みなさん、こんにちは。ぷーです。


さて、先日FBページを作りました。
追加のお知らせ。

FB登録されている方で興味のある方は、
FB内で、「くまちゃんと一緒」
と検索してみて下さい。
出てくるはずです。

多分、このページではお友達機能がついていないので、
こちらから申請することも
申請を受けることも不可能です。

一応、ブログやツイッターとは違ったことを
発信しようと思っていますので、
そちらも読んでみたいと思われる方は、
「いいね!」をお願い致します
(「いいね!」の押し売りではございませーん)。

個人的メッセージの遣り取りは可能なようです。

ではお知らせ終わり。


☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;


先週、開催が終わる期日ギリギリに
Italia Inside Out
という写真展に行ってきました。

イタリアの古き良き時代の風景、人を、
名高い写真家達の作品で愛でることの出来る
展覧会でした。

新しいジェネレーションの写真家の作品も
ワルくはなかったんだけど、
やっぱり目を惹かれたのは、

Gianni Berengo Gardin
ジャンニ・ベレンゴ・ジャルディン

Henri Cartier-Bresson
アンリ・カルティエ・ブレッソン

の両巨匠のもの。
前者は
Gianni-Berengo-Gardin_Normandia-1933
これで有名ですね。

後者は
Henri_CartierBresson__Hyres_France
こちらを見掛けた人も多いのではないでしょうか?

※写真はどちらもネットからの転載です。


今の時代のシャープネスで画面がクッキリした技術もいいんだけど、
白黒とフィルムならではの雰囲気が
やっぱり好き^^
色の対比で遊ぶ人なら、
Franco Fontana フランコ・フォンターナ

そうそう。
「アラーキー」こと荒木経惟のもありました。


ミラノでは、ちょこちょこ写真展が開かれていて、
少し前なんかには、
Paolo Pasolini パオロ・パゾリーニのもありました。

旅行でミラノに立ち寄ることがあれば、
美術館の他に、こういうのも良いかと思いますよ〜。


では今日はこれで。

またね^^




人気ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村