会場:上野音横丁

 幕の奥で喋り出す二人。

 健ちゃんさんがお昼におにぎりを1個だけ食べたってくだりで、だからちっちゃいんだと言われて…

 健「そない変わらへんがなっ!」
 ナ「変わらへんけど俺はラーメン食べて…」
 健「せやからそんなお腹してるんやろ!」

 ナ「あんたの子が入ってるんやでっ!!」

 衝撃的な幕開け(笑)

 やっと幕が開き、一度やって味を占めたのか(笑)、ビール箱に乗って背が高い人アピール(笑)
 でも高すぎて口しか見えない件(笑)

 柱の向こうに顔を出そうとすると猫背になることから、今日の名前は…

   ナ「猫背と犬背ですっ!」

 犬背って(笑)

 正直、千綿さんが出ると聞いた時、うそんっ;と思ったというナカノさん。
 自分のイベの中でも、これがいちばん自由ですもんねー。

 昼の部で“死にかけのじじい”みたいな声で歌ってたと報告された健ちゃんさんは、

   健「やめときーや。死にかけのじじいに謝れや。」

 まさかのそっち?(笑)

 いつものお約束でサビを歌ってくださいってことになったんですが、

   健「ボクは合の手がんばります。」

 1.ビター
 じゃぁってことでナカノさんが歌い出したんですが…

   思い出に♪   「my memory」
   涙するなら♪   「in tears」 

 そんな合の手イヤ(笑)

 合いの手禁止令が出たので、賑やかしをがんばりました(笑)


 本日のゲストのお二人をお呼び出し〜。

 めずらしい千綿さんのジャケ姿に、ナカノさんが「364日、ネルシャツボーイやんか!」と(笑)

 そんな千綿さんは、今日のイベがどんな内容なのか知らされないままだったらしい(笑)

    今「タイムテーブルがざっくり過ぎて意味わからん。」

 オープニングと本編2時間30分だけ書かれていたらしい(笑)

 健ちゃんさんと千綿さんは、横浜のフェスで一緒した時に二人きりでじっくり飲んだらしい。

 ナカノさんに吹き込まれてたので、千綿さんには強く出られないと健ちゃんさん。

   ナ「ケンカ強そうなにおいがする?」
   健「やめとけっ!」
   ナ「大丈夫。安岡と違って千綿君は大丈夫。」

 いきなりキレられてもイヤですよ?(笑)

 今津さんは最近、関西人の自分がイヤになることがある(すぐ声を張ってしまうから。)

 大阪弁にかぶれてしまった京都人。

   今「10年以上ナカノさんとおったら変になる。」

 今くらいがいちばんいいカンジなのに〜(笑)

 ナカノさんはラーメン屋でタイ人からタイ人に間違われたらしい(笑)

 千綿さんは普段何してるんだろう?って話。

   ナ「音楽と移動しかしてないと思う。あとずっと飲んでる。」

 あながち間違いではないらしい(笑)

 最近、今津さんがギターの技をこっそり磨いているのが悔しいナカノさん(笑)

 マラソンの話。

 42.195キロ走った今津さんは、現在、右足のお父さん指の爪が真っ黒状態。(ほっといたら生え変わります。)

 ナカノさんは10キロ走ったんだけど、ずっといつものテンションで喋りながら走ってた。

 2キロ地点で水をかぶろうと決めていた健ちゃんさんがかぶったのはスポーツドリンク。
 あと8キロをベタベタ状態で完走(笑)

 ナカノさん、スキップでごぼう抜き(笑)

 みんなでなんかやろうやってなったんですが、今津さんが提案した“球技”は、センスないと出来ひんやつからって却下されました(笑)

   今「みんなやり投げましょうよ。」

 やり準備するのがタイヘン(笑)

 応援団とは、

   ナ「硬派が一本通り越しておかしなことになってる。」

 グラカラさんとこのドラム文さんも、虫の居所が悪い時は、応援団の先輩顔になるらしい(笑)

