今が旬!CBR400R後期ライダーブログseason2

新型CBR400R nc47 16年モデルのカスタムとツーリングをメインに気ままにお届けするブログで御座います。 お気軽にコメントどうぞ!

オイル交換

こんばんは(*・ω・)ノ

どうもご無沙汰しています!

筍改め、旬さんです(*^・ェ・)ノ

ちょっと諸事情というか、個人的なあれでブログ名と名前を変えさせて頂きました(つд⊂)ゴシゴシ

更新は気まぐれですが、これからも当フログをよろしくお願いいたします.。゚+.(・∀・)゚+.゚

はい!さて今回はとてもどうでもいい記事と言いますか、オイル交換という既出な作業ですw

エンジンオイルの交換はメーカーのマニュアルだと10000km?くらい毎になっていますが、大体3000km目安or3000km以上走って、シフトフィーリングの様子(悪くなってきたかなぁ)で変えるのが一般的?と言いますか、そうゆう人が多いと思います。

3000kmで変えないとすぐにどこかが壊れるとかいうことはないと思いますがw

まぁそれくらいこまめに交換した方がバイクにとっても、乗り手にとっても気持ちいいよねってくらいな感じですw

はい。さて、今回オイル交換する際に選んだオイルはこちら。
579
616

HONDA ウルトラG3オイル

元々入ってるオイルはウルトラG1

正直、違いはあまり実感はないですw
まぁ同じHONDAウルトラ系で良いオイル入れとけば間違いないだろ感と、G3オイルの余りが0.5L持っていたので丁度使いきれる為、G3にしました(゚∀゚)アヒャヒャ

自分でオイル交換する際に必要な物&あったら便利な物!!

・新品オイル 
→オイル交換のみの場合は2.5L
フィルター同時交換時は2.7Lなので1L×3本

・廃油パック(ポイパック)2.5L以上が入る物
→これすらも節約するなら、お風呂や洗面で使うオケにビニール袋を敷いてトイレットペーパーを詰め込みまくって吸わせるのも有りw
まぁポイパックのがてっとり早く、楽ちんではあります。

・工具(メガネやスパナ)
→ドレンボルトを外す為の工具(何ミリたっだっけ・・・・笑)

・パーツクリーナーとウェス
→ドレンボルトやオイルが滴って汚れたとこをキレイにする為

・ドレンワッシャー
→一回くらいは使いまわす人もいます。
気になる方は毎回新品に取り換えると安心。

・オイルジョッキ
→あれば便利品。
メモリ付きのジョッキがあればちゃんとした量を入れられる。

・ゴム手袋類
→ドレンボルトを取った際にオイルが出て下手すると手がオイルまみれになるので、手を汚したくない人はあると便利。

こんなところでしょうか??

ということで作業開始!!
786
785

まずは数分、エンジンを掛けてアイドリングで暖めてあげましょう。

暖めたらエンジンを切って、ドレンボルトを緩めます。
790

ドレンボルトの位置は上記の写真の56レーシングゴールドのボルト!

まずは工具で一回軽く緩めて、指で回るくらいになったら、廃油パックを設置!(最初から置いておいてもok)

設置したら、手袋やコンビニ袋を手につけて、手でドレンボルトを緩めて取ります。
787

ボルトが取れる瞬間に手を引っ込めれば、手がオイルまみれになることは免れやすい?笑
ドレンボルトが見事に廃油パックにシュートしたら救出してパークリとウェスやらでキレイにしておきましょう!

789

最初は勢いよくオイルが出てきますが、段々と出る量が少なくなってきます。
車体を少し揺らしたりして出来るだけオイルを出し切りましょう。

オイルを出し切ったら、オイルが出た回りを軽くキレイに拭き取って、ドレンボルトを元に戻します。

次はオイルフィラーキャップを取って、新しいオイルを入れます。
791
793
794

キャップも一応、パークリでキレイしておきました


そしてオイル投入!
578

オイル交換のみの場合は2.5L。
旬さんは0.5L余りを持っていたので1L×2本買って、余りと合わせて使い切りです。
Amazonで買ったらノズルが付いてきたので、オイルジョッキ等は使わずにノズルを使ってオイルを入れました。
795
今回はぴったり使い切りの量ですが、普通なら1L×3本買って、2本は全部入れて、3本目を0.5L or 0.7Lを入れることになります。
そこでオイルジョッキがあれば適格量を入れることができます。

オイルジョッキがない場合は3本目は感覚+オイル窓をこまめに確認しながら入れましょう。
796
798

ここのオイル窓を見て、上下の線の間に収まればokです!

