くまちろちゃんのライブ参戦記♪

いろんなところにおとぼけ参戦中(笑)
ライブの内容を書いちゃいます。
尚、ボクなりの感想なので怒らず温か〜い目でご覧ください(笑)

BEANBAG

LOOSELY&AIR MASTER Presents「LOOSEMASTERそのまんまVol.1」4

会場:渋谷 O-Crest    18:30スタート


☆ コンタクト
 4人組のバンドさんでした。

 ライブ中に団体様がドドーっと前方に。
 なんや一気に身内ライブ的空気になってしまったのが残念。
 
 ベースさんの頭って…。
 あれ、リーゼントなんですかね?
 長めの髪を中央に寄せすぎてるのか、完全な鶏冠になってましたけど。

 ボーカルさんの声が顔の雰囲気と違ってて、潰れやすそうな坂上庸介氏っぽい声をしてはりました。

 登場するなり、片手に小さいシーケンサーマシンを持って歌っていたボーカルさん。
 シールドを繋いでいる部分のガムテが痛々しいったら…;;

 淡々と演奏してましたね。
 楽しいカンジでやりたいという割には、楽しげな曲がなかったりして(^_^;)

 最後までテンション上がりそうな曲はなく、インパクト薄のまま終了…。
 ちゃんとメンバーの顔が思い出せません(^_^;)

 最近出したCDは、自信作らしいです。
 
 演奏曲 ←いただきもの。
 1.ハチミツの花  2.ハレルヤ  3.グライダー  4.SlowDown  5.水の音  6.Today,Today,Today

 1曲目がほんのり大石さんの曲っぽくてスキなカンジでした。


☆ BEANBAG
 どのくらいぶりか思い出せないくらい久々でした。
 前回は1曲しか聴けてませんからね(^_^;)

 マライヤ・キャリーのクリスマスソングで登場のメンバーさん。
 ボーカルのYUMIしゃんの髪がストレートに変わってて、肩下あたりまでありました。

 1曲目からかなりパワフルでした。
 曲名は相変わらず分からないものばかりです…(^_^;)
 始まったばかりなのに、早くも水を浴びまくるYUMIしゃん。
 
 暑いのかね? それとも気合い入れかね?

 ドラムの哲史さんの叩き方がカッチョ可愛くてスキスキスー☆

 2曲目はずいぶんとリバーブを利かせた曲だったような…。

 演奏が終わり、ベースのコースケさんが、

   「いつもお世話になっております。」
 
 何キャラ?(笑)
 イエスさんの誕生日をロックで祝えるなんて喜ばしいことだと。

   「外を歩いてるいやらしいカップルどもに、ロックンロールをお見舞いしてやりましょうよっ!!」

 それが今回のパワーの素ですか(笑)

   「みんなでぶっ飛ばすぞっ!!」

 一人テンションがどんどん上がっていくコースケさんに、YUMIしゃんが手でモザイクを入れながら、最前あたりにいた子供に、

   「見たらあかん;見たらあかんで;」

 何指定ですか?(笑)

 「やめなさいって;」と止める哲史さんの忠告も耳には届かず…(笑)
 来年もみんなで祝えるように、体に気をつけましょうと言いだしたコースケさんは、さらに、

   「ひじきがいいですよ、体に。」

 豆知識?(笑)

 そんな流れで、さら〜っと紹介されたサポートギターさん(笑)は、ラウドヴォイスってバンドさんから来ているらすぃ〜。

 YUMIしゃんは、「今日は100人の誘いを断ってステージに上がってるんだから、盛り上がんなさいよ!」みたいなことを言うてました。

 100人か。大きく出ましたな(笑)

 「今日だけでも空を見上げてみて」と言って演奏したのは、『東京ミリオン』かな?

 続いて、ヘイヨーヘイヨー言うてる曲でした(笑)
 歌詞を間違ったのか、忘れたのか、2コーラス目が

   “まぁいいじゃ〜ん。まぁいいじゃ〜ん。 歌詞を間違えったってさぁ〜♪”

 という替え歌に変身。
 “間違えるに決まってるでしょ?♪”的な言い訳をした後、

   「ごめんなさ〜い。」

 YUMIしゃん、カワユス(笑)
 Bメロで転調する時の哲史さんのカウントがカコヨスでした(=^▽^=)

 今日はコースケさんと哲史さんがジェッターさんとダブルヘッダー。
 YUMIしゃんは、2人が間違えたら正の字で数えるつもりらしい(笑)

 最後は『あすなろ』でした。
 頭に水をかぶるだけじゃなく、タンクトップの胸を大きく開けて水を投入。
 どんだけ暑いんすか;

 エンディングでは、バスドラに乗っかってお山の大将になってました(笑)


☆ AIR MASTER
 お初な方々でした。

 ボーカルさんが、コブクロの黒田さんにラグフェアーのレオさんをぶつけたような顔をしていました(どーゆーこと? 笑)

 今日はLOOSELYさんと企画した3ヶ所ツアーの最終日。
 どーなることやら;と思っていたけど、いっぱい集まってくれてよかったと。

 イブは移動日だったから野郎祭りだったそうな(笑)
 
 朝起きたら、隣で寝ていたドラムさんがものすごい勢いで何かを探し始めたんだそうで、ボーカルさんは

   「こいつ、サンタからもらえると思ってんのか?」

 と思ったらしい(笑)
 実際は携帯を探していたんだとか。
 ドラムさんはいつも携帯片手に握って眠るんだそうです。

 LOOSELYさんとは今年出会って、一緒に何かやりたいねぇってことで、今回のツアーになったんだと。

 誰かと出会うことで、全員違う形で変わっていけたら素晴らしいとかなんとか言うてたような?

 演奏曲←いただきものです。
 1. 光  2. 空想メロウ  3. scenario  4. 君のペース  5. Re'birth


☆ ジェッター3
 なんやアツシマンがかわいくなってました。
 デニムの形がオサレでした(=^▽^=)

 1曲目は歌詞が出てくるまで判別不能な『冬のうた』でした(笑)

 続いて『窓の中』
 少しずつ下がり始めるメガネ…。
 さらに暴れたせいでメガネが外れ、片耳にぷらんぷら〜んと残った後、床にポトン。
 サンタさんがすばやくやってきてメガネを救出(笑)
 演奏中のアツシマンにメガネをかけ、髪まで整えてくれました(笑)

 サポギターの矢野氏とお昼を食べに行った時に占いをやってみたら、アツシマンは最悪だったそうで、矢野氏は社交運がよくて、“みんなにリップサービスをがんばれ”というアドバイスがあったらしく、

   「思いっきりチューしてくださぁ〜〜〜い!!」

 リップサービスってそーいう意味じゃないっすよね…;(笑)
 アツシマンにそう言われたあと、サポドラムの哲史さんの方を向いて膝まづいた状態でギターを弾き始めた矢野氏を見たアツシマンは、

   「何を表現したかったのか…;」
 
 確かに…(笑)

 次は、クリスマスだから久々にこの曲を!と『僕のチョコレート』を。
 あり? なんで演奏が若干間延びしたように聴こえるんでせう…(^_^;)
 そして、どっかのBメロで歌詞が飛んだのか「むーん」って言うてました(笑)

 続いて『行かなくちゃ』
 まだまだ行くぞと『ヨルノソラ』

    「手を上げて!こんな感じで。」

 と、アツシマンがサポベースのコースケさんを見たんですが、コースケさんはまったく違うところを見ていて指示に気付かず;
 視線に気づいたのか、アツシマンの方を向いたコースケさんは、「あぁ、手を挙げるのね?」な感じで突然手を上げ始めました。

 間奏中に、アツシマンが

   「あと10%、みんなのパワーが欲しいっ!」

 10%ってどのくらいなんすか?(笑)

 演奏が終わると、

   「盛り上がったところでチューニングしま〜す。」

 今日は、クリスマスツリーという名のジェッタードリンクがあるらすぃ〜。
 何味なんや〜?