 千綿さん、ここで初めて健ちゃんさんが元ZILCONIAだということを知る。

 昔の健ちゃんさんは、“ダボダボパンツのジャックナイフ”(笑)

 千綿さんとナカノさんの初対面はピリピリしていた。
 二人で飲みに行って宇宙の果ての話を真剣にしていたら仲良くなった(笑)

 イベで一緒になった時、ひまりのまっせさんが出してくるフレンドリー具合に千綿さんがキレるんじゃないかと、ナカノさんはドキドキしていた(笑)

 今津さんと千綿さんは某イベの中打ちで一緒に飲んだんだけど、千綿さんと握手した時にニコニコしながら手にグゥーって爪立てられて、「こっわ〜;」と思った(笑)

 千綿さんに対するリスペクトがすごくて、ほとんどの後輩がナカノさんにはタメ口(笑)

 千綿さん曰く、「ナカノ君はなくしちゃいけない“人材”」


 さて、歌に行きますかってことになったんですが…

   今「爪切り持ってへん?」

 ここで持ってたらすごいと思います(笑)
 てか、ギターも持って来てませんし(笑)

 準備の間、ナカノさんと健ちゃんさんがいつどうやって仲良くなったのかって話。

 飲んで終電を逃し、ナカノ家に泊まることになったんだけど、二人でセコムが来るくらい遊んでから仲良くなった(とても言えない遊びをしてたらしい 笑)

 
☆ 今津直幸
 爪も切って準備万端(笑)

 1.優しいうそ
 あれ?この曲、手拍子してなかったっけ?って思ったんだけど、誰もしなーい。

 2.雫の行方
 大切な人、時間を考えていられるのはすごく幸せなことなんだなーとか話してはったかと。

 初めてタイアップのゲーム名を今津さんの口から聞きました。
 言う時、はずかし半笑いでした(笑)

 3.キミニアイノウタ
 宣伝も兼ねて。
 1曲目で手拍子なかったから、この曲ではもらえるかな〜?と下準備(笑)
 
 4.満員バス
 もうおじいもおばあもおらんけど、あったかいものは心の中にいつでもあるんだと。
 2コーラス目だったかな?歌詞が完全に飛んだ今津さん。
 お客さんが「お元気〜!」って助け舟。

 みんなでラララ〜♪
 終わったと見せかけて…スピードアップでアホになりました(笑)

 5.ひとりでは
 何を歌おうかなーと迷って、弾き語りでしか唄えない曲をセレクト。
 マイナスな思いの時は、前向きな曲が書けるんだとか。


 今津さんの時間が終わり、二人が登場。
 『ひとりでは』を歌ってる間、楽屋ではナカノさんが今津直幸になりきって踊っていたらしい(笑)

 “俺は昭和の男前”と言い切るナカノさん(笑)
 そんなナカノさんの鼻を「男前なんですってー。」と言いながら指で隠す今津さん(笑)

 千綿さんが準備しに登場。
 ここでセッションがあることを初めてお知らせ(笑)

   健「歌ってくださいじゃなくて踊ってください。」

 踊るという一言に心臓がバクバクしはじめる千綿さん、なかなか演奏に行けずソワソワ(笑)


☆ 千綿偉功
 1.ふたりのMilkyway
 お客さんの何秒息が続くか対決(笑)
 時間がもったいないって言っときながら止まらない(笑)

 今日のイベの中身を知らずに受けたあと、ファンの方に「タイヘンですよ;」って言われたらしい(笑)

 最前にいる子供を見ながら、子供の頃はライブハウスは入っちゃいけないところって言われたのに、時代が開けてきたのかなー?と。

 2.ルール

 3.ちくわやきのうた
 子供の頃の忘れられないものを思い出しながら聴いてくださいと。

 歌い終わると、

    「歳を重ねても忘れたくないもんがあるんだーっ!

