くまちろちゃんのライブ参戦記♪

いろんなところにおとぼけ参戦中(笑)
ライブの内容を書いちゃいます。
尚、ボクなりの感想なので怒らず温か〜い目でご覧ください(笑)

リップ・ヴァンズ

LIVE POWER〜素敵なクリスマス〜4

会場:上野BRASH     18:30スタート

☆ 片山遼
 着いた頃にはすでに歌ってました;
 あ〜、ホームの階段間違えんかったら間に合ってたかも…(´・_・`)
 片山さんの時って、こーゆー事多いんす;

 合ってるかわかんないけど、セトリ。

 1.Always
 2.もしも僕が
 3.クリスマス・イヴ(カバー曲)
 4.翻弄
 5.サイネリア

 1曲目の1コーラス目のサビ辺りに入ったんかな;
 扉開けたらすぐ薮さん(笑)
 ギターサポはジェリスタの薮さん、ベースサポはフロウズンの俊さん。
 うわぁ… それだけでウキウキする♪(笑)
 
 2曲目は「一番愛しい人を思い浮かべて聴いてください。」と。
 バンドバージョン、めちゃめちゃ良かったっす(*≧∀≦)キャーッ
 全然違う曲に聴こえましたょ。

 こんな日に集まっていただいて…

   「いいんですか? ミュージックステーション。」

 いつもこの時期ですもんね〜。
 
 ずっと弾き語りだったから、バンドでやることがめっさ楽しいらしく、

   「伝えたいなぁ〜、この楽しさを。」

 3曲目の時、「最近名曲が出来た。」と言った片山さん。
 何だろうと思ったら、山下達郎のカバーやんっ!
 ロックしてもうてるやんっ(笑)
 後半、ラストクリスマスと戦場のメリークリスマスが混ざってました。
 決め兼ねたから混ぜてもうたんか?(笑)

 4曲目が終わってやっと、「メリ〜クリスマ〜ス!」
 今日の片山さんの任務は、ラブさん(薮さん)を爆笑させること。
 各々爆笑してたら、歯医者さん方式で挙手して知らせてくれとお客さんに頼んだ片山さん。

 いやいや、爆笑してたら後ろにおっても分かるやろ;(笑)

 次が最後の曲だと告げると、お客さんからいつもより大きめのえぇ〜っ!をいただき、

   「この思いは一生忘れません。」

 来年の話をしたら鬼が笑うというけど…

   「鬼って誰だろうね?」

 鬼は鬼ですよ、片山さん(笑)
 薮さんがツボったのか、口を押さえながら後ろを向いていました(笑)

 最後の曲は、ある意味ラブソングかな?みたいに言うてました。
 初めて聴いたかも?
 結構アップテンポで、めずらしく楽しげな曲をやってるなぁ〜と。
 ギターソロがカッケ〜かったっす(//▽//)


☆ 秋休
 あれ、名古屋ぶりか?
 セトリはいただきもの。

 1.きよしこの夜(カバー曲)
 2.もみの木
 3.愛の歌
 4.心時計
 5.ミルクレモンティー
 6.ただいま


 1曲目は定番ですな。
 締めのメロがかなりのさまよい具合で気持ち悪かったですけど;

 2曲目はクリスマスソングでした。
 
  河「今日はみなさんの恋人になりますので。」
  平「何十また? 何百またですかね?」

 演奏が終わって戻ってきた片山さんに「盛り上がってますか?」と訊いたら、「Yes,you can!」と返ってきて、平松さんは「え;どーゆー意味?!」と思ったらしい(笑)

 今日が219日目のライブとか言うてはったけど、いつからの219日目なのかさっぱり;
 関東は今日で歌い納めなんだそう。
 ジルさんが大好きな河本さんは、ホントはかぶりつきで観たいらしい(笑)
 
 3曲目は12月に発売したシングルらしい。
 オケ使ってました。
 ちょっとゆったりめな感じで、これは…遠距離なのか?それとも未練たらたらなのか?
 歌詞の状況が掴めないまま終わってしまいました;

 4曲目はバラードでした。
 “短いマフラーを二つの首にかけることが二人の決まり事”みたいな歌詞がありました。
 マフラー長かったとしても、それはイヤやな…;と思ったのはきっとボクだけ(笑)
 
 ライブに誘われて、25日が空いてた自分らって淋しいみたいなことを平松さんが言うてはりました。
 
 5曲目はミルクティーが好きな彼女と、レモンティーが好きな彼の歌。
 “二人はいつでもミルクレモンティー♪”
 
 うわぁ…まずそぉ〜;;
 脂肪分固まるっちゅうねん(笑)
 
 ところどころ歌詞を変えて歌っていたんですが、
 “白木さんが好きな僕を彼女が鼻で笑う”って… 失礼じゃね?(笑)

 『愛の歌』がオリコンのインディーズチャートで7位に入ったらしい。
 あと、2/3?に東京初の主催イベをBRASHでやるんだそうな。
 赤坂BLITZでのワンマンもあるんだとか。

 最後の曲は、「今日はこの曲で終わりたい」と思って選んだんだとか。
 やさしい曲でしたわぁ〜(´∀`)


☆ 阿部祐也
 幕が開くと、ピアノ席に座りこんでいる阿部さん。
 弾くんか?と思いきや、

   「全く弾けないっ!!」

 マイクの音デカ〜ィ;

 セトリはいただきもの〜(´∀`)

 1.悲しみの足音
 2.AM2:00
 3.Dear…(カバー曲)
 4.悲しみの足音
 5.regret
 6.ネリネ

 気持ち悪い音を鳴らしながらの1曲目。
 やり直すかと思いきや、まさかの続行。
 たぶん、自分も気持ち悪かったんちゃうかな〜(^_^;)
 エンディング間際辺りが、胃から上がってきそうになるくらい気持ち悪かったです;

 初めてさんを確認して、

   「出会えた。 大事にしましょう。」

 生まれた瞬間から、1秒に1人出会ったとしても、世界中の人とは巡り合えないんだから、今日一緒に居ることは奇跡なんだと阿部さん。

 お、まじめなこと言うてると思ったら、

   「いいこと言った。」

 自画自賛〜(笑)

 次に行こうと軽くギターを鳴らした阿部さんは、違和感を覚えたのか、「信じてたのに…」と言いながら再チューニング(笑)

 2曲目でもほ〜んの少しですが気持ち悪さを感じました;

 クリスマスソングをカバーすることに決まっていたそうなんですが、リップの木谷さんは、「ウソでしょ!?」と全く聞いてないようなリアクションを取ったらしい;

 3曲目は広瀬香美さんのクリスマスソング。
 前日のでした。で本人バージョンを聴いたばかりだったので、まさか阿部さんが歌うとは…と。
 おかんが車に乗りながら広瀬さんの曲を良く聴いてて、自分も好きになったらしい。

 突然、ギターをジャジャッと弾いたと思ったら、ゲップをかました阿部さん(笑)

   「ジャジャッてやった時は、ゲップか屁だと思ってください。」

 わざわざ言わんでも;(笑)

 弾き始めてすぐ間違えて、仕切り直したんですが、

   「時代かなぁ〜 英語でねー 聴いてください、Dear…」

 スゲェ、自分でさっき喋ったこと早送りした(笑)

 昨日の本人さんはピアノの弾き語りでしたが、ボクは阿部さんバージョンのほうが好きかも( ̄ー ̄)ニヒィ

   「1曲目チューニング悪かったんで、もう1回やっていいすか。」

 え?ここで言う?(笑)

 4曲目はまさかの2回目(笑)
 よっぽど気になってたんすね。
 この曲好きやから、やり直してくれてよかったっす(´∀`)

 ソロを始めたばかりの時、不安だった自分への木谷さんからの「お前は大丈夫だから!」という一言に救われたらしい。

 ここでリョウヘイさんをお呼び出し〜。
 「怒られるよ〜」とリョウヘイさんに脅され、阿部さんは「ヤバィ…;」と怯え気味(笑)
 でも、すぐに開き直り、次の曲へ。

 5曲目は切ないメロの曲でした。
 リョウヘイさんは、今日聴いたらしい。

   「いやぁ〜いい曲だなぁ〜、これ。 世に出るべきだな〜。」

 若干の棒読みで褒めるリョウヘイさん(笑)
 阿部さんはまだソロ名義でCDを出したことがないんだそう。
 すっかり出してるものかと思ってました(^_^;)

 ホムペの宣伝後、突然、

   「ウサギ買おうと思ってまーす。」
 
 そのまま曲に行く気満々の阿部さんに、

  リ「あ… それで行くんだ、曲に;」
  阿「うん、行けるよ。」

 切り替え方がおかしいですから(笑)

 最後の曲はお花の曲(笑)
 ちょっと楽しげに終わりました。


☆ リップ・ヴァンズ
 久々に弾き語りを聴きまする。

 12/8はジョンレノンの命日でもあり、息子の誕生日でもあるらしい。
 
 セトリはこんなやったかな〜?

 1.産声
 2.それでもまだ
 3.ラストライフをご一緒に
 4.サンデーモーニング
 5.約束 


 今日が白木さんイベだと今知った木谷さんは、

   「白木さんは毎日電話してくるからね。」

 アメ横に行ったら、中トロのデカイ塊が1000円で売ってたから、みんなへのプレゼントにしようと思ったんだけど、生臭くなるから止めたらしい。

   「安くない? 上野来るよ、これ。」

 すでに結構キテると思いますけど…(笑)
 お客さんに、「今年はいい年だった?」と訊き始めた木谷さん。
 いい年だったという人には、「こんな不景気に?」
 良くなかった人には、「何があったの? そーゆーの大好物だから。」
 アンケートにでも何があったか書いてくれと(笑)

 最近自ら命を絶つ人が多い。自殺が多いのは先進国だけなんだそう。
 考えすぎて自分を殺めてしまう。 生きてきちゃいけない人なんていないのにと木谷さん。

 2曲目が終わった後、今年は結婚式で歌うことが多かったと。
 名古屋の往復代となんやかんやで火の車だったそうな;

 3曲目〜4曲目は連続で。
 4曲目の最後辺りでクリスマスの曲が入ってたんですけど、ジョンレノンですかね?
 みんなでラララで歌いました。

 今までクリスマスはライブを入れてなかったんだけど、“白木ブラックサンタ”が呼んでくれたから…と(笑)
 すると突然話を切り替え、

   「ウサギを飼おうかなと思います。 絶対飼わねぇよ!」

 なんか笑いのアイテムになってますけど…(笑)

 2月の後半にお昼間3マンが決まっているんだそう。
 リップと阿部さんと谷さんって言うてたかな?

