くまちゃんと一緒〜ナポリ人夫とのおバカ生活日記〜

説教警官くまとの結婚生活。イタリアの警官たちの実態も暴露(←やっぱオンナ好きやった。あ、知ってた?)

2012年02月

オマエを石にしてやろうかああああ

みなさん、こんにちは。ぷーです。



いろいろ書きたいネタはあるのですけど、
例によってまた眠い私…



ですので、今日は、現在のわたくしの状況を報告して
おねむに参ります。

では…





















1596-98 - Michelangelo Merisi da Caravaggio










頭がもうっもうっもうっ。


髪が伸び放題の、正に

メドゥーサ状態
みな石にしてやる〜〜〜〜



絵の表情も、
鏡を覗いたときに発見した皺・シミ・白髪の多さに 
恐れおののいたワタクシの表情にソックリ。
(こんなギョロ目とちゃいますけど)


頭の形が良かったら、
是非とも丸坊主にしたかったワタクシよん。

(見事な絶壁な上に、ハチが張っとる)
(髪が伸びるのが異様に速いので、
髪の毛に大した執着が無いのです)

しかも梳いていた髪も伸び放題なので、
髪が増え放題。
ですから、
背の低いポテンポテン体型のワタクシは
この髪の量では頭デカイデカイ。

ギャグ漫画の頭身を、
我が身を持って表している感強し。

いとなげかわし。 







それではみなさま、ごきげんよう。







※アウェーにとどまらず、ホームでまでも
ノヴァーラなんぞに負けたインテル。
ガックリ来ているワタクシでござるよ。
言葉も無い…


にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村

 

人気ブログランキングへ

両極端!

みなさん、こんにちは。ぷーです。





24122011532

スパッカ・ナポリにて。
建物の上の方に住むおばちゃんが、
籠に紐つけて下に下ろします。
籠にお金入れて(それか後で店に行って直接払うか)
引き換えに品物を籠に入れてもらう。
こうして一々下に降りなくても買い物が出来る。
(籠に入るものはね)

23122011528
路地の上を渡すだけでなく、こんなふうに普通に洗濯物を干していたりする。

24122011531
こんな感じで、大道芸人も道を賑わせて、
正に庶民が集って楽しめるところ。


かと思えば、気まぐれに目についた大きな扉をくぐり抜けると、
23122011527
こんなところが。

ちなみにこれは、普通のアパート(といっても年代物!)の
ただの一角。
Palazzo Venezia ヴェネツィア宮と呼ばれているところ。
朽ちているところを、
向かいのお土産屋さんが、何とかその美しさを無駄にしないようにと
年数を掛けて手入れしてきたもの。
今ではここはギャラリーになっていて、
音楽教室なども開催されているそう。
地元のアーティストの作品も購入出来ます。



もうちょっと大きい通りのローマ通りに行けば、
銀行の持っている、素晴らしい建物が。
昔は貴族、そしていろいろ経て銀行に渡った建物。
今はカラヴァッジョの絵が常設されています
例のレンブラントの絵の置かれているところ)。

24122011533
銀行であった頃、窓口などがあったホール。

美術館の中に入ると、カラヴァッジョの絵の設営されているところとは別に、
昔ながらの宮殿の雰囲気が味わえるホールがあり、
そこには
24122011538
24122011539

どちらも填め細工で出来ています。




どこの街でも、庶民の場所、ブルジョワ階級の場所の両方があるけれど、
ど~もナポリはその両方のふり幅が広すぎるのと、
庶民的な場所だとしても、
突然横綱級の芸術作品の隠れている場所、
芸術的建物に出会ったりして、
何とも気の抜けない街だわよ。



写真整理してたら、昨年末のナポリで撮った写真が少し出てきたので載せてみました。


ではまたね~v( ̄∇ ̄)v


にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村

 

人気ブログランキングへ

ヤクザ体質のイタリア

みなさん、こんにちは。ぷーです。



金曜日にマーティン・スコルセーゼの最新作
「ユゴーの不思議な発明」を観てきました。
ホントはその感想を書いてみたかったんだけど、
今日は久々にイタリアのええ加減(あれ?久々かな)度に
スポットを当てて書いてみます。



てのも。




去年の11月頃に遡るんですけど。
ENEL (エーネル)って電力・ガス会社から
請求書が来ましてね。
私たちが払った額と実際のガスの消費量に差があるので、
その分を新たに払って欲しいってなものだったんですけどね。
その差額が




500ユーロ強




夫婦で

BlogPaint






請求書を前に大々的に突っ込み入れました。





あなたがイタリアで暮らしているとして、
いきなりこんな大きな額の公共料金の請求が来て、

あなたはすぐに払いますか?




