会場:横浜ランドマークホール       18:00スタート

 いーつまーでたーっても はーじまーらなぁ〜〜〜い!!

 もぅーーー なに待ちぃ〜〜〜?
 スモークだけが忙しそうにもくもく…。

 結局、30分くらい押しで始まったんじゃないでしょうか。
 開場からの約1時間、何に使ったんですかぁ(┳_┳)

 まずは、サポートさんがスタンバイ。
 そして、あのなんだか壮大な登場SEでお三方が登場。

 椅子があるけどもちろん起立〜。

 1.パネぇ☆
 GAKUさんの衣装がピンクいボーイスカウトにしか見えない件(笑)

 2.U.N.I.S.T

 3.ラブリミッター
 やっぱこの曲はバンド入ってる方がいいすな〜( ̄∀ ̄)

 いつもの挨拶を順番に言ってたけど、TAMAさんがチューニングに集中してて乗り遅れ。

 浮かれすぎてZENさんの指からピックが逃飛行(笑)

   Z「横から見てると二人ともめっちゃカッコイイんですけどーっ」
   G「俺も今、ZENちゃんにそう言おうと思ってた☆」
 
 そんな二人を放し飼いのTAMAさん。

   G「ZENちゃん。 やっと二人きりになれたね。」 

 ほっといたら、二人だけしか居ない世界にとんじゃったGAKUさん(笑)
 まさかの二人だけの世界発言に、軽く戸惑いながらも続けるZENさん。

   G「俺の中の“精神と時の部屋”は、いつもZENちゃんの席しか置いてないよ。」

 ドラゴンボールも織り交ぜながらーの、バックの方々が待ちくたびれーの(笑)

 今日はいい予感しかしないから…

   G「今日かに玉です。完全に。」

 そのギャグの意味がすぐに分かったボクはGAKUさんレベル?(笑)
 かに玉流れでTAMAさんに永谷園のメロディーで自己紹介してとGAKUさん。
 スベリたくないと断固拒否姿勢のTAMAさんは、

   T「それで何度スベってきたことか; 完全に“一人ゲレンデ”だよ。」

 一人ゲレンデて(笑)
 TAMA語録、おそるべし(笑)

 爆笑をいただいたので、このまま自己紹介をスルー(笑)

 GAKUさんが、みんなのテンションをちょっとだけ上げるための魔法を教えてあげますと。

    「ワッチャワチャワチャ ワチャゴナドゥーーーーっ!!」

 ・・・・・ え?(笑)
 お客さんは少々ポカーン気味。
 残念ながらテンションが上がったのはGAKUさんでした(笑)

 4.CRUSE
 新曲披露ですー( ̄∀ ̄)
 でも、イントロからAメロあたりがどことなくONE DAYに似てるのねん;

 ピアノの伴奏が流れ、一気に静かに。
 GAKUさんが何か話してたような…?

 5.消えない花火

 6.CRAZY
 ギターをギュリギュリと鳴らし始めたGAKUさん。
 聴いたことない曲なのねーん。
 サビの雰囲気でサザンを思い出したのねーん。

 ここで自己紹介。
 TAMAさんが随所に「好き☆」をまき散らしていました(笑)

 いつもの流れでおねぇ系口げんか(笑)になったTAMAZENコンビ。
 ZENさんが最終的に、

   Z「ぼぉくドラえもんではないですぅ〜。」

 なぜそうなった?(笑)

 どっちが好きなのよぅっ!ということで、GAKUさんが、

   G「俺が好きなのは、ここにいる・・・・・ みんなだと思う人、はいっ!」

 手を挙げた人にポジティブ賞をあげてました。

 結局みんなが好きってことになり、ギターを置いたと思ったら、GAKUさんの髪を軽く指で整えたZENさん。

   T「ちょっと、抜け駆けないでっ “ダイヤモンド☆フユカイ”よっ!」

 サラっとブチ込むのねーん(笑)

 そこからUNIST RADIOへ。
 横浜といえば…

   ゼ「短めのスカートにぃ ルーズソックスでしょ? 胸元から少し見えるアンダーウェア…」

 ゼンスさん、なんだか歪んでます(笑)

 リクエスト曲は、『ゲレンデがとけるほど恋したい』でした。

 ニコニコしながらクリスマスの予定を話すゼンスさん。
 出てくるのは女子の名前だけかと思いきや、“コウジ”と“ナオユキ”が登場(笑)
 
 最後の締めで“お過ごしください”を噛んじゃったGAKUさん。
 立ち直れないGAKUさんを見て、“コウジ”話を広げ始めたゼンスさん。
 “コウジ”は板前で角刈りらしいです(笑)

