会場:柏PALOOZA      17:00スタート

☆ 渡辺えりか
 実物とフライヤーの印象が全然ちがくてビクーリ。
 なぜか渡辺直美を思い出しました。

 とにかく元気な娘さん。

 演奏曲は、

 1.赤色眼鏡
 2.赤い夕日が沈む前に
 3.キミ
 4.グリーンレンジャー
 5.Good Morning

 曲の感じと歌い方が合ってないような気がしたのが残念。
 不思議なビブラートを放っておられました。

 グリーンレンジャーの曲前に、おもむろにスケッチブックを取り出した渡辺さん。
 なんですかね? 紙芝居?

 絵がね、上手でした。
 チョーかわいい(o^∀^o)
 思わず欲しくなりました(笑)


☆ UESA
 先にやるんやーと、カホンの音で確信。

 1.UESAのテーマ

 2.誰かが君に恋してる
 ヒデトさん、歌詞間違えてニヤリ(笑)
 ワショーイしたことないなー、己(^。^;)

 3.いつか世界樹の下で

 今日はお昼間からフリーライブでかぐらさんとラブラブだったUESAさん。

   ヒ「もうこのまま付き合ってもおかしくないんじゃないかって。」

 すると健ちゃんさんが「どっちにする?」
 そこ掘り下げる?(笑)

 考えるような間を作るヒデトさんが怪しすぎ(笑)

 かぐらさんは“デシベルが違う”とヒデトさん。
 健ちゃんさんは、「あの方言はキタナイ(ズルイ)」と。

 方言の話から、ヒデトさんが大阪弁を使わないようにしてるんじゃないか疑惑を検証(笑)

 大阪でも地域によって方言に違いがあるらしく、ヒデトさんの地域は、どちらかというと京都弁に近いらしい。

 ヒデトさんの話し方が標準語だと思っていた健ちゃんさん。
 言葉は標準語でもイントネーションがちょっと違う時がありますよねー。

 健ちゃんさんが時々標準語を話すんだけど、イントネーションが関西弁になってるとヒデトさん。
 すると、

   健「もう3年近くなるから、標準語喋れって言われたら出来るからね。」
   ヒ「標準語のイントネーションで自己紹介お願いします。」

 その自信満々ぷりをへし折るヒデトラップ(笑)
 健ちゃんさんの言葉だけ標準語は、イントネーションがどこのものだか分からなくなっていました(笑)

   健「めっちゃムズイっ;」
   ヒ「笑いを失うと書いて失笑やったわ;」

 「出来る?」と訊かれたヒデトさんは、自信なさげに「出来るかな?」と言っていたのに、完璧な標準語の挨拶を披露。

   健「ウザイな。」

 してやったり顔で両手を広げ、

    ウィーア ザ チャーンピォーン ♪

 やってしまったダメージが意外とデカかったヒデトさんでした(笑)

 4.ホワイト

 5.ダイヤモンド

 この2曲を連続でやられるとたまらんなぁ〜(┳◇┳)

 クリスマスの思い出は…

   ヒ「音楽始めてからはライブ入ってなかったことない。」

 でしょうなー。

 すると、ライブが入ってなかった時のクリスマスはちゃんとやってたと健ちゃんさん。
 それを聞いたヒデトさんはニヤっとしながら、プライベートさらけ出しちゃいなさいよ、健ちゃんと(笑)

 高3の夏で初めて彼女ができた年の演出タプーリなクリスマス話を始めたんですが、それと共に高校生の不純異性交遊が発覚しちゃったっていう…(笑)

 続いて、しんぺさんに飛び火。
 しんぺさんは中3の頃、1月が誕生日の彼女のためにクリスマスはバイト。
 ディズニーシーに浮いてる船の下の青いラインを塗ったのは僕ですと。

 「いいなークリスマスぅ。」を連呼する健ちゃんさんのクリスマスは、ナカノさんとラブラブの予定だったりする(笑)

 遅れたクリスマスパーティーやろうかという話になったんですが…

   ヒ「でも、もうそれ、忘年会ちゃうん?」

 終了〜(笑)