ただし、オイル量を窓を見て確認する際は、車体を垂直にして見る必要があります。
サイドスタンドで左側に車体が傾いた状態で見ても的確な量は確認出来ません!
なので、倒さないように車体を出来るだけ垂直に起こしつつ、見るのがポイントです!

心配なら自分で立って垂直に起こして、誰かに窓を見てもらえるなら安心ですw
メンテナンススタンドとかあれば垂直になればいけるのかな??

旬さんはしゃがんで、右手で右ハンドル、左手でどっか持ちやすいところを掴んで起こしてオイル窓を確認しましたw

くれぐれもバイクを倒さないようにお気を付けください(´Д⊂)

はい。オイルを入れ終えたら、オイルキャップを元に戻して終了でございます(´∀`)

一応、オイル漏れ等がないか確認してから軽く走りました!

やはりオイル交換直後はギアもスコスコ入って気持ちいいですね.。゚+.(・∀・)゚+.゚

802



4/7 nc47一周年記念

こんばんわ(*・ω・)ノ

ようやく春っぽくなってきましたね(・∀・)

どうも筍さんです(*・ω・)ノ

さてさて、4/7はなんと筍さんがCBR400R nc47 16'を納車されてから丁度1年が経ちました!
1411
1410

あれからもう一年ですよ・・・早いですねぇΣ(・ω・ノ)ノ

4/7は47なのでnc47の日(と勝手に言ってるだけ)にnc47を納車された筍さんw←納車日が覚えやすい

1419
034
納車される前から事前に用意していたタンクパットやリムステッカーを速攻貼ったり、、、、
082
085
フィルムを貼ったり、レバーを替えたり・・・・
043
045
シングルシートを導入して、、、、
098
129
慣らしを終わらせがてらツーリングに行ったり、、、
033
キャンプツーに行ったり、、、、

っとキリがないので、振り返るのはここまでにしときますが・・・笑

とにかく色んなカスタムをしたり、走りに行ったりと思い出いっぱいなnc47さん。

そんなnc47さんですが、、、、、




えっと・・・・・・・




実は・・・・・・




乗り換えるフラグではないですよ?笑


一周年ということで記念に秋葉原UDXで洗車コーティングしてもらいました.。゚+.(・∀・)゚+.゚

前の愛車でも何度か利用したことあるのですが、秋葉原にUDXという大きい地下パーキングがありまして、お願いすると別途有料で、駐車してる間に洗車をしてもらうことが出来ます!!

バイクの洗車メニューは、

手洗い洗車 1490円(税込)から

WAXコース 2570円や

ポリマーコート 3110円や

ガラスコーティング 10926円等

5種類以上のコースがあります(・∀・)

今回はポリマーのワンランク上のマジガラコースをお願いしました!

以下、HP紹介文

下地処理洗車をした後、マジックガラスコーティングを施工致します。
塗装に浸透アンカーを打ち込み、特殊撥水トップコートを展開。
塗装表面を改質する新世代浸透型ガラスコーティングです。

摩擦係数低減による傷防止効果、帯電防止効果による埃付着低減効果、強撥水・艶出し効果
油分を含んでいないので汚れを吸着しないなどの効果があります。

状態:塗装内部に浸透し科学結合する。

艶・輝き ★★★☆☆
撥水性能 ★★★☆☆
耐久性  ★★★☆☆ 約4~5ヶ月

作業目安時間 約90分~

詳しくコチラをご覧ください。

ってことで洗車をしてもらって写真も撮って頂きました(´∀`*)