 なんとか仕切り直したGAKUさんは、照明が消える間際にやらかした〜;ポーズで消えていきました(笑)

 7.NEVER-EVER
 ギターをコツコツ鳴らしながらイントロを演奏するTAMAさん。
 カコヨス〜(o^∀^o)

 8.霙
 この激しすぎる切な曲をぜひ音源にしていただきたい(┳◇┳)

 2曲を3人だけで演奏。


 転換曲が流れ、ステージの端に洗面器とかで作ったドラムが登場。
 そこにGAKUさん。

 UNISTワールドコント?(違います 笑)
 魔法をかけられた住人3人がかくし芸並みのことを披露するコーナーでした。

 GAKUさんは、おもちゃのドラムをリズムマシンで鳴らしてU.N.I.S.Tを演奏してはりました。
 スネアが「ニャ〜」って鳴ったのがオモロかったです。

 TAMAさんはU.N.I.S.TでDJ。
 チッカチカした照明の中でギラッギラのパーカー着てるTAMAさんは、人間ミラーボールでした(笑)

 ZENさんはU.N.I.S.Tでダンス。
 手の動きがとにかく多かったなーと。
 3人の中でいちばん歓声が多かったかも?

 街一番のわんぱくものって言われてました(笑)

 9.年中無休DEパーティーナイト
 手振りの練習がありました。
 最後がダダダァーって元気な曲でした(笑)

 GAKUさんがピンクのジャケで…

    林 家 ペ ー を 超 え か け ま し た 。

 ZENさんの後頭部って…

    ニ コ ち ゃ ん 大 王 み た い な ん だ よ 。

 10.サマーデイズ
 3人でわちゃわちゃしてました(笑)
 この曲やったっけな? 前の曲やっけ?
 TAMAさん一人に照明が当たってたら、前でGAKUさんが遮ってました(笑)

 GAKUさんは、好きなことを本気でやっていくには、仲がいいだけじゃダメだと知ったんだとか。

 こんなサイコーの日がこれから先どんどん増えて、毎日毎日サイコーの日を送ってもらいたいとか言うてはったかな…?

 11.ONE DAY


 アンコールで登場するなり汗を拭くGAKUさん。
 汗も拭かずにQooで乾杯してたらしい(笑)

 「果実ジュースは100%しか飲まない」と言い切るGAKUさんに、

   T「そんな合成着色料みたいなジャケット着てんのに?」

 ナイスツッコミ!(笑)

   T「混じりっけ有りっ! でおなじみのショッキングピンクなのに。」

 迷いのない“混じりっけ有り!”にGAKUさんが壊れました(笑)
 タオルを顔に押し当て泣き笑い。

 復活したGAKUさんが突然、

   G「僕たち、私たち、君たちの ショートコント。」

 無理無理無理(*´д`;)

 クリスマスイブのディナーショーの話になり、80席くらいしかないと。
 行きたいって人に挙手をしてもらったんですが…

   Z「結構足りそうだね;」
   T「意外と俺たち傷つきやすいんだよ。」

 新年会は1/4。
 昼と夜にやるらしいんですが…

    社 会 人 、 仕 事 始 ま る ん じ ゃ ね ?

 ファンの年齢層が不明すぎ。

 今日はなんでもありってことで、GAKUさんのなんとなくノリで言っちゃった「We are X!!」から、XのライブMCを再現することに。
 ヤベェっす; ツボすぎっす(^▽^;)

 DVDで答え合わせをするらしい(笑)
 危うくアンコール曲が『紅』になるところでした(笑)


 この1年、どんな年よりも多感な年だったとGAKUさん。
 今なら素敵なメッセージに変える自信があると。

 俺たちに出来ることは、楽しくなる方法を教えてあげること。
 悲しみも辛さも受け入れた上で、一緒に楽しんで歌っていこうと。

 En1.希望の歌
 ピアノとアコギだけで演奏してたと思ったら、最後のサビでドーン!とバンドサウンドに。
 聴かせますな〜(#^.^#)

 En2.PEACE!!
 サビの手振りを練習。
 もういこう!ってなったのに、なぜかもう一回サビがきたのはなーぜー。

 仕切り直してイエッエ〜〜〜ィ!(≧∇≦)v

 風船爆弾飛んでたなー。
 あれ、大っキライなんすけど; 

 TAMAさんが風船に気を取られすぎて歌ってませんでした(笑)


 最後に一列に並んでお手手つないでご挨拶。
 なぜか両側から腕を伸ばされ手が上がらないGAKUさん(笑)


 ここが満員になったらスゴイんでしょうなぁ〜。