くまちろちゃんのライブ参戦記♪

いろんなところにおとぼけ参戦中(笑)
ライブの内容を書いちゃいます。
尚、ボクなりの感想なので怒らず温か〜い目でご覧ください(笑)

上野

別冊UTA-KAI Vol.55〜手と手は音を繋げ合う〜(第2部)4

☆ the soul
 すんません。腹ごしらえに突入。 

 途中参加しましたが、お客さんがちょいちょい立ち始めたのがこのライブからかな?

 2部始まったばかりなのに、アンコールのコールするのはいかがなものか…と思ったり。


☆ ササキオサム
 久々見たー。
 相変わらずちょっとくねくねしてはったー。 ←ごめんなさい;

 演奏曲が分からない…。
 聞いたことある曲もあったんですけど…。

 『One Heart』って曲はやってたはず!

 最後に大好きなムンチャの『escape』やってくれました。

 バンザーイヽ(^o^)丿


 SIOさんが次を紹介しようとしたら、ふんわり出てきたササキさん(笑)
 タイトルコールのあと、テンションMAXのシャウトを聞かせてくれました(笑)


☆ THE LOVE
 何年ぶりですかね? 相当経ってる気がします。
 たぶん最後に見たのは高田馬場phaseかもしれません。

 平さんの身長が新喜劇の石田さんくらいと勝手に記憶してたボク。
 案外ミニマムで思わず二度見(笑)

 残念ながら、久々すぎてまったく曲が分からず…。
 休止してらっしゃったことすら知らず…。

 なんかね、今回はおっきいとこで大勢の観客を前に演奏してる体らしいです(笑)

 2曲目はバラードでしたよ。
 お客さん立ってないのに、「ちょっと座ってもらって…。」

 3曲目に唯一知ってた曲、『sinple is best』をやってくれてうれしかったです(^^♪

 最後の曲もよかったなー。


☆ 千綿偉功
 意外と千綿さんの声がすーんっと響き渡るのねん。

 1.枯れない花
 “こころぉ〜はぁ〜〜〜 晴れぇ〜♪” が“ハゲ”に聴こえてしまったボクはダウン寸前(笑)

 「ステージにも扇いで。」とお願いすると、前方のお客さんが一斉にステージに向かってうちわの風を送ってました(笑)

 最後のサビはオフマイク。
 どえらく響いてました。

 千綿さん先導で四十路コールが始まりました(笑)

 2.モザイク
 さっきナカノさんがパクってたやつです(笑)

 UTA-KAIは2007年に初参加したんだそう。

 あと、4日前くらいに佐賀で熱中症になりかけたらしい。
 話してる時にいいタイミングで救急車が通りました(笑)

 3.アイブミ〜Love Letter〜

 4.友よ
 お客さんのウォーウォーが空気を揺らしまくってました。
 この一体感ヤバし。


 第二部終了〜。

 そして、熱発のため脱落…。

別冊UTA-KAI Vol.55〜手と手は音を繋げ合う〜(第1部)4

会場:上野水上野外音楽堂      12:30スタート

 方向オンチは残念ながらオープニングに間に合わず。
 席に落ち着いたところで笑顔で全員退場(笑)


☆ 阿部祐也
 アコースティックなバンドバージョンでした。

 てか、音小さいなー(;一_一)
 ま、辺りがホテルなんで仕方ないんでしょうけど…。

 その代わり音の広がり方は尋常じゃなかったですけどね(笑)

 1.足跡

 2.ネリネ
 お客さんのラララがそこいら中に広がって気持ちよかったです(*^_^*)

 挨拶しただけで笑いを起こすユウヤマン(笑)

 3.陽のあたる場所

 ここでメンバー紹介してたかと。
 今日のメンバーはベースのFul-fulさん、ドラムの石川さん、キーボードのリョウヘイマン。

 9/2のワンマン告知で、「損はさせません。」ではなく「損はしません。」って断言ヽ(^o^)丿オホホホ〜

 千綿さんがユウヤマンのことをライバルって言ってくれたんだとか。

 4.憧れをこえて
 まるでリハをやったかのような完璧な手拍子でした(笑)


☆ 真田暎人
 あの大きな声のヒデトさんでさえ、若干小さく聴こえるのは…座ってる場所のせいですか?