 木谷さんは今日が全体での歌い納め。
 お疲れちんでした。

 最後は“泣き笑いのあな〜たへ〜♪”な曲でした。
 この曲が約束っていうんやな。結構前から歌ってたような気がしますが、12/20に出したばかりのシングルらしいです。
 心の旅の途中で迷った時は、音楽で肩の荷をおろして、また旅を続けてほしいとか言うてはりました。

 
☆ ZILcoNIA
 今津さん、目が濁って見える…(笑)

 セトリはたぶんこうやったかと。

 1.レオン
 2.真夜中のスクリーン
 3.君に降る雪
 4.クリスマス・イヴ(カバー曲)
 5.Smile
 6.陽だまりの下

 
 1曲目は、イントロからアレンジがカッコよすぎて鳥肌。
 頑張りはったんやろなぁ〜。
 にしても…やっぱマイクの音量デカイ…(^_^;)
 あと、パツキンだという直樹さんがまっっっっったく見えな〜ぃ(*´д`;)

 2曲目は、サビに入るまでのアレンジにかなりクリスマス感がありました。
 これ、ええな(´∀`)

 3曲目は冬の歌。
 やさしいアレンジでした。
 後半、サビを途中までオフマイクで歌ってたんですが、かなりマイクが拾ってくれてました。
 
 演奏終わりに、

   「恥ずかしいな… 言えるかな…;」

 モジモジしながら今津さんは、

   「メリークリスマスっ」

 この一言がちょい恥ずかしいらしい(笑)
 今日はみんなでジャケットを着ようという話になっていたんですが、リョウヘイさんのベスト姿を見ながら、

  今「ちょっと袖足りんかったみたいでね。」

 3曲ですでに汗だくなジャケット3人組(笑)
 こんなに汗をかくと思ってなかったんだそう。

   「今からどうなるんやろ;」

 今日の朝10時前後に着いた3人は、お風呂に入りたくてマン喫を探していたところ、サウナを発見し入ってきたらしい。
 そこに大量のシェービングフォームが置いてあったから、「大人の悟空のカメハメ波」くらいの大きさの泡を手に載せ、気づいていないかつおさんの肌にパーンっ!!

  今「楽しかったぁ〜」
  か「中2やんっ!」

 いや、小6くらいですよ(笑)
 かつおさんは、体に付いたシェービングフォームを手で取り、それを使って髭を剃ったらしい(笑)

 今津さんの目が濁っていると感じたのは、充血しているからでした。
 調子こいて、メントール入りのシェービングフォームを顔中に付けたら、目に入ってしまったらしく、めっさ充血して1時間経っても治らないんだそう(^_^;)
 リョウヘイさんにウサギだと言われ、

   「そうそう、ウサギちゃん淋しいのってアホっ!!」

 うわっ; ノリツッコミしてる;;(笑)
 
 今津さんは、今回もかつおさんからたくさんの笑いのプレゼントをいただいたらしい。
 ええなぁ〜(笑)
 
 4曲目に入ろうとしたんですが、なんともユル〜い入り方に今津さんからダメ出し。
 カウントにキレがないからと仕切り直し。

   「ちゃんとリハ通りやって!!」

 口鼓でカウントを取らせようとしていたらしい(笑)
 そして、プレゼントだとステージからサイリウムをフロアに投げ込みました。
 今日のジル号は素敵に走り去って行きました(笑)

   「あかん、疲れてるぞ〜。」

 元気はあるけど、体力がないらしい。
 なんかその状況分かります(笑)

 5曲目は片山さんとかぶってしまったカバー曲。
 サプライズ感は薄れるかもしれないけど、今津さんは他のクリスマス曲を受け付けられないらしい。
 カッコよくタイトルを言おうとしたんですが、クリから先を噛みまくり;
 かつおさんにバトンタッチしたんですが、結局笑われてました(笑)
 
 1〜3月はツーマンが入るらしいです。
 誰とやろ〜? どこでやろ〜?

 ブログの話になり、

  今「直樹もブログ上げる?」
  直「がんばります。」
  今「おぉ? 消去したんねん。コメ荒らしたんねん。」

 イジメ?(笑)

 今日までの道のりが長かったから、次の曲で最後だと思うと残念だと今津さん。
 クリスマスという単語ばかり噛み倒す今津さんは、

   「クリスマスのマスは●●しますのますやと勝手に思ってるんです。」

 と意味不明発言(笑)
 ポカンとするお客さんに、

   「ちょっと不思議オーラ出た?今。」

 ちょっとどころじゃな〜ぃ(笑)

   「だからぁー、最後の曲行きます。」

 行くと言いながらもおじいちゃんモードで喋り出す2人(笑)

  今「30年間でクリスマスに東京いるんは初めてやなぁ。」
  か「素晴らしいことやね。」

 楽しいからまだここにいたいらしい(笑)

 最後の曲のイントロは、なぜか夜明けを迎えたサバンナの草原が浮かびました。
 な、なんで!?(笑) 
 
 
 ステージに他の出演者をお呼び出し〜。
 一人ずつ一言言ってたんですが、木谷さんがアメ横のうんちくを語り出しました。
 アメ横は戦後に飴をいっぱい売ってたからアメ横というらしく、その飴をアメリカ人から買ってたからアメリカ横丁っていう別の意味もあるんだそう。

  今「どこにあるんですか?」
  木「アメリカ横丁がどこにあるって? 知らん。」

 上野ちゃうん?(笑)

 サポートなYOU達も出てきちゃいなよと片山さんのサポメンバーもお呼び出し〜。
 すると、薮さんがアメちゃんの大袋を持って登場。

  今「ヤブタさんだよ〜。ヤブタさんだよ〜。」

 アメちゃんを投げ始めると、一気にフロアが棟上式みたいになってました(笑)
 袋に残ってたアメちゃん1個を今津さんが投げると、物欲しげな眼でアメちゃんの行方を目で追う阿部さん(笑)

   「食べたかった?」

 そして始まったサイン色紙争奪じゃんけん大会。
 2枚をめぐっての争奪戦。
 片山さんとかつおさんはじゃんけんが強いということが判明しました。

 締めのBGMを弾いてくれと頼まれたリョウヘイさんがセレクトした曲は、ゴッドファーザーのテーマ。

 な〜ぜ〜(笑)

 
 楽しいクリスマスでしたっ(≧∇≦)ノ

リップ・ヴァンズ主催イベント 〜One to One vol.4〜4

会場:Shibuya O-Crest    18:30スタート

☆ ZILcoNIA
 1番に出て来た健ちゃんさんの頭がモハモハしてました(笑)
 ちょろっとウェービーねぇ。
 今津さんの髪が短くなっててちょと嬉し( ◎≧艸≦)

 1.ホライズン
 3DAYSライブの3日目とは思えないくらいパワフルでした。
 いつもみたく間奏中に挨拶してたと思うんですが、なぜかボクの耳に届いたのは…

   「エイドリアーン!!」

 ボク、限界近いらしいです(笑)
 今日もいぱーぃWピースの花が咲いとりました(=^▽^=)
 そしてイェイイェイ祭り開催〜。

   「イェ〜〜 腹からっ! イェイっ 腹からっ イェイイェ〜〜〜」

 すると健ちゃんさんが腹から声を出し始めました。

   「兄さん、ええ声出てます!」

 2.モノクロ

 3.UNTEI
 イントロカコヨス(´∀`)
 またUNTEIの意味教えてくれんかったよ;

 ここ3日間のお話に。
 
  今「18日から、上野?」
  健「ブラッシュ」
  今「柏?」
  健「パルーザめんどくさいっ」

 というわけで(笑)、3日間で印象に残った事って何?とメンバーに訊いた今津さん。
 話す気なさ気なかつおさんに気づいた健ちゃんさんは、

   「かつお、なんでお前だけ蚊帳の外やねん。」
   「聞こかな〜思て。」
 
 そんなかつおさんに健ちゃんさんが話を振ると、

   「いっぱいあるけど、もちろん渋滞やんか。」

 なのに、敢えてかつおさんは“印象に残った話題”の話がしたいと。

  健「何の話をしてんの?」
  か「免許の話してたやんか。」
  今「したした。」
  か「こう見えても中免持ってるんですよ。こんな馬ヅラでもね。

 突然の馬ヅラ発言に会場全体が“ほへ?”な反応の後、爆笑。
 
  か「最終試験でエンジンかけずに落ちたんですよ。」
  健「意味が分からんよ;」

 1番手で呼ばれ、バイクに乗ろうとしたら足が引っ掛かってそのままバイクを倒して落ちたんだとアクション付きで熱く語っていると、

  健「こんな一生懸命なかつお、久々に見た。」
  今「で?この3日間での印象に残った話は?」
  か「バイクの話。 10年前の話やけど。」
  健「…ひどいな; かつおに振った俺が間違ってる。」

 健ちゃんさんにバトンタッチして、渋滞の話に。

   「ライブの本番18:30で、こいつら着いたん18:50やで。」

 次のライブのリハがある為に前乗りしていた健ちゃんさん。
 車移動組がリハ時間の16:00になっても到着せず、「ごめん;ちょっと遅れるわ;」という言葉を残し数時間経過。
 オープンの18時になっても

   「ごめん、まだ、まだやねん;」
   「え?まだって何?」

 とうとうライブ時間の18:30になり、

   「ごめん、まだ… あと10分くらいかかる;」

 それから到着するまで、健ちゃんさんはドキドキで呼吸がおかしくなってたらしい(笑)
 18:50に到着し、挨拶もそこそこに一刻も早く準備をしようとしている今津さんと直樹さんの傍で、かつおさん一人が「ほんますんませんっしたっ」と謝っていたんだそうで、

   「後でええやんかっ! ほんまあかんぞ、馬ヅラよ。」
   「そんな言うなよ;」

 喋りすぎたとその場を締め始めた今津さん。

  今「今日は3日間の中でも印象に残るライブにしたいと思います。」
  健「あーそうですねぇ。」

 さら〜っとチューニングしながら合いの手を入れた健ちゃんさんに笑いが起こると、

  健「いや、ほんまに思ってんで?」
  今「はぁ…;」
  
 もぅ〜;なんやね〜ん;な表情の今津さんでした(笑)

  健「もう一回やりなおそ;」
  今「じゃ、馬ヅラから。」

 なぜかかつおさんが「盛り上がっていくぞーっ!」な掛け声を高らかに上げちゃいました。
 いいっすね〜その読めてない具合が(笑)

 4.シナリオ
 
 5.真夜中のスクリーン

 今回は今までにないくらい焦ったと。
 出演者、スタッフ、お客さんみんなに迷惑がかかったのに、19時過ぎに始まったライブではブーイングもなく、よかった〜な空気で迎えてくれて感動したんだそう。