 告知に入ろうとした後ろで何やらドリフ的な演奏を始めた楽器隊。
 
   「のらないよっ!」

 と言っていたアツシマンでしたが、告知に集中できないのか、最終的にのっちゃってました(笑)

 カウントダウンイベは、16:40頃に出るんだそうな。
 早いな;

 最後は『色のないナイフ』でした。
 
  
☆ LOOSELY
 これまたお久しぶりさんでした。
 久々に見たダイゴマンは、ボクシング1戦してきたみたいな顔つきになってました(笑)
 目が腫れてるんかな?
 
 三人そろってクリスマスなかぶり物をかぶってました。
 びーちゃんさんのトナカイがカワユスでした。

 1曲目は『コバルト』から。
 にゃ〜っ(=^▽^=)
 好きな曲から始まるっていいねぇ〜☆

 2曲目は新曲ですかね?
 ノリがいい曲でした。
 サビの手拍子が小刻みで楽しい感じでした。

 3曲目は最近出したミニアルバムの中に入っているという『人生=レース+君』
 これもアップテンポで楽しい曲ですなぁ〜(´∀`)

 「どんどんいくよ〜。」

 知ってる人は一緒に歌ってと、4曲目は『花』
 聴けると思ってなかったので、テンション上がりまくりでした(≧∇≦)ノ
 
 びーちゃんさんがMCを担当。
 サブタイトルに付いてるそのまんまの意味は、“そのままの自分たちでそのまま楽しもうよ”という意味なんだそう。
 
 クリスマスってことで、それなりのかぶりものを用意したんだけど、先にジェッターさんにガッツリやられた;と。
 
 ダイゴマンは山が好きで、山に登ってボーっとするのが特技らしい(笑)

 趣味じゃないんだ…(笑)

 ここで、ネイティブアメリカンの書籍を読んで感銘して書いたという『トナリドウシ』を。

 心の奥でゆったり聴いてくださいと最後に『ピンフ』
 1コーラス目は相変わらずの溜めっぷりでした。
 久々に聴いてもええ曲ですなぁ〜(´∀`)

 いったんはけたと思ったら、あっという間に登場したお三方。
 せっかくアンコールをもらったので新曲をやりますと。
 喜んだお客さんに、

   「東京好き☆」

 それからなぜか話題はU字工事に(笑)
 びーちゃんさんはこの芸人さんが好きらしいです。

 新曲のタイトルは『メロディーバード』というものでした。
 このツアーで歌おうと思って作ったんだそう。
 思いを言葉に出した時に伝わらない時があるから、そーいう想いを曲で伝えたいなと思って作ったんだとか。

 やさしいバラードでした。
 
 これで終わると思いきや、本日の出演者を全員お呼び出し〜。
 セッションするって聞いてないし〜;
 
 クリスマスソングの『赤鼻のトナカイ』をみんなで歌うことになったんですが、演奏が始まり、びーちゃんさんのカウントで歌に入るのかと思ったら、誰一人として歌わないという非常事態に(笑)
 
 なぜかびーちゃんさんのせいになってました(笑)

   「みんな伝わってる? みんな一つになろう!」

 やり直したものの、相当なぐだぐだっぷりでした。
 ま、よくあることですよね?(笑)

渋谷O-Crest Presents 電撃ウエノカーニバル3

会場:上野 SENSATION   18:30スタート

 中に入ると天井が低めで少々圧迫感が。
 音の広がり具合からして、ロック向きのハコだな〜と感じました。

 ステージ前方に大きな柱が一本横に伸びていて、照明がステージ内にこもるような現象が。
 目がしょぼしょぼするなり〜(*_*)
 

 展開中にジェッター3ならぬジェッター2(アツシマン&シンヤマン)が登場。
 計4回登場し、『冬のうた』『追いかけて』『イエスタディ』『虹』(順不同)を1曲ずつアコギで演奏してました。

 登場するたびにアツシマンが「最後の曲になります!」と言って始めるのがだんだんツボに。
 なんか二人で楽しそう…(笑)

 全体的に均一感のあるお客さんの入りでした。

☆ LOOSELY 
 “このメンツでフォトがトリということは、このバンドが一番手になる確率がデカイ”
 そう思っていたら、やっぱり一番手でした。
 現在、関東圏のミニツアー中らすぃ〜

 1曲目は『トナリドウシ』
 どこらへんかでギターとリズム隊のテンポがビミョーにズレたように感じたのは気のせい?

 そして『剣』
 この曲で一気にテンションアップ。
 いつもならここらへんで浅井さんがベースをぐるーんと一回転させるんですが、軽く上にある壁のような柱を見上げて笑っていました。

 ここで回したら、確実にベース破損ですよね;
 
 MCに入り、ドラムのびーちゃんさんが喋り始めたんですが、思わず前回のイベントタイトル(ウエスタンカーニバル)を言ってしまいました。

 痩せてからちょっと体力がなくなりましたかね?
 まだ2曲しかやってないのに、結構な息切れ具合でした。

 『センターオブザワールド』『差し伸べた手の先』と連続で演奏した後、早くも最後の『ピンフ』
 
 ま、30分ですからね。
 とにかくあっという間でした。


☆ TOKYO DROP
 バンドで聞くのはいつ振りでしょう?
 動いてない間、ギターさんが脱退してサポートさんが入ってました。

 ありゃりゃこりゃりゃ;

 演奏曲は、『星のリンダ』『ランドリー』『千一夜』『シンクロナイズドスイミング』『空に風、声は羽根』『楽園』だったらすぃ〜。

 ボクの好きな曲が1曲目でした。
 ソロバージョンでも聴いたことがありますが、やっぱこの曲はバンドで聴くのが(・∀・)イイ!

 ピンの時にはよくしゃべるボーカルの真田さんは、今日はほとんど喋らず。
 こないだ久々にマジメに歌ったら疲れたそうです。

 それって…(^_^;)
 
 最後はバラードでした。
 なかなかよきメロディーかな。


☆ BEANBAG
 今日もお元気そうで何よりです(笑)
 1曲目は『ユリーカ!』
 2曲目にはすでにメガネがありませんでした。

 あれ?メガネかけてきてましたよね?

 少々息切れ気味にフロアにゴキゲン伺い。そして、
 「上野センセーション。スゴイ名前やな。誰がつけたんや?」

 はて? ダレでしょう?
 
 「だいたいセンセーションってどういう意味?」と由美しゃん。
 入口で何度も「衝動!」ってスタッフさんが言ってるのに聞こえないらしく、ぽつんと紛れている外国人に訊いていたんですが返答無し。

 「あの外人はシャイみたいです。」

 そもそも日本語が理解出来てる方なのか???