 今日はバイバイ友達(笑)の薮さんと二人で演奏してました。
 ギターの音が小さめなのが激しく残念(-_-;)

 1.TOKYO

 2.手の中の未来
 最後の“夕暮れ〜〜〜♪”に鳥肌(*^。^*)

 やっぱホテルがあるからエレキとか弾いちゃいけないんですってー。
 ロックやらHIPHOPが禁止だから、「ロックンロー!!」って言っちゃったらその時点でダメじゃんと(笑)

 3.17才
 ロック“っぽい”曲って紹介してました(笑)
 そして、ついに17までカウント成功!
 おもわずお客さんも拍手(笑)

 4.ランドリー
 やほ〜ぃヽ(^o^)丿
 暑くてもんやりするけどテンションあがるわ〜ぃっ!

 5.parade
 素晴らしかったけど、どうせなら夕暮れあたりに聴きたかったなー。
 最後の遠吠え(笑)は圧巻でしたヽ(^。^)ノ


☆ ZILcoNIA
 今日は単品で出るのかと思ったら、アコースティックなフルコースでした(笑)
 リョウヘイマンもお手伝い。

 1.flow of time

 みんなのうちわのあおぎっぷりがハンパないと今津さん。

 2.ひだまりの下
 ずいぶん低いとこから始まったなーと思ったら、キーを間違えてたらしく急ストップ。
 ギターを置いて土下座するのかと予想しましたが、ステージ前の水たまり(ではない)に落ちるふり(笑)

 で、仕切り直し(笑)

 からのメンバー紹介。
 かつおさんが水たまりを見て、「これで水上とは言えんやろ?」とフシギ顔。

 くわしくは地図をご確認ください(笑)

 3.雫の行方
 予想外の選曲でございました。

 結構長いこと話してたと思うんですけど、蝉の声にやられてほとんど覚えてません;
 最後に「みんなの大切なものを思い浮かべながら聴いてください。」って言うてはったと思います。

 4.Way to you


 ナカノさんがセッティングしてる間に横では、SIOさんと秋休の河本さんがしゃべり場ちぅ(笑)
 河本さんが自分たちが3部に入ってるなんておこがましい的な話をすると、SIOさんが「目がおっきい順だから。」と軽く自虐ネタ(笑)
 聞き流すかと思いきや、思い切り乗っかる河本さん(笑)

 おまけにナカノさんをお笑い芸人扱いして帰っていきました(笑)


☆ ナカノアツシ

    「千綿君と同い年やのに、楽屋での扱いが違いすぎる。」

 いきなりのグチ始まり(笑)

 1.最高の瞬間
 歌い始めはオフマイク。
 おひょ〜っ!となりました。

 やっぱナカノさんの声の大きさくらいないとうまく通らないのねん。

 2.夏休み

 時間が限られてていろんなことが出来ないから、急にテンションあげますよとナカノさん。

 ホンマに予告通り、一気にテンションが上がりました(笑)
 何祭り?ってくらいの盛り上がり(笑)

    大嫌いって言って! 大好きって言って!

 それ、千綿さんのですから(笑)

 3.大キライダー
 ステージ前の水たまりがもうちょい深かったら飛び込みたいらしいです(笑)
 お客さんに「大キライダー♪」って言わせておいてフェイントかますナカノさんでした。

 エンディングでドラム田中が登場。
 自分よりもデカい声援に軽くやきもち(笑)

 4.電話ボックス
 歌い上げてったな〜。


 第一部終了〜。

渋谷O-Crest Presents 電撃ウエノカーニバル3

会場:上野 SENSATION   18:30スタート

 中に入ると天井が低めで少々圧迫感が。
 音の広がり具合からして、ロック向きのハコだな〜と感じました。

 ステージ前方に大きな柱が一本横に伸びていて、照明がステージ内にこもるような現象が。
 目がしょぼしょぼするなり〜(*_*)
 

