October 02, 2007

燃料に使うアルコールについて

ba73beb7.JPGたまにはキャンプネタをば(笑)。

最近、火器としては、アルコールバーナーを多用しているのは以前から書いている通り。これが非常に使いやすいのだ。単体のトランギアも素晴らしいが、ストームクッカーはとにかく素晴らしい。
火力も強いし、風に強いところが何より素晴らしい。ガスのシングルバーナーやスポーツスターでも消えてしまいそうな風でもガンガン燃え続ける。
そして、何より音がしないことが何よりの美点だ。深夜や早朝でも気兼ねなくお湯が沸かせる。静かな時間帯にバーナーのデカイ音を響かせるよりも、静かにお湯を沸かして、ゆっくりとした気分でお湯割りなりコーヒーを楽しみたい。そんなノンビリとしたひとにピッタリの道具なのだ。

残念ながらこれも広島ではあまり見かけない。トランギアは好日山荘で売っているが、ストームクッカーは店頭に売っていないからかな。ハーマン・ニャーといい、広島のキャンパーは、こういったいい道具を目で見て触れてみて買うことが出来ない。不幸だなあ。

燃料はアルコールを使う。写真の左に写っているプラの瓶が燃料用アルコールだ。薬局で売っている。特別なルートを持っているひとを除いて、これが多分市中で一番安く買える燃料用アルコールだと思う。
少し、私めの学生時代の記憶を紐解きながら(それだけでは不安なのでwikipediaを参考にしながら)、アルコールについて書いてみようと思う。理科の時間になるから興味無いひとは見なくて結構。


1.アルコールの種類について

アルコールは毒なのだ。

イキナリそんなことを言われたらビックリするだろう。
厳密に言うと、アルコールもイロイロな種類がある。

メタノール  CH3-OH
エタノール  C2H5-OH (CH3-CH2-OH)
プロパノール C3H7-OH
ブタノール  C4H9-OH
ペンタノール C5H11-OH



と、ここに書ききれないくらい何種類もあるのだ。
要は、有機化学的な話だと、有機化合物の中で-OH(酸素と水素)がくっついたものがアルコールということになる。反応性などイロイロと似たような性質があるが、細かくはそれぞれ異なる。
余談だが、学問的には、C(炭素)がC6以上になると高級アルコールと呼ぶ。ここで言う高級アルコールとは、高級ブランデーや高級ウイスキーとは何の関係も無い。
更に-OHの付き方によって、第一級アルコール・第二級アルコール・第三級アルコールに分かれる。これもかつての酒税法とは全く関係ない。ちなみにエタノールは第一級アルコールである。


2.飲用するアルコールは?

アルコールの中で、人間が飲用するのがエタノール(C2H5OH)。エチルアルコールとも言う。ビールに入っているのも日本酒やワインに入っているのも、焼酎に入っているのも洋酒に入っているのも紹興酒に入っているのも、それこそ密造酒に入っているのも、全てはエタノールなのだ。焼酎は酔わないからと言っても、いっぱい飲めばエタノールをシッカリと摂取しているのだ。
エタノールは体内で酸化されてアセトアルデヒド(CH3CHO)になる。これも猛毒なのだけれど、多くの人間にはアセトアルデヒドを分解する能力がある。分解されると酢酸(CH3COOH)になり、最終的には二酸化炭素(CO2)になって体外に出される。
だから飲んでも大丈夫なのだ。二日酔いで気持ち悪い場合、このアセトアルデヒドが体で悪さをしているということになる。そして、お酒に弱いひとは、このアセトアルデヒドを分解する能力が無い場合が多い。能力が無い人は日本人には多いらしい。なので、お酒が飲めないと言っている人に酒を飲ませることは、毒を飲ませることと一緒なのだ。
ちなみにモルモットなどの実験動物に酒(アルコール)を与えると死に至る。

で、同じ理屈で、人間が間違ってメタノール(CH3OHメチルアルコール)を飲むと、体の中で酸化されてホルムアルデヒド(HCHO・水溶液はホルマリンとも呼ばれる)になる。これは食っても食えない猛毒なのだ。そしてこれが分解されると蟻酸(HCOOH)になる。これも猛毒だ。なのでメタノールは多く摂取したら失明か死に至る。

メタノール(メチル)かエタノール(エチル)か紛らわしくなったら「メタノールは目が痛くなる」と覚えたらいい。以前、シェルターの中で使用したら目が痛くなったことがあった

プロパノール以上は、イロイロな形態があるが、多くの場合、アルコールは体内で有害なアルデヒドに酸化する。また、分子量が大きくなれば大きくなるほど、体内で分解・代謝されづらくなる面もある。