 4曲目で最前の柵に上った由美しゃんは、上ってる間に曲が終わってしまったので降りるタイミングを逃して立ちっ放し。
 今日はバンドを忘れたらしく、パンツが下がるようで、片手で柱を押さえながらパンツを上げていました。
 
 ん? 今日だけじゃないような気がする…(笑)

 それを見たギターさんが
 「よういつまでもそんな棒に立ってられるなぁ。」
 すると、
 「曲終わったから降りられへんかった;」

 やっと降りた由美しゃんは、5月のワンマン告知に入りました。
 話している間、バックでベースやらギターが鳴っているのが気になるらしく、
 「集中できない」と。
 それでも止めないバックに、ブルース的なノリで絡みだした由美しゃん。
 「来てね〜♪」とかやってはみたものの、もう限界だったらしく、

    「恥ずかしいわぁ〜♪」

 フロア爆笑。

 最後は『あすなろ』
 「知ってる人はいっしょに歌って〜!」

 歌いたいけど歌詞が分かりません(T_T)


☆ フロウズン
 大晦日ぶりですかね。
 ボーカルさんの髪が会う度に短くなってるような気がします。
 次会うときは坊主になってたりして(笑)

 演奏曲は『魅惑のチキルージュ』 『それからどんどこしょ』 『電人M』 『ブレーカー』 『あいのうた』だったそうです。

 2曲目が終わってMCに入りました。
 「東京に帰ってきました〜!安全運転で帰ってまいりました〜!」

 ツアーやってたんですね。
 でも回ってるとこがなんともフシギなルートでした。
 
 九州まで行ってたみたいで。
 車で九州はさぞかしキツかったでしょうに。
 メンバー全員運転出来てよかったですね。

 活動始めて7年半で初のフルアルバムを出したそうです。
 
 え? 初? じゃあ今までの音源にアルバムはないんですか???
 ある意味スゴイかも(笑)

 「ボクが持ってますんで声かけてください。譲りますんで。」
 
 中古の品じゃないんだから(笑)
 
 ベースさんを見ていると、かなりアタマが揺れていました。
 リズムを取ってるんでしょうけど、時々揺れすぎて湯浅弁護士状態になってました(笑)
 
 ボーカルさんの横側からドラムの高田はんがチラリズム(笑)
 な〜んか単調なリズムばかりですな〜。

 同じカンジの曲が多かったんですが、3曲目だけなんか異色な感じがしました。
 ロボットのうたでした。
 歌詞のせいかしら〜?


☆ photograph
 最近、特攻隊長的な出方じゃなくなったらしい(笑)
 何気に後半での登場が増えました。

 狭い空間に人だらけぇ〜。
 んでもってタバコの煙だらけぇ〜。
 ほいでほいで後から来たびーちゃんさんがジャマですぅ〜(T_T)

 背伸びをしたら見えました。
 でも、ドラムのゆうじはんは全く見えませんでした。
 切ないわぁ〜(´・ω・`)

 1曲目から『Universal Star』で一気にテンションを上げていきました。
 イベント開始時に偏頭痛だっただっちパパもいつもよりリズムの取り方が激しかったです。

 2曲目の『I・rony』のあとは久々の『魔王』でした。
 ワンマンでやってくれるものかと思っていたら、やってくれなかったので聴きたくて仕方なかった曲です。

 “自分で考えることが大事なんだ”と話してから演奏が始まりました。
 難しい曲なんです。なんかいぱーい詰まってて、泣かされそうになる曲なんです。

 でも何回も聴きたい大好きな曲です。

 MCになり、白田はんは“なかなか関西弁が直らないのはなぜなんだろう?”と考えてみたんだそうで。
 で、

    東京では関西弁はカッコいいと思われてるから直らないんだ

 という結論に達したらしい。
 それって、イコール“カッコいいと思われたいから”ってことなんじゃ?(笑)

 それから「大阪人丸出しやん?」というフレーズの連発大会開催(笑)
 久々に聞きましたよ。

    べっぴんさん べっぴんさん 一人抜かしてべっぴんさん

 もうたまらんです(笑)

 「難しい曲だけど、何か感じながら聴いてくれ。」という言葉の後に演奏したのは『ニルアドミラリ』
 前の方々はガンガンにノッちゃってて、何かを感じているヒマがないんじゃないでしょうか…(笑)

 そして、余力を残すなと言わんばかりに『Flavor』
 最後は『good choice』でした。

 あっついステージだったんですが、なんでしょう?
 どうしてもステージとフロアに壁が出来ているような…。
 開放感がないような…。テレビを見ているような感覚と似ていました。

 あの天井の柱がなかったらずいぶん違うんだろうなー。

Crest League 2006最終戦〜より空に近いところから Stage3〜4

会場:渋谷O-Crest   13:30スタート

☆ フロウズン
 のんびりしすぎて、着いたのが22時。
 すでに最後の1曲を歌っている途中で参戦。

 ボーカルさんの髪型がスネオヘアーじゃなかった(笑)ので、一瞬気づきませんでした。
 なんかさっぱりさんね〜(´∀`)

 ここで「あ、そうだ!」
 元KUMACHIのドラム、高田さんがメンバーで入ってるんだった;ということを思い出し、あわててガン見。

 おぅ。
 なんか雰囲気が変わりましたね。
 何が違うのか、1年前を思い出してみました。
 
   あ、キャップがニットに変わってますやん。

 後ろ髪もちょっぴり長くなって、なかなかお似合いでした。
 叩き方もなんか変わりましたね〜。

 セッティング中、サブステージではジェッターのアツシマンがジャージでDJをやっていました。
 ハピチュ以来やな。なんかなつかすぃ〜(´∀`)


☆ →SCHOOL←
 久々でした。
 今年はこの人に何回か会うかも…という予感がしていたんですが、最後の日にまたお会いするとは。
 
 記憶に残ってる曲が3曲くらいありました。

 最後の曲の時に、ゲストがいると。
 ダレ?と思ったら、ビアンコの稲田しゃんでした。

 さっきフロアに季節外れの半袖ポロシャツでいてましたやん(笑)
 な〜るほ〜じねぇ〜。

 予想外ですた。
 おともらちやったんすね。

 そして、もうひとりどうしても出たいというUTARIのボーカルさん?も参加。
 あ、この人さっきフロアでものすげぇノリノリだった人だ(笑)
 
 着ていたTシャツには明らかに手書きした“→スクール?←”という文字と、背中の右側には小さめの文字で“お母さん ありがとう”と書かれていました。

 ヤバイ…。ツボった;(笑)

 初めて稲田しゃんがエレキを持った姿を見ました。
 アコギのイメージが脳ミソにガッツリ入っているので、違和感アリアリ(笑)
 でもうまいこと弾くもんですな〜。

 意外な姿を見られてよかったです(−ω−)♪


☆ BEANBAG
 何回も見てるのに、タイトルが未だ分からない曲が多し。
 いいかげんCD買ってやれよ〜。

 2曲目にボクが好きな『ユリーカ!』
 あっついねぇ〜。
 まだYUMIしゃんのメガネは健在です(笑)

 何曲目かの途中に、突然のカウントダウン。
 なんや? どうした??

 カウントダウンしたかったんですかね?
 それとも、カウントダウン前のバンドは必ずやらなきゃいけないんでしょうか?
 
 『あすなろ』の曲前MCの時、めっさ見られてたような気がしたんですが…。

 きっとボクの後ろに知り合いがいたんだ。
 うん、きっとそうだ。
 メガネもはめてないし、見えてないんでしょ?

 「一緒に歌ってください!」

 確実に目線がこっちに来てたので、フロアの人の目線も「誰を見てるんや?」的なカンジで少々中を浮いた状態で彷徨っていました。

 YUMIしゃんは、なぜか歌ってる最中にタンクトップを半分上に上げてお腹を見せていました。
 女性と言うより、女の子な体型ですね。
 お腹がプリチー。

 ドレッドを振り回す姿は、歌舞伎のようでした。
 首、気をつけてくださいね;


 ここらへんからアツシマンと交代して、→SCHOOL←さんとUTARIの方の二人でDJタイム。
 選曲がかなりおもしろいことになっていて、ずいぶん古い曲が流れていました。
 チャゲアスでは、みんなテンションが上がっているのか、拳をあげまくり。
 ヤングマンではみんなでYMCA(笑)
 

☆ ジェッター3  
 今日はボーカル二人ともTシャツに戻っていました。
 暴れる気だから?
 