   「でも今日がいちばんなんですけど。」

 急に取って付けたようにそう言った今津さんに笑いが起きると、

   「してくれますよね?ボクを幸せに。」

 これからも同じ事は繰り返したらダメだけど、あの感動が忘れられない今津さんでした(笑)

 6.月と行進

 7.サヨナラ

 ここで、大阪の自主イベ告知を始めた今津さん。
 チケット代は1枚2500円“から”らしい(笑)
 
   「余裕のある方は上乗せしていただいて。」

 危うく上乗せしそうになりました(笑)

 告知をしながら、気になって仕方がないのか、靴の後ろのファスナーが開いてくるんだと健ちゃんさんに訴える今津さん。

  健「ていうか、履きすぎやねん、それ。」
  今「踵3回替えてるもん。」
  健「あぁ〜ソールな。」

 大好きなんすね。

  健「何の話してんのん?(^_^;)」
  今「俺のソウル(胸を押さえながら)の話。」
  健「ぜんぜんおもろないっ」
 
 時々暴走すると言った今津さんは、

  今「暴走特急の2両目に乗ってしまいました。」
  健「それも分からんし;」

 なぜに2両目?(笑)

 東京でのライブ告知を終え、健ちゃんさんの方をガッツリ向いて、

  今「じゃあ盛り上がってきましょうかぁ〜。」
  健「なんで俺に言うねん???」

 は、腹痛い〜;;
 テンションがぶぁ〜ってなってもうたらしい(笑)

 8.Word

   「みんな自分が大好きかぁーっ!」
   「いぇーい!!」

 9.style
 みんなのスタイルで楽しみましょうと。
 この曲やったかな? Aメロくらいでドラムの直樹さんの横に立った今津さんが頭にツッコミを入れていました。

 紹介的なソロの時、

   「ドラム力士っ! どすこいっ! どすこいどすこいっ!」

 確かに髪型がそんなカンジになってるけれども;(笑)

   「そして株式会社ジルコニア社長今津直幸ですっ!」

 歓声が上がると、

   「株式じゃねーから。 オフィス今津です。」

 10.SMILE
 なんやかんやあるけど、笑ってたらええことあるよ的な事を言うてたような?

   「聴こえる? 何喋ってるか分かる? バックの演奏ウルサイから。」

 すると慌てて演奏を最小限にした楽器隊。
 そのまま弾いてと、

   「ええんやでっ そのままでええんやでっ。」

 なかなか聴こえんもんですな(^_^;)

   「みんなの笑顔で僕らを幸せにしてくださいっ!!」

 っつうのは聴こえてきました。

 最後までテンション高めなセトリでした。
 楽しかったでし(=^▽^=)
    

☆ リップ・ヴァンズ
 今日はサポベースにフロウズンの俊さんがいてはりました。
 嬉しいっす(-ω-)♪

 1.SUNDAY MORNING

 2.ロンリーロード

 今日は所属している野球チームのお父さんお母さんその子供が来ているらしく、

   「温かい目で見守ってやってください。」

 3.プライド

 ほどけた靴ひもを結び直すと、目の前にいた子供に

   「いたずらすんなよ?」

 4.約束
 あ〜これが“泣き笑いの〜あ〜な〜たへ〜♪”な曲なんやな。
 分かってよかったなり。

 5.

 今日は友人の結婚記念日。
 ライブに誘ったら二つ返事をくれたんだけど、本人が記念日だってことをすっかり忘れていたらしく、奥さんに気を使う木谷さん。

   「奥さんにとってもサイコーの思い出にすればいいわけでしょ?」

 6.Last lifeをご一緒に
 今日は二人のために贈りますと。
 演奏後、みんなで「おめでと〜っ!」と記念日をお祝いしました。

 1stミニアルバムが今日発売なんだそう。
 知らんかったぜよ〜ぃ(^_^;)
 夏を越すのにもってこいのアルバムになってるんだそう。
 フロアの客を数えながら、

   「よし、100枚は売れるな。」

 今までのラボなシングルはひとりで作ってたんだけど、餅屋は所詮餅屋だってことで、今回のアルバムはいろんな人に手伝ってもらったんだとか。

 サポドラムのトマルさんは、この日のライブの為に奄美大島から皆既日食を拝めないまま帰って来たんだそう。
 残念すな〜(´;ェ;`)

 7.夏のWonder
 ちょっぴりエッチで、純粋で、切なくって…な曲らしい。
 言葉の遊び方が大石さんぽかったです。

 8.どんと・とらすと・おーばー30
 おどろおどろしいイントロで始まりました。
 みんなで“oh!oh!”と“oh! oh!”で歌ってみましょうと。
 全員で歌うのかと思いきや、まずは男子女子に分けて歌い、次はなんと年代別に歌ってみようと恐ろしい事を言い出した木谷さん。

   「正直にお願いしますよ、みなさん。」

 20代→30代→40オーバー→10代→10歳未満の順番で歌いました。
 最後の子供の部が激烈プリチーでした(*≧∀≦)

 9.Violet Horizon

 10.?
 さわやかな曲でした。
 無我夢中でGOとか言うてたな。

 ジルさんとは昔から友達だから一緒に応援してくれたら嬉しいと。
 
 最近の木谷さんは時間が足りないらしい。
 1日が濃くていい足跡を残せてると思うと。

 11.SACHIKO
 「地元を離れると親のありがたみが分かる」
 その通りっすな(´▽`)


 アンコールがあったようですが、物販待ちしなければならんので微かに漏れる音だけしか聴けませんでした(^_^;)

優音勇者 Episode 24

会場:Shibuya O-CREST    19:00スタート

☆ リップ・ヴァンズ
 スタンバイが終わり、バッターの構えをした木谷さん。

   「いちば〜ん、リップヴァンズ〜。よろしくぅ〜!」

 今日もバンド形式でした。
 トマルさんがよぅ見えます(´∀`)

 1曲目は『ロンリーロード』
 
 今日は久々の1番手で、リハから本番までの時間が短いからテンションが保てていい感じだと。
 
 2曲目はなんだっけ?
 泣き笑いの〜あなたへ〜♪て歌ってたかと…。 違うか?

 最近、免許の更新に行ったという木谷さん。
 行く途中の電車内でチン○ラなお兄さんがずっと携帯で話していて、注意してやろうと思ってたんだけどなかなか言えずにいたら、いかにもか弱そうなおじぃが「うるせえょよっ」と言い放ったんだそう。
 もちろんお兄さんと言い合いが始まったところで、自分が降りる駅に着いてしまい、降りてしまった自分はヘタレで、そんな自分に凹んでしまうんだと。
 
   「あーゆーじじぃになっていきたいなと思いますね。」

 3曲目はなんじゃらほぃ?
 聴いたことはあるけど、タイトルがあんま分からんのです。すんません;

 メンバー紹介を終え、

 「どんなにいい歌うたっても、胸のKILLER LOOKがあなた達をKILLER LOOKしてます。」

 確かに見られてます(笑)
 すると、木谷さんの横にいたトマルさんが胸辺りをまじまじと見ながら

  ト「胸板厚いなぁ〜、トゥッス!ってやってみ?」
  木「トゥッス!」

 乗っかりますねぇ〜(笑)

 サポ鍵盤の小林さんは、オフィTの黒を着てくれてるんだけど洗ってすぐなんだか埃まみれなんだと(笑)

   「今日からミドルネーム“ダスト”って言うことにします。」

 4曲目は『SUNDAY MORNING』
 
   「いい男だねぇ、あいつ。」
 
 誰のことかと思ったら、しげるさんがフロアの端っこでニコニコしながら手を叩いてくれていたんだと。
 するとまたトマルさんが、

  ト「あいつの作戦だぞ、たぶん。」
  木「マジで?!」
  ト「腹黒だもん。しげるくん。」
  木「あんなに肌白いのに?」

 肌の色は関係ないし(笑)
 言うだけ言っといて、

  ト「やべ、ニュートラルファン敵に回したかも;」
  木「オレこそ敵に回してしまいそうな事を言いますが…」

 7/20のニュートラルワンマンの日に、ここでツーマンライブなんだと告知。
 このライブが決まった時、そうとは知らずにニュートラルを誘ったんだそう(笑)
 
 そして今日でマネージャーさんが最後なんだそうで、この場を借りて「ありがとう」と一言お礼を。

 最後はおかんに作った曲『SACHIKO』でした。


☆ 小林光一(from.SAY MY NAME)
 トイレに行っている間に始まってて慌てました(^_^;)
 座ったとたんに、

   “明日にはぁ〜♪”

 お〜、ビックリぃ(^_^;)
 なんか聴いたことがあるんだけど、名前はまったく知らないし…。
 そーいや声質が元photographの白田さんみたいかな〜?

 2曲目は“かっがぁみぃよ〜 かっがぁみぃ〜♪”な歌詞の曲でした。
 ばびぶべぼの発音が声って言うより「ボゥッ」って音になってました(笑)
 曲も白田さんぽぃなぁ〜と。

 3曲目はアップテンポな曲でした。
 サビがイェ〜ィ イェイェイェ〜ィ♪なカンジでした(笑)

 自己紹介で名前を言った後、なぜか

   「長男です。」

 ヤバい…。
 オモロイ匂いがする…(笑)

 今までライブはバンドでしかやったことがなくて、緊張と言うか、どうしたらいいか分からないらしい(笑)

   「みんな座ってるし。」

 バンドじゃないから余計な事を考えてしまうんだそう。

 25日に27歳になったという小林さん。

 今まで超飛行少年で活動してたんだと聞いて、やっと知ってるような気がした理由が分かりました。
 現在休止中なんだそうで、休止の間はSAY MY NAMEというバンドで活動するんだとか。
 
 4曲目は少々スローテンポな曲でした。
 サビに“愛され愛を歌〜うよ♪”って歌詞があったような? 
 