                 若いもんには負けへんぞーーっ!!」

 吠えていらっしゃいました(笑)

 4.モザイク
 「ウソでもいいから言ってね。」という前置きからの

    千「大好きって言って!」   客「大好き〜!」

 3月に自主イベ、4/5に四谷天窓でバースデーワンマンがあるんだとか。

 5.誇り
 足りないとこは自分でわかってるけど、曲げたくない思い、無くしたくない思いがあるんだと。


☆ ナカノ健一
 準備をしながら、

   ナ「いや〜だよっ♪ やりにく〜いよっ♪」(誇りのサビメロで替え歌 笑)

 『虹』のサビを健ちゃんさんに歌わせたあと、千綿さんにも歌ってみてもらう。

 結果、

   ナ「歌わせて損したわー。」
 
 応援してた時もフェイク入れてたんちゃうん?とナカノさんがスゴイ独特なエールを披露(笑)

 佐賀の話。

 数年前に大阪へ墓替えするためにおじいの墓を探しにおとんと佐賀へ向かったナカノさん。
 迷いながらやっと探し出したナカノ家の墓はジャングル状態だったらしい。

 千綿君、高校の時モテてたんやろなーと。
 俺らはオモロイをプラスせんと勝たれへんみたいな話をしていたんだけど、ナカノさんと同じカテゴリーにされていることが気になる健ちゃんさん。

   ナ「自分、モテてるていでいてんの?腹立つ〜っ」
   健「え?」
   ナ「今津の横に立ってたらやっぱお前ちんちくりんやでー。」

 言うたった(笑)
 俺の横にいるおかげでシュッとして見えてるんだから、ありがたいと思いなさいと(笑)

 透明なピックを探し出すナカノさん。
 昼にたかのりしゃんが透明なピックを床に落として、コンタクトばりに探したらしい(笑)

 1.スペース
 『虹』、歌わないんだ(笑)

 2.大キライダー
 健ちゃんさんの「大キライダーっ!!」が喉壊しそうで心配になった件(笑)
 ハゲ話が止まらない(笑)

   ナ「俺、ナカノ家のキセキて言われてるんやからなっ!!」

 これからもDNAに逆らい続けてください(笑)

   健「俺はハゲてもアッちゃんのことスキや。」
   ナ「ハゲないっ!!!」

   ナ「健ちゃんハゲないのー?」
   健「はい。」

 即答(笑)

 ナカノ健一の説明が始まるも、“巣鴨のホスト”にされた健ちゃんさん(笑)

 3.坂道エール


 エンディングになりました。
 ゲストの二人を再びお呼び出し。

 トクダさん抜きで『シンゴウゴーゴーゴーゴゴー』をやることに。
 
 人前で歌ってなかったら、みんなのうたに押し込んだのに〜ってワタフラのクマガイさんに言われたらしい。

   ナ「次は肉おいしいで狙っていきます!」

 まったく同じメロっていう(笑)
 バンバババンっが気に入って、口から離れない千綿さん(笑)

 お客さんを巻き込んでダンスの練習が始まりました。

 そして、セッション開始。
 健ちゃんさんは踊るつもりでオケにギターも録音済み。

 曲が始まってからの会場の一体感よ(笑)

 最後のキメポーズはフリースタイル。
 千綿さんがマイケルになってました(笑)

   ナ「もう一回やろか。」

 アカンって言ってた健ちゃんさんでしたが、あと10分あると聞いて、

   健「やりましょう。」

 千綿さんもノリノリ。
 曲が始まってから大暴走(笑)
 結局、みんなが走り回って、誰も歌ってないって事態に(笑)

   今「誰か歌ってー!」

 むなしく響きました(笑)

 そしてラストのフリースタイルは、今津さんと健ちゃんさんが共同作業(今津さんが健ちゃんさんにひっついて胸触ってました 笑)


 今回も楽しゅうございました(屮`∀´)屮