 『ハロー』から始まりました。
 フロアは、ギュウギュウとまではいかないけど、なかなかの埋まり具合。
 みんな楽しそうでした。

 ここからなんとワンコーラスのメドレーが始まりました。
 何年ぶりかに聞いた『これからのうた』も入ってました。
 『星の奇跡』では、ギターの調子が悪いのか、はたまたエフェクターがおかしいのか、アツシマンがしゃがんで歌わえなかったので急遽シンヤマンが主メロを歌いだしました。
 
 なんか、音程ズレてますけど(苦笑)
 やっぱアツシマンの曲はアツシマンが歌わないと合わないらすぃ〜。

 シンヤマンの曲も二曲入ってました。
 なかなか歌わんからねぇー。

 手拍子をしたいけど、人差し指と小指を負傷しているため、なかなか出来ず;
 今日はいつもよりさらにおとなしく見てますた。
 
 ここでカウントダウン前のメンバートーク。
 知らなかったんですが、サポドラムのマサヤさんが今日で最後なんだそうで。
 アツシマンが、サポベースさんがそれを聞いたときに掴みかかったとか言うてましたけど、ホントはどうかは定かではありません。

 王子ことシンヤマンが話している途中のいかにも聞いてないようなアツシマンの相槌が気になって仕方ありませんでした(笑)
 シンヤマンの手の動きをマネしてたり…。

    小 バ カ に し て ま せ ん ? (笑)

 そしてカウントダウン。
 20秒前くらいから時報が流れ始めたんですが、アツシマンが
 「みんなでジャンプしよう!シャンパン持ってる人はこぼしちゃって!しゃがんで!」

 興奮しているのか、全くカウントダウンする様子がありません。

 え?時報に合わせてやれと? 
 せめて5秒前くらいから合わせましょうよ;
  
 結局、時報の0時ジャストでみんなでジャンプ。
 なんだろう…。このビミョーな年明けは…(笑)

年明け一発目は、やっぱりこの曲『ボクのチョコレート』でした。
 みんなでワイパー。
 ボクもしたかったんですが、横の人がデカかったので手が振れず。
 なんかテンションがドンドン下がっていくような気が…。

 次が『追いかけて』だったかと…。
 「タオル持ってない人は何でもいいから回してっ!」
 いろんな色の“何か”がクルクル回ってました(笑)

 最後は『ヨルノソラ』
 イケチンさんの様子に変化が。
 ずっとシンセに顔を伏せたまま…。

 ムクッと顔を上げたイケチンさんの目は、涙でウルウル。
 着ていたユニフォームの袖で何回も涙をふき、最後まで泣きながら演奏していました。

 両手で持ち上げたシンセの裏側に書かれていた文字は、

    手を上げなさい!

 その文字の隣りに貼ってあった写真ってどこから持って来たんすか(笑)
 
 大盛り上がりで帰っていきました。
 マサヤさん、お疲れ様。
 

☆ Dizzy up the girls
 お? お初のバンドだ。
 見た目がレミオロメンだ(笑)

 曲がなかなかカッケーバンドさんでした。
 こういう曲調スキや〜(´∀`)


☆ tae
 確かお会いするのは二回目。
 演奏がちょっと荒め(ゴツめというのかしら〜)なカンジなので、声と合ってない様な気がどうしてもしてしまいます。

 もともと声がやーらかいのね。
 それでも張ろうとするから、安定してないのね。

 違和感が抜けません;


☆ いわぶちかつひこ
 あらやだ、ほぼ素面ないわぶち兄さんのテーブルに乗っている飲み物はミネラルウォーター。

 残念だわ〜。
 口から酒溢しながらカワイイ曲を歌うへべれけ兄さんが拝めると思っていたのに(笑)
 そういや来たのも遅くて、ノリに着いていけてない;とこぼしてたな。

 1曲目は…なんだっけな?
 忘れてもうた;
 あったまってないのか、ちょっと声が硬いですよ;

 トークもなんだかすべり気味(笑)

 2曲目に前回のワンマンで大爆笑を誘った“あ〜してる〜♪”な曲でした。  
 あの時の印象が強すぎて、笑わずにはいられません(^_^;)

 毎回、へべれけでやってきたんですが、去年のライブで彼女が出来ました宣言をしたら、後日数件「もうライブには行きませんッ!」という決別メールが届いたんだとか。

 いてもおかしくはないですよね〜?
 ま、言っちゃうのもどうかとは思いますけど、つい嬉しくてっつうとこは兄さんらしいと思いますがね〜。

 今回は、「そろそろ結婚したいんですけど、収入が不安定なんでね;」
 と、ちょっと悩み相談チックになっていました(笑)

 ミュージシャンに安定を求めますか〜。
 難しいこと言いますな〜。

 結婚したいという願いがこもった(笑)『花と太陽』
 今回も太陽くんをレッドソックスに入れて、松坂を越えさせる気マンマンでした(笑)

 他に『ゆきのなか』と『深夜ラジオ』を歌いました。
 すっかり声枯れちゃってます;

 今回、いわぶち兄さんとこで予約してるのが一人だったらしく…。
 その一人って明らかにボクですやん;

 「1・1・1で揃っていいかな〜なんて。」
  って良くないよぅ(´・ω・`)

 ここでなぜか拓郎さんの曲を1コーラスだけ歌っていました。

 最後は自分の曲で…と『さなぎのうた』
 みんな疲れきっているので、手拍子も相当まばらでした。
 中には爆睡している人も。

 観に来ていた大森洋平さんまで、フロアに置かれたテーブルの上であぐらをかいたままピクリともしなくなりました。

 目立つよ〜、大森さ〜ん(^_^;)

 2007年は、みんなにとって飛躍の年になりますように。

電撃ウエスタンカーニバル 東名阪TOUR FINAL5

会場:渋谷O-Crest   18:15スタート

☆ コーチガリー 
 オープニングアクトだったらしい。
 着いたらもう歌ってました。

 なかなか熱いバンドさんでしたが、MCが早口のようでナニ言ってっかほとんど理解不能でした(^_^;)

 いつだっけか?ワンマンが決定したらしいです。
 思う存分楽しんでください。


☆ LOOSELY
 スタンバイしたドラムのびーちゃんさんが…

     ちっちゃくなっちゃった!(笑)

 いや、それだけ痩せたって事です。
 最大値を記録した頃のびーちゃんさんも知っているので、まるで別人のようでした。
 雰囲気がガラッと変わるもんですな。

 変わったといえば、ベースの浅井さんもキレイなサラサラ髪を伸ばしておられました。
 まじカッケ〜っす!!
 
 ダイゴマンはぁ…お変わりなく(笑)

 1曲目は『花』
 なんかアレンジ変わりました。
 この曲、前はもっと勢いがあったような…。
 安定感は増したようですが、もっと勢いが欲しかったな〜なんて。
 ダイゴマンの歌い方がねばっこくなってました(笑)

 1曲目から浅井さんのベースがくるりと回転。
 首痛くないんでしょうか?