 5曲目は『明日になれば』
 ちょっと切ない曲でした。
 自分の思いをもっと歌にしていいんだなと思える事が多くなったから書いてみたんだとかなんとか。

 バンドの時のステージは音のイス取りゲームだと。
 メインスピーカから出る音がせめぎ合いをしてるんだけど、今日は自分の音と声だけだから気分がいいと。

 最後は大事にしている曲だと言ってたけど、タイトルがまたしてもはっきりせず…。
 『スライド』って言ってたと思います。
 
 31日の水戸でのライブも一人らしい。
 がんばれ〜ぃ。


☆ 大城正志(from.HI LOCATION MARKETS)
 初ナマ大城くんや〜(=^▽^=)
 想像していたより全然華奢でした。

 ギターが土屋せんせじゃなくてサポさんだったのが残念でした(´・_・`)

 1曲目は『三日月と北風』
 
 「ソロでやるのは2回目なのでお手柔らかに。」とご挨拶。

 2曲目は『ハジメルセカイ』

   「僕のこと知ってる人ってどれくらいいるんですかね?」

 パラパラパラ〜と上がっとりました。
 やっぱそうすよねー(^_^;)

   「なんか…座ってますね。」

 だって椅子があるんですもの(笑)
 
  大「僕なんか今にも踊りだしそうなカンジなんですけど。」
  客「踊ってぇ!」 
  大「踊らないですよ。」

 冷静〜(笑)

 自分の歌でみんなにいろんな感情が芽生えてくれたらいいなと。

 3曲目は『描きかけのランドスケープ』
 静かな夕方な雰囲気の曲でした。

 4曲目は『今吹く風』
 これはデビュー曲ですな。
 よく聴いてました(´∀`)

   「ホントに知らないんですか?僕の事。」

 それくらい温かさを感じたらしいです。
 
   「ウソついてるんですか?ホントに知らないんですか?」

 そんなに疑わなくても(笑) 

   「ま、知らないんでしょうね。」

 おやま〜自己解決(笑)

 ここで、今やってる着うたダウンロード対決の告知を。
 アニメのエンディングをかけて戦ってる最中なのですよ。
 まだまだみんなの協力が必要なんだそうです。
 なにより自分達の曲が世に出てみんなに聴いてもらえるのがうれしいんだと。
 
   「テレビだけでも見てみてください。」

 みんなきっとインディーズ芸人に衝撃受けちゃいますよ(笑)

 そのダウンロード曲はバンド曲だから今日は歌えないんだとか。
 てか、全曲バンド曲じゃありませんこと?

 せっかくのアピールチャンスなのに、なぜ歌わな〜ぃ?

 人間は頑張らないと生きていけない。
 努力は絶対身を結ぶし、ダメでも頑張ったことに意味がある。
 そんなことを言ってたような…?
 
 最後は『リアル』でした。
 

☆ しげる(from.THE NEUTRAL)
 あれ〜? 今日はしげるさんとダイスケさんだけなのれすかぁ〜?
 
 1曲目はタイトルが…;
 青天の霹靂がなんちゃら〜って歌ってたかと。

   「今日はドラムをやってる人がパーカーを着てきてくれました。」

 するとダイスケさんはカホンから立ち上がり、しげるさんに深々と一礼。
 このぉ〜笑わせ上手っ(笑)
 
 7/20のワンマンに向けて、一人でも多くの人に来てもらいたいから今日来たんだとしげるさん。

   「1曲でも心に刺さるように歌うんで、1曲でも刺さって下さい。」

 そして、次の曲に行くのかと思いきや、1曲目の頭を歌い始めたしげるさんに、

  ダ「おいっ!!」
  し「2回聴いたらぎゅっとくるやん?」
  ダ「次の曲いってください;」
 
 突然の出来事に驚いたらしい(笑)
 
 2曲目は『ちびとふとっちょ』
 
   「今日は椅子なんで…、踊って下さい。よろしくお願いしますっ」

 自分はギターを弾くから踊れないなぁ〜としげるさん。

   「ここはダイスケ君に踊ってもらうしかないなぁ〜。」

 ダイスケショーの始まり〜( ̄ー ̄)
 元気やな、リーダー(笑)
 
  し「スゴイな。 歌が上手いっ。」
  ダ「お前かいっ!」

 ツッコミ速っ(笑)
 
  し「ビックリや。 赤い服よぅ似合う。」
  ダ「お前かいっ!」
  し「似合うがな。」
  ダ「似合うがね。」

 なんか納得させられた感が…(笑)

 3曲目もタイトル忘れた…;
 僕と暮らさ〜ないか♪って歌ってました。 

 一旦、ダイスケさんがしげるさんの目の前をさささーっとはけ、ステージは一人に。
 いろんなバンドが解散していく中で、自分達は1歩でも前に行こうと思って頑張ってると。
 「何のために歌ってるんだろう?」と思うこともあるけそ、自分にはこれしかなくなってしまったからと。

 4曲目は『ガタゴト列車』
 
 拍手が止んだと同時位にいいタイミングでお客さんが「クシュンッ」

   「だいじょうぶですかぁ〜?」

 ダイスケさんが戻ってきて、最後は明るい曲で。

  し「初めて聞く人はビックリするかもですけど、ボク、オーバー30なんですよ。」 
  ダ「えぇぇぇ〜っっ?!」
  し「驚きすぎやっ!」

 バンドマンで28〜9歳のやつが、ちょっとでも自分を若く見せようと“兄さん”と言ってくるのが腹が立つんやと。
 
 最後は『輝け!オレの30代』で楽しく終了〜。    
 

☆ 熊谷尚武
 今日のくまちゃんさんは黒のしましまシャツ〜。 

 スタンバイが終わったのか?
 左右に確認してるなぁと思ったら、ドラムがバンっ!!
 
 多数のお客さんが跳ね上がったのは言うまでもありません(笑)
 ボクも心臓跳ねて頭の毛が逆立った気がしました(笑)

 1曲目は『ベンチ』
 うぁ〜 久々〜。
 なんとなくこの曲を歌うんじゃなかろうか?と思ってたら当たっちったぃ(=^▽^=)
 途中に大人〜なアレンジがありましたん(´∀`)

 なんや今日はいつもにも増してお元気そうで何よりでござる。

 2曲目は『ソコニアリマスカ』

 唄い終わったくまちゃんさんが、

   「えー。・・・・・。」

 空気を止めちゃった自分の喋りが恥ずかしいと、空気を変えるために今月の23日に33歳になったことを報告。
 他に喋る予定があったから沈黙をカッティングしたと思っていたんですけど、違ったんすかね?(笑)

 3曲目は『遠くへ』
 今日もサビもカッチョいかったわ〜ぃ(≧∇≦)ノ

 4曲目は『PRIDE』
 ギターとボーカルな始まりでした。
 なんや寂しぃ…(´・_・`)
 でもどことなくやさすぃ〜(*TーT*)

 このイベも2回目。
 今日の出演者の演奏は、聴いていて音楽っていいなぁ〜と純粋に思わせてくれたんだとか。
 これからもミュージシャン同士やみんなと繋がっていきたいとくまちゃんさん。

 3回目は1階のDuoで開催ケテーイ(=^▽^=)
 広いぞ〜おぃ〜。

 メンバー紹介をしながらの演奏が始まり、5曲目の『ID』へ。
 楽しそうに歌ってはりました( ̄ー ̄)

 みんなの心の中に残したい曲があると、最後は『プラネタリウム』
 最後のサビの入りでシャウトが入った時はドキッとしました。な〜ぜ〜。 
 はぁぁぁぁ… よき曲かな(*TーT*)

 カラオケで歌いたいぞ〜ぃ(´∇)q〜♪
 

 めずらしく時間通りに終わりました。
 まりがとぅございます(。・ω・。)ノ
  

アコギstyle vol.54

会場:UENO BRASH     18:30スタート

☆ 川浦正大
 なんかちょい昔な雰囲気を感じる方でした。 
 顔が神保悟志さんにバカリズムが混ざっちゃったみたいなカンジでした。

 サポでキーボードさんとパーカッションさんがいらっしゃいました。

 1曲目、川浦さんの隣に立ってる3人のべいべー。
 ノッてんだかノッてないんだか分からないくらいの微かな動きを披露。
 コーラスって言うてたけど… 必要要素がイマイチ不明なカンジで…(^_^;)
 ハモるわけでもなく、ただ同じメロでサビを歌ってるだけ。

 確かにかわいいけれども…。(真ん中の子がお人形みたいでした)
 何がしたいのかが不明なんです(^_^;)
 3人もいるのかぃ?って話で…。
 さほど声が出てるわけでもなし…。
 もっと楽しそうに歌えばいいのに…。

 使い方が残念なカンジでした。

 最後の前の曲が終わって、べいべーたちははけていいのか迷い中。
 3人で“下がっていいんだよね?”なアイコンタクトを展開した後、さわさわ〜っと下がっていくと、川浦さんから待ての指令が。

    「自己紹介をしてもらっちゃおうかな。」

 なんか…
 アマチュアの企画イベに来ちゃったみたいな感覚に襲われました(*´д`;)

 真ん中のべいべーが自己紹介した時だけ男性から奇声が上がってました。
 どうせなら3人ともやってあげればいいのに…。

 3〜4曲目くらいの時、花見の話でテンションが上がった川浦さん。
 花見をしたことがないんだそうです。

 花見屋形船に乗った事はあるらしいんですが、まだ3月で花はなく、ピンクの提灯がきれいだったと(笑) 
 
 演奏曲は覚えてる限り(順不同)で、
 『トゥインクルスター』、『片方ずつのイヤフォン』、『虹色ドロップス』、『レストランとギターマン』、『トレッサ』

 あ〜全部思い出せてるのか自信ない…。


☆ ロードフレンズ
 頭をお休憩させてました。
 もう3回目なのに、未だ慣れない…。
 若干ツライ…。

 慶さんは喉を痛めてしまったんだそうで、2週間ぶりに相方に会ったんだとか。
 あとライブハウスに向かっている途中に、「愛してる。」と男に声をかけられたらしい(笑)

 MCは「酒が飲めないと結構キツイ;」から草くんの話に。

   「俺が酔ったら手錠何個あっても足りないよ?」
 
 慶さんはお酒を飲んだ朝、目覚めると部屋に“新台入替”の看板があったんだと。
 パチンコやらないのに、酔ってパチンコ屋から持ってきちゃったらしい。
  
 そんな慶さんに兄貴さんが

   「酒を一滴でも飲んだ時点で失敗だから。」

 と言われてました(笑)
 
 演奏曲は覚えてる限り(順不同)で、
 『フルスイング』、『約束』、『瘡蓋』、『愛LOVEロック』

 あれ…
 また曲が足りない…。
 フル〜は2曲目だったので、1曲目のタイトルが分かってないんだと思います(^_^;)
 
 
☆ リップ・ヴァンズ
 何か月ぶりですかね? 確実に半年は経ってると思いますけど。

 サポで元べビスタの洋介さん(Key)とトマルさん(Prc)が参加してました。
 なんや不思議な気分〜。

 ギターはI-luluのヨシミさん。かわいいと木谷さんに連呼されていた22歳(笑)

 1曲目は『SUNDAY MORNING』
 ラッキ〜ラッキ〜ラッキ〜♪って歌ってはりました。

   「今日はいい予感がするぞぉ。」

 2曲目は『Violet Horizon』
 
 こちらでも草くんが話題に。
 捕まるか捕まらないかなんて紙一重だよと。

   「トマル君なんて飲んだらすぐだよ。」
   「おいっ!」

 木谷さんにつっ込んだ後、嵐の櫻井君風のヨシミさんに話を振ったトマルさん。
 
   「飲んだらすぐです。」

 みんな脱ぎたがり?(笑)
 