 七面鳥を食べたことがあるかを訊いたヒデトさん。
 案外いてビクーリ。

 急に子供の頃の切ない記憶が蘇ったヒデトさん。
 家でクリスマスパーティーをやったんだけど、その時にもらったプレゼントが“いつかプレゼントを入れてくれるであろう靴下”だったらしい。

 そりはナイスアイデア〜( ^∀^)b

 その日のディナーは天ぷら。
 「ケンタ食べたい」と思わず漏らした息子に、悲しい横顔を見せたおかんが今でも忘れられないらしい。

 切ない話の後、次の曲に行くためにむりやりテンションを上げにかかるヒデトさん(笑)

 6.パパリーナ
 ギターソロ前にみんなで「植田」を連呼。
 てか、どさくさに紛れて放った「クリスマスの植田」ってなんですか?(笑)

 7.Summer movie
 立てーぃコールがなかったけど、わらわら起立するお客さん。
 ですよね… そうなりますよね…(┳∇┳)アハハハハ…

 8.everybody needs somebody
 着席するかと思いきや、座る気配ナッシング。
 ステージ上を妄想してみる(笑)

 9.クリスマスイブ
 山下達郎さんの曲をカバー。
 悲しいことを歌っているのに美しい曲だと。

 10.Where is Love

 や〜らか〜く静〜かな空気に変えてバトンタッチ。


☆ かぐら
 登場SEはマイラバですか?
 入りからものすげぇヒーリング効果出しまくりでした。

 1.線香花火
 飯嶋さんの唇が乾きすぎて、途中で笛の音がとぎれとぎれ;

 ここで方言の話になり、「オレらからしたら関西弁の方がきたない(ズルイ)ですよ。」と。
 全国ネットの時、茨城弁は字幕が出るらしい。

 茨城弁の辞書“ごジャッペディア”なるものが売られているんだそう。

 2.イトシグナル

 3.季節エクスプレス
 切ねぇーだすぅ〜(┳◇┳)

 しーんみり空気なフロアに「この曲の後ってこうなるね。」とお二人さん。

   関「この流れを変えられるのは健ちゃんしかいないと思う。」

 そんな健ちゃんさんは、上でビール飲みながらイカ食ってるらしい(笑)

 UESAとの初対バンに誘ってくれた人に「君たちと真逆の人たちがいる」と誘われたらしい(笑)
 これが最初で最後のツーマンになるかもしれないのは残念だけど、UESAに出会えてよかったと。
 なんだか最後の曲みたいな雰囲気になっちゃいました(笑)

 4.うたかた

 5.春風

 春な曲を2曲やってました。

 ここでクリスマスの思い出を飯嶋さんの代わりに話し始めた関さん(笑)

 26歳くらいの頃、彼女から貰ったクリスマスプレゼントが“喋って動くエルモ”だったらしく、関さんに嘆きの電話が入ったらしい(笑)

 関さんは、小5の頃、寝てる時にラジコンを顔に落とされ、サンタがお母さんだと知ったらしい(笑)

 6.聖なる夜に降る白い星

 飯嶋さんが喋るようになったのは、つい最近のことなんだとか。
 東京でやる時は標準語を使いなさいと言われ、真面目な標準語で話していたら、行き着いた先が“無口”だったらしい(笑)
 このままじゃいけないと一旦東京でのライブを止め、茨城弁でのライブを復活させてから再度進出したんだそう。

 7.花恋
 懐かしげなメロディーすな〜(´∀`)
 村下孝蔵さんみたひ。

 8.未来モード

 9.ゼンマイ仕掛けのロボット

 告知で、どっかで飯嶋さんのバースデーライブをやるらしい。
 あと昼ワンマン?をやるとかなんとか…。

 普段ライブに行きたいと思えるミュージシャンがあまりいなかったんだけど、UESAのライブは観たいと思うと関さん。
 出会いは大切だなーと。

 10.?
 君に会えてよかった♪って始まる曲でした。


 かぐらさんっていろんな季節の曲持ってるんだなーということが分かりました(笑)
 いやぁー、癒され申した〜( ̄∀ ̄)