 『アンダーグラウンド』のサビにコーラスがあるんですが、少々バラバラ感が出てました。
 ダイゴマンが溜めてぇ〜伸ばしちゃうから〜。

 でも『剣』から一変。
 いつものルーズリーな勢いが出てきました。
 よかったですぅ〜(↑∇↑)

 続いて新曲をやったんですが、タイトル忘れました;
 ライブ会場限定CDに入っているらしい。

 てか、なんで限定なん?
 いろいろとタイヘンなんでしょうね…。

 『差し伸べた手の先』のイントロなしでいきなりサビから入るのがたまらんです。
 ダイゴマンのエレキと声だけがツーンっ!!とフロアを突き抜けます。

 そして最後は、いつも大切に歌っているという『ピンフ』
 ふぃ〜。
 目が潤んじゃうぜぃ。


☆ BEANBAG
 お、予想外な順番です。
 スタンバイ前に毎回いらっしゃる外国の方が最前へ向かったことで判明(笑)

 『ユリーカ! 』から始まりました。
 1曲目からフロアの最前左側もステージもスゴイテンションでした(笑)

 軽やかな腿上げがステキ(笑)

 なんかおもしろくなりそうな予感…

 2曲目が終わったところで、YUMIしゃんがさっそく
 「早くも2曲目でメガネが破損してしまいました;」

 いつものことや〜ん(笑)
 早めにメガネが壊れるのは元気な証拠です(笑)

 新曲をこのイベントのために作ってきたらしく、ミディアムなナンバーを2曲披露のあと、大盛り上がりの曲を1曲。

 えっとぉ…。フロアの左側のお客さんがくるくる回ってますが…(笑)
 右側のお客さんはちょっと引き気味でした;

 ステージで暴れすぎたのか、YUMIしゃんが思わず

    「 ゲ ェ 〜 吐 く 」

 あんだけ短時間に頭振りゃ気分も悪くなりますわな(^_^;)

 YUMIしゃんのライブ告知が毎回おもろいです。
 ま、イベントのサブタイトルからしてちょっとおかしいですからね(笑)
 メスナイトって;(笑)

 ここでYUMIしゃんが“フォトは今回も同じMCをします!”宣言(笑)
 どうやら牛丼の話をするらしい。
 フォトの白田さんが何気にハードル上げられちゃってます;

 『マーマレード』の後、最後は『あすなろ』
 元気なナンバーですな〜。
 フロアも自然に手が挙がってました。


☆ photograph
 ハードルを上げられたボーカル白田さんの運命はいかに(笑)

 ヤバイ…;
 おともらちに釣られて最前に来たのはいいけど…

    ここはボクの居場所じゃない;

 目の前にスタンバったギターのあっけんさんが前髪でちょんまげ作ってました。
 ちょっとぉー。色っぽいじゃな〜い?(笑) 

 最初の音がどのくらいかチェックしたんですが、やっぱこの振動に耐えられないような気がしてきました;

 『アイキミシン』で脳が揺れ『ガリガリブス』では手を挙げられず…

    なんとも役立たずなファンですんません;

 最前はどこ観ていいんだかが分からないので、イチバン見やすいベースの紀平しゃんの横顔をチェキ(笑)
 やっぱ痩せたような気がするんですが…。
 にしてもな〜んかカッケ〜な〜。

 そして新曲の『魔王』
 もうサビの入りは分かります(笑)
 サビのメロも頭に入りますた〜( ̄Λ ̄)ゞ

 ドラムのゆうじはんの髪が短くなってました。
 なんか昔の子供みたいでつ。
 
   ぜひ、寸足らずの着物を着せてみたいです(笑)
 
 ここでいよいよMCに入りました。
 「牛丼の話をすると言われたんで今日はしません。」
 お客さんは「おぉぉ〜。」

 どうやら名古屋と大阪でまったく同じMCをして引かれたらしいです。

 すると、自信ありげにお客さんがくれたお題でしゃべると言い出しました。

 指名したお客さんが出したお題は“渋谷”

 渋谷がお題なのに、なぜかさっそく牛丼の話題が…。
 思わずフロアから「えぇ〜〜〜?」

 結局、牛丼の話を最後に渋谷という言葉で締めちゃっただけでした;
 「ほぉら引いたでぇ。」

 「MCで引いても曲で戻すから。」と次の曲へ流れようとした時、最前中央のお客さん2人が逃走。

 突然の状況にビックリ顔で白田さんが、

    「えぇっ; そんなチョイスありぃ?!」

 ビックリしすぎて隣りで爆笑しちゃいました;
 最前中央が空いたまま、ライブ続行。

 『ハナテ』では、ちょっとした緊張感を味わいつつ(笑)、あっけんさんのギターとゆうじはんの右足をガン見。

 『good choice』の前にぐっちょい!の練習が始まったんですが、白田さんの

 「初めての人は前におるイタイ人たちを見て。」

 な、なんですと?!
 を〜い。コラ〜。ダレがイタいね〜ん。

 イタイと言われたことに反応したのか、さらに逃走した二人の隣りにいたお客さんまでもが逃走。

 白田さんは、またもビックリ顔で、

     「(こっから盛り上がるのに)ここでチョイスなん?!」

 中央、もう誰もいてませんけど…(;´・ω・`)

 その代わりその後ろにスタンバっていたジェッターファンが見事なジャンピングぐっちょい!を披露(笑)
 これには白田さんもご満悦でした。

 なんとか盛り上がり、終わった頃に逃走した二名が生還(笑)
 最後までもう一人は戻ってきませんでした;

 今日のラストは天気で決めようということになっていたらしく、雨が降ったからと久々に『贅沢な雨』をやってくれました。

 ミョーにドキドキしたライブでした。


☆ スケルトンズ
 再び後ろで参戦。
 出てきたメンバーはみんなボーダーTにオーバーオールで登場。

 ヤバ〜イ。イロモンちゃうかぁ?

 よく見たら、センターにいるのはガールハントのチバーンさんやないすか。
 もうダレがどこでかぶってんのかが分かりません;

 1曲目は『とびだせ!スケルトンズマン』
 なんだか独特です。
 フロア前方がエラく盛り上がってます。
 おもろいけど、これはついていけません;

 『恋するモグラ』って真顔で言うチバーンさんに思わずぷぷっ。

 歌い終わったら、突然誰かと誰かの会話が聞こえてきました。

 「発足した!」
 「何が?」
 「発足した!安倍内閣が。」

 どうやらチバーンさんと南雲さんの会話らしい。
 ほんま急やなぁ〜(^_^;)

 ここで南雲さんが、ボクが総理になったら…と話し始めました。
 「消費税100%にして、買った商品におまけでもうひとつ付くの。」

 それじゃお客さん消費税なしやないすか(笑)

 すると、チバーンさんが「南雲内閣のテーマソング!!」と言って曲を始めちゃいました。

 意味分かりませ〜ん;

 結局なんの曲か分からないまま、南雲さんが「よしっ!」と気合を入れ始めると、まるで連鎖反応のようにステージのみんなが気合を入れ始めました。

 気合の後は『コーヒーボーイ』

 次はなぜか勢いづけに

    「せぇ〜の! ドーン!!」

 キャプテンズのヒザシさん並みの勢いでした(笑)

 『かえるのうた』が終わり、メンバー4人が頭の上に手でトンネルを作ると、その中をチバーンさんがゆっくりと通り…

 何が始まるのかと思ったら、オケに合わせて歌いながら、キレのないダンスを踊り始めました(笑)
 後ろでは、ジャンプをしながら、

    「ウエスタンカーニバ〜っ!!」

 あぁぁぁ…脳が汚染されていくぅ…(笑)

 最後は『lincoln』
 
 肩を抱き合いつつ、チバーンさんが「二階席のみんなありがとう!!そしてアリーナのみんな。一万人のみんな…」

   「今度会うときはO-Eastで会おうぜぇっ!!」

 異様な歓声に包まれて終了(笑)
 
 てか、ここに二階ないから;


☆ ジェッター3
 最終日がトリですか。
 久々です。 ノリについていけるか不安です;

 登場したメンバーは、イケチンさんだけがサッカーのユニフォーム。
 残りの2人は白シャツでさわやかイメージをアピっているんでしょうか?

