くまちゃんと一緒〜ナポリ人夫とのおバカ生活日記〜

説教警官くまとの結婚生活。イタリアの警官たちの実態も暴露(←やっぱオンナ好きやった。あ、知ってた?)

ぷーの独り言

オマエを石にしてやろうかああああ

みなさん、こんにちは。ぷーです。



いろいろ書きたいネタはあるのですけど、
例によってまた眠い私…



ですので、今日は、現在のわたくしの状況を報告して
おねむに参ります。

では…





















1596-98 - Michelangelo Merisi da Caravaggio










頭がもうっもうっもうっ。


髪が伸び放題の、正に

メドゥーサ状態
みな石にしてやる〜〜〜〜



絵の表情も、
鏡を覗いたときに発見した皺・シミ・白髪の多さに 
恐れおののいたワタクシの表情にソックリ。
(こんなギョロ目とちゃいますけど)


頭の形が良かったら、
是非とも丸坊主にしたかったワタクシよん。

(見事な絶壁な上に、ハチが張っとる)
(髪が伸びるのが異様に速いので、
髪の毛に大した執着が無いのです)

しかも梳いていた髪も伸び放題なので、
髪が増え放題。
ですから、
背の低いポテンポテン体型のワタクシは
この髪の量では頭デカイデカイ。

ギャグ漫画の頭身を、
我が身を持って表している感強し。

いとなげかわし。 







それではみなさま、ごきげんよう。







※アウェーにとどまらず、ホームでまでも
ノヴァーラなんぞに負けたインテル。
ガックリ来ているワタクシでござるよ。
言葉も無い…


にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村

 

人気ブログランキングへ

ピチピチのプルプル従弟妹たち

みなさん、こんにちは。ぷーです。




日記風ブログが続きますがご容赦を。



日曜日、ミラノの叔父宅にお昼ご飯にオヨバレして参りました。
早めのクリスマスプレゼントを持参し、
叔父夫婦、従弟妹、叔母のお母さんとその妹に私たち夫婦と、計8人のお昼。
(叔母さんのお母さんとその妹って人物とまでつき合うのが、何ともこう、大家族的だなあと実感)


ご飯は別に普通のイタリア料理やから、
この際どうでもいいねんけど(ぅおいっ)、
その〜ねえ。
何といいますか。

従弟妹たちがですねえ。


ええ青年期にいるのだなあ


と実感させてくれましたよ。



むか〜しこのブログにも一瞬だけ写真載せたんですけど、
結構な美弟妹でしてね。

従妹はインテリアデザイナーの卵(国家試験は一発合格で昔から秀才で頑張り屋さん。最近は初めて彼女指定でインテリアデザインを受注したんだってよ〜)
従弟は大学生ホヤホヤのアスレチックボーイ。


従妹は、昔っから綺麗な子だったんだけど、
最近更に綺麗さに磨きがかかって、
なんかこう、おばちゃんは見とれてしまうのよ。
(また美人な上にスタイル抜群で声も可愛いって、どないよっ←カンペキにオッサン目線でスンマセン


従弟の方は…
この子は知り合ったときはまだ6歳か7歳で、
それはそれは もう、人形のような可愛い男の子だったのがやね。
今や20歳。
前はいわゆる細マッチョだったのが、
肩幅も更に広くなり、ガッシリしてきて、
男らしくなってきていて、
少年から正に青年へと移行している最中。 


最近、友達同士で
「この年になったら徹夜なんかやっとれん」
だの
「仕事への集中力が前より無くなった」
だの、
「長いことコンピュータに向かっていた後は法令線が濃い」
だのさ。
なんていうの。
まあ、中年の体の変化というのをお互いに話していたんだけどね。

あれやね。そんな私らにとったら。
若い子の変化を見るのって、
なんかもう…



眩しいねっ 



 

中年やいうても、まだまだ若輩の私が20代の子たちのことをこんな風に言うなんて、もっと年配の人からすれば、

「何を生意気言うとんじゃ」

て感じでしょうけどね〜。

いやー。
もう、ピッチピチしてて、妙に感動しましたよ。 




てなわけで今日はブツブツ独り言でした。

またね 

にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村

 
人気ブログランキングへ

心弱かったっす。

みなさん、こんにちは。ぷーです (・◇・)ゞ



雨降りの今日のお昼。
園芸部長を迎えて、ワタクシ、鯛飯を作りました。
出来はですね…。



ホッペ落ちました。おいちかった





さて最近のイタリアは…ミラノでは…

そんないい場所で、そんな広さで、そーんなお値段で絶対に家を借りることなんて出来ないはず

な街の中心地で、


超のつくお金持ちの不正なお家賃が問題になっております。



誰がこんないい場所でこんな安い家賃で家を借りてるのか、ネットにはリストが出ているのですぐわかります。


イタリアってトコは、バカみたいにコネが横行する国なのは、みなさんご存知よね。

お金持ちほど良いコネがあるのは当然で、
結構な稼ぎのある有名な女優が、学生並みの料金で、ミラノのチェントロに家を借りていたりする他、バレエのプリマドンナ(もう踊ってないけど)や、こともあろうに憲兵警察のええ年したオジサマまで、割合によい場所に、



