みなさん、こんにちは。ぷーです (・◇・)ゞ




イタリアは確実に寒く寒くなっていってますよ。
日本はどない?



今日は、先日列車に乗った時にフと思い出した、昔、我が身に起こったネタをどじょ。



それは10年前。まだミラノに住んでいた時に、何かの用事でフィレンツェまで行こうと、国鉄のミラノ中央駅まで行った時のこと。

MI_facciata_533x200
ミラノ中央駅正面 イタリアクソ国鉄サイトより

切符売り場の窓口はいつもの長蛇の列だったので、券売機(外人にはわかりにくいんだ、この機械の使い方が)にて、チケットを買おうとしていた私の近くで、タクシーの運ちゃんが、呼び込みをしていたんですがね(いわゆる『白タク』ってやつの運転手ですね)。

この運ちゃんが、

「ハイ、タクシー、タクシー、タクシーを使わんかね?」

と言いつつ、私ににじり寄り、


「ネエちゃん、タクシーで行きたいとこまで運んでやるよ。どこまで行くんだい?」


と聞いてきました。


聞いたって無駄やっちゅうの。
タクシーでどないしてフィレンツェまで行くっちゅうねんと思いつつ、


「フィレンツェ」


と答えると、運ちゃんは怯むことも無く、


「おおっ、そうかい!じゃあ、ささ、連れてってやるぞ、行こう行こう!


って……



「乗るわけナイやろっ




思わずイタリア語にも関わらず、手もつけて突っ込んでしまいました。


大体、純粋な運賃の他に、高速代にガソリン代が幾ら掛かるんやっちゅうの。
いやいや、お金のことはもとより、その前に、


こんなアヤシい白タクに乗るわけないやろ、
このドアホッ(゚皿゚メ)


ですわ。

それでもこの運ちゃん、結構しつこく粘ってたわ。
粘り勝ち出来るとでも思ってたのかしら?


まさか円高の時期に、お金持ちの日本人がタクシーの超遠距離乗車したことあったのかしら?(それもバカバカしいお金の使い方やけど)



ちなみにミラノ〜フィレンツェ間は、約350km の距離だとか。



中央駅を通ると、よく思い出すバカバカしい出来事です。



ではではまたね〜 




にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへクリスマスはメンドクサイけど、お義母ちゃんのクリスマス料理は食べたいじょ(今年はナポリでクリスマス出来ない。グッスン。