 アツシさんのシャツから透けて見えるボーダーがなんとも惜しい気分にさせました(笑)
 暑いのにシンヤさんは渋めのハットにマフラー巻いてました。
 シンヤさん、ムーミン呼んで来て!(笑)

 で、ナゼにイケチンさんだけユニフォームなん?

 『ハロー』から始まったんですが、さっきのライブに負けず劣らずのファンの盛り上がり具合に少々引きで参戦。
 アツシさんのキーが定まってません;
 調子悪いんでしょうか…(゜_゜)?

 『窓の中』をやるなんてめずらしいんじゃ?
 ものすごく懐かしく感じました。

 シンヤさんの『追いかけて』では、突然シンヤさんがジェッタータオルを上に掲げ、「持ってる人は上げてぇ〜!」

 サビ始まりの曲なんですが、ここでタオル部隊がタオル片手にものすごい勢いで回し始めました。
 
 いつの間にこんな矢沢様のお子ちゃま版みたいなことが始まったんでせう?
 “仲間に入りたきゃタオル買いなさい”と言われているようでした(ひねくれモノです 笑)
 
 いつもの端っこにいたんですが、イケチンさんにすごく煽られてるように感じるのは気のせいですか?
 
 暴れ終わると、アツシさんが「次は真剣な曲を聴いてください。」
 シンヤさんが歌う『人生ゲーム』という曲でした。

 お初ですぅ〜。

 『冬のうた』では、さらにシンヤさんとイケチンさんの煽りが激しくなりました。
 キーボードの後ろに“手ェあげろ!”ってデッカク書いてるし(笑)

 なんかどうでもよくなって一番後ろで煽られるまま従ってたら、シンヤさんに半笑いで指差されました(笑)
 そして、イケチンさんに大きな○をいただきました(笑)
 ひょうきん族の懺悔室を思い出しました…(笑)

 『ヨルノソラ』では、もうフロア中がジェッター色に染まり、ステージとフロアが一体化していました。
 熱かったです。とにかく熱かった。

 そりゃ〜イケチンさんのキーボードの裏にオランウータンの顔写真と共に“お前らいい顔だ!”って書いちゃいますよ(笑)

 かなりゴキゲンそうに帰っていかれました。


 アンコールないかと思ったら、すぐ出てきて全バンドを呼び出し始めたアツシさん。
 すでにみんな飲んでますけど(笑)
 呼ばれた方々が次々ビール片手に出てきました。

 白田さんがマイクの前で一言と言われ、発した言葉は

    「好きなコードはE7です。」

 なんか、分かります(笑)

 それに負けじとチバーンさんが

    「好きな言葉はダンカンです。」

 勝ったのか? 負けたのか?

 最後に今回のイベを企画してくれたムロさんをステージに。
 
 そして、なぜかマイクに向かって

    「ダンカン?」

 ムロさんの勝ち(笑)

 アツシさんの「好きな人は?」という問いに「アツシッ!」

 なんかほのぼのしてるな〜(−ω−)♪

 最後は『ぼくのチョコレート』
 ちゃんと歌ってたのは1コーラスだけでした。

 2コーラス目、Bメロダレも歌ってないし;
 酒入ってるからグダグダでした(笑)

 てか、シンヤさんが自分らの曲をラララ〜っでごまかすってどうなん?(笑)

 白田さんはビール片手に奇声発してるし、チバーンさんのギターソロ始まっちゃうし(笑)

 やっぱ“ぼくチョコ”がイチバンや〜(´∇)q〜♪

電撃ウエスタンカーニバル3

場所:渋谷O-Crest   18:30スタート

☆ photograph
 1番手はやっぱこのバンドっしょ!ってなわけで、びょ〜んびょ〜んなベースから始まる『真夜中の捨て犬』からスタート。
 イメチェンな紀平さんの黒髪にしばし注目。
 なんや若々しくなりました(笑)

 続いてバラードの『ミルラノ』白田さんの声だけがフロアに響き渡ります。
 足元からじわ〜んじわ〜ん来るっす!エエ曲や〜♪

 MCが始まったんですが、どうも様子がおかしい。
 「あれがこれでね、あーしたんであれがこうしまして…」

 さっきからずっと“あれ”“それ”“これ”しか使ってへんやんっ!
 徐々にツボにハマり始めました。
 そしてCDの話のときも、「CDをあれしてください」
 
 あれってなんだ? 結局、MCは全部こんな状態で片付けちゃいました 
 ある意味スゲェっすよ。白田さん。

 最近必ず歌ってる『太陽』CD化されそうな雰囲気が漂います。聴くたびに管楽器入れて欲しい〜っと思う曲です。
 新曲『diary』の後、『最終電車の旅人』『good choice』
 白田さんがやけにあっけんさんに絡んでました。しきりになにか言ってたんですがよく聴こえず;

 いつもよりさら〜っと終わったライブでした。
 なんだろう…なんか物足りなかったような…。


☆ LOOSELY
 ここではお初です。
 どんなことになるのか楽しみだったんですが、音がいつもよりこじんまりとしていたような。
 慣れたところとはやっぱ勝手が違うんでしょうか?

 後ろで見ていたので、ベースのあっさんが全く見えず;

 薬が効いていたのでちょっとほわ〜んとしていましたが、『ホワイトワールド』『花』『ピンフ』は確実にやってました。

 コーラスが小さかったのが残念;


☆ ジェッター3
 今日もシンヤさんとイケチンさんはユニフォーム姿でした。
 1年間着続けるんですかね?
 
 『ふゆのうた』から始まったんですが、アツシさんがちょっと調子悪そげでした。
 いつものヘンな手技もなく…。
 でも『ヨルノソラ』『ハロー』と続いたときはハピハピでしたん♪
 この並び好きや〜っ!!

 MCではイベントタイトルを「必殺…ウエスタンカーニバル」とビミョーに間違ってました。

 『追いかけて』『虹』と続いた後、最後は『僕のチョコレート』
 め〜ずらすぃ〜っ。バレンタイン前だからですか?
 アツシさんが歌いながら何度も上に向かって手を伸ばしてました。

 何が見えてるの?アツシさん(笑)


☆ BEAN BAG
 毎回元気の良さに圧倒されます。
 今回も元気でしたが、声が酒やけ気味でした(笑)

 『ユリイカ』と『あすなろ』は何度聴いても飽きませんわ〜。


☆ ミルクティース
 3回目にして大分慣れて来ました(笑)

 途中、急激な吐き気に襲われ、一時ダウン;
 
 コーナーの罰ゲームで、ボーカルさんがモノマネを披露。
 
 「ぶらり途中下車…」 ジャ〜ンっ

 そこやっちゃうんですか;
 ボクなら「おやおや阿藤さん?」部分をやりますけどねー。

 アンコールまであったようですが観ませんでした。

Crest League 2005 最終戦~より空に近いところから Stage2 ~4

場所:渋谷O-Crest      15:00スタート

 ボクは相方と20時ごろから参戦。
 いわぶち兄さんがめずらしくまじめに仕事をしてるフリをしていました(笑)

☆ FLAMING ECHO
 初めて見たはずなのに、1曲目は聴いたことがあるような曲でした。
 似た曲を知ってるのか?それともどこかで聴いたのか??
 結局分からぬままでした;

 ボーカルさんはちょっと見栄晴ちっくなお顔立ち。
 
 ベースさんはよく動くんですが、ギターさんはほぼ定位置演奏。
 ついベースさんに目が行ってしまいます。

 ふとボーカルさんに目をやると、その場でもも上げしてました(笑)
 
 曲は基本ロックでした。
 もちょっとベースさんの音が太かったらいいのにと思う曲が1曲ありました。
 

☆ スリークウォーター・thirbe
 外で休憩。
 おでん食いながらモニター参戦してました。


☆ UNSCANDAL
 久々のスカバンドでした。
 O-Crestでスカを見る事がほとんどといっていいほどないので新鮮でした。
 スーツが黒でキマってますぞ☆
 曲も激かっけ〜っす!!