なんじゃそらああああっ(松田優作の真似)?q|゚Д゚|p



てくらいやっすい値段で家借りてたりってのが、そのリストに全て載っていました。



人間、正直に生きるものだとは思ってるけど、このリストを見ると

「正直者はアホを見る、あほー」

とか思っちゃってですね。
思わず夫くまに、

「あ〜あ。くまちゃんももうちょっとズル賢かったら、何ぞコネでも利用して、うちらもミラノのいいとこに住めたかもしれんで〜」


なんて、悪魔な台詞を吐いてしまいました。

もちろん

「何か後ろめたいことして生きていたら、後で絶対にしっぺ返しが来るもんや。そんなこと考えるの、やめとき」

と言われましたけどさ。


わかってるわいなー。

エラそうなこと度々ブログに書いてる私やけど、こんだけコネコネ社会なイタリアを見てしまうと、ついつい、


ああ、私も何かコネが…


なんてヨコシマな考えが、トリ頭をよぎってしもたわっけ〜。




は〜。

アカンアカン。
不正して得してる人を羨ましがるなんて、ホンマ、あきまへん。


心入れ替えて、また頑張りますーん。




では、またね 


にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへいいのいいの。倹しくとも夫婦2人で仲良く楽しく暮らしてるもんっ。

丸まった靴下

みなさん、こんにちは。ぷーです (^∀^)


私の住まう、ミラノ近郊のちっこい町は、久々に気持ちよい晴天です。
日本はどない?



さて、先日はうちの夫のイビキを話題にしましたが、いろいろアドヴァイス下さりました皆様方、

あんがっとさ~ん
sakata2


でございました(…すみません。同じネタばかりで)。


時間外労働が多かったせいか(しょうもない強盗が多かったのでいろいろ大変やったみたい)、かなり疲れていたようです。最近は、元に戻り、お陰様で、静かにスヤスヤぐまでございます。



が、しか~し!


新たに世の奥様方に尋ねたいことがありんす。

あのですね。
夫というものは、どうして。どうして。どうしてどうしてどうして。





靴下を伸ばして洗濯カゴに入れられないのっ



うち、いっつも
BlogPaint

こんな感じで、丸まって入ってます。
どんな時も!例外無し!


他はキッチリしてるのになあ。
何度お願いしても、伸ばして入れておいてくれん。
別にいいねんけど。

友達のダンナ様に、洗濯する服もキッチリ畳んでカゴに入れる人がいたんやけどさ。

そこまでお願いする気は毛頭ないんやけど(第一鬱陶しいやん、そこまでされたら)、
毎回毎回丸まった靴下伸ばしてたら、10日に1回くらい、


い~~~~~ッ (#`皿´) 


てなってきます。


ええ。今朝も伸ばしましたよ、丸まったの。全く。

くまの足はクサくないのが、せめてもの救いってとこでしょうかねえ。
(私の足がクサいかも知れんな(●´ω`●))





てなわけで、今日はグダグダ主婦のしょうもない愚痴でござんした。



ではこれで。


みなさま、よい日曜日を 


にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村



人気ブログランキングへイタリアのバカ大臣ども勢揃いの夢を見て、すごく疲れて起床しました(なんで私がそんな夢見なあかんねん)

年は熟しても熟女にはなれん

みなさん、こんにちは。ぷーです v( ̄∇ ̄)v



昨夜は遅番の夫が中々戻らず、気になりつつ寝床に入ったので、
寝たか寝てないかの間に朝になり、
ボヤ~ッとしたまま、用のあったミラノに出掛けました。

朝8時過ぎの地下鉄構内なんて、10年以上入ったことなかったので、
久々の朝のラッシュに身を置き、も~う、

お目目パチクリ (・∀・)

て、ミラノの朝の人混みでこんなこと言ってたら、
東京で生活してる人に怒られそうやね。




さて、最近新しい知り合いが出来ましたんですけどね(日本人)。

この人に、私の年齢を言いましたら、

「うそ~。見えません」

と言われまして。



喜んでしまいましたワタクシです。(* ̄∇ ̄*)エヘヘ



実年齢より若く見られて喜ぶってこと自体が、
年いってきた
ってことですよな~。



小さい頃に見た、若く見られて喜んでいたオバサマ方を思い出しましたよ。

「そっか~、こんな気持ちやったのね」

とね。



確かに、童顔ですけどな。

しかしこの年になると、童顔なんて何の足しにもなりゃせん。


この顔にヘンにほうれい線とか入ったら、もう最後。
トッチャン坊やならぬ、オッカサンお嬢って具合よ。
どっちつかずのヘンな顔になるわいな。

だからって、別に
熟女っていう、世の男共を惑わす感じにもなれない……。
(いや、惑わしたいとかそんな願望ないけども)




まあ、書いてるほど悩んでるわけでもないんですけど
(ほな書くな)。



は~。

しょうもないことブチブチ書かんと、そろそろ晩ご飯の用意しますわ~ん。


じゃ、またね~ 

にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ憧れる女の人は、若い頃の岩下志麻(渋いぜっ)。イタリア女性の顔はちとキツい(目つきが…)
記事検索
プロフィール

ぷー

QRコード
QRコード
livedoor × FLO:Q
  • ライブドアブログ