なので、人間が摂取できるのは、エタノールだけということになる。


3.消毒用アルコール

薬局に売っているアルコールは、主に消毒用アルコールだ。
消毒用アルコールは、エタノールが主成分となる。ただ、エタノールは酒税法の適用を受けるために、非常に高価である。なので、最近は、価格を下げる為に、メタノールよりは毒性が低い、イソプロピルアルコール(プロパノールの一種)を主体にした消毒薬が出ている。
実験器具などは、クレンザーや洗剤で洗って乾燥させた後に、アルコールで消毒してから使うから、結構な使用量があるのだ。アルコールはすぐに揮発することもあり、比較的毒性も低いので、消毒剤としては非常に使いやすいのだろう。考えてみたら消毒なんて菌を殺すわけだから、それだけの力、すなわち毒が無いといけないから、結構有毒な試薬があったりする。
そういえば学生の頃は、メタノール(有毒!)がメインだったけど、ジクロロエタンという更に有毒(発がん性物質)な試薬も使っていたな・・・。私めは出来の悪い学生だったから、勤めて使わないようにしていたけれど。
危険な時代だった・・・。


4.燃料用アルコール

燃料用にはメタノールが多い。火力はエタノールのほうが強いのだけれど、炭素の割合が多いせいか煤がつく。市販の燃料用アルコールも、メタノール7:3エタノールくらいの比率になっている。
もちろん、純然たるメタノールを燃やすこともできるし、あるルートで手に入れたメタノールを燃やしたこともある。全く問題は無い。
そして、消毒用アルコール(エタノール)も燃やすことができる。消毒用アルコールを大量に持っていって、これをトランギア用としている旨のカキコミも見たことがある。価格は張るが非常に合理的だと思う。
イソプロはどうだろうか。燃やしたことは無いが、酸素の割合が低く炭素の割合が高くなるので、燃えたとしても非常に煤が多いのではないかと思う。煤が多いということは効率が悪いということだ。要は「燃えない炭素が残る」ということだから。
が、通常なら、薬局で売っている「燃料用アルコール」で充分だろう。ケンコーの燃料用アルコール(写真)は、メタノール76%、エタノール20%だ。残り4%はそれ以外の不純物や水ということになるのだろう。だいたい1本(500ml)200円〜400円程度。使用頻度はイロイロだろうけど、1本あれば1泊のキャンプに充分だと思う。
でも、一度、ウオッカなどの、度数が高い洋酒で点火してみたいな。やはり箱に書いてある「スピリット・バーナー」という名前に惹かれるから。


5.ついでにLPGについて

先ほどの、プロパノール、ブタノールと書いたところでピンと来た方は、スノーピークやユニフレームのカタログを穴が開くほど読んでいる方だ。そう、LPGの成分が、ブタン、イソブタン、プロパンであるから。

メタン  CH4
ブタン  C2H6
プロパン C3H8
ブタン  C4H10
ペンタン C5H12




というわけ。
ブタンはC(炭素)が4つ繋がっている。
なので、

ノルマルブタン
C-C-C-C

イソブタン
C
|
C-C
|
C

という2通りの形態が存在する。(C5 ペンタンは3通り)
同じ「ブタン」だけれど、化学的性質は異なる。なのでLPGとしての適正が異なるのだ。LPGとしての適正は、スノーピークのカタログに詳しく書いてあるから、ここでは書かない(笑)。

LPGは、キャンプ道具というか、もう既に生活の中に溶け込んでいる。カセットガスコンロは多くの方が使っているだろう。
LPGは優れた燃料でもあるが、最近のスノーピークやコールマンの相次ぐリコールにもあるように、使い方(機器の作り方)を間違えると、大変な事故につながる可能性がる危険なものなのだ。何せガス缶の中は常温中でも高圧だ。少しでも穴や漏れがあればガス漏れするし、加熱すれば更に高圧になり缶が耐えられなくなるから爆発する。

アルコールは、LPGと違い常温・常圧で持ち歩くことができる。そこはいいところだろう。注意点としては、炎が目で確認しづらいことかな。知らずに手をかざして火傷したり。あとは火の着いているトランギアにアルコールを注ぐことは厳禁だ。ビンのアルコールに着火して大変なことになる。「ポン!」っとスゴイ衝撃を受けるか、爆発するかもしれない。非常に危険である。

アルコール・LPGの他にアウトドアで使う燃料としては、ホワイトガソリン、ケロシン(灯油)、固形燃料、キャンドルなんてものもある。

キャンプ道具を使う上でも、これら燃料の特性を良く理解して使うべし。


・・・少しは学生時代に学んだ化学が役に立っていたりする。
実験用のガスバーナーで頭と眉毛を丸こげにさせたこともあったなあ・・・。

*参考文献:wikipedia




トランギア アルコールバーナー




トランギア アルコールバーナー







トランギア ストームクッカーL




トランギア ストームクッカーL





kumadays at 18:41│Comments(2)TrackBack(0) キャンプ道具 | キャンプ

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by キタサン   October 02, 2007 23:25
続きを読んで頭が痛くなりました。
(笑)理科が大嫌いだったのに〜
いいグッズを手に入れてますね。
音が静かなのがいいですね。
2. Posted by kuma   October 03, 2007 07:13
キタサン>
読んでいただきありがとうございます。理科は好きだったんですが、化学にはついていけずに脱落しました(笑)。
ストームクッカーは、本当におススメです。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字