 ヨシミさんを紹介した木谷さんは、
 
   「今日CD買ったら持って帰っていいんでしょ?」

 今日7番目にCDを買った人は、プレゼントっぽい柄のシャツを着たヨシミさんをお持ち帰り出来るらしい(笑)
 
 3曲目は『約束』
 ロードフレンズも3曲目が同じタイトルの曲だったらしいです。

   「思っきりかぶっとるがぁと思って。」

 4曲目は『パパは転勤族』
 洋介さんのパパも転勤族だったんだそう。
 タイトルは田村正和が出てた“パパはニュースキャスター”ってドラマから取ったらしい(笑)
 
  木「お母さんが中山美穂だったかな?あん時は。」
  ト「浅野温子じゃない?」

 木谷さん、ドラマがごっちゃになってますよ(笑)
 トマルさんは惜しい(笑)
 何度も再放送で観たから覚えてますけど、田村正和は独身役です。残念(笑)
 浅野温子は同僚&恋人役だったと思われます。

 昔の話をした後に、ふとヨシミさんを見て、 

  木「お前、なんかすげぇフレッシュだな。」

 ヨシミさんとトマルさんとは誕生日が一緒なんだそうで、おまけに

   「で、干支が一緒だったのよぉ。」

 おねえみたい(笑)

 メンバー紹介をした後の木谷さんの「ヨイショ〜」に小笑い。
 最近は“楽しんでやろう”というコンセプトの元にライブをやっていらっしゃるそうで、

   「楽しくてなんぼでしょ?」

 自分から楽しくなって、幸せを呼び込んじゃえばいいじゃないかと。
 
 ここで“歯笛スト”登場。
 トマルさんの歯笛と共に始まったのは5曲目の『Last Lifeをご一緒に』

 6曲目は『ロンリーロード』
 
   「元気が欲しけりゃ〜 オレんとこぉへ来いっ」 
   「金はねぇけど元気はあるぞっ」

 語りが猪木チックでした(笑)

 現在、自作のLABOシリーズというCDを販売中なんだそうで、今日から3枚目が発売になるらしい。
 
 最後は母に贈る歌『SACHIKO』
 それぞれ境遇は違うけど、歌詞でダブるとこがあったらお母さんにも聴かせてあげてくださいと木谷さん。
 優しい曲ですな(´∀`)
 

☆ UESA
   「こんばんわ、UESAでぇすっ!」

 1曲目は『ハローハロー』
 かわいい曲やなぁ〜(´∀`)
 健ちゃんさんの髪がかなりパサパサしてるように見えたのはボクだけ?

 2曲目は『星のリンダ』
 やってくれると思ってなかったので、喜び過ぎて手拍子を忘れてしまいました(^_^;)
 
 健ちゃんさんのメンバー紹介の後、「今日は曇り空だけど心で星空を想像して、好きな人と恋に落ちる歌を聴いて下さい。」と3曲目の『スターダストラブソング』を。
 2コーラスのAメロ中、ギターを構え目を閉じたまま微動だにしない健ちゃんさんが武士に見えました(笑)

 UESAとしての上野ライブは初めて。
 MCでつい暴走してしまう癖を発見した2人は、撮ってもらったライブを見て、「MCちょっと気持ち悪くない?」と言う話になり、反省してちょっと抑え目でいくことにしたらしい。

 えー? せっかく楽しいのにぃ〜。

  健「ヒデトくん、真面目なテンションで臨んでいかなあかんな。」
  ヒ「大人なUESAを。」

 今日はディナーショーな雰囲気でみんなと過ごしたいと思っているらしい。

 ここからは上野の話に。
 上野は動物園しかなくて開けてないんだと思っていたという健ちゃんさん。
 
  健「上野、何か知ってる?」
  ヒ「I don't know。」
  健「ヒデト…(^_^;) 違うチャンネルに戻してくれる?」

 そーいうテンションから気持ち悪いMCが始まると学んだばっかりなのに(笑)
 でも、その扉はすでに開いていたようです(笑)

 健ちゃんさんは普段テレビを全然見ないんだけど、

  健「パンダおらんらしいで。」
  ヒ「なんでっ?! なんでそれ?!」
  健「お前のキャラ何?それ。」
  ヒ「パンダっ! パンダっ!」
  健「パンダにも不幸があったんちゃうん?」

 今日、動物園に行こうと思っていたんだそう。すると…

  ヒ「今日実は動物園行ったんですよ。手ぇ繋いで。」
  健「なんでそんなこと言うの?」

 真田さん妄想劇場の始まり始まり〜(´∀`)
 
 心の中の健ちゃんさんは、手を繋いで行った時に素っ気無いなと思っていたんだけど、パンダがいなかったから物足りなかったんだと。

   「今ここで全部が繋がりました。 どうですかっ。」

 はい?(笑)
 思わずお客さんから拍手が(笑)

  ヒ「さっき言ったやろ? 心は自由やからさ。」

 妄想するのは勝手だと言う真田さんに対して、

  健「お前違うくない?妄想する相手;」

 すると今日の私服の話に飛び火。

  健「オレ、今日パーカー着て行く言うたら、お前なんでパーカー着てくんねん。」
  
 おかしいやろ?と健ちゃんさん。
 しかも同じグレーでした(笑)

 すると真田さんがお客さんに語りかけるように“衣装を合わせてるけど、ステージを降りてもUESAはUESA”だと主張。
 で、結局、

  ヒ「オレの妄想は自由って事で。」
 
 という結論に(笑)

  健「妄想ていうか、実現してもうたやんか。」
  ヒ「ペアルックええやんか。ペアルック〜。」
  健「まぁね、やっぱりこうなるってことでね。」

 それでいいじゃないですか(笑)

 気持ち悪いと思われている(笑)ユニットも前に進むというわけで、ここで新曲を披露。 
 
 4曲目は『フリスビー』
 前に進みまくろうという思いで作った曲なんだそう。
 青い空が似合いそうなテンポが軽い曲でした。
 サビの“東京フリスビー♪”って歌詞がなんかのチーム名みたいですけど(笑)

 5曲目は『誰かが君に恋してる』
 もうハチャメチャラップ(笑)のコーナーは終了したんですかね?
 ワッショイワッショイッ!コールはあったものの、初めてまともなフルコーラスを聴いたような気がします(笑)

 ノンストップで6曲目の『サマームービー』へ。
 このセトリでよく腕が攣らないもんだと(^_^;)

   “水平線に乗っかって〜  パンダの背中追い越してぇ〜♪”

 至難の業ですな(笑)

 最後もまた新曲を持って来ました。
 初めてじゃね? 
 タイトルは『everybody needs somebody』
 “みんな誰かを必要としている”という意味なんだそう。
 みんなでいろんなことを求めあって、いろんなことを分け合っていけるんじゃないかという願いと思いを込めて作ったんだそうです。

 おぉ〜、ええ歌詞にええメロが乗っかってますやーん(≧∇≦)ノ
 
   “君が笑っている時に 嬉しいのはきっと君だけじゃない”

 そんな歌詞がどこかにあったような…。
 聞き違い?

 
 アンコールの手拍子が鳴り響く中、ギターなしのお2人さんが登場。
 UESAではアンコールをしないからと挨拶だけしに来てくれたらしい。
 健ちゃんさんが

   「終わりがあるから始まりがあるんだと思います」

 と言うと、フロアの後方から大きな声で

   「なーいっ!!」

 せっかくいいカンジで締めようとしてたのに、横やりが入って、

   「誰やっ!! オマエ誰やっ!!」 

 また最高のライブを作りましょうと最後を締めてさようなり〜。
 今度は動物園行けるといいですね。
 

THREE STARS NIGHT〜冬の大三角〜4

会場:渋谷O-Crest   18:00スタート

☆ センチグラム
 お初ですかね?
 ボーカルさんがつるの剛史ぽかったです。
 顔だけかと思ったら、声の質も似てました。
 
 ベースさんが指っ弾きでした。
 わ〜ぃヽ(゜▽゜)ノ
 嬉しさのあまり思わずガン見(笑)

 さわやかロックってカンジでしょうか?
 
 2曲目が元気なカンジでスキやったかなぁ。
 タイトルは分からんけれども。

 『時空飛行』っつう曲も楽しげで良かったです(´∀`)

 『ストロボオレンジ』っつう曲は、なぜかサビを聴いたことがあるような…。
 どこで? でも初めてですよねぇ;

 ギターさんの告知がなかなかのぎこちなさ加減でした(笑)
 大晦日は吉祥寺ではしごライブなんだそうです。

 冬の大三角形の話を始めたボーカルさんでしたが、なんとなく曖昧なカンジでした(笑)

 あと『ギンガ』という曲の後に、「大事なものを思い浮かべて聴いて欲しい」と最後に歌ったのは『100等星』という曲でした。

 
☆ JET LILY STAR
 SEなしでそのまま真田さんの

   「よし、始めますっ」

 で始まったジェリスタさん(笑)

   「上がっていこうぜ oh yeah〜」

 まずは『サンデージャーニー』〜『彼女のショコラ』

 藪さんが…モッズの森やん様に見えてくるよぅ(笑)
 そして、真田さんはどんどん狼に変身中…(笑)
 
 支店のUESAの時は“躾されてない犬”みたい(笑)な真田さんなんですが、本家になると狼に変身します(笑)
 ジェリスタさんは、ボクの中では狼が集まっているように見えていると思ってください(笑)
 1匹後ろにシベリアンハスキーが紛れてますけど(笑) 

 歌い終わり、真田さんが忘年会シーズンに入ってるからと

   「肝臓に効くライブをしたいと思います。」

 さほど反応がなかったからか、

   「・・・・。 今の(記憶から)カットしようか。」

 今度はどんな方向からくるのかと思ったら、

   「今日は、水飲みに来てんけどぉ・・・、これもカットしようか。」

 諦め早いですね(笑)

   「一生懸命やるから楽しんでってください。」

 はいな〜(´∀`)

 次は『魔王』
 新曲ですかね?
 なんや分からんけど、ちょっとコワかったです;

 続いて『願い』
 前半はエレキでの弾き語りでした。
 うぉぉぉぉ… 鳥肌もんでゾックゾクするで(笑)
 
 何を言い出すのか、ドキドキしていたら、

   「今日はベースの山口君がぁ、お父さんの仕事の都合でぇライブに出られないということでぇ。」

 ソウさんが不安そうな顔してますけど(笑)