 ボーカルさんがグラサンで非常に強面なのに、暴れる暴れる;
 最前でちょっとビビリながら、その迫力に圧倒され続けてました。
 グラサンとると意外とつぶらな瞳だったり(笑)

 ちょっぴりウッチャン似のサックスさんがちょこまかしてました。
 モニターに飛び乗ったり、ベースさんのマイクでコーラスしてたり。
 ムードメーカーな存在ですな〜。

 ボーカルさんのトランペットがこれまたいいっ!!
 トロンボーンさんとベースさんもクールでGOOD!
 ギターさんの音もなかなかの凝り具合でした。パンツがビミョーに短いのが気になりましたが(笑)

 大人な雰囲気だけどハジケてるっつうギャップがすばらしくステキなバンドさんでした。 
  

☆ ジェッター3
 セッティング中、なんだかめずらしく慌てまくりなシンヤさん。
 確かに時間が押してるし、カウントダウン前の演奏なので時間を考えなきゃいけないってのもありますが、あのテンパリ具合は初めてでした。

 いつものSEはなく、いきなり『虹』のイントロがスタート。
 出てきたアツシさんの頭には、ドナルドの顔したかぶりモノが…

     さよならトリ年ってことっすね。 とてもよくお似合いですよ(笑)

 そして今年最後の小技が炸裂しはじめました。

 次は『追いかけて』
 一気にテンションが上がりました。
 ヤバイ; シンヤさん観たいのにアツシさんに集中してしまう…;

 ドナルドかぶったままクルクル回らないでくださいっ! 

 イケチンさんがものスゴイいい笑顔だったんですが、いつのまにかおかしなことに;
 目が寄っちゃってますけど〜っ!  なんかコワイぃぃぃ〜っ;

 MCになると、いいタイミングでイケチンさんが時報を流し始めました。

 今年もやっちゃうんすか?
 カウントダウンの練習です。去年より本格的やないっすか;

     5・4・3・2・1   ウォ〜ッ!!

 エッ? 雄叫びですか?(笑) 

 今回も無事に練習が終わり、『今』〜『ボクのチョコレート』へ。
 スゴイ盛り上がりでした。
 もうガマン出来なくなって跳んじゃってました;

 アツシさんの足の動きが軟体動物みたいになってました。
 かわいい靴が破損寸前なんですけど(^_^;)

 今年後半くらいからシンヤさんのことを“師匠”と呼ぶアツシさん。
 持ち上げてる割にはちょっと小バカにしてる時ありませんか?(笑)

 最後はバラードの『いつも』
 締めるとこは締めますね〜。
 シンセの音のせいか、この曲は宇宙のイメージなんです。
 いい曲だにゃ〜♪


☆ photograph
 ホントはこの間にDJタイムが入る予定だったんですが、時間が押し気味ですぐにセッティングに入りました。
 ここも鍵盤があるんで慌しいっすね;

 今回のSEも小技盛男のラジオ番組ナマ中継。
 毎回お疲れ様っす!

 今日の“白のカリスマ”こと白田さんは、お髭が伸び伸び〜。髪がワサワサ〜。

 それ以上、髪伸ばしちゃダメっすよ。しょ〜こ〜♪みたいになっちゃいますから;

 めずらしく『真夜中の捨て犬』から始まったライブ。
 この曲の照明に目がやられそうで、最前に居るにもかかわらず間奏中に下を向いてました;

 なんだかんだで1年間観て来たんですが、ゆうじさんのドラムの叩き具合がずいぶんと力強くなりましたね〜。

 曲が終わると、また中継が繋がりカウントダウンの練習になったんですが、
 
    ゴー・ヨン・スリー・ツー・ウォンっ!

 い、犬がいるっ!

 本番ももちろんやらされました(笑)
 みんなの ウォンッ! と同時にクラッカーがパンパン鳴ったんですが、気づくと自分が紙の残骸だらけに;
 
     ふぇぇ〜っ;

 カウントダウンって毎回思うんですが、シャンパンとクラッカーどっちを優先すればいいんすか?

 新年1発目の曲は『アイキミシン』
 紀平さん、気合の雄叫び入りました〜(笑)

 『最終電車の恋人』のあと、最後は『太陽』
 これ、スカバンドでやったらカッケ〜んだろうな〜。
 この曲のときだけ管楽器が入ってほしいです。
 ワンマンではぜひ!!


☆ BEAN BAG
 毎回思うけど、元気でかわいいな〜。

 1曲目はボクが好きな『ユリイカ』
 なんや最前にフシギなノリの方がいらっしゃいました。

 歌い終わった後のMCで
 「来年もフォトグラフがカウントダウンやっちゃえばいいんだよ!」

 うん。それはそれでおもろいかも。

 2曲やってる最中にメガネを外したんですが、あれはダテなんですかね?

 『あすなろ』、『じゅげむロック』に続いたんですが、
 いつもの「しょうすけさん」コールの練習で声が聞こえないからと

     「NOしょーすけさん! NOしょーすけさん!」

 連呼してます(笑) 徐々にフロアの声は大きくなっていたんですが、

 「あたしが聞きたいのはそんなしょーすけさんじゃないんだよぉ〜っ!!」

 おもろすぎです(笑)

 なんとか納得がいくしょうすけさんをもらえたのか(笑)、曲がスタート。
 みんなジャンプジャ〜ンプ!!

 熱い娘だな〜。
 

☆ いわぶちかつひこ
 キレイに片付いたステージに、焼酎が入ったコップを片手に酔っ払い兄さん登場。

 すでに目がトロ〜ンとしてるやなっすか;
 見てらんないっす;;

 そして暴露トーク満載なグダグダライブが始まりました。
 暴露の内容は書いていいんだか分からないので、本人に聞いてください(笑)
 覚えているかどうかもあやしいですけど;

 30〜40分ステージのはずでしたが、確実に1時間越えてました。
 半分以上がトークでした。
 そして焼酎をひたすら呑み続けていました。
 
 とりあえず書けると言えば、占い師に「今年は売れるよ」と言われたことと、バイトの時給が10円上がったことくらいです。

 「8時間働いて80円ですよ。ヒッヒッヒッヒッ」

     引き笑いしちゃってますよ、この酔っ払い歌唄い(笑)

 ボクが好きな『さなぎのうた』やってくれました♪

 最後は『GOOD NIGHT』だったんですが、

 「間奏で一気するからコールよろしくぅ〜っ!」

 歌詞を替えて歌ったらなんだかボロボロ。
 もう〜ナニ歌ってっかワカンネェよ、いわぶち兄さん;