391
392
393
394

見てください!このヌルテカな艶を.。゚+.(・∀・)゚+.゚

愛車がピカピカにキレイだと乗るのも気持ちいい('▽'*)ニパッ♪

洗車なんて自分でするし、お金掛けるのは・・・・って気持ちも分かりますが、時間や満足感を買うという意味でも、秋葉原周辺にお越しの際は一度お願いしてみてはいかがでしょうか(☆゚∀゚)

あ、そうそういつの間にか、筍号はちょっとセブンスター風仕様にしましたw
228
081
108
230

まぁオーナーはkool吸っているのですけどね・・・笑←
(バイクでタバコ銘柄と言えば、マルボロ・ラキスト・セブンスターですのでw)

というわけで、これからも筍号共々、よろしくお願いしまーす(・◇・)ゞ

※おまけ

CBR400R nc47後期の2017年モデルはロスホワイトのトリコが消えて、パールグレアホワイトが販売開始されたみたいですね!
353
350
他のブラックとレッドもデカールが少しマイナーチェンジしてるみたいですが、これは完全に海外の500Rモデルのデザインをこっち仕様に持ってきた感じですねw

こっちで2016年モデルの400Rが販売される前から500Rのデザイン画像は持ってましたw
330
648

何故に2016年モデルでこのデザインにしなかったのかは謎ですがw
1年~3年くらいでマイナーチェンジしてくるのがメーカーですからねw

パールグレアホワイトかっこいいなぁ!
でもこれでロスホワイトのトリコが逆に希少種に!?

まぁ筍さん的にはステッカーペタペタした派なのでこの新デザインより2016年モデルのが良いですけどねw

モリワキバックステップ

おはようございます(*・ω・)ノ

筍さんです(・∀・)

前回の記事で最後にネタバレしてしまったので、忘れないうちに更新しますw

さてさて、タイトル通りバックステップを導入致しました(*^・ェ・)ノ

今のところ、nc47後期(16')用のバックステップはOVERかモリワキの二択しか出てなかったかな??

05060-2B1N2-00

モリワキエンジニアリング
商品名BACK STEP KIT
部品番号 05060-2B1N2-00
製品価格 \ 55,000 -(税抜)
対応年式 16-
チェンジ 正・逆
ポジション(STD比 UP/BACK)
40mm/44.5mm
40mm/54.5mm
50mm/44.5mm
50mm/54.5mm
※ABS車可

2397-2

OVER Racing BACK-STEP
定価:59400円

4ポジション
48mmBACK/28mmUP
48mmBACK/38mmUP
38mmBACK/38mmUP
38mmBACK/28mmUP


・純正マスター使用可能
・純正ブレーキホース使用可能(STD長)
・純正ブレーキランプスイッチ使用可能
・タンテムステップ対応
・逆チェンジ対応
・ABS対応



こんな感じですかね!
ふーむ。値段はモリワキのが安いし、移動量もモリワキ。

とは言っても筍さんもマフラーはモリワキだし、ハンドルはOVERだからどっちにメーカー合わせるか迷ったんですがw

移動量の差はそこまでは気にしてなかった・・・←

むしろ「みんな何となくOVERに行きそうだなぁ」「見た目のプレートがかっこいいのはモリワキだな」

ってな感じでモリワキにしましたw


202

204

デデドン!!
で、でたぁwwwwモリワキ手裏剣やつ~wwww

モリワキのロゴ見る度に手裏剣にしか見えない件←

224
ってなわけで作業!!

説明書を見ながら、とりあえず簡単そうなL側(シフト側)からやりましょうかね。
225
226
228


229
このカーボンの部分ってただのカバーだったのか・・・・w
231
232
233

左側は全部外れた!
(外す手順は順不同というか適当なのであしすらずw)

とりあえずバクステはMAX移動量のポジションで組んでみることに!
234

↑左側を仮組した様子。
おお!右の純正に比べて結構BACKしますなw
235
ペダルの位置調整は後からやるとして、左側はこんな感じかな?