   「交換留学生の・・・マーク君。 なんてな。」

 若干、不安顔から“どうしたいねん;”な表情に変わったソウさん(笑)
 来年は英語を勉強するらしいです(笑)

 次の曲はなんてタイトルなのやら…?
 “明日 僕らは終わるけど♪”とかいう始まりだったような…???
 藪さんのギターソロがチョーカッケーかったっす(//▽//)

 続いて『bt fly high』
 声の伸びがすばらすぃ〜っすo(^-^)o

 次の曲のリズムを刻み始めたんですが、さっきからおかしそうだった藪さんのギターの調子がいよいよアウツ状態に;
 リズムがひたすら続く中、

   「この二人についていったら天国行けるから。」

 という真田さんの言葉がいまいち理解不能で(笑)、ソウさんの腕の動きがおかしくて…(笑)

 なかなかGO!が出ず、いいかげん疲れてきたのかソウさんがダルダルになってきました(笑)

   「え? ちょっと待って。 ムリ?」

 ちょっと焦り始めた真田さん。
 真田さんのギターで次の曲をしのいだとしても、さらに次は真田さんも弾く曲だからと、とにかく今直している間に昨日出来た曲を真田さんが弾き語ることに。

 その前に告知を始めたんですが、

 「2/15のワンマンには木谷君も遊びに来るっていう確約を取ったので、プライベートの彼が見たい人はぜひ来てください。」

 木谷さん目当てでいいんすか?(笑)

 エレキで弾き語った出来たばかりの曲は切な〜いメロでした。
 “スターダストラブソングがなんちゃら〜♪”って歌い出しだったような?
 早くアレンジ後を聴いてみたいすな(−ω−)♪
   
 大晦日は、O-Crestでトリをつとめるらすぃ〜です。
 観たかったです(´・ω・`)

 やっとギターが直ったらしく、次はなんて曲だったのか…?
 なんとも激しい曲でした。
 いちばん狼でした(笑)

 楽しい気持ちをパッケージして、歌で届けたいと『パレード』を。
 大好きな曲だから聴けてウレシス(=^▽^=)

 最後の曲は『YES』という曲でした。
 
 なんや圧倒されまくりでした。


☆ リップ・ヴァンズ
 1曲目は『ロンリーロード』
 一気にテンション上げてきましたな( ̄ー ̄)

 2曲目は『グライダー』
  
   「今日からまた寒くなったね。一段と。」

 そっから話が膨らむのかと思いきや、さらっと終わっちゃいました(笑)
 ヴァンズさんも今日で歌い納めなんだそうです。
 お疲れさまでしたな(−ω−)

 続いて『モンスター』〜『プライド』

 『carry on love』って曲あるのかしら? そう聴こえたんですけど;
 初めて聴いたんかな?
 間奏がスゲェ〜速くておもろかったです。

 11月に発売したシングルのカップリング曲『ラストライフをご一緒に』
 
 今年も残すところあと2週間。楽しんだもん勝ちだと木谷さん。
 お客さんに「リ〜ップ ヴァ〜ンズ」と言わせ始めました。
 なかなか自分の名前って言わせませんよね?
 ちょっと不思議な気分(笑)

 あと、よう知らん曲とイェイイェイオー♪な曲をやってました。
 
 いい一日を重ねていく。
 幸せだな〜と思える日を一日でも多く作っていくこと。
 幸せだと感じるには幸せだと思うこと。
 
 暗いニュースが多いけど、実は命があって生きているということ自体がありがたいことなんじゃないかと。

 また幸せさがし始めようかなぁ〜。
 そんなことを思った言葉の数々でした。

 最後は『産声』でした。
  
 アンコールの手拍子が始まるとすぐひょこっと袖から頭を出した木谷さん(笑)

 「今年を一文字で表すと何?」とお客さんに尋ねた木谷さんは、「戦(闘?)」という答えに

   「いいねぇ、俺も使おう。」

 え〜?パクる気マンマン?(笑)

 アンコール曲は『約束』でした。
 確か出来たばかりの時に青山で聴いたんだっけな?
 腰が限界だったので、最後まで聴けませんでしたけど…(^_^;)
 
 ライブ3連荘無事完走〜(・ω・)/
 

リップ・ヴァンズ主催イベント「One to One vol.3」(2)4

会場:Shibuya O-WEST   18:30スタート

☆ えちうら
 1曲目から大好きな『カサブタ』でした。
 これだけで満足しちゃいそうになりました(笑)

 2曲目はタイトルがハッキリしません;
 I say Yeah〜とかいう歌詞がサビにありました。
 軽く体が浮くような、そんな曲でした。

 ここでメンバー紹介。

 岳さんが今日着てるTシャツがリバーシブルで、裏に通気性がないプリントがしてあるらしく、サウナスーツ状態なんだそう。
 確かに汗だくですね(^_^;)
 倒れないでくださいね。

 そして赤堀さんは、あばらがパキーンといっているらしい。
 さっき結構動いてましたけど?
 動かなきゃいいのに;;
 ライブ中に折りますっ!とへんな宣言をしていました(笑)

 今日はサポートでキーボードとパーカッションが参加してました。
 キーボードさんは、「メタボ!」と紹介されていました(笑)
 メタボと言うと、「あぁ…メタボじゃないっす。」と申し訳なさそうに返して来るんだとか(笑)  

   「みんな見えてるよ。目ぇ悪いけど見えてんだよ。」

 そう言った長柄さんに、お客さんが失意の「えぇ〜;」
 見てくれてると思ってたんですよね?きっと。
 目が悪かったら視線は向いてても見えてないって事ですから(笑) 
 ま、視力がドンだけなのか知りませんけれども。
 その件について、

   「あとでミーティングしよっか。」

 心ゆくまでどうぞ(笑)  

 BLITZでワンマンをやるんだそう。
 あそこって壊したと思ってたんですけど残ってたんですね。

 3曲目もタイトルがハッキリしません;
 なんとなくGReeeNみたいなカンジっつうんですかね?
 岳さんがサビのコーラスで唄ってました。
 最後はwow wow言うてました。
 
 4曲目は『Take Off!!』
 お客さんのテンションが上がってきました。
 長柄さんは2コーラス目のAメロを全く歌ってませんでした(笑)

 最後は『FLY』
 最初と最後に好きな曲を聴けるなんてうれすぃ〜っす(`∀´)
 
 
☆ リップ・ヴァンズ
 いよいよトリでございます。
 いや〜長かった; もう22時前ですよ(^_^;)

 お久しぶりの今回はバンドスタイル。
 てか、ほとんどバンドスタイルのライブしか観てないような…。

 『ロンリーロード』〜『グライダー』(ですかね?)からスタート。

 半年前くらいからこんな企画がやりたいと考えていたという木谷さん。
 自分の力だけじゃムリだからとみんなを誘ったら、みんな二つ返事で付き合ってくれたんだとか。
 ええナマカやね〜(´∀`)

 ホント大変だったんだぁと言った後、

   「電車の中ではおばちゃんに屁ぇこかれてさぁ。」

 え?(笑)
 顔の前でかまされたらしい(笑)
 
   「ありえんくない?ありえないよね?」

 早くもセカンドシングルを発売したんですね。
 2曲目はそのシングルのカップリングに入っている『Last Lifeをご一緒に』
 やぁ〜らかい曲ですな( ̄ー ̄)

 そして“どんなにカッコ悪くても自分の命を全うしていくことがプライドだと思う”と、『プライド』を。

 続いて、イェイイェイオー♪な曲でした。
 なんてタイトルなんすかね?

   「今日は話したいことがいっぱいあってさ…」

 屁をこいたおばちゃんの話なんてするつもりなかったらしい(笑)

 今日はイメージしてきたことが出来たと成功宣言。
 音楽で何かを届けたいなと思っていたそうです。
 きっとみんなも本気で願えば思いは届くと木谷さん。
 心の声をポジティブにすれば、空はきっと聞いていてくれるとか言うてはったかと…。

 最後は『産声』でした。



 せっかくだからセッションしようってことになってるんですが、もうすぐ22時半です;
 ここで、今回の趣旨を説明してくれた木谷さん。
 このキャップが800個で20円になり、それがワクチン1本になってミャンマーやカンボジアの子供に送ってるんだそうです。
 小児マヒにならないようにするワクチンらしいです。
 日本の子供は子供の時に打ってるらしいんですが、ミャンマーの子供たちはこのワクチンがない為に何千人も亡くなっているんだそう。

 知ってたら持ってきたのにな〜。
 残念無念…。

 今日の出演者をお呼び出し〜。
 はねさんがイチャイチャしていると、
  
   「うたいびとホモでいいんじゃね?」

 と木谷さん(笑)

 ここで、集まったキャップの数を発表。
 今日だけでワクチン16本分集まったんだそうです。
 スゲ〜っすな〜。

 セッション曲は『Power To The People』
 それぞれに歌詞を日本語で歌っていました。
 長柄さんとダイスケさんが楽しげに手拍子していました(笑)
 
 4時間という長丁場、皆さんお疲れ様でした(´∀`)
 

SWEET MOON4

会場:AOYAMA月見ル君思フ   19:00スタート

☆ リップ・ヴァンズ
 会場ガラ空きの状態の中、ほわ〜っと登場の木谷さん。
 いや、ホンマにね、上の階合わせて30人くらいやったと思います。

 まさか1番手とは思ってなかったんで、なぜかあわあわしてしまいました(笑)

 今回は弾き語り。
 声がフロアにギュ〜ンっと響いてきました。

 2曲目の『プライド』の後、名前の由来について話し始めた木谷さん。
 
 時代遅れなことを歌って、忘れられてしまった温かさや思いやりとか(?)をみんなで取り戻せたらいいんじゃないかということで付けたとか言ってたかと…。
 あれ?違ったっけな?