 展開中にジェッター3ならぬジェッター2(アツシマン&シンヤマン)が登場。
 計4回登場し、『冬のうた』『追いかけて』『イエスタディ』『虹』(順不同)を1曲ずつアコギで演奏してました。

 登場するたびにアツシマンが「最後の曲になります!」と言って始めるのがだんだんツボに。
 なんか二人で楽しそう…(笑)

 全体的に均一感のあるお客さんの入りでした。

☆ LOOSELY 
 “このメンツでフォトがトリということは、このバンドが一番手になる確率がデカイ”
 そう思っていたら、やっぱり一番手でした。
 現在、関東圏のミニツアー中らすぃ〜

 1曲目は『トナリドウシ』
 どこらへんかでギターとリズム隊のテンポがビミョーにズレたように感じたのは気のせい?

 そして『剣』
 この曲で一気にテンションアップ。
 いつもならここらへんで浅井さんがベースをぐるーんと一回転させるんですが、軽く上にある壁のような柱を見上げて笑っていました。

 ここで回したら、確実にベース破損ですよね;
 
 MCに入り、ドラムのびーちゃんさんが喋り始めたんですが、思わず前回のイベントタイトル(ウエスタンカーニバル)を言ってしまいました。

 痩せてからちょっと体力がなくなりましたかね?
 まだ2曲しかやってないのに、結構な息切れ具合でした。

 『センターオブザワールド』『差し伸べた手の先』と連続で演奏した後、早くも最後の『ピンフ』
 
 ま、30分ですからね。
 とにかくあっという間でした。


☆ TOKYO DROP
 バンドで聞くのはいつ振りでしょう?
 動いてない間、ギターさんが脱退してサポートさんが入ってました。

 ありゃりゃこりゃりゃ;

 演奏曲は、『星のリンダ』『ランドリー』『千一夜』『シンクロナイズドスイミング』『空に風、声は羽根』『楽園』だったらすぃ〜。

 ボクの好きな曲が1曲目でした。
 ソロバージョンでも聴いたことがありますが、やっぱこの曲はバンドで聴くのが(・∀・)イイ!

 ピンの時にはよくしゃべるボーカルの真田さんは、今日はほとんど喋らず。
 こないだ久々にマジメに歌ったら疲れたそうです。

 それって…(^_^;)
 
 最後はバラードでした。
 なかなかよきメロディーかな。


☆ BEANBAG
 今日もお元気そうで何よりです(笑)
 1曲目は『ユリーカ!』
 2曲目にはすでにメガネがありませんでした。

 あれ?メガネかけてきてましたよね?

 少々息切れ気味にフロアにゴキゲン伺い。そして、
 「上野センセーション。スゴイ名前やな。誰がつけたんや?」

 はて? ダレでしょう?
 
 「だいたいセンセーションってどういう意味?」と由美しゃん。
 入口で何度も「衝動!」ってスタッフさんが言ってるのに聞こえないらしく、ぽつんと紛れている外国人に訊いていたんですが返答無し。

 「あの外人はシャイみたいです。」

 そもそも日本語が理解出来てる方なのか???

 4曲目で最前の柵に上った由美しゃんは、上ってる間に曲が終わってしまったので降りるタイミングを逃して立ちっ放し。
 今日はバンドを忘れたらしく、パンツが下がるようで、片手で柱を押さえながらパンツを上げていました。
 
 ん? 今日だけじゃないような気がする…(笑)

 それを見たギターさんが
 「よういつまでもそんな棒に立ってられるなぁ。」
 すると、
 「曲終わったから降りられへんかった;」

 やっと降りた由美しゃんは、5月のワンマン告知に入りました。
 話している間、バックでベースやらギターが鳴っているのが気になるらしく、
 「集中できない」と。
 それでも止めないバックに、ブルース的なノリで絡みだした由美しゃん。
 「来てね〜♪」とかやってはみたものの、もう限界だったらしく、