続いて右側(ブレーキ側)
239
ブレーキ側はちょいとめんどくさいんですよね!
ステップとペダル以外にもマスターシリンダー、ブレーキランプスイッチ等も外して付け替えなきゃいけない。。

その付け替えがホントにやりにくいw
しょうがないと分かっていても、ステッププレートの裏側にシリンダーとスイッチ等があるもんだから・・w

とりあえず、右側も仮組をしてブレーキがちゃんと作動するか等を試して・・・

おや、ブレーキランプ点灯しっぱなし・・・・

また少しバラしてブレーキランプスイッチの位置調整して・・・・

240

何とか形になりました!!

筍さん、作業はゆっくり一服しつつやっていてクソ遅いんですが、気付けば外が暗くなっていましたw
241
242
とりま、こんな感じに仕上がりました!!
後日また試走しながら増し締めや微調整しました!!

というか!!!

説明書にABSの場合、フレームとブレーキホースが干渉する恐れがある為、マスターシリンダーのオイルボルトを緩めて、干渉しない位置に逃がせ。
もしそれをしたら、ブレーキのエア抜きをして下さい。

って書いてあって、一応、フルードとエア抜きツール買ってきたのに干渉しなかったぞい!?

ポジションによってなのかなぁ?

そしてOVERのはカーボンカバーをしたまま装着出来るのに対して、モリワキはカバーを外さなきゃいけないのですねw

カバー外したらなんか少し不格好にw

009

012

↑後日、微調整して試走した様子。

うーん!いいですね!!
最初はやっぱり結構ステップ位置が移動してる為、めっちゃ違和感ありましたが、2回くらい乗ったら慣れました(・∀・)

余談ではありますが、

バックステップは必ず入れた方が良いオススメというパーツではなく、本来は恐らく、乗る人の体格で純正だと窮屈やらでちょっと乗りずらいだとか、サーキットやお山道等でバンクした際に純正だとステップやバンンクセンサーを擦ってしまうっていうような人こそ、真価を発揮するパーツかと思います!

もちろん、新鮮さ、見た目、レーシーにカスタムしたいって人も良いと思いますが!(筍さんもどちらかと言えば後者w)

人それぞれ、自由ですからねヾ(´ω`=´ω`)ノ

あとはそうですね、このようにブログで色々紹介してはいますが、、、
自分で作業出来るか不安な場合はバイクショップに投げましょう!

工賃は発生しますが、時間と安心と確実を買えると思えば安いですよ!

交換する箇所によりますが、ブレーキやクラッチとかは究極に言えば命に関わる部分ですからね。

もちろん自分で作業するのも安上がりですし、勉強になりますし、良いと思います!

筍さんはnc47に乗り換えてからマフラー以外は自分でやってますw
別に安上がり云々ではなく、作業楽しいし、失敗も含めて少なからず整備スキル上がりますし、終わった時の達成感も得られますし( ´∀`)

ただ自分でやる場合は自己責任ですがねw

まぁこれもどっちが正解とかないんですよね!

自分で出来ないor面倒だからショップにお願いするのも、自分でやってしまうのも、基本自由です(*゚∀゚)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
またまた余談。

休日、暇だったのでサイドカバーを外してカッティングシートで装飾してみましたw
062

017
BlogPaint

サイドカバーを外すには、サイドのネジを外し、2枚目の写真ようにプッシュリベットを取ります。

プッシュリベットは真ん中部分を細いトライバーやら六角レンチでもいいので押せば外れます!
間違っても無理くり取ろうとしないようにw
015

あとは特にネジとかはなく、↑のように数か所ハマっているので素手で外れます!

タンク寄りの部分は少しサイドカバーを下方向に外すように引っ張った方が良いかもしれません。

元々サイドカバーがタンクに引っかかっているので!

ってことで外して適当に装飾してみましたw
063

汚い!雑!!ww

車体に合わせてみると・・・・
066
067
065
064

こんな感じにw
うーんw単体だとそれなりに自己満足していたけど、車体に付けたらそんな目立たないなwww

はい!ということで今回は以上でございます(・◇・)ゞ

livedoor プロフィール
ギャラリー
  • オイル交換
  • オイル交換
  • オイル交換
  • オイル交換
  • オイル交換
  • オイル交換
  • オイル交換
  • オイル交換
  • オイル交換
最新コメント
アクセスカウンター

  • ライブドアブログ