 こないだもここでライブをやったそうで、しゃべりすぎで押してしまい、リハ中に「今日はお願いしますよ。」と念を押されたらしい(笑)

 3曲目は新曲『約束〜泣き笑いのあなたへ〜』

 バラードでした。
 前回は1コーラスしか出来てないのに歌っちゃったから、今回はちゃんと完成させてきたんだそうです。

 4曲目は『モンスター』
 
 曲が終わると、どこからかヘッドフォンから曲が漏れてるような音が…。
 フロアもその音にザワザワ…。
 
   「ライブハウスに来て、まさかipod的な?」
 
 いくらなんでもここまで聴こえないっしょ〜;

   「そうだったら、帰ってよし!だけどね。」

 ヒジョーに気になる音は、しゃべっている間にいつの間にか消えていました。

 ここで、話はお寿司ネタに。

 「普段って回ってないお寿司って食べないじゃない?」とお客さんに話を振った木谷さんは、そんなことないけど?的な反応をされたのか、
 
   「セレブだねぇ。」

 先輩に回ってないお寿司屋さんに連れて行ってもらったらしい。
 ここでその店のおじちゃんと先輩が話してくれた熱い想いを閉じ込めたという新曲を披露。

 そしてみんなで“時代遅れの人〜♪”
 ただ歌うんじゃなくて、歌い方も真似してと。

 6曲目は、お兄さん夫婦に贈った『ラストライフをご一緒に』

 7曲目は『ロンリーロード』
 アップテンポのこの曲がいちばん楽しかったかな〜。

 5月も下北沢でべビスタの明仁さんと一緒にライブをやるんだそうで、チラシに載ってる明仁さんの写真を見ながら、

   「めちゃくちゃアホな顔しとる。」

 サイコーの笑顔と言ってあげてください(笑)
  akihito
 ちなみにアホ顔と言われたのがコレ(笑)→



 しきりに時間を気にする木谷さんは、お客さんに時間を聞いて「まだ大丈夫だ(^^ )」とひと安心(笑)

 最後は『産声』でした。
 
 
☆ RAKE N' HOE
 急に客が増えました。
 一気に周りの客の雰囲気が変わってちょっとドギマギ…。

 身内とかそんなカンジ?
 業界仲間?みたいな人がワラワラいてるような空気感にちょい萎え。
 
 シライシ紗トリ氏が、「カントリーやりたくね?」っつって集まったメンバーで構成されたという若干ゆるめのバンドでした(笑)

 見た目はホント“県民体育祭のお昼休憩後のバンド演奏”みたいな(笑)
 でも、メンバーの演奏の落ち着きっぷりに、髭男爵ばりの「ルネッサ〜ンス!」をしてしまいそうになりました(笑)

 バンド名は“熊手と鍬”という意味らしいです。
 誰かがそう言ってました。

 ギターのkohjinさんが、ナイナイ矢部兄に似ていました。
 いちばんのイケメンさんでした(笑)

 ボクが知ってる曲は前半の『Chase The Rainbow』、『Hug, Hug』、『Freebird』の3曲だけでした。
 織田裕二(2曲目)とSMAP(3曲目)は分かったんですが、1曲目は誰が歌ってたのか…。
 確かに知ってる曲なのに…。

 MCに関しては完全ノープランだったようです(笑)

 演奏も歌声もすばらすぃ〜っ(´∀`)
 でも、フロアの空気感にイマイチ馴染めず…。


☆ The BABYSTARS
 二人で弾き語りかと思いきや、今回はバンドでした。
 ゾクゾクする重々ロックなSEで登場。

 センターに着くなり、明仁さんが

    「キタァーッ!!」

 そのすぐ後ろに続いていたリキヤさんが若干メイワクそうでした(笑)

 1曲目は『SUNDAY』
 よかった〜(ノ^^)八(^^ )ノ
 未だにアルバム買ってないから、いきなり知らん曲やったらどないしようかと(^_^;)

 2曲目は『終わらないラブソング』
 
 挨拶の後、明仁さんがニッコニコで「今日はボクの夢が叶いました。」と。
 誰かと共演出来たからとかいうのではなく、「キターッ!」が出来たからでもなく(笑)、ボンジョヴィのあこがれの曲(タイトルは覚えてません;)をSEにして登場出来たことが何よりもうれしかったらしい(笑)

 SEを“出囃子”と言った時、一瞬聞き流してしまいそうでした(笑)

 東京ドーム公演の登場シーンを熱く語ってくれたわけですが、どう聞いても

   「それじゃコントだよ;」

 とリキヤさんに突っ込まれてしまうくらいの面白話でした(笑)

 3曲目は『プロローグ』
 久々に聴きまする〜。
 この曲のサビが切なくて大好きです〜(//▽//)
 
 4曲目は『七色』
 これは初めて聴くのかしら?
 でも、サビは聴いた事あるような…。

 5曲目は『愛されたい』
 この曲を聴いたら、胸がきゅ〜ってなりました(T_T)

 QRコードだけがど真ん中にあるチラシが入っていたんですが、どうやら5/1に何かがあるらしいですよ。
 なんでしょう? 気になります。
 べビスタのホムペにも公開されるらすぃ〜ので1日に検索しませう。

 6曲目は『グレープフルーツムーン』
 ステージの後ろの月にお似合いの曲ですな〜(´∀`)
 また〜りですぅ〜。

 ここでちょっとヘンな間が…。
 ステージ上でコソコソとプチ打ち合わせが始まり、明仁さんが

   「入るのか入んねぇのかハッキリしろよ〜;」

 ドラムさんと意思の疎通が図れなかったらしい(笑)

 新曲を持ってきたんだそうで、“天使にラブソングを”みたいなゴスペルなカンジをイメージしてくださいと。
 そんなノリなので、みんなも歌ってちょうだいよと。

 でも、絶対に 覚えられないから“アイルビーゼアフォーユー”だけ覚えてと明仁さん。

 そんなにどキッパリ言わんでもよろしいがな;(笑)

 またみんなで楽しめる曲が出来たみたいです(´∀`)

   「どもありがぁとぅ☆」 

 歌い終わった明仁さんは、なぜか外国人になっていました(笑)

 そして一言、

   「あ〜やりきった。」

 リハ嫌いなこのメンツ、実は新曲なのにもかかわらず1回しかリハをしなかったらしい(笑)

 ここらへんでだったか高校の時ボンジョヴィに憧れて、友達に自分のことを“ジョン”と呼ばせてたと明仁さんが言い出すと、フロアからジョンコールが(笑)

 リキヤさんには、「イタイイタイ;」と引き気味に言われていました(笑)

 告知に入ると、アホ顔写真の撮影裏話が始まりました。
 クールなバージョンも撮ったんだけど、これじゃないなと思ってアホ顔を採用したんだそうです(笑)

 撮影時、上はちゃんとスーツ着てるけど下はパンツだったんだとか(笑)
 一人部屋でこんなことしてるなんて、つくづくおもろい人やな(笑)

 今日はそのイベントのチケットを特別に30枚先行で発売すると明仁さん。
 その話し方はなぜかジャパネット風でした(笑)

 何の話からか、リキヤさんが明仁さんに

   「お前、あとで説教部屋な。」

 と言われていました(笑)
 なんだったっけな〜。なんか爆笑しちゃって忘れちゃいました;

 本編最後は『SUN』でした。
 最後にピッタリな曲ですな〜。


 フロアに音楽が鳴り始めたので、アンコールなしかと思ったら、ぽわ〜んと再登場(笑)

 ライブをやるたびに音楽やっててよかったなと思うと明仁さん。
 
 最後は『また会う日まで』でした。
 やらないと思ってたのでうれしかったです(=^▽^=)
 

第一回ボーカル会議4

会場:渋谷O-West    19:00スタート

 ステージ中央にスクリーンが登場。
 踊る大捜査線のテーマが流れる中、森ビル?階会議室でボーカル会議真っ最中(笑)
 3人ともスーツ姿で、コントのような議論を展開(しているように見える 笑)
 スーツ姿がいちばんお似合いだったのは大石さんでした(´∀`)
 最後に3人並んで開演宣言。

☆ 小林亮三
 トップバッターは亮三さんでした。
 いやはや、どれくらいぶりですかね?
 知らん間にcuneが休止してて、最後も見とれぬまま時は過ぎ…なカンジだったんですが、まさかここで出くわすとは(笑)

 今回のサポはドラムにトマルさんがいてました。
 ワ〜イワ〜イo(^▽^)o
 あと、ベースは大石さんとこのサポをしてる斉藤さん、ギターさんは…?? キーボードさんなんて場所が悪かったのかまったく見えませんでした(^_^;)

 髪型がすっかりおたくなカンジになった亮三さん(笑)
 衣装はTシャツに青のカーディガン。

 1曲目はとても静かな曲でした。
 ピアノに合わせて、まるで飛鳥涼のようにぬわ〜んとした歌い方をし始めたかと思えば、きれいなファルセットを響かせてみたり。
  
 こんなカンジの曲をやりはじめたのか〜と思ったんですが、2曲目はそうでもなく(笑)
 ちょっと懐かしいカンジがしました。

 視線を下目に泳がせながら、

 「こ〜んば〜んこ。 こ〜んに〜ちわ。」

 とぼそぼそっとご挨拶(笑)

 かと思えば、突然元気よく「元気ですかっ!!」と言った途端に、肩にかけたストラップが外れ、アコギが床にドンッ!
 ヒィィィ〜ッ(((゜д゜;)))

 みんなの心配をよそに(笑)、本人は笑顔でストラップをかけ直してもらいながら

   “ライブはトラブルがつき物〜♪”
 
 と歌い始めました。
 
 今日はかなり緊張しているらしい。
 緊張を少しでも緩和したいのか、急に「ウォイ!!」という気合の一声を発した亮三さん。
 その声はし〜んとした会場に響き渡り、あっという間にお客さんの笑いに変わりました。

 すると、

 「あかんなぁ、今日〜。 水かぶろうかな〜。」

 へ?(笑)

 3曲目はまた静かな曲へ。
 なんやAメロでみょうにかわいい歌い方をしていました(笑)
 全体的には切ないメロディーでした。
 
 適当なメロに乗りながら、今からちょっとずつハジけちゃうぞ宣言(笑)
 そして4曲目に突入。
 楽しげなリズムにみんなで手拍子。

 勢いにのってさらにテンションを上げ始める亮三さんは、おもむろにペットボトルを持ち、

 「俺はねぇ〜、水をかぶるとぉ〜、 人が変わっちゃうんですよぉ〜ッ!!

 と宣言すると、水を頭上からジョォォォ〜っ。

 残った水を口にふくんだ亮三さんは、ぶくぶくうがいをしながら左側へ。
 危険を察知したお客さんが狭い空間を逃げ惑う姿を見ながら、突然首の向きを替え“こっちにはこねぇ〜だろぅ”と余裕をぶちかましているセンターのお客さんに向かって唾液たっぷりの水を噴射〜っ!!!