日本であれどこであれ、
お金を払うってのは、キッチリ状況把握して、
自分で納得して払うもんですよね〜。
八百屋さんでの買い物かってそやないの。





大体イタリアは、どんな大きな会社でも、
きっちりしているとは言い難い(日本に比べて)。
なので、いきなりの不明な請求書が来たら、
その額の大小に関わらず、
まずは事実確認をせねばいかんのだ。

ああ、メンドクサイ生活してますわ。ホンマに。



ていっても、この電力・ガス会社は元公共機関だったし
(確か今は民間になってるんでしたよね?もう何が何かわからないinイタリア)
ちょっと信用してしまった
普通の日本人の感覚がまだまだ残っている私。
少し青ざめてしまいまして、
「500ユーロって、いきなり予定外のお金〜〜」
とうろたえちゃいました。
それに比べて根がイタリア人でナポリ人の夫くま


「あほう、こんなもんいきなり信用して払うわけないやろっ」


と一蹴。

直ちにお客様相談室みたいなとこに電話、ファックス、メール
ありとあらゆるメンドクサイことをしまして、



追加請求額が大間違いである事が判明


ほんとの追加額はたったの6ユーロ。




おいっ。ガス会社よ。




吹っかけ過ぎちゃうんけーーーーっ






そうですのよ。
こういう機関はですね。
ランダムに家庭を選んで、
吹っかけてきよるのです。


んまあ〜



なんというヤクザ体質っ

どこかの国と同じくらい酷いぜっ
(↑お好きな国をどうぞ)



こういうことは
電話会社(これも元国の機関)からもされましたが、
どう考えてもありえない請求書が2度ほど送られてきましたが、
無視してたら、送ってこなくなりました。
(第一既に顧客ではなかったっちゅうの)
 


お年寄りなんか、結構払っちゃってるんじゃないかいね。
かわいそうに。
酷い話です。




というわけでしてね。

「うっそ〜ん」

という請求書が送られてきても、
イタリアじゃあすぐに払い込みに走らない方が
賢明だと思うでございますよ。




では今日はこれで。
またね〜
 

にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村

 

人気ブログランキングへ

ハリー・ポッターをイタリア語で

みなさん、こんにちは。ぷーです。



今頃ですけど、
「ハリー・ポッター」の第2巻、 読み終えました。
もちろん、イタリア語で。

話が話なので、全然知らない単語が山のように出てきて
(占いとかそっち方面が好きな人なら知っているのかね?)


「こんな難しい言い回しの物語を子供は読んどるのか」


と結構びっくりしましたよ。

(あ、私がアカンねんやろか〜)

camera-dei-segreti



TVでどの話も映画でチラチラ見た事あったので、
何となくどんなものかは知っていましたが、
やっぱり原作はよかったです。
汚れた中年の私ですら、こんなに楽しく読めたんですから、
タマシイの綺麗な子供たちなら言わずもがな…
ですな〜。



先にも書いたように、イタリア語訳を読んだのですが、
「この次はどんな話が待ってるのかな〜」
とサイトで調べて、唖然。
私、日本で日本の友達とハリー・ポッターのお話、
出来ないわ…。



原作が言葉遊び、隠喩などで登場人物や、
いろんなものを名付けているのを、
それらの意味、語幹などを尊重しつつ、
イタリア語にそれを反映した訳になっているんですけどさ。
時々全然違う響きのものに変わっていたりするので、
日本語訳で読んだ人とは通じないことが多くなりそうなの。




例えば、

ハーマイオニーは、エルミオーネ(ギリシャ神話のヘルミオネでHもつけて書かれているけど、イタリア語はHを発音しないからエルミオーネ)と呼ばれ、

(主人公ハリーも映画では「エッリー」と発音されてます。Hは読まれず、Rが2つあるから「エッリー」←もちろん巻き舌で)
………


ま、これは大したことない話よ。



けど下記のは…。

ホグワーツの魔法魔術学校の校長先生、アルバス・ダンブルドアは、
アルブス・シレンテ Albus Silente

魔法薬学のセブルス・スネイプは
セヴェルス・ピートン Severus Piton

グリフィンドール寮監で変身術の先生ミネルバ・マクゴナガルは、
ミネルヴァ・マックグラニット Minerva MacGranitt

グリフィンドール寮は
グリフォンドーロ Grifondoro (金の…よくわからん)

