こんばんは(*・ω・)ノ

どうもご無沙汰しています!

筍改め、旬さんです(*^・ェ・)ノ

ちょっと諸事情というか、個人的なあれでブログ名と名前を変えさせて頂きました(つд⊂)ゴシゴシ

更新は気まぐれですが、これからも当フログをよろしくお願いいたします.。゚+.(・∀・)゚+.゚

はい!さて今回はとてもどうでもいい記事と言いますか、オイル交換という既出な作業ですw

エンジンオイルの交換はメーカーのマニュアルだと10000km?くらい毎になっていますが、大体3000km目安or3000km以上走って、シフトフィーリングの様子(悪くなってきたかなぁ)で変えるのが一般的?と言いますか、そうゆう人が多いと思います。

3000kmで変えないとすぐにどこかが壊れるとかいうことはないと思いますがw

まぁそれくらいこまめに交換した方がバイクにとっても、乗り手にとっても気持ちいいよねってくらいな感じですw

はい。さて、今回オイル交換する際に選んだオイルはこちら。
579
616

HONDA ウルトラG3オイル

元々入ってるオイルはウルトラG1

正直、違いはあまり実感はないですw
まぁ同じHONDAウルトラ系で良いオイル入れとけば間違いないだろ感と、G3オイルの余りが0.5L持っていたので丁度使いきれる為、G3にしました(゚∀゚)アヒャヒャ

自分でオイル交換する際に必要な物&あったら便利な物!!

・新品オイル 
→オイル交換のみの場合は2.5L
フィルター同時交換時は2.7Lなので1L×3本

・廃油パック(ポイパック)2.5L以上が入る物
→これすらも節約するなら、お風呂や洗面で使うオケにビニール袋を敷いてトイレットペーパーを詰め込みまくって吸わせるのも有りw
まぁポイパックのがてっとり早く、楽ちんではあります。

・工具(メガネやスパナ)
→ドレンボルトを外す為の工具(何ミリたっだっけ・・・・笑)

・パーツクリーナーとウェス
→ドレンボルトやオイルが滴って汚れたとこをキレイにする為

・ドレンワッシャー
→一回くらいは使いまわす人もいます。
気になる方は毎回新品に取り換えると安心。

・オイルジョッキ
→あれば便利品。
メモリ付きのジョッキがあればちゃんとした量を入れられる。

・ゴム手袋類
→ドレンボルトを取った際にオイルが出て下手すると手がオイルまみれになるので、手を汚したくない人はあると便利。

こんなところでしょうか??

ということで作業開始!!
786
785

まずは数分、エンジンを掛けてアイドリングで暖めてあげましょう。

暖めたらエンジンを切って、ドレンボルトを緩めます。
790

ドレンボルトの位置は上記の写真の56レーシングゴールドのボルト!

まずは工具で一回軽く緩めて、指で回るくらいになったら、廃油パックを設置!(最初から置いておいてもok)

設置したら、手袋やコンビニ袋を手につけて、手でドレンボルトを緩めて取ります。
787

ボルトが取れる瞬間に手を引っ込めれば、手がオイルまみれになることは免れやすい?笑
ドレンボルトが見事に廃油パックにシュートしたら救出してパークリとウェスやらでキレイにしておきましょう!

789

最初は勢いよくオイルが出てきますが、段々と出る量が少なくなってきます。
車体を少し揺らしたりして出来るだけオイルを出し切りましょう。

オイルを出し切ったら、オイルが出た回りを軽くキレイに拭き取って、ドレンボルトを元に戻します。

次はオイルフィラーキャップを取って、新しいオイルを入れます。
791
793
794

キャップも一応、パークリでキレイしておきました


そしてオイル投入!
578

オイル交換のみの場合は2.5L。
旬さんは0.5L余りを持っていたので1L×2本買って、余りと合わせて使い切りです。
Amazonで買ったらノズルが付いてきたので、オイルジョッキ等は使わずにノズルを使ってオイルを入れました。
795
今回はぴったり使い切りの量ですが、普通なら1L×3本買って、2本は全部入れて、3本目を0.5L or 0.7Lを入れることになります。
そこでオイルジョッキがあれば適格量を入れることができます。

オイルジョッキがない場合は3本目は感覚+オイル窓をこまめに確認しながら入れましょう。
796
798

ここのオイル窓を見て、上下の線の間に収まればokです!

ただし、オイル量を窓を見て確認する際は、車体を垂直にして見る必要があります。
サイドスタンドで左側に車体が傾いた状態で見ても的確な量は確認出来ません!
なので、倒さないように車体を出来るだけ垂直に起こしつつ、見るのがポイントです!

心配なら自分で立って垂直に起こして、誰かに窓を見てもらえるなら安心ですw
メンテナンススタンドとかあれば垂直になればいけるのかな??

旬さんはしゃがんで、右手で右ハンドル、左手でどっか持ちやすいところを掴んで起こしてオイル窓を確認しましたw

くれぐれもバイクを倒さないようにお気を付けください(´Д⊂)

はい。オイルを入れ終えたら、オイルキャップを元に戻して終了でございます(´∀`)

一応、オイル漏れ等がないか確認してから軽く走りました!

やはりオイル交換直後はギアもスコスコ入って気持ちいいですね.。゚+.(・∀・)゚+.゚

802