    「恥ずかしいわぁ〜♪」

 フロア爆笑。

 最後は『あすなろ』
 「知ってる人はいっしょに歌って〜!」

 歌いたいけど歌詞が分かりません(T_T)


☆ フロウズン
 大晦日ぶりですかね。
 ボーカルさんの髪が会う度に短くなってるような気がします。
 次会うときは坊主になってたりして(笑)

 演奏曲は『魅惑のチキルージュ』 『それからどんどこしょ』 『電人M』 『ブレーカー』 『あいのうた』だったそうです。

 2曲目が終わってMCに入りました。
 「東京に帰ってきました〜!安全運転で帰ってまいりました〜!」

 ツアーやってたんですね。
 でも回ってるとこがなんともフシギなルートでした。
 
 九州まで行ってたみたいで。
 車で九州はさぞかしキツかったでしょうに。
 メンバー全員運転出来てよかったですね。

 活動始めて7年半で初のフルアルバムを出したそうです。
 
 え? 初? じゃあ今までの音源にアルバムはないんですか???
 ある意味スゴイかも(笑)

 「ボクが持ってますんで声かけてください。譲りますんで。」
 
 中古の品じゃないんだから(笑)
 
 ベースさんを見ていると、かなりアタマが揺れていました。
 リズムを取ってるんでしょうけど、時々揺れすぎて湯浅弁護士状態になってました(笑)
 
 ボーカルさんの横側からドラムの高田はんがチラリズム(笑)
 な〜んか単調なリズムばかりですな〜。

 同じカンジの曲が多かったんですが、3曲目だけなんか異色な感じがしました。
 ロボットのうたでした。
 歌詞のせいかしら〜?


☆ photograph
 最近、特攻隊長的な出方じゃなくなったらしい(笑)
 何気に後半での登場が増えました。

 狭い空間に人だらけぇ〜。
 んでもってタバコの煙だらけぇ〜。
 ほいでほいで後から来たびーちゃんさんがジャマですぅ〜(T_T)

 背伸びをしたら見えました。
 でも、ドラムのゆうじはんは全く見えませんでした。
 切ないわぁ〜(´・ω・`)

 1曲目から『Universal Star』で一気にテンションを上げていきました。
 イベント開始時に偏頭痛だっただっちパパもいつもよりリズムの取り方が激しかったです。

 2曲目の『I・rony』のあとは久々の『魔王』でした。
 ワンマンでやってくれるものかと思っていたら、やってくれなかったので聴きたくて仕方なかった曲です。

 “自分で考えることが大事なんだ”と話してから演奏が始まりました。
 難しい曲なんです。なんかいぱーい詰まってて、泣かされそうになる曲なんです。

 でも何回も聴きたい大好きな曲です。

 MCになり、白田はんは“なかなか関西弁が直らないのはなぜなんだろう?”と考えてみたんだそうで。
 で、

    東京では関西弁はカッコいいと思われてるから直らないんだ

 という結論に達したらしい。
 それって、イコール“カッコいいと思われたいから”ってことなんじゃ?(笑)

 それから「大阪人丸出しやん?」というフレーズの連発大会開催(笑)
 久々に聞きましたよ。

    べっぴんさん べっぴんさん 一人抜かしてべっぴんさん

 もうたまらんです(笑)

 「難しい曲だけど、何か感じながら聴いてくれ。」という言葉の後に演奏したのは『ニルアドミラリ』
 前の方々はガンガンにノッちゃってて、何かを感じているヒマがないんじゃないでしょうか…(笑)

 そして、余力を残すなと言わんばかりに『Flavor』
 最後は『good choice』でした。

 あっついステージだったんですが、なんでしょう?
 どうしてもステージとフロアに壁が出来ているような…。
 開放感がないような…。テレビを見ているような感覚と似ていました。

 あの天井の柱がなかったらずいぶん違うんだろうなー。
Profile

くまちろ

Archives
Recent Comments
  • ライブドアブログ