよ。
熱々だと、中がフルフルすぎ。
また、焼き加減も、サイトには
「表面が金色(キツネ色と訳しました)
になったら、焼き上がった合図」とありましたが、
個人的には、そこから更に焼いた方が、
外はちょいカリ、中はしっとり
の対比が魅力であります。

IMG_4589

ちょっと不細工ですけど、これが私の作ったミッリャッチョ。
(あ、テーブルが汚れとる)
うちのオーブンは偏屈なので、
新しいお菓子に挑戦するときは、
調理時間、火加減が難しいのだ(いいわけ)


日本ではリコッタチーズ見つけるのは難しいわよねえ。
カッテージチーズだと香りが無さ過ぎるかな〜。

ホッペが落ちるほど美味しいというものでもないけど
(ほな紹介すんなとか言わんといてけれ)
ナポリの伝統菓子ということで。
挑戦したい方はお気張りやす。

ちなみに、きれいな出来上がりの写真を見たかったら
「ricetta di migliaccio」
で画像ググるとたくさん出てきます
(ただmigliaccioとググると、パレルモのサッカー選手が出てくる)


では今日はこの辺で。


またねー(・∀・)つ


にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村

 

人気ブログランキングへ

ナポリのカーニバル菓子

みなさん、こんにちは。ぷーです。



さて。
今日でなに? もう1月26日? 

1月は去ぬ
2月は逃げる
3月は去る

………

早いですねえ。
この前クリスマスのコト書いて、
年明けに仕出かした失態について書いたのに。


イタリアはもうすぐカーニバルでっせー。



てなわけで、
カーニバル菓子が出回ってます。
ミラノではこんなの。
 
chiacchiere-al-forno
CHIACCHIERE キャッキエレ
「お喋り」という意味の単語。
食べるときにバリバリうるさいから、こんな名前なのでしょうか?

または
400601318_f5fcd43583
TORTELLI トルテッリ 
パン生地のようなものを揚げた中にクリームがあり、
砂糖を振りかけたもの。


この2つがやめられないとまらない。




しかーし。

ナポリ人を夫に持つ私のカーニバル期は、
その伝統菓子は、この2つに終わらず。

私の第3のカーニバル用菓子はコレ。
Fetta-di-migliaccio-nel-piatto
MIGLIACCIO ミッリャッチョ


これがうまーーーーーい!




てなわけで今日はこのレシピを紹介…したかったんだが…
だが〜
んが〜
が〜

眠くてたまらんっ


明日教えてあげる〜。



おやすみ〜〜〜

 にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村

 

人気ブログランキングへ

いいくま隊長

みなさん、こんにちは。ぷーです。



すみません。
昨日続きを書こうとしていましたが、
まさかの寝落ち。

BlogPaint



変なとこで話を途絶えさせてしまいました。。。




んで続きです。

私服組部長が去ってから、
夫くまは、自分の直属上司に電話。


「申し訳ありませんけど、私服組部長を怒らせてしまったので、
あなたを呼び出すかもしれません。怒らせた理由はこうです」


と取りあえず断りを入れる。

年下ながら、直属上司は出来た人(というか普通の対応が普通に出来る人)なので、

「オッケ~イ。大丈夫ですよ」

てな答え。





さて、私服組部長はいろいろと間違いをしてしまっています。


一般市民をもしかしたら陥れようとしたかもしれないこと。
そりゃ口の悪い人はたくさんいるし、腹も立つだろうけど、
職権乱用はいかんではないか。


この一般市民のオッサンの身上調査を、
自分の組の部下にやらせたのではなく、
勝手に他の部署の部下を使って(この場合夫くま)、
管轄区域を越境させてまで結果を持ってこさせたこと。

くまに報告させている間、自分は車に座ったままだったこと。


そして最後に、してはいけないことをしてしまっております。


私服組部下、パトロール隊部下の居並ぶ目の前で、
くまに理由なき叱責をしたこと




これはアキマセン。
理由があるならまだしも、
誰の目にもただのイチャモンつけだったのを、
皆の前でやらかす。

ホントのとこは軍隊である憲兵警察でこのようなことをやらかすと、どういうことが起こるか。


私服組部下、パトロール隊員、その他全ての部署の憲兵警察官たちの
無言の抵抗
きゃー

つまり

私服組部長の命令は聞かない。
仕事も半分くらいしかしない。


こういうことです。

話が広まるのは早いですよ。
事があったのはある日の午前中ですが、
同じ日の夜勤のときには、
パトロール隊は既に全員、くまに何があったかを知っていたそうです。


さあ、そして。
くまの直属上司は、やはり私服組部長に呼び出されました。
私服組部長は、自分に対してくまがどういう態度だったかを
くまの上司に話し、何やら減点(点数制です、警察官たち)したいようだったのですが、直属上司の、

「お言葉ですけど、くま隊長はとってもいい人なんですよ。
ホントにあんな顔なんです、普段から←何かウケる

さらに、

「減点というのは、どうでしょうかね。
あの人はパトロール隊で1、2を争う優秀な隊長ですからね。
そんなことしたら、
彼の隊を始め、他の同僚たちの反発必至ですよ

と言ってくれたんですと。

そんな優秀やったの、うちの人。くまのくせに(笑)


んなわけで、くまの私服組部長への態度は不問にされ、
普通に仕事してます。



とりあえずは、他の組の部長に越権行為を許さないように、
パトロール隊の一番上の部長が、その辺しっかりしてくれたら、
こういうことは起こらないんでしょうけど。
(ちょっと遠慮がちな人らしい)





私服組部長みたいな人って、でも、なんですねえ。
ホンマ、アホとしか言い様がない。
地位も上になってくると、エバりたくなるもんなのかしらねえ。
ぜんっぜんわからんわ、こういう人。



ところで、今日25日は午前9時過ぎに、
北イタリアでは地震がありましたよ。
うちもバッチリ揺れました。
5階だから結構揺れたと思ってたんだけど、
隣の人はわからなかったって…


あんなに揺れたのに


イタリアで地震に遭ったのはこれで4回目ですけど
(今の自宅で3回、ローマでラクイラの大地震のときに1回)
何度遭っても慣れるもんではないです。
しばらくドキドキが止まりませんでした。ふう。

気をつけようがないけど、
せめて非常袋くらいは
いつでも持って逃げられるようにしないとダメですね。


では今日はこれにて。
またね~ 

にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村

 

人気ブログランキングへ
記事検索
プロフィール

ぷー

QRコード
QRコード
livedoor × FLO:Q
  • ライブドアブログ