スリザリン寮は
セルペヴェルデ Serpeverde (緑の蛇)

ハッフルパフ寮は
タッソロッソ Tassorosso(赤いアナグマ)

レイブンクロー寮は
コルヴォネーロ Corvonero (黒ガラス)


魔術を持たない一般人マグルはバッバーニ Babbani 





等等々等……





スネイプであるピートンは(ややこしいな)、
PITONE ピトーネ(ニシキへビ)
てなイタリア語からとったのかね?



長い話だし登場人物も多いし、
まだ2巻を読み終えたとこだし、
一々例を挙げつらっていくことは出来ませんが、
イタリア語への翻訳の心遣いがとてもきめ細かくて
その意味でも楽しかったです。



いずれは原作を原語で読んで、イタリア語訳と比べてみるのも


ええかもしれんけど
絶対そんなん無理やわ〜






次の本を読み始めたいんだけど、
まだまだハリー・ポッターの余韻が強いので、
もうちょっとそれを楽しんでから
取りかかりたいと思います。
(3巻は持ってないから別の本を読む予定。
こちらは大人な内容でげす。ぐふ。
またしてもイギリスが舞台の話)




ではこんなとこで。


またね〜




 

にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村


 

人気ブログランキングへ

白い粉。きゃー

みなさん、こんにちは。ぷーです。




うちはセントラルヒーティングで、
夜は大体10時半頃に自動的に切れるんですけど、
最近は寒すぎるせいか、
11時半になっても機能しています。





と、ここまでは8日の夜に書いたのですが、
その後眠くて寝てしまいました。
今9日の午後。



さてですね。
昨日は




私たち夫婦の健康への害が疑われました。 









どういうことかと言いますとね。


何でしょ。

警察っちゅうのは、犯罪人からの逆恨みというものを受けるようでしてね。
時々爆発物が署に届いたり…
てなことはイタリア全国的にあるんですけど。

 

昨日、夫くまの勤める憲兵警察署の郵便に一通のただの封筒が届きました。
一応、上記のことがあるので、
いろいろ検査はするらしいんですけどさ。
とにかく署内の郵便部が封筒を開けてみると、



白い粉



この場合は、コカインやらヘロインではなくて、
生物兵器ってやつですか?
この粉を吸引したら、体に害を及ぼすという…
アメリカなんぞで結構こういうテロがあったらしいんですけど。
それがイタリアでも…



開封したちょうどそこに、
郵便部署員ではないパトロール隊長の夫くまがそこにおりましてな。



「吸引したかもしれぬっ すわっ一大事〜」


となりまして、
そこにいた人たち、帰宅してから最低4時間は外出禁止になりました。



え?
帰宅までに他人と接触するやんって?


外出禁止令は夫くまが帰宅してから発令。
同僚からの電話で知ったのですよ。




あの〜。
何かいろいろと対応が遅いんですが。警察よ。 





ま、ここにこんなこと書いてるって時点で、
もうみなさまもおわかりのように、件の粉は



ただの小麦粉
メリケン粉ともいう



だったんですけどね。

質の悪いイタズラですがな。



もしも身体に害を及ぼす性質のものであった場合は、
帰宅した夫から私にも何か伝染していたはずなので、


夫婦揃って病院送りそして検査(国指定)


だったようです。



うーん、いろいろあるものだ。



同じく白い粉といえば、
先日、とある人物の家宅捜査をしたら、
かなりの量のお粉が出てきましたそうで。
(つまり売人だったのですね)
売買ルートを割り出すのに役に立ったそうです。 






ちなみに我が家にある白い粉は、

小麦粉
コーンスターチ
砂糖


の4種です。
強力粉切れてるから買わねば。 




それでは今日はここまで。

またね〜 

にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村

 

人気ブログランキング
あ、、重曹もあったわ
記事検索
プロフィール

ぷー

QRコード
QRコード
livedoor × FLO:Q
  • ライブドアブログ