 あ〜あ、やりおった(笑)

 そしてさらに水をふくんだ亮三さんが右側へ移動するのを見て、一気に動き出すお客さん(笑)
 今にも噴射しそうな勢いでゴクリと飲み込み、してやったりのニヤッ(笑)

 もう止まらない亮三さんは、かなり挙動不審な動きをしていました(笑)
 続いての5曲目は、ノリのいいファンクな曲で、全体的にキーが高めでした。

 途中で“イェイ〜イェイッ!”合戦(笑)が始まったんですが、タイミングがよく分からずえらいとこで入ってくるお客さんに亮三さんが指導。
 教える時になったら“ウ〜イェイッ!”やら“・・・ウァッ!”が追加されていました(笑)

 無事タイミングを掴んだところで、みんな楽しげに亮三さんの後に続いていました。

 「今日はすばらしい日だ。楽しい日だな〜。」

 せっかくテンションが上がったのに、次が最後の曲。

 「あぁ〜もう終わんのかぁ、オレの出番。」

 ちょっと淋しそうな亮三さん。
 せっかく楽しみにしてたのに、前半ガチガチだったとショックを受けていました。

 「なんやね〜ん…、しかもこんなテンション上がってんのに、次歌う曲バラードやぁ;」

 セルフマネージメント力がないとステージ上で反省(笑)
 反省しながら、最後の曲にいっちゃいそうな亮三さんに、ベースの斉藤さんが耳打ち。
 すると、
 
   “ラ〜イブの告知するのをわ〜すれてま〜した♪”

 サポに段取り教えてもらう亮三さんっていったい…(笑)
 なのに、教えてくれたついでにメンバー紹介しちゃった亮三さんは、またしても気分がよくなってしまい、告知を忘れて曲紹介を始めちゃいました。

 だから、忘れてますって!(笑)
 お客さんの笑い声に大切なことを思い出したのか、ハッ(゜д゜;)!

   “ラ〜イブの告知を忘れてましたぁ〜♪”

 いかほどぉ〜っ(笑)

 なんとか告知を終え、最後は『星の旅人』というバラードでした。
 サビでのファルセットがやさしく響く曲でした。
 最後あたりのシャウトのスゴさにビビりました(笑)
 この曲ええな〜(´∀`)


☆ リップ・ヴァンズ
 sacraのボーカル木谷さんのソロプロジェクトです。
 木谷さんもTシャツにカーディガンでした。
 なんか違和感が…。
 なんやちょっとおっきくなったような…(笑)

 サポはさっきと変わらずのメンバー。
 今日は3人分演奏するらしい。タイヘンですな(^_^;)

   「生まれつき熱い男、リップヴァンズですっ!」

 という挨拶からさっそく1曲目。
 もちろんタイトルなんて分かりません。
 “プ〜ライドォ〜♪”って歌ってました。
 しかし、ずいぶん覚えづらいメロですな(^_^;)

 2曲目の前奏中に

   「ステージがなぜか濡れています。」

 ええ。1番手が濡らしましたから(笑)
 
 2曲目では慣れた感じのメロでホッとしてる自分がいたり。
 “イェイイェイオー!”とか言うてました。

 今回のイベはほんとにいいイベントだと大絶賛した後、

 「みんなが大石くんが好きになる理由が分かる。」

 と木谷さん。

 「ホテルとかも一緒だったんですけど、まぁ、彼なら…ってなってしまう。」

 それは…ねぇ(笑)

    「うらやましいやろ?」

 ファン相手に競うんですか?(笑)

 3曲目は、自分の中にいる“弱虫モンスター”と向き合って話し合って勇気の一歩を踏み出していこうという曲『モンスター』
 ちょっとスローだけどなかなか熱い曲でした。

 4曲目は、去年結婚したお兄さんのために作った曲『ラストライフをご一緒に』
 ファンにもらった60歳のラブレターという本も歌詞の参考になってるんだとか。

 5曲目はアフリカみたいなリズムから始まりました。
 なかなか斬新なアレンジですな。

 そしてなぜか、

   「ゴルゴンゾ〜ラッ!」 「カルボッナ〜ラッ!」

 腹でも減ってんのか?(笑)

 お客さんの声が小さいからと、

   「全然カルボナーラな気分じゃないね。」 

 どんな気分ですか(笑)

 カルボナーラが終わったと思ったら、オゥオゥワオワオ言うてました(笑)
 いや、ホンマにそんな曲やったんです;

 6曲目は『ロンリーロード』とか言うてたような…。
 男には孤独になる時があるんだそうですよ。
 
 ここで、ギターさんに第一子が産まれたことをご報告。
 ギターさんとは結構付き合いが長いんだけど、「木谷ってテンパだったっけ?」と訊かれたそうで。
 ホントは直毛でパーマをかけているらしい。
 ボクもテンパかと思ってました(^_^;)

 ここで突然、トマルさんから聞いた神社なるほど話に(笑)
 神社の鳥居は女性の性器を表しているんだそうです。
 神宮という字は子宮の宮と書いたり、参道と言ったりすることになるほど〜と思ったらしいです。 

 最後は、このソロプロジェクトをやるきっかけになった曲だという『産声』
 イントロに思わず鳥肌なバラードでした。
 サビメロ歌うと、途中から違う曲になってしまいそうなメロでしたが、全体的な仕上がりはおぉぉぉーなカンジでした。
 

☆ 大石昌良
 SEが大石さんの声でのウェザーニュースから始まりました。
 ビニ傘を持って登場の大石さん。
 なんか小細工した様子が伺えます(笑)
 
 1曲目から楽しげなリズムの『ウェザーニュース』
 タンバリンを叩く姿がカワユス(´∀`)
 
 途中、ボソボソと

 「水かぶるのはええけど、帰りに着ていく服に困んねんて…さっき小林亮三くんがボヤいてました…。」

 亮三パワーに毒されてしまったらしき大石さんは、こんなことが出来るようになったと、スポッとタンバリンを首にかけ、ビニ傘をギター代わりに弾き始めました。
 エンディングで傘を開くと、そこには

    “I  東京”

 と書かれていました。
 
 ゴォォォォーの音と共に

   「議長の大石昌良です!」
  
 すると、あちこちから「よっ!議長っ!」コールが(笑)

   「サイコーの夜にしないと、議長クビですっ。」

 サイコーの夜にならないわけがないじゃな〜い(=^▽^=)

 2曲目は『キウイ畑の宇宙船』
 この曲でだったか、こっち方面を見ながら親指立てて笑顔でGOODポーズをした大石さん。
 自分にじゃなくてもキャッキャッo(^▽^)o

 空間を見ながら、「この辺に宇宙が見えるわぁ。」
 大石さん、早くもイッちゃいましたか?(笑) 

 3曲目は夜の景色を歌にした『ほのかてらす』
 ちょっと今日は歌い方が熱めでした。
 
 歌い終わった大石さんは、

  「ヤバい… 気持ちいい。」

 続いて4曲目は『うしろのしょうめん』
 歌い終わると、サポメンがふわ〜っと袖へ退場。

 椅子に座り、ポロポロとギターを奏でながら実家で飼っているシーズーの話を始めた大石さん。
 レイちゃんとナナちゃんの2匹飼っていたんだけど、お母さんのレイちゃんがとある病気で去年の5月に亡くなり、正月には娘のナナちゃんも同じ病気にかかってることが分かったんだそうで。
 その話を聞いたときは、悲しくて28歳なのに夜通し泣いて、落ちついた時に5曲目に演奏した『涙がとまらない』が出来たんだそうです。

 初めて聴きましたが、ペットを飼ったことがある人ならたまらん曲です。
 やさしくそして切ない曲でした。
 大石さんも歌いながらちょっと泣いてたような感じがしました。
 
 一旦はけたサポメンバーが戻り、立った大石さんは、

   「泣いてないよっ。」

 楽しくいきましょうかと、6曲目に演奏したのは『小さな恋のメロディ』
 サビから始まるんですが、途中で止まったな〜と思ったら、後ろを向いて全員で一礼しながら

   「お願いしま〜す。」

 この間、サイコーっす(笑)

 空気の換え方が非常にうまいですなぁ。

 ここで議長としてメンバー紹介(笑)
 ドラムのトマルさんはこの企画が持ち上がった時、ぜひ叩かせてくれと自ら志願したそうです。
 すばらすぃ〜っす、トマルさん!

 プライベートでも仲がいいベースの斉藤さんには、こんな時にしか言えないからとお礼を言っていました。

 同い年のタメ口要員キーボード、バカそのべさん(笑)は、紹介されるとマイクスタンドを持って前に出てきました。
 あら、意外にデカいんですね。
 特に何も言わず定位置に戻っちゃいましたけど(笑)

 ギターのトニーさんは、ウラ議長なんだそうです(笑)
 いろんな隙間をアドバイスして埋めてくれたんだとか。

 最後だから本音を話したいと大石さん。
 今回のイベは“3アーチスト”ではなく“ボーカル会議's”として一つのグループとしてのイベントになったと。
 そしてお客さんが最後まで見てくれたということが答えなんじゃないかと。

 またやるかもしれないそうですよ〜。
 ぜひともお願いしますm(_ _)m

 最後は『ターミナル』
 今回も聴けてよかった〜(=^▽^=)
 この曲がいちばんスキです☆

 
 アンコールはまず議長だけ登場。
 大石さんが二人を呼ぶから“手が悴むくらい叩いてくれ”と。

 いやいや、悴んじゃダメでしょ(笑)

 舞台袖を見ながら、

  「もう準備はいいのかな? 彼は自由人だから。」

 亮三さんのことです(笑)
 登場した亮三さんはちゃんと着替えてました(笑)

 お次は木谷さん。
 ロンTの上にオフィシャルTを着ているからか、さらにおっきく見えました。

 二人して“ヤバい”を連発してました。

 二人の会話にニコリともしない亮三さん。
 大石さんのライブ見て、なんや悔しくなったらしい。
 「ステージの上だからとりあえず笑おう」と議長に言われ、気持ち悪い笑顔をしていました(笑)



 突然、亮三さんが思い出したように

 「オレは自由人じゃなくて、音がオレを自由にするぅ〜ヽ(゜▽゜)ノ」

 いや、あなたは絶対自由人です(笑) 

 ここから議長と自由人のおかしなトークになり、木谷さんがすっかり待ちぼうけ。
 三人って結構難しいんですよね〜。

 みんな言い残したことはないということなので(笑)、いよいよ曲へ。
 今回、3人で作ったんだそうで、パートを分けて歌うらしい。

 Aメロを大石さん。
 Bメロを木谷さん。
 サビを亮三さん。

 『翼のはえたメロディ』と名づけられたその曲は、なかなかよく出来ていましたが、サビを普通に歌えるのは亮三さんだけなんじゃないかと思ったのはボクだけでしょうか…。

 サビの“翼の生えたメ〜ロ〜ディ〜♪”の部分をなぜかヘリウムガスを吸った後みたいな声で歌いだした大石さんと亮三さん。
 ついでに木谷さんもチャレンジしていましたが、「いちばんにあわねぇ〜。」と言われていました(笑)

 最後にみんなで前に出て、手をつないでご挨拶。

 すばらしいイベでございました。
 ご馳走様(笑)
 
Profile

くまちろ

Archives
Recent Comments
  • ライブドアブログ