 間奏になって、とうとう一気スタート。
 半分以上飲みこぼしたあげくに残りを頭からかぶっちゃいました。

 タラタラと落ちる焼酎のしずくを後輩に拭かせながら、

 「ちゃんと拭いてね〜、ボクが怒られるんだから〜。」

     コラ〜、アンタがやったんだろ〜。

 いいんです。1年の計は元旦にあるなんて、兄さんには関係ないんです(笑)

 こんなグダグダなライブは初めてでした。
 「ライブとして観ちゃアカンわ、これは。」と終わってから気づきました。

 なんだかドッと疲れが…;

 でも楽しかったです(^o^)丿

BEAN BAG presents「東京ブルーマウンテンズ祭」4

場所:渋谷O-nest    18:30スタート

 中に入ると、後ろ端にDJブースが。
 じーっと座ってる3人組。 時間になるとエイリアン系のマスクをかぶり大暴れ。
 てか、選曲がスピードやら安室やらavex系で怪しすぎ。途中でなぜかルナシーも流れました。ヘドバンが止まらない…(笑)
 
☆ アマネラ
 4人組バンドでした。
 ドラムさんが女の方だったんですが、いや〜、実に淡々と叩いてました。
 曲はミディアムなナンバーが中心。
 メレンゲっぽいけどそこまでまったりしているわけでもなく。
 
 とにかくMCはかわいそうになってしまうほどのすべり具合; 
 今回のタイトルの話をしだしたんですが、ボーカルさんが
 
 「東京…東京… オレたちも東京って付けるか〜」
 
 いいカンジに客が失笑(笑)

 東京アマネラってことっすか? なんや東京バナナみたいですやん;
 さっぱり意味が分かりません。
 

☆ 東京ピンサロックス
 女の子(?)バンドでした。
 ギターさんはきっと布袋ファン。いや、絶対に布袋ファン(笑)
 そーいや目元が似てました(笑)

 ボーカルさんがミニなシンセを使ってました。
 電気グルーヴを思い出しました…。

 1〜2曲聴いてみたんですが、う〜ん… ちょっとアタマがゴワゴワする曲が多くて苦手です;
 声も時々加工していたりで、なに歌ってるかサッパリ(^_^;)
 

☆ KUMACHI
 くまちゃんさんは秋の装い(笑)
 いいな〜。あのロンTかわいいな〜。 ほすぃ〜っす。
 
 くまちゃんさんの後ろにエレキギターが2本。

 へぇ〜。今日はくまちゃんさんアコギ使わないんだー。

 1曲目に持ってきたのは『エンドロール』
 前回みたいな始まり方じゃなかったのがちょっとさびしかったりして。
 あの始まりが印象深すぎて…(~_~;)
 でも今日のも熱くてよかったっす(^_^)v
 
 歌声がなんか調子が悪そうなようで、そうでもなさそうで…。

 この流れだと次は泣いちゃいそうな曲かな?と思ったら、『if』が始まり、おやおや?
 今日はド〜ンっ!といっちゃうのか?

 ところがシーンとなった後、高田さんのカウントで『なみだ』だと分かりました。 来る… やっぱキターっ!(´∀`) みたいな(笑)
 Bメロになると自然に高田さんに目が行ってしまいますだおかだ〜。

 MCはなんだか客がビミョーな食いつき加減。

 篠「秋刀魚食った人〜」
 目の前に数人挙げている方がパラパラと見えました。

 “ったくなんだよぉ〜” な顔(そう見えただけ 笑)をした篠さんから次の質問
 篠「じゃぁねぇ…日本人の人〜」

 あ… 今のは挙げてよかったんだ; ごめんなさい、篠さん(^_^;) 
 
 とっとと新曲いっちゃいましょうか? てなことになったんですが、始まるかと思いきや締まりのないジャ〜ンッ!!

 なんだ?今の(笑)

 くまちゃんさんが 「まとまりがないんです;」 と言った後、『knockin'on G』
 〜『ハヤリウタ』 この流れ好きっす!

 最後のMCでワンマンライブの告知をしたんですが、くまちゃんさんの

 「クリスマスをKUMACHIにください」

 のナイスなセリフに むにゃ〜っ(=^・^=)

 差し上げますともさ〜。 好きに使ってくださいまし(笑)

 最後は『NEVER...』 ガッツリかましてくれるだろうと思ったとたんに篠さんが入りそびれ仕切り直し(笑)

 前にもどこかでこんなことあったような…???


☆ BEAN BAG
 出た〜っ!元気娘!(笑)
 『ユリイカ』から始まったんですが、最初から飛ばしまくりです。
 2曲目辺りでメガネが落ち、再起不能に;

 自分で踏んだね? お嬢さん(笑)

 「なんにも見えませんっ」 って…。 ステージから落ちないように気をつけてくださいね;
 
 左ベースが左利きのボクから見てもとってもフシギに見えます。
 トークがちょっとおかしかったです。
 自分とこのイベントタイトルはちゃんと覚えましょうね(笑)
 
 とにかく元気で楽しいポップロック。
 今回、初めてバラードを聴きました。
 勢いは止まらず、バラードもかなり全力で歌ってました;

 アンコールは『じゅげむロック』
 テディベアことギターさん(笑)のソロ前にじゅげむを唱えるのですが、最後の“しょ〜すけさ〜ん”だけみんなで言ってくれという事になり、練習が始まりました。

 みんなで“しょ〜すけさ〜んっ” 完ぺきですや〜ん♪
 
 ボク的に好き嫌いがハッキリしちゃったイベントでした。

東風波浪警報−1hpa−

場所:渋谷O-West  18:30スタート

☆ BEAN BAG
 女性ボーカルのロックバンド。

 ちっちゃいのにどの楽器にも負けてなくて、ものすごくパワフルでした。

 なんか見たことあるな…。と思ったら、2曲目で聴いたことがある曲が。
 明け方に何度も聴いたことがある曲でした。
 たしか「ユリーカ!」という曲だったと思います。

 「じゅげむロック」という曲があったんですが、突然ラップ調のじゅげむから始まってビックリ。 完璧やん;


☆ BUNGEE JUMP FESTIVAL
 ここもパワフルロックでした。

 とにかくドラムがスゴイ!

 見た目は白ワイシャツにネクタイという「ちょっと飲んだ後のサラリーマン」風だったんですが(笑)、叩き始めたら熱い!

 1曲目からスティック飛ばしてました。

 まるで和太鼓の拍子取りのように左手を高く挙げ振り下ろすカンジでした。

 曲はちょっと似たような曲が多かったです。


☆ sepa
 相変わらずスゴイです。

 元ブルーボーイとは思えません。
 同じ人ですか?と思ってしまうほどパンキッシュでカッチョいいです。

 ギターさんが動きまくり暴れまくりです。

 とにかくファンが楽しそうでした。

 今回、会場が広かったため、空間が使い放題だったからか、くるくる回りだすわ走るわぶつかるわ跳ねるわで、客が倍いるんじゃないかと錯覚してしまうくらい。
 見てるこっちもテンションアップ。

 参加してもよかったんですが、寝不足だし止まらなくなりそうだったので自粛(笑)

 この人たちのワンマンってどんな状況になるんだろう…。
 想像できません;

 てか、なぜにここはギターが締めるんでしょう?


☆ ジェッター3
 ホントにトリばかりです。

 今回はデカイ場所でのトリだったので、いつも以上に気合が入っていました。

 めずらしく1曲目からキーボードのイケチンが叫んでましたし。
 ちょっとプロレスラーチックでした(笑)

 途中、気合の中に必死さが見え隠れ。

 いつものナンバーが続き、アンコールは「いつも」

 やっぱりいい曲だな〜としみじみ。
Profile

くまちろ

Archives
Recent Comments
  • ライブドアブログ