みなさん、こんにちは。ぷーです 


実はむか~し、バレーボール・ファンでした。
てなわけで、最近バレーの試合を時々観てます。

今、トリノで国際大会が行われているようで、
先日の日本女子はオランダに3−0で快勝!
いやー、久々のバレーはオモロい~。
おまけに監督が眞鍋さんやーん!
いやーん、(画面のこっちと向こうで)久しぶり~ん!


思わず懐かしがってしまいました……
若い人は知らんやろなあ…。



さて。
文句やら暗い話やらが続きましたので、
ここいらでアホ話、行ってみます。

今日のは、ミラノからミラノ近郊のわたいの家までの列車の中の話ですよん。



その日、わたしは園芸部長の近所の友達と一緒にその列車に乗り込み、家路につきました。

まだ9時半過ぎやっちゅうのに、既に直通はなくなり、
鈍行しか走っていないのよ、この線。

仕事から帰宅の人で最初は賑わっていたけれど、
わたいの街に着く頃には、車両には他には殆ど人はいなかった…
(↑ これ、イタリアでは結構怖いかも。あ外国はどこでもか)


それでも友達と一緒やし、ペチャクチャお喋りに余念がなかったわたいたち。

そこに、

「おお、これはこれは」

と思わず言いたくなるようなイタリア人のイケメン若者登場(完璧にオバハン目線やな、私)。
この若者が

BlogPaint


多分6年7年前のことのはずなんで、
何喋ったかは全然覚えていませんが、
なんかをこの子とお喋りしました。そんな感じ悪い子じゃなかったわ。

そうするうちに、やっと私たちの駅も近づいた様子。
それじゃあね、と挨拶すると

BlogPaint

と慌てて引き止めてきました。
まあ、この駅が終点やし、話聞いたとこで降り遅れることもないしと耳を傾けると

BlogPaint



ええええええええっ?!
ナニ言うてんの、この人!!!

BlogPaint


こ、懇願してくる


まあもちろんカラカワレテルと思ったから、
真剣に取り合わなかったわ。

すると業を煮やした彼は、通路に…

BlogPaint



自らうつぶせに寝転び、
私たちにその背中を踏み越えろと要求!!! ( ̄ロ ̄|||)


怖い~~~~っ、何この子~~~~!

てなわけで、私と園芸部長は

BlogPaint



走って走って逃げました。

駅から私のうちはすぐなので、一目散に家まで逃げ、
うちからは更に徒歩5分のところに家がある園芸部長は
そこまで一人で歩いて帰るのはアブナいってことで、
うちに電気も点けずに2人で息を潜めてました。
(その後園芸部長の彼がうちに合流し、2人で帰って行ったわよ)



あれは一体何やったんやろ 

TVのビックリとかの企画やったんやろか?

それともあの当時は、若者の間で踏み合いっこするのが流行ってたのかしら?
てんなわけないよなあ。


わかりません。わかりません……。


何年経っても、あのことは謎です。


みなさんは、日本の列車で

「踏んでくれ」

て言われた事、あります?




「車内にて」ミラノ近郊バージョンでした。



んじゃ、またね。


*そうそう、ちょっとドタバタするからコメントへの返信をすぐには出来ませんが、必ず後でお返事いたしますので、悪しからず





人気ブログランキングへいつもお断りしておりますが、断じて作り話ではございませんのでご了承